個別スクール紹介

【英語コーチングの元祖】プレゼンス(PRESENCE)の口コミ・評判まとめ

「プレゼンス(PRESENCE)に興味があるけど口コミや評判はどうなの?」「プレゼンス(PRESENCE)は英語コーチングの長い歴史があるって聞いたけど本当?」とお悩みではありませんか?

プレゼンス(PRESENCE)は、日本で初めて英語コーチングサービスを行った、英語コーチングスクールの元祖です。

本記事では、

  • プレゼンス(PRESENCE)の効率的な学習方法
  • プレゼンス(PRESENCE)で効果が出る人
  • プレゼンス(PRESENCE)の口コミや評判

について解説します。

プレゼンス(PRESENCE)の受講を少しでも検討している方は最後まで記事をチェックしてみてくださいね!

プレゼンス(PRESENCE)とは?

プレゼンス(PRESENCE)は、19年前に日本で初めての英語コーチングサービスを始めた日本英語コーチングサービスの元祖です。19年間で26,000人以上の卒業生を輩出しています。プレゼンス(PRESENCE)は、創業者の杉村太郎氏がハーバード大学院への留学準備のための勉強時間捻出に苦労して、同様の悩みを抱えている英語学習者の悩みを解決するために設立した英語コーチングスクールです。プレゼンス(PRESENCE)では英語コーチングスクールでは珍しい、クラス制をとっています。また他の多くの英語コーチングスクールがビジネス英会話に力を入れる中、プレゼンス(PRESENCE)ではTOEICやTOEFLといった資格試験にも力を入れています。資格試験のコーチングを行っている英語コーチングスクールは多くありません。

プレゼンス(PRESENCE)の効率的な学習方法

プレゼンス(PRESENCE)の効率的な学習方法を3つ抜粋しました。

  • 圧倒的なコーチングスキル
  • TOEIC対策コースは点数別にカリキュラムが組まれている
  • クラス制でモチベーションアップ

圧倒的なコーチングスキル

プレゼンス(PRESENCE)は日本で初めて英語コーチングを行ったスクールです。19年間で26,000人の卒業生にコーチングしてきた実績から圧倒的なコーチングスキル、ノウハウを持っています。英語学習を効率的に行うためには「やらされる」ではなく「やりたい」という気持ちを持つことが大切です。プレゼンス(PRESENCE)では、学習方法を提案するだけでなく「なぜその勉強方法が必要なのか」「その勉強方法にはどのような効果があるのか」をしっかり説明してもらった上で学習を行います。コーチングのカリキュラムは受講生の声を元に19年間の間に何度も改良されています。また、19年間で積み上げたコーチングのノウハウは、本にもなっています。プレゼンス(PRESENCE)が出版している英語コーチングのノウハウをまとめた本については、以下の記事でレビューしています。

【書評】日本最高の英語コーチングスクール プレゼンス式TOEIC(R)L&Rテスト勉強法

TOEIC対策コースは点数別にカリキュラムが組まれている

プレゼンス(PRESENCE)では、英語コーチングスクールの中では珍しく、TOEIC対策コースがあります。またプレゼンス(PRESENCE)のTOEIC対策コースは、目標点数別にカリキュラムが組まれています。他の英語コーチングスクールでは、TOIEC対策コースはあってもコースが点数別に分かれているところはほとんどありません。TOEICは800点を目指すのか、600点を目指すのかによって勉強方法が全く異なります。

