語学にセンスって存在する?センスがないと感じる場合の解決方法を紹介

語学にセンスって存在する?センスがないと感じる場合の解決方法を紹介

「語学学習に、センスって必要?」
「英語の勉強をしているけれど、なかなか話せるようにならない。語学のセンスがないのかな?」

英語の勉強を続けている人の中には、思うように上達せずに、このように語学センスの有無について悩む人もいるのではないでしょうか。

この記事では、そもそも語学センスとは何を指すのかについて解説し、語学センスがないと感じる原因や、語学のセンスがないと感じた場合の対処方法について紹介していきます。

英語が上達せずに悩んでいる人や、語学学習にセンスが必要なのかということに疑問を感じている人は、ぜひ参考にしてみてください。

ビジネス英会話を効率よく身につけたい方におすすめの3スクール

  • ENGLISH COMPANY

    ※「秋の英語トレーニング 割引キャンペーン」最大5万円OFF!2021年10月31日まで先着300名

    言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見を活かしたトレーニングにて、最短距離で目標達成を目指す。
  • STRAIL(ストレイル)

    ※「秋の英語コーチング 割引キャンペーン」最大25,500円OFF!2021年10月31日まで先着300名

    英語コーチングに特化させることにより、格安で受講できる。
  • トライズ
    1年間の受講生の継続率は91.7%。「もう挫折したくない」と思っている人におすすめ。

語学センスとは?

語学センスとは?

「日本語しか話せない自分は、語学のセンスがないのかな」
「なぜ一部の日本人だけが英語をペラペラに話せるのだろう」

このように悩んだ時、自分には語学センスがないのだと考えてしまうかもしれません。

しかし、そもそも語学学習にセンスというものが存在するのでしょうか。

また、語学センスとは、訓練によって磨くことができないものなのでしょうか。

ここでは、語学センスとは何を意味するのかについて、先天的な語学センスと後天的な語学センスとに分けて解説していきます。

先天的な語学センス

まずは先天的な語学センスについてです。先天的な語学センスとは、言い換えれば「外国語学習の適性の有無」ということです。

これは、外国語学習に必要な能力の高さを測定することで把握できます。

有名な外国語学習適性テストの例として「MLAT(Modern Language Aptitude Test)」と呼ばれるものがあります。

このテストでは、音に関する敏感さ、文法に関する敏感さ、意味と言語形式との関連パターンを見つけだす能力、丸暗記する能力を測ることで、外国語学習の適性を診断します。

このようなテストを受験して、外国語学習の適性があると判断された場合は「語学のセンスがある」とも言えるでしょう。

ただし、MLATは誰でも受験できるようなテストではありません。

例えば、軍隊で短期間で外国語を習得できる人材を探す場合などに利用されます。

他にも、アメリカの大学ではこのテストを受験して外国語学習障害があると認められれば、単位取得を免除される場合もあります。

このように、MLATはテスト実施の必要性が認められた団体にのみ受験資格が与えられるため、先天的な語学センスを客観的に測ることは難しいと言えるでしょう。

後天的な語学センス

次は、後天的な語学センスについてです。

後天的な語学センスとは、上で紹介したような、音に関する敏感さや文法に関する敏感さなどの語学の適正有無ではなく、自分の意思や努力で磨けるような語学センスのことです。

例えば、積極的に英語をアウトプットすること、発音の訓練を集中的に行うこと、毎日英語の学習を継続することなどによって、語学のセンスは磨かれていきます。

このような力は、日々の学習や勉強方法を工夫することなどによって向上させることができるため、後天的に身につけられる語学センスと言えます。

ビジネス英会話を効率よく身につけたい方におすすめの3スクール

  • ENGLISH COMPANY

    ※「秋の英語トレーニング 割引キャンペーン」最大5万円OFF!2021年10月31日まで先着300名

    言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見を活かしたトレーニングにて、最短距離で目標達成を目指す。
  • STRAIL(ストレイル)

    ※「秋の英語コーチング 割引キャンペーン」最大25,500円OFF!2021年10月31日まで先着300名

    英語コーチングに特化させることにより、格安で受講できる。
  • トライズ
    1年間の受講生の継続率は91.7%。「もう挫折したくない」と思っている人におすすめ。

