TOEICの学習でモチベーションが落ちてしまう5つの原因と対処方法を解説

TOEICの学習でモチベーションが落ちてしまう5つの原因と対処方法を解説

「TOEICを受けるけれど、勉強のモチベーションを維持できない」
「やらなきゃいけないことはわかっているけれど、どうしてもやる気が湧かない」

TOEICの受験を前にして、こんな風に思い悩む人も多いのではないでしょうか。TOEICは語学の試験という性質上、学習が暗記中心となり単調になりがちなため、モチベーションが低下してしまうのは珍しいことではありません。

なかなか続けられないよね…

この記事では、TOEICの学習モチベーションが低下してしまう具体的な原因について解説し、どうすればモチベーションを維持しながら学習を継続できるかについて紹介します。

また、試験までに時間がない人や、仕事が忙しく日々のスケジュール管理が難しい人におすすめな英語コーチングスクールについても詳しく解説します。

TOEICの学習に集中できなかったり、勉強のやる気が湧かなかったりといったことで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

TOEICスコアを短期間で劇的に上げたい方におすすめの3スクール

  • STRAIL(ストレイル)TOEIC®️L&R TESTコース
    TOEICに伸び悩み始めた中上級者向け。第二言語習得研究に基いたトレーニングにより、一切の無駄を省いて効率的な学習が可能。
  • プログリットTOEICコース
    TOEICスコアアップのための学習ロードマップを作成する初回無料カウンセリングが、TOEICと本気で向き合う学習者から大人気。
  • フラミンゴオンライン英語コーチング 試験対策コース
    TOEICスコアアップだけでなく、実際の業務に活きる英語力も高めたいという欲張りをかなえられるプログラム。

TOEICでモチベーションが低下する原因

TOEICの学習モチベーションが続かないという悩みは、珍しいことではありません。

冒頭で述べた通り、学習が暗記中心で単調になりがちなことに加え、語学の学習はなかなか勉強した成果を感じにくいためです。

社会人であれば勉強時間を取れないことでモチベーションが落ちてしまうケースもあるでしょう。

また、2020年のコロナ禍においては、感染拡大防止のためTOEICの実施自体が中止されたこともありました。

中止が続いていた期間には、次に受験できる日すら定かでなく、「いつまで勉強すれば良いんだ」とゴールが見えずにモチベーションが落ちたという人もいたのではないでしょうか。

TOEICは再開されましたが、だからと言ってモチベーションを維持しながら学習を継続できるとは限りません。受験日が明らかでも、さまざまなことが原因で試験本番までモチベーションを維持できないことがあります。

ここでは、TOEICの学習モチベーションが低下する具体的な原因を5つ解説します。

  • ゴールが不明確
  • 勉強の成果を実感しにくい
  • 学習が単調で飽きる
  • 勉強時間が思うように取れない
  • その他の原因

それぞれについて、どのような状態なのか、なぜモチベーションが低下してしまうのかについて見ていきましょう。

ゴールが不明確

1つ目に考えられる原因は、ゴールが不明確なままTOEICに申し込み、勉強を開始してしまっていることです。

TOEICは、他の多くの資格試験と異なり「合格/不合格」が判定されるテストではありません。

合否判定が出るタイプのテストでは「合格」という非常にわかりやすいゴール設定ができます。

しかし、TOEICでは英語力がただ単に「スコア」として通知されるため、どうしてもゴールが曖昧になりやすいのです。

例えばTOEICの受験目標として「ハイスコアを取りたい」「英語ができるようになりたい」などといったゴールを掲げている人もいるかもしれません。しかし、このように漠然とした目標では、やる気もあまり湧かないでしょう。

もちろん「昇進・赴任のために明確な目標スコアを持っている」という人もいるでしょう。

この場合に気をつけたいのが、目標を達成する「期限」を決めることです。

TOEICは年に10回も実施されるテストです。そのため、つい「今回はダメでも次回頑張れば良いや」「いつか取れたらいいな」という考え方に陥りがちです。

何度も受験しているうちに、試験対する緊張感や切迫感が失われ、徐々にモチベーションも下がる可能性があります。

勉強の成果を実感しにくい

2つ目に考えられる原因は、TOEICは勉強の成果をなかなか実感しにくいことです。

TOEICは語学のテストであり、出題される文法や出題単語が明確に定められているわけではありません。そのため、学習したことが結果に現れるのに時間がかかります。

学習開始の直後など、勉強内容がスコアに反映されない期間には「意味がないのでは」「学習方法が間違っているのでは」と感じ、モチベーションの低下に繋がることもあるでしょう。

