駐妻英語コーチング利用規約

第1条(適用の範囲)
本規約は株式会社CrossR (以下「運営者」という)が運営する、英語コーチングサービスに申し込みをした者(以下「利用者」という)と運営者との一切の関係に適用されるものとします。

第2条(サービス内容)
本サービスの内容は、利用者への英語グループレッスン、英語パーソナルコーチング、自習課題の指導、その他学習指導など、英語における総合的な学習サポートを提供することをいいます。

第3条(契約成立の手続)
利用者は、本サービスの提供を希望する場合には、以下の方法でサービス提供の申し込みを行うことができます。なお、利用者が申し込みの後、支払いを行なった時点で本規約を承認したものとみなします。
1. 運営者が指定したサイトの申込画面から必要事項を入力し、送信を行う方法。
2. その他運営者が別途定める方法。

第4条(本サービスの利用期間)
利用者が本サービスの提供を受けることができる期間(以下「利用期間」といいます)は、サービス提供の申し込みの際に運営者と利用者が双方確認した上で決定するものとします。

第5条(料金)
1. 利用者は、本サービス利用の対価として、運営者が別途定める利用料金を運営者に支払うものとします。なお、利用料金は、第三者を通じて支払が行われるため、運営者は領収書の発行をいたしかねます。
2. 1ヵ月毎の支払、もしくは1ヵ月未満の利用期間のサービス料金に関しては、一旦受領した料金は、運営者都合でサービス提供が停止された場合を除き、一切返還いたしません。
3. 1ヵ月より長い利用期間における、サービスの途中解約に関しては、以下の方法に従い返還金額を計算します。
返還金額=(i)から(ii)を減じた金額
(i):解約対象コースの費用全額を、コース実施予定日数で割った金額に、該当予定日数から途中解約時点までに経過した日数を減じた数を乗じた金額
(ii):上記(i)の10%相当額または10,000円のいずれか低い金額
4. 利用者から前項の途中解約の申請があった場合、運営者はその翌月末日までに、申込者の指定する銀行口座宛に振り込む方法により返金します。なお、振込手数料は申込者負担とします。

第6条(利用者情報の取扱い)
利用者は、利用者情報の管理責任を負担するものとし、利用者情報を個人情報保護に関する法律、関係法令及びガイドライン、運営者規定の「プライバシーポリシー」、その他規定を遵守して取り扱うものとします。

第7条(サービス提供の停止)
1. 運営者は、本サービスの提供契約成立後といえども、利用者に事前に通知することなく、本サービスの全部又は一部の提供を停止し、以後提供期間中の本サービスの供給を終了することができるものとします。
2. 前項の停止により利用者が損害を被った場合であっても、運営者は責を負わないものとします。

第8条(免 責)
前条各号の場合を含め、運営者は、利用者に対し、本サービスの提供不能、又は不完全な提供等の事態が発生した場合であっても故意又は重過失なき限り、当該事態に関連するクレーム又は損害について、一切の責任を負わないものとします。

第9条(著作権)
本サービスに関する一切(情報・しくみ・ノウハウ・プログラムソース・教材・写真等本サービスを構成する全ての要素を含む)の著作権は、運営者に帰属するものとします。

第10条(損害賠償責任)
利用者は、第12条第2項各号所定の事由に該当することにより運営者に損害を与えた場合は、その損害を賠償するものとします。また、これらの事由により第三者との間でトラブルが発生した場合には、利用者の費用と責任で解決するものとし、運営者に損害を与えることのないものとします。

第11条(退会)
1. 利用者は、運営者が別途定める手段にて退会申請を行うものとします。不備なく退会申請が行われた場合、利用期間の終了をもって利用資格を喪失し退会が完了します。
2. 退会申請は、翌利用期間が開始する前日までに行われる必要があります。
3. 利用者は、退会が完了した時点をもって、本サービスに関する一切の権利を失うものとし、運営者に対していかなる請求も行うことができないものとします。

第12条(契約の解除等)
1. 利用者は、いつでも、運営者所定の方法によりサービス提供の一部又は全部の終了を申し出ることができるものとします。
2. 運営者は、利用者が以下の各号に該当した場合には、何ら催告なくして本サービスの提供に関する契約の全部又は一部を解除することができるものとします。
(1)本規約に違反した場合
(2)申込時に運営者に申告した内容につき事実に反する事項があった場合
(3)その他、上記各号に準ずる不正もしくは違法な行為があった場合

第13条(反社会的勢力の排除)
1. 運営者および利用者は、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、 総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下「暴力団員等」といいます。)に該当しないこと、および次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。
(1)暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
(2)暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
(3)自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
(4)暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
(5)役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
2. 運営者および利用者は、自らまたは第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約します。
(1)暴力的な要求行為
(2)法的な責任を超えた不当な要求行為
(3)風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為
(4)法令、公序良俗に反する行為、またはそのおそれがある行為
(5)その他前各号に準ずる行為

第14条(規約の変更)
運営者は、利用者に事前の通知をすることなく本規約および諸注意等を変更することができるものとします。

第15条(協議事項)
利用者及び運営者は、本規約に定めのない事項及び本規約の各条項の解釈について疑義が生じた場合には、互いに誠意をもって協議し解決するものとします。

第16条(管轄裁判所)
本規約及び本サービスの提供に関して生じた紛争については、運営者の本店所在地を管轄する裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

© 2022 駐妻英語コーチング