語学センスがないと感じる原因

語学センスがないと感じる原因

ここまで、先天的な語学センス、後天的な語学センスについてそれぞれ解説しました。

先述の通り、確かに語学学習には、適性というものがあります。しかし同時に、訓練や努力などによって語学センスを伸ばしていく事も十分に可能です。

外国語学習障害が認められるような場合でない限り、語学センスがないと感じるのは、訓練が足りなかったり、学習方法に問題があったりする可能性が高いです。

ここからは、後天的な語学センスがないと感じる具体的に原因について解説していきます。具体的な原因としては、以下の例が挙げられます。

  • 目的を持たずに勉強をしている
  • アウトプットが足りていない
  • 実際の会話シーンを想定せずに学習している
  • 発音の学習をしていない
  • ミスしてはいけないと考えている
  • 苦手意識を持ちながら勉強をしている
  • 学習を継続できていない

1つずつの原因について詳しく紹介していきます。

目的を持たずに勉強をしている

語学のセンスがないと感じる原因の1つ目は、目的を持たずに英語の勉強をしていることです。

英語学習の目的がないと、何を以って「英語が上達した」と言えるのかが曖昧になりやすいです。

ゴールがなければ、自分の英語力の向上具合を客観的に把握しにくくなるため、勉強の成果を感じにくく、「語学のセンスがないのでは」と感じてしまいやすいです。

また、目的が曖昧なまま英語の勉強をしている場合にも、適切な学習ができずに「センスがない」と感じてしまうこともあります。

具体的には、「英語ができるようになりたい」という漠然とした目標を掲げて勉強を続けているようなケースが挙げられます。

「英語ができるようになる」と言っても、「1人で海外旅行できる英語力をつけたい」のか、「洋画を字幕なしで観たい」のか、「TOEICで900点を取りたい」のかで、行うべき学習方法は違ってきます。

「1人で海外旅行できる英語力をつけたい」のに、単語の暗記や文法を机の上で続けていても、思うような英語力が身についたとは感じにくいでしょう。

このように、目的を持たずに英語の勉強をしていたり、曖昧な目標を掲げて学習をしていたりすることが、語学のセンスがないと感じる原因の1つ目です。

アウトプットが足りていない

語学のセンスがないと感じる原因の2つ目は、アウトプットの経験が足りていないことです。

単語や文法の知識を大量にインプットしても、それを実際に使う練習をしなければ、適切な場面で適切な言葉を発するのは難しいです。

いざ実際の英会話をする機会があっても、学んだ言葉がうまく口に出せず「語学のセンスがない」と感じてしまうこともあるでしょう。

TOEICなどの英語試験を目標に英語の学習をしている場合もアウトプットは重要です。

いくらTOEICの頻出単語や文法を覚えたとしても、時間を計りながら問題集を解くことをしなければ、本番で高得点を取るのは難しいでしょう。

普段から問題演習などで学んだ知識をアウトプットすることで、本番でも時間内に解き終えることができて、高得点を狙えるのです。

このように、インプットした知識のアウトプットが足りていないことが、語学のセンスがないと感じる原因の2つ目です。

実際の会話シーンを想定せずに学習している

実際の会話シーンを想定せずに学習している

語学のセンスがないと感じる原因の3つ目は、実際に自分が英語で会話をするシーンを想定しないまま、学習を進めてしまっていることです。

海外旅行や仕事のシーンなどで、自分が実際に英語を話すシーンを想像せずに、ただ教材をこなしていては、実践的な英語力が身につかないでしょう。

単語や文法の学習や、長文読解の勉強を重ねていても、「英語に関する知識」は身につけられるかもしれませんが、「英会話力」はなかなか向上しません。

また、英会話のために教科書に載っている例文を覚えても、それが将来自分が発する機会のなさそうな文章であれば、あまり役に立たないでしょう。

いざ、英語を使うべき場面が訪れても、スムーズに言いたいことを英語で話せずに、「語学のセンスがない」と感じてしまいます。

このように、自分が英語を話す場面を想定しないままに英語学習をしていることが、語学のセンスがないと感じる原因の3つ目です。

発音の学習をしていない

語学のセンスがないと感じる原因の4つ目は、発音の学習をしていないことです。

英語には、"R"、"L"、"th"など、日本語にない音があります

これらの発音は、舌の置き方や口の動かし方を学習しなければ、正しく発音することは難しいでしょう。

このような発音の仕方を学ばないままでいると、ネイティブの発音を聞き取りにくく感じたり、自分の発音を聞き取ってもらえなかったりして、語学のセンスがないと感じてしまうでしょう。