学習が単調で飽きる

3つ目の原因は、学習が単調で飽きてしまうことです。

TOEICではイディオム・文法・長文・会話分・アナウンスの聞き取りなどさまざまなタイプの問題が出題されます。

しかし、どのような出題形式でも「単語」と「文法」をどれだけ知っているかがスコアアップの鍵となります。

そのため、どうしても学習は必然的に単語・文法の暗記が中心になりがちです。語学の暗記という単純作業を繰り返すことに飽きてしまい、モチベーションが低下するのは珍しいことではありません。

「飽き」というのは、単語や文法の暗記だけでなく、TOEICの試験本番や予想問題集の演習時にも襲ってくる感情です。

2時間で200問を解くといいうTOEICの性質上、事務処理的に素早く淡々と対応する必要があります。

さらに回答はマーク形式のため、単純作業のように感じてしまい、飽きや慣れといった気持ちが出てくることもあるでしょう。

勉強時間が思うように取れない

4つ目の原因は、学習時間が計画通りに取れないことです。

スコアや達成時期などの明確な目標があり、それに向けた学習計画を立て、着実にスコアアップを目指している人もいるでしょう。

しかし、せっかく立てたスケジュールを予定通りに勉強を進められないと焦りを感じてしまいます。

特に社会人が受験する場合は、平日は忙しい時間からなんとか学習時間を捻出して勉強スケジュールを立てることになります。

貴重な勉強時間を業務や他の用事で奪われてしまうと、ストレスに感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、突発的な仕事や家庭の事情、体調などのさまざまな事情で学習計画が乱れることは仕方がないことです。

余裕のないスケジュールを組んでいたり、「今日も勉強できなかった」と自分を責めてしまったりすると、モチベーションの低下に繋がってしまいます。

その他の原因

その他にも、

「明確な原因はないけれど勉強のやる気が湧かない」
「予想問題集を見たら難しすぎるように感じてしまった」
「英語ができる同僚と比較してしまった」
「会社で強制されているけれど、そもそもTOEICに興味がない」

など、モチベーションが湧かない原因はさまざまです。

また、心身が疲れてしまっていたり、英語学習以外のことで悩みやストレスがあったりすることで、TOEICの勉強になかなか手をつけられない場合もあるでしょう。

いろんな理由があって続かないのよね…

TOEICスコアを短期間で劇的に上げたい方におすすめの3スクール

  • STRAIL(ストレイル)TOEIC®️L&R TESTコース
    TOEICに伸び悩み始めた中上級者向け。第二言語習得研究に基いたトレーニングにより、一切の無駄を省いて効率的な学習が可能。
  • プログリットTOEICコース
    TOEICスコアアップのための学習ロードマップを作成する初回無料カウンセリングが、TOEICと本気で向き合う学習者から大人気。
  • フラミンゴオンライン英語コーチング 試験対策コース
    TOEICスコアアップだけでなく、実際の業務に活きる英語力も高めたいという欲張りをかなえられるプログラム。

TOEICの学習をモチベーション維持しながら続ける方法

TOEICの学習をモチベーション維持しながら続ける方法

ここまで、TOEICのモチベーションが湧かない・続かない原因について解説してきました。

次は、どうすればモチベーションを保ちながらTOEICの学習を継続できるのかについて、以下の4つの対処方法を紹介します。

  • 目標スコアと期限を明確にする
  • 定期的に予想問題集を解く
  • スケジュールを可視化する
  • 本やコミュニティから刺激をもらう

上で紹介した、モチベーションが下がるそれぞれの原因別の対策を見てみましょう。

目標スコアと期限を明確にする

明確なスコア目標を持たないままTOEICを受験しようとしている場合は、まずは目標設定するところから始めましょう。

ポイントは、「高得点を取りたい」など、漠然とした目標ではなく「900点を取る」と数値化することです。

目標スコアを立てたら、さらに「リスニング450」「リーディング450」など、「900」というスコアの内訳の目標も立ててみましょう。

そうすることで、現状と目標の間にどれだけの乖離があるのか、何をどれくらい勉強すべきかが明確になってきます。

また、目標はスコアだけでなく期日も決めてしまうことが大切です。

期日についても「今年中に」といった漠然とした目標ではなく「◯月の受験で××点を取る」といったように、なるべく具体化することが大切です。

そうすることで、緊張感を持ちながら、集中して勉強に取り組めるでしょう。学習期間は長すぎるよりは短い方が「あと◯ヵ月だけ頑張れば良い」と捉えられ、モチベーションを維持しやすくなります。

目標はスコアと期日を明確にしよう!

