留学しないで英語を話せるようになる?学習方法と工夫すべきことを解説

留学しないで英語を話せるようになる?学習方法と工夫すべきことを解説

「留学しなくても英語を話せるようになるのかな」
「留学なしで英語を喋れるようになるためには、どんな勉強をすべき?」

帰国子女や留学経験のある人が英語を流暢に喋っているのを見て「外国にいたから英語ができるんだ」「やっぱり、留学しなければ英語ができるようにならないのかな」と思ってしまうこともあるかもしれません。

留学経験がない社会人や、コロナ禍などの事情で留学が難しい学生の中には、英語を学んでいても、本当に話せるようになるのかと不安に思うこともあるでしょう。

しかし、英語を話せるようになるためには、必ずしも留学が必要なわけではありません。実際に、留学経験や海外の渡航