また、ネイティブの話す英語には、特有の流れるようなリズムがあります。

これは、単語と単語を繋げるように発音したり、音が消失したりといったことによって作られます。

しかし、このような英語特有のリズムを学ばず、1つずつの単語をはっきりと発音していては、ネイティブのようにスムーズに話すことはできません。

このように、発音の学習を集中的にしていないことが、語学のセンスがないと感じる原因の4つ目です。

ミスしてはいけないと考えている

語学のセンスがないと感じてしまう原因の5つ目は、英語を話すときにミスをしてはいけないと考えてしまっていることです。

特に学校のテストやTOEICを通じてのみ英語に触れてきており、実際に英会話をする機会が少なかった人にとっては、どうしてもミスをしてはいけないと感じやすいです。

正しい英語を話すことは大切ですが、ミスしないことを重視しすぎると、スムーズに英語が口から出てこないでしょう。

なぜなら、ミスのない正確な英語を発するためには、一度文章を頭の中で構築してから、正しい文法を使えているか、適切な単語を使っているかなどをチェックして、発言するという流れが必要になるからです。

結果として、思ったことをすぐに口に出すことができず、英語のセンスがないのではないかと感じてしまいやすいです。

このように、英語を話すときにミスをしてはいけないと考えてしまっていることが、語学のセンスがないと感じる原因の5つ目です。

苦手意識を持ちながら勉強をしている

語学のセンスがないと感じる原因の6つ目は、英語に対して苦手意識を持ったまま勉強を続けていることです。

学生の頃から英語に対して苦手意識があったり、昇進や赴任のためなど義務感から英語の勉強をしていたりする場合、英語学習そのものを苦痛に感じてしまいやすいです。

英語に対してネガティブな意識を持ったままでいると、学習を継続することも難しいでしょう。

また、英語に対して興味を持てないまま勉強していると、必要最低限の知識のみを覚えようとしてしまいがちです。

そのような姿勢で学習を続けていると、効率的に知識の幅を広げることもできずに、「自分には語学のセンスがない」「やっぱり英語は苦手だ」と感じてしまいやすいでしょう。

このように、英語に対して強い苦手意識を抱いたまま勉強を続けていることが、語学のセンスがないと感じる原因の6つ目です。

学習を継続できていない

語学のセンスがないと感じる原因の7つ目は、英語の学習を長期間にわたって継続できていないことです。

語学とは、一朝一夕で身につくものではなく、毎日知識のインプットとアウトプットを継続することで習得できるものです。

英語の学習を初めて間もない時には、なかなか結果が見えてこずにセンスがないと感じてしまうかもしれません。

また、モチベーションが続かずに、短期間のみ勉強してすぐに辞めてしまうことを繰り返している場合にも、学習の効果を実感しにくいでしょう。

このように、英語の勉強を継続できていないことが、語学センスがないと感じてしまう理由の7つ目です。

ビジネス英会話を効率よく身につけたい方におすすめの3スクール

  • ENGLISH COMPANY

    ※「秋の英語トレーニング 割引キャンペーン」最大5万円OFF!2021年10月31日まで先着300名

    言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見を活かしたトレーニングにて、最短距離で目標達成を目指す。
  • STRAIL(ストレイル)

    ※「秋の英語コーチング 割引キャンペーン」最大25,500円OFF!2021年10月31日まで先着300名

    英語コーチングに特化させることにより、格安で受講できる。
  • トライズ
    1年間の受講生の継続率は91.7%。「もう挫折したくない」と思っている人におすすめ。