定期的に予想問題集を解く

「TOEICの勉強を頑張っているのに学習効果をなかなか実感できない」とモチベーションが下がっている場合には、定期的に予想問題集を解くことをおすすめします。

学習成果を測る機会がTOEICの受験本番のみであると、どうしても回数が少なく成長を実感しにくいです。

本番と同じレベル・問題構成の予想問題集を解くことで、日々の学習の成果をスコアとして見られるようになります。

また、予想問題集のスコア結果は、解いた日時とともに記録しておきましょう。そうすることで、後から振り返って成長度合いを実感できるはずです。

なお、TOEICでは1問あたりの点数配分が開示されていません。そのため、記録に残す場合は、回答率をパーセンテージで計算することをおすすめします。

各セクション・各パート別の正答率も記載しておくことで、どの学習が足りていないのかを知ることもできます。

ちなみに、TOEICの予想問題集を解くのは「本番の試験に慣れる」といった観点から見ても非常に有効です。

TOEICでは、2時間という長丁場を集中して問題を解き続ける必要があります。

ハイスコアを出すためには、単語や文法の能力はもちろん、いかに集中を切らさずに問題に向き合えるかということも重要なポイントです。

集中力を養ったり、適切な時間配分を予め考えたりするためにも、公式問題集は定期的に解くことをおすすめします。

学習場所・学習方法を変更してみる

TOEICの単語暗記や文法暗記といった単調な学習に飽きを感じてモチベーションが低下している場合には、学習場所学習方法を変更してみましょう。

例えばいつも同じ場所で学習しているならば、図書館やカフェに出かけて勉強してみる、散歩しながらリスニングに取り組んでみるなどの方法があります。

外に出ることが難しい場合は、デスクでの勉強をダイニングテーブルに変えてみる、お風呂で単語暗記に取り組むなどの工夫ができます。

場所を変えることで刺激を感じ、再度集中して学習に取り組めるようになることもあります。

学習方法についても同様です。

例えば単語を何度も書き取って覚えている場合や、目で見て覚えているといった場合には、音読やシャドーイングなど、声に出す学習を取り入れてみましょう。

いつもと異なる器官を使うことで、刺激を感じて飽きることを防げます。

また、目で見る、手で書くといった作業の他に声に出す、耳で聞くというように、さまざまな方法で記憶する方が、脳にインプットされやすいと言えます。

また、気分転換や休憩も兼ねながら英語のニュースやドラマなどを観てみるのも良いでしょう。

集中して学習できる場所・方法をいくつか用意しておくと、飽きによるモチベーション低下を予防できます。

飽きないように工夫をしてみましょう!

スケジュールを可視化する

「忙しくて計画通りに勉強が進まない」と悩みモチベーションが下がっている場合は、まずは本当に「学習時間を取れないのか」を確認しましょう。

日々のスケジュールを可視化してみると、意外にも学習に使える時間が見つかるかもしれません。

通勤時間、休憩時間などに習慣的にSNSを見たり、ゲームをしたり、なんとなくテレビを見たりしている時間が少しでも見つかるのではないでしょうか。

椅子に座って机に向かうことだけが勉強ではありません。

例えばスマホにTOEICの単語暗記アプリを入れて電車でチェックする、歩きながらリスニングの勉強をする、などの方法でどこでも英語の学習は可能です。

1度、1日のスケジュールを細かく書き出して、隙間時間などの活用を検討しましょう。

意外とスキマ時間が見つかるかも

また、TOEICの学習計画を立てる際には、あまり無理のないスケジュール作りを心がけることをおすすめします。

特に社会人の受験の場合は、忙しい仕事の合間を縫って勉強を進めていくことになります。さらに、突発的な業務の発生や家庭の事情などで、当初に立てた計画通りに進まないこともあるでしょう。

少し余裕のある勉強スケジュールを立てることで、そのような突発的な予定が生じた際にもリカバリーできます。

また、例えスケジュール通りに学習をこなせなかったり、遅れが生じたりしても「自分が悪い」と責めないようにしましょう。

自己嫌悪に陥ることで「どうせダメだ」「計画通りの勉強量をこなせなかったから、スコアが上がるわけない」など、必要以上にマイナス思考になる場合があります。

TOEICでは、1つでも多くの単語・文法を覚えることで、スコアアップの可能性が上がります。

計画通りに進められなかったからといって諦めず、少しの時間でも学習したことはプラスになると信じて、前向きに取り組みましょう。

本やコミュニティから刺激をもらう

原因がはっきりしないけれどやる気が湧かない、TOEICが難しすぎる、そもそも自分の意思で受験するわけではないといった場合には、本やコミュニティ、友人や先輩などとの会話から刺激をもらうことで、モチベーションが保てるケースがあります。