プレゼンス(PRESENCE)のTOEIC対策コースでは、

  • 英語準備コース(TOEIC400点未満の方)
  • TOEIC600点コース
  • TOEIC750点コース
  • TOEIC900点コース

以上の4コースがあります。

プレゼンス(PRESENCE)では、2ヶ月でTOEICスコアを200点アップさせることも可能です。

クラス制でモチベーションアップ

プレゼンス(PRESENCE)では、クラス制を採用しています。クラス制では、同じ目標を持った受講生が集い、担当コーチとともに全員で語学力の向上を目指します。「通常のグループレッスンと同じでは?」と感じる方もいるかと思います。確かにグループレッスンでも同じ目標を持った仲間と切磋琢磨することができます。しかしメンバーは固定ではありませんよね。プレゼンス(PRESENCE)では、10人程度のメンバーでクラスが固定されます。毎回同じメンバーなので仲間意識も生まれます。そして「みんな頑張っているから私も頑張ろう」とモチベーションも上がります。実はモチベーションを上げるには、一人よりも複数名で勉強をした方が良いと言われています。マンツーマンレッスンは、講師が自分のためだけにレッスンをしてくれて融通も効くというメリットがあります。しかしモチベーションを高く保つためには、周りに頑張っている仲間がいるグループレッスン、そしてクラス制が最も効果的です。

プレゼンス(PRESENCE)はどんな人に効果がある?

プレゼンス(PRESENCE)は、

  • 一人で黙々とではなく、仲間と切磋琢磨しながら英語学習をしたい人
  • 短期間でTOEICやTOEFLをスコアをアップさせたい人

に効果がある英語コーチングサービスです。

プレゼンス(PRESENCE)では英語コーチングスクールでは珍しいクラス制を採用しています。これまで一人で英語学習をしていたがなかなか効果が出なかったという方は、クラス制で仲間とともに勉強してみましょう。また、ビジネス英会話よりもまずはTOEICなど資格試験のスコアをアップさせたいという方にもプレゼンス(PRESENCE)はおすすめです。

プレゼンス(PRESENCE)の口コミ・評判まとめ

プレゼンス(PRESENCE)の口コミ・評判を良いもの悪いもの両方まとめました。

良い口コミ・評判

「この勉強法でやってみて」という投げやりスタイルではない

どの英語コーチングスクールも「この勉強をすれば目標を達成できる」というノウハウは持っています。しかしそれを論理的に受講生に説明してくれるスクールは少ないです。プレゼンス(PRESENCE)ではこの勉強法がなぜ必要なのかを事前にしっかり説明してくれるので、自分も納得した状態で英語学習を行えます。「この勉強法って何の効果があるの?」という不安を完全に取り除き、勉強にフォーカスできます。

「学習意欲が高い受講生×クラス制の組み合わせは最高」

プレゼンス(PRESENCE)の受講生は、学習意欲が高い社会人や学生ばかりです。「クラス制だとついつい関係のない話題になったり、だらけてしまうのでは?」という疑問があります。しかし全くそんなことはありません。むしろ「周りも頑張っているから自分も頑張らなきゃ」と自分のモチベーションを高められる最高の環境です。

悪い口コミ・評判

「レッスン時間の融通が効かない」

プレゼンス(PRESENCE)の受講生の多くは会社員です。レッスンは週1回で休日がメインです。クラス制なので毎週同じ曜日の同じ時間に固定されています。マンツーマンレッスンやグループレッスンの場合、自分の都合に合わせてレッスン時間を調節できます。しかしクラス制なのでレッスン時間の調整ができません。確かに急な予定が入ったときに不便というデメリットがあります。しかし固定されていることで確実に英語学習を習慣化できるというメリットもありますよ。

まとめ

プレゼンス(PRESENCE)は19年の歴史がある英語コーチングスクールです。2020年2月20日には、プレゼンス(PRESENCE)のコーチングのノウハウや学習方法をまとめた本も出版されています。無料説明会も開催されているので、興味がある方は参加してみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Bong

Bong

高校時代の海外旅行がきっかけで英語に興味を持つ。大学時代には10ヵ国を旅し、TOEIC870点を取得。趣味で中国語も学んでいる語学大好き人間。6年間の英語講師を経て、現在はフリーランスとしてライター業やWebメディアの運営を行っている。

-個別スクール紹介
-

© 2020 英語コーチングスクール比較ナビ