語学センスを磨くための方法

語学センスを磨くための方法

ここまで、語学のセンスがないと感じてしまう原因について紹介してきました。

これらの原因は、学習方法を工夫したり、学習に対する向き合い方を変えたりすることで、対処可能です。

ここからは、語学センスを磨くための方法について紹介していきます。

  • 目的を持って学習を進める
  • アウトプットの機会を増やす
  • 実際に使えるフレーズをインプットする
  • 発音を集中的に学習する
  • ミスを恐れずにどんどん話す
  • 楽しみながら学習する
  • 毎日少しずつでも学習を重ねる

語学センスがないと感じる原因と照らし合わせながら、参考にしてみてください。

目的を持って学習を進める

英語学習の目的がないまま学習をしている場合は、英語学習の目的や、具体的な目標を定めてから勉強することで、語学センスが磨かれてきます。

「何のために英語を勉強するのか」という明確な目的を持って学習をすることで、英語学習の成果を客観的に評価しやすくなります。

自分の成長を自分で理解できるようになることで、語学センスが磨かれたと感じやすくなるでしょう。

具体的に言うと、「英語ができるようになりたい」という漠然とした目標を持って学習をしていても、何を以って「英語ができるようになった」と言えるかが判断しにくいです。

一方で、「1人で海外旅行できる英語力をつけたい」という具体的な目標がある場合は、実際に外国人と話してみて会話が通じるようになったり、問題なく旅行できたりすると、「英語ができるようになった」と認められるでしょう。

また、具体的な目的を持って勉強することで、適切な学習方法を選択できるようになるというメリットもあります。

例えば「1人で海外旅行できる英語力をつけたい」という目標であるなら、旅行で使いそうなフレーズを暗記したり、実際に外国人と英語で話したりということが有効な勉強方法となります。

一方で、「TOEICで900点を取りたい」という目標であるなら、TOEICの頻出単語を覚えたり、問題演習を繰り返したりすることが有効です。ゴールに合った学習方法をすることで、効率的に目標に近づけます。

このように、英語の上達度合いを客観視したり、適切な方法で学習を続けていったりすることで、語学センスが磨かれてきたと感じられるのです。

アウトプットの機会を増やす

アウトプットが不足している場合は、実際に英語を話す機会を増やすことで、語学センスが磨かれます。

特に日本人は、学校教育の影響から「読み書きはできるのに、話せない人が多い」と言われています。

そのため、学校の英語の成績は良かったのに、英語ができないという人も多いのではないでしょうか。

知っているはずの英語が思うように口から出てこず「センスがない」と感じている場合は、アウトプットの練習が不足していることが原因だと考えられます。

覚えた英単語や文法、フレーズは、実際にアウトプットを繰り返すことで、実際に使える知識として定着します。

何度も実践場面で英語を話すことによって、最初はゆっくりと意味を考えながら組み立てていた英文も、瞬発的に口に出せるようになります。

また、実際に英会話をしてみると、「こう言いたいのに、どう表現すれば良いかわからない」というもどかしい体験をすることもあるでしょう。

このように、アウトプットをすることで自分の足りない知識を把握して、それを補うことを積み重ねてゆくことで、表現できる幅がどんどん広がっていきます。

さらに、アウトプットの機会を増やすことで、徐々に英会話に慣れることができるという効果もあります。

このように、アウトプットを増やすことで、英語が使える知識として定着し、自分の表現の幅も増えます。

結果として、語学センスが磨かれてきたと感じやすいでしょう。

実際に使えるフレーズをインプットする

実際に英語を使うシーンを想定しないまま英語の学習をしている場合は、自分が使えそうなフレーズをインプットすることで、語学センスが磨かれます。

英語学習の明確な目的を定めたら、その目的に合った知識をインプットしていくことが大切です。

例えば、仕事で英語を使うために勉強をしている人が、日常会話のみを中心的に勉強したり、大学入試向けの単語帳を使って勉強したりするのは、あまり効率的とは言えません。

ビジネス英語に特化した教材を使った方が、効果を感じやすいでしょう。

反対に、海外旅行を楽しむことを目的に英語の勉強をしている人が、ビジネス英語のテキストを使って学習を進めても、実際の旅行で覚えた知識を活用する場面はあまりないでしょう。

英語学習の目的は、人によってさまざまです。

自分が英語を使っているシーンを考えながら、自分が使いそうな英語を学んでいくことで、語学センスが磨かれたと感じられるでしょう。

発音を集中的に学習する

発音に自信がないことが原因で語学センスがないと感じている場合は、発音を集中的に学習してみましょう。

先述の通り、英語には日本語にない発音があったり、単語と単語を繋げるように発音したり、音が消えたりと、英語ならではのルールがあります。

読み書きの学習が中心となる日本の学校で教育を受けた人は、このような発音についてのルールを学ぶ機会は少なかったかもしれません。

しかし、英語を話せるようになることが目的の場合は、発音を学ぶことは非常に重要です。

動画や参考書で発音について集中的に学んだり、英語スクールに通ったり、ネイティブの友人に発音をチェックしてもらったりと、「正しい発音を身につけること」を目指した学習を取り入れてみましょう。

発音が上達すると、英語を話すことに対する恥ずかしさなども薄れて、積極的に話せるようにもなります。

結果として、語学のセンスが磨かれてきたと感じやすいでしょう。

ミスを恐れずにどんどん話す

ミスを恐れずにどんどん話す

英語を話すときに、正しい発音、正しい文法で話さなければと考えている場合には、ミスを恐れずにどんどん話してみることで、語学センスが磨かれます。

英語で会話するにあたっては、ミスをしないことが重要なのではなくて、自分の気持ちや考えを伝えることが何よりも重要です。

英検やTOEFLなどの試験でない限り、発音の正しさや、文法の正しさ、流暢さなどはそこまで重視されません。

会話する相手が知りたいのは、あなたが正しくきれいな英語を話せるかどうかではなく、どんな気持ちでどんな考え方をしているかということです。

また、積極的にどんどん人と話すためには、他人に興味を持つことが大切です。

英会話が得意な日本人の多くは、日本語でもコミュニケーション力が高いです。それは、他人に興味を持ちながら、積極的に会話を進めているからだと考えられます。

英語も、日本語と同様に、物怖じせずにどんどん人に話しかけることで、コミュニケーション力、つまり英会話力を向上させられます。

この考えを念頭に置いて、ミスを恐れずにどんどん話すことで、アウトプットの機会を増やすことができ、英語の上達も早くなり、語学のセンスも磨かれてきたと感じられるでしょう。

楽しみながら学習する

英語に対して苦手意識を持ったまま学習していたり、義務感から英語の勉強をしていたりする場合には、楽しみながら学習できる工夫をすることで、語学センスが徐々に磨かれてきます。

英語に苦手意識を持ったままでいると、英語を学習している時間を苦痛に感じてしまい、勉強を続けることが難しくなってしまいます。

また、嫌な気分で学習するよりも、興味を持って学習する方が、さまざまなことに疑問を持ちやすいため、知識の幅を広げやすいでしょう。

英語学習そのものを楽しめるようになることで、勉強の成果も出やすくなるのです。

しかし、英語に対する苦手意識というものは急になくせるものではありません。

学生の頃から英語に対して苦手意識があったり、義務感によって英語を学習していたりするような場合は、いくら「楽しもう」と思っても、すぐにはそう感じられないでしょう。

そのような場合には、まずは自分にとって親しみやすい学習方法で勉強始めてみることをおすすめします。

例えば、映画が好きならば、洋画を使って英語を勉強する方法があります。

英語字幕を表示させながら、俳優と一緒に発音してみることで、発音の上達に効果が期待できるでしょう。

また、映画の中で使われたセリフの中で、自分も実生活で使えそうなフレーズを暗記して、それを実際に使ってみることで、スピーキング力がアップします。

また、スポーツが好きという人は、海外の実況中継動画を見ることで、リスニング力が鍛えられます。

ルールを知っている競技であれば、何が話されているかも理解しやすいでしょう。

また、スポーツ観戦を楽しめるバーなどに足を運んでみるという方法もあります。

サッカーやバスケなど、世界的に人気の高いスポーツの中継をしているバーには、外国人も集まりやすいです。

そこで出会った外国人と実際に英語で会話をしてみることは、スピーキング力の向上に非常に効果的です。

また、同じ趣味を持つ人と出会えるため、話しかけやすく、友人になりやすいというメリットもあります。

このように、少しでも英語学習を楽しめる工夫をして学習に取り組むことで、語学のセンスが磨かれてきたと感じやすいでしょう。

毎日少しずつでも学習を重ねる

英語の学習を毎日継続できないことが原因で語学センスがないと感じてしまっている場合は、毎日少しずつでも英語学習の時間を取ることで、語学センスが磨かれてくるでしょう。