例えば、自己啓発書の中には仕事や勉強のモチベーションをアップさせる方法が書かれたものが多数あります。

モチベーションアップさせるには、具体的にどんな行動を取るべきか、それがどう効果的なのかが詳しく書かれた本を読み、TOEICの勉強に応用してみましょう。

また、自分の尊敬する偉人の著作伝記を読んでみるのも良いでしょう。偉業を達成するまでの努力の軌跡を知ることで「自分も努力しよう」と思えるかもしれません。

また、TOEIC受験コミュニティに入ることも有効です。

インターネット上では、さまざまな団体・個人が一緒にTOEICに向けて学習するためのコミュニティが作られています。

日々の学習量を報告したり、悩みを相談しあったり、英語についての質問ができたりと、コミュニティによって幅広いコンテンツが用意されています。

中には、オフラインでの勉強会を開催しているコミュニティもあります。そのようなコミュニティに参加し、一緒に頑張る仲間を見つけることで、モチベーションの維持につながることもあるでしょう。

匿名でも利用可能なものがほとんどであるため、気軽に利用できることもメリットと言えます。

周囲にTOEICを受験する友人や同僚がいる場合は、その人たちに学習状況について相談してみましょう。

コミュニティで出会う人よりも、自分の仕事の状況や性格を知った上で話を聞いてくれるため、的確なアドバイスをもらえるかもしれません。

また、同じような状況で勉強を進めている人の学習方法や進捗を聞くことでモチベーションをアップに繋げられることもあるでしょう。

最後に「どうしてもやる気が湧かない、机に向かいたくない」「本を読んだり、人に話を聞いたりすると焦ってしまう」といった場合には、思い切って少し休んでしまうのも良い手段です。

あまりに心身に疲れが生じていると、学習に取り組めたとしても集中できないでしょう。また、焦りや不安から自己嫌悪に陥り、さらにやる気が落ちてしまうこともあるかもしれません。

心身に不調を感じる場合は「休むことが必要な時期なんだ」と捉え、気持ちをリフレッシュさせてから、再度学習に取り組みましょう。

なお、勉強を再開する際には「1日1ページの単語を覚えればOK」など、ハードルを低く設けておくことをおすすめします。

必ず結果を出したいなら英語コーチングスクールの利用もおすすめ

必ず結果を出したいなら英語コーチングスクールの利用もおすすめ

ここまで、TOEICのモチベーションを維持する方法を紹介してきました。

しかし、これらの対処方法を試してみても「仕事のスケジュールが読めなくて上手く学習計画を立てられない」「そもそも今の学習方法が適切かわからない」「どうしても自分1人ではモチベーションを保てない」といった人も多いでしょう。

そのような悩みを抱えている方には、英語コーチングスクールの利用がおすすめです。

英語コーチングスクールとは、ただ英語そのものを教えるだけでなく、受講者の目標に向けてどのような学習をすべきかを提案してくれ、さらに日々の学習の進捗状況管理も行ってくれる英語スクールです。

例えば「12月までにTOEIC900を取りたい」という目標を持っているとします。

英語コーチングスクールでは、初めに現状の実力を正確に測った上で、足りない能力は何か、その能力をつけるためには、どんな学習をどれくらい行えば良いかを教えてくれます。

さらに、日々の仕事やプライベートの予定を共有した上で、いつ・どこで・どんな方法で学習をすべきかを提案してくれます。

加えて、学習スケジュールの進捗度合いを日々専属コーチに報告する仕組みを取っている英語コーチングスクールも多くあります。

もし、スケジュール通りに学習を進められなかった場合にもそれを報告することで、いつ・どのようにカバーすれば良いかを教えてもらえるため、モチベーションが下がりにくいでしょう。

また、学習に関する疑問が生じた場合にもすぐに相談できるため、不安な気持ちを抱えたまま進んでしまうということがありません。

もちろん、専属コーチは英語学習のプロです。万が一モチベーションが低下してきた場合にも、コーチに相談することで、その時の状況や心情を踏まえた上での有効な対処方法を教えてくれるでしょう。

さらに、英語コーチングスクールの中には受講者が集う講義イベントを開催している場合もあります。

そのような場に参加することで、他の受講生の学習方法や学習スケジュールを知ったり、悩みを相談したりするチャンスもあるでしょう。自分と同じ目標に向かって努力している人の話を聞くことで、モチベーションアップも期待できます。

多くの英語コーチングスクールでは、無料のカウンセリング体験レッスンを実施しています。

また、TOEIC対策を専門にしたコースを用意している英語コーチングスクールも少なくありません。

1人ではモチベーションを維持できない人や、試験までに時間が残されていない人は、ぜひ一度利用を検討してみましょう。

関連記事:【徹底比較】おすすめ英語コーチングスクール12選。ランキング形式で紹介!

TOEICスコアを短期間で劇的に上げたい方におすすめのスクール

英語コーチングスクールの体験レッスンやインタビューを30スクール以上行ってきた当サイトが、本当におすすめだと思ったスクールを3つだけ紹介しておきます。ぜひ活用してみてください。

STRAIL(ストレイル)TOEIC®️L&R TESTコース

1位:STRAIL(ストレイル)

公式サイト:https://strail-english.jp/

STRAILは、ENGLISH COMPANYを運営しているスタディーハッカーが運営する英語のパーソナルジム。

TOEIC®️L&R TESTコースは、TOEICのスコアを重点的かつ短期間に伸ばしたいという方のための、3ヵ月集中TOEIC特化型プログラムです。語彙、文法からリーディング・リスニング力の向上、さらに演習問題での実践力の養成と、バランスよく学習を進めるカリキュラムを提供しています。

そのため公式サイトを見てもわかる通り、TOEICスコアを短期間で大きく上昇させることが可能となっています。TOEIC受験希望者は大変満足できるサービスです。

コンサルタントの課題発見に特化
簡単1分申し込み

関連記事:【高密度トレーニングとは?】ストレイル(STRAIL)の口コミ・評判まとめ

プログリットTOEICコース

2位:プログリット

公式サイト:https://www.progrit.co.jp/

プログリットのTOEICコースでは、初回無料カウンセリング時に英語テストを行い、課題を割り出すことで、TOEICスコアアップのための学習ロードマップを作成します。

そのため、どのトレーニングを取り組めばよいかを明確にして、効率的に学習を進めることができます。 初回無料カウンセリングだけでも、非常に価値のある体験になりますので、ぜひ受講されることをおすすめします。

サッカー本田圭佑氏も受講中!
30日間全額返金保証あり

関連記事:プログリット(PROGRIT)の口コミ・評判まとめ

フラミンゴオンライン英語コーチング 試験対策コース

3位:フラミンゴオンライン英語コーチング 試験対策コース

公式サイト:https://coaching.app-flamingo.com/

『フラミンゴオンライン英語コーチング 試験対策コース』は、TOEICのスコアを上げるとともに実際の業務で活きる英語力も高めたいという欲張りをかなえられるプログラム。

TOEIC900点以上のスコアを持つ、今まさにビジネスの現場で活躍するコーチが所属しています。

TOEICのスコアを上げながら、ビジネスで実際に使えるような英語力を身につけられるように、効果的なトレーニングを提供しています。

英語初心者におすすめ
30日間全額返金保証あり

関連記事:フラミンゴ英語コーチングの料金・口コミまとめ【完全オンライン】

無料カウンセリングをしっかり活用して、ご自身にあった英語コーチングスクールを見つけてみてください。

工夫しながらTOEIC学習を継続してスコアアップを目指しましょう

ここまで、TOEICのモチベーションの低下の原因と解消方法について紹介してきました。

TOEICのモチベーションが下がってしまう原因としては、以下のことが考えられます。

  • ゴールが不明確
  • 勉強の成果を実感しにくい
  • 学習が単調で飽きる
  • 勉強時間が思うように取れない

それ以外にも、「テストが難しすぎるように感じる」「人と比較して落ち込んだ」「仕事上TOEIECの受験が必要だが、本当は受けたくない」などの事情があるケースもあるでしょう。

上記のようなことが原因でTOEICのモチベーションが低下している場合は、以下のことを実行することで、対処できる可能性があります。

  • 目標スコアと期限を明確にする
  • 定期的に予想問題集を解く
  • スケジュールを可視化する
  • 本やコミュニティから刺激をもらう

なお、上記を試してもモチベーション維持ができないと感じる人には、英語コーチングスクールの利用がおすすめです。

英語コーチングスクールでは、英語学習のプロが最適な学習方法を提案してくれ、さらに日々の学習の進捗管理も行ってくれます。

モチベーションが低下しにくいシステムが整っているため、試験日まで時間がない人や、1人で学習を継続する自信がない人におすすめできます。

この記事を参考に、目標スコアに向かってモチベーションを維持しながらTOEICの学習を継続してください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ユカ

旅行好きなフリーライター。大学受験で英語の知識を叩き込み、在学時に留学や旅行で実践的な英語力を身につける。アメリカ留学を経験、世界一周をして40ヵ国近くへ訪問済み。TOEIC850点。

-学習ノウハウ

© 2021 英語コーチングスクール比較ナビ