先述の通り、英語とは数日間、数ヶ月間勉強したからといって習得できるものではありません。

勉強して日が浅い段階で話せるようにないのは、センスがないからではありません。それは当然のことだと言えるでしょう。

また、英語学習のモチベーションに波があり、勉強をしたり、しなかったりという日々を繰り返している場合も、学習の成果が出にくいです。

前回英語を勉強した時から日が空くと、どんな勉強をしていたのか、次は何をすべきかということがわからなくなってしまいやすいでしょう。

また、適切な間隔で学んだ知識を復習しなければ、せっかく覚えた知識も定着することなく忘れてしまいます。

毎日の勉強を継続するためには、英語学習の具体的な目標を定めると同時に、それを達成する期限を決めることがおすすめです。

具体的には、「1人で海外旅行できる英語力をつけたい」ことが英語学習の目的の場合は、1人で海外旅行に行く予定を立ててしまう、「TOEICで900点を取りたい」ことが目的の場合は、受験日を決定してしまうなどの行動を起こしましょう。

そうすることで、その日から逆算して毎日どんな学習をどれくらいやるべきかを具体的に考えられるようになります。

また、目標達成までの期限が半年先、1年先など長い場合には、中間目標も設定しましょう。

そうすることで、より具体的に学習の進捗状況を把握することができる上、定期的に達成感を得られるため、モチベーションの低下を防ぐことができます。

なお、独学での英語学習ではモチベーションが落ちてしまう人や、自分が行っている学習方法が適切かどうか不安に感じてしまう人は、英語コーチングスクールの利用もおすすめです。

英語コーチングスクールとは、英語そのものを教えることに加えて、生徒の英語学習の目標に沿った学習方法を提案してくれたり、進捗状況をチェックしてくれたりするタイプの英語スクールです。

例えば、「英語力が必須の企業へ転職したい」ということが英語学習の目的の場合は、転職希望時期と、その企業に転職するために必要な英語力、生徒の現状の英語力を明確にした上で、いつ、何を、どんな方法で学習すべきかということを提案してくれます。

多くの英語コーチングスクールでは、1人につき1人の専属コーチがつきます。

コーチと日々の仕事やプライベートのスケジュールを共有しながら、何月何日の何時から何時まで何の学習を行うべきかという部分まで、詳しく指示してもらえます。

そのため、学習方法に迷うことがありません。

また、多くの英語コーチングスクールでは、日々の学習の進捗状況をコーチに報告する仕組みをとっています。

日々の学習の中でわからないことがあった場合にはすぐ相談することができたり、仕事の都合などでスケジュール通りに学習が進まなかった場合にも、どのようにリカバリーすべきかを教えてもらったりできます。

そのため、途中でモチベーションが落ちてしまう心配も少ないでしょう。

このように、英語コーチングスクールでは、自分の目的に合った学習方法で毎日勉強を継続することができます。

結果として、語学センスが磨かれたと感じやすいでしょう。

毎日英語を学習することに難しさを感じる場合や、なかなかモチベーションを維持できないと感じる場合は、英語コーチングスクールの利用も検討してみても良いでしょう。

このように、毎日、少しずつでも英語の学習を続けることで、語学のセンスも磨かれてきたと感じられるでしょう。

関連記事:【徹底比較】おすすめ英語コーチングスクール12選。ランキング形式で紹介!

ビジネス英会話を効率よく身につけたい方におすすめのスクール

ENGLISH COMPANY

1位:ENGLISH COMPANY

公式サイト:https://englishcompany.jp/

『ENGLISH COMPANY』は、科学的なトレーニングと英語学習のコンサルティング(コーチング)で、最短距離で目標達成を目指すための英語コーチングスクールです。

ENGLISH COMPANYでは言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見を活かしたトレーニングを行います。 第二言語習得研究に沿ってあなたの課題を発見し、それに適した学習方法を選択するので、一切の無駄を省いて効率的な学習ができます。

English Companyキャンペーン

<「秋の英語トレーニング 割引キャンペーン」最大5万円OFF!2021年10月31日まで先着300名 >

専門家による課題発見で、時短学習を目指す
30日返金保証あり

関連記事:ENGLISH COMPANYの口コミ・評判まとめ【時短で伸ばす!】

STRAIL(ストレイル)

2位:STRAIL(ストレイル)

公式サイト:https://strail-english.jp/

『ストレイル』は、ENGLISH COMPANYを運営しているスタディーハッカーが運営する英語のパーソナルジムです。学習方法については、ENGLISH COMPANYと同じく「第二言語習得研究」に基づいています。

ENGLISH COMPANYとの違いは、自習中心の英語コンサルティングサービスを提供している点、グループレッスンを採用している点です。 ENGLISH COMPANYの半分程度の月額で受講できます。期間も2ヶ月と短いので、第二言語習得研究に基づいて、短期間で集中して成果を出したいという方におすすめです。

STRAILキャンペーン

<「秋の英語コーチング 割引キャンペーン」最大25,500円OFF!2021年10月31日まで先着300名 >

コンサルタントの課題発見に特化
簡単1分申し込み

関連記事:【高密度トレーニングとは?】ストレイル(STRAIL)の口コミ・評判まとめ

トライズ

3位:トライズ

公式サイト:https://toraiz.jp/

『トライズ』は、1年間で1000時間の学習時間を確保して英語をマスターする英語コーチングスクールです。 他英語コーチングスクールと比べると、期間が長く、本気で英語を極めたいという強い意思がある方向けのサービスです。

英語の習得には最低でも1000時間必要と言われています。その1000時間の学習をコースに含めている英語コーチングスクールは他にはありません。 確かに英語コーチングで学習習慣を身につければ、受講後も自走して学習できます。しかし「本当に自走できるのか?」「途中でやる気がなくなってしまわないか」と不安ですよね。

しかしトライズでは、1年間のコーチングで確実に1000時間の学習時間を確保できます。1年間の受講生の継続率は91.7%という高さです。「もう挫折したくない」「なんとしてでも英語力をあげたい」という方におすすめです。

1年間1000時間の学習でも、
91.7%の継続率の高さ!
全額返金保証あり

関連記事:【1年で英語が話せる?】トライズ(TORAIZ)の口コミ・評判まとめ

無料カウンセリングをしっかり活用して、ご自身にあった英語コーチングスクールを見つけてみてください。

適切な学習方法を理解して語学センスを磨きましょう

適切な学習方法を理解して語学センスを磨きましょう

ここまで、語学センスとは何か、語学センスがないと感じてしまう原因、語学センスを磨く方法について紹介してきました。

語学センスとは、大きく分けて先天的なものと後天的なものがあると考えられます。

このうち、先天的な語学センスとは、音や文法に関する敏感さ、丸暗記する能力など、語学学習に対する適性の有無によるものです。

一方で、後天的な語学センスとは、努力や訓練によって向上させることができるものです。

語学センスがないと感じる原因には以下が挙げられます。

  • 目的を持たずに勉強をしている
  • アウトプットが足りていない
  • 実際の会話シーンを想定せずに学習している
  • 発音の学習をしていない
  • ミスしてはいけないと考えている
  • 苦手意識を持ちながら勉強をしている
  • 学習を継続できていない

それぞれの原因に対処して、語学センスを磨くための方法としては以下が挙げられます。

  • 目的を持って学習を進める
  • アウトプットの機会を増やす
  • 実際に使えるフレーズをインプットする
  • 発音を集中的に学習する
  • ミスを恐れずにどんどん話す
  • 楽しみながら学習する
  • 毎日少しずつでも学習を重ねる

この記事を参考にしながら、自分にとって学習方法を考え、少しずつ英語力UPを目指してみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ユカ

旅行好きなフリーライター。大学受験で英語の知識を叩き込み、在学時に留学や旅行で実践的な英語力を身につける。アメリカ留学を経験、世界一周をして40ヵ国近くへ訪問済み。TOEIC850点。

-学習ノウハウ

© 2021 英語コーチングスクール比較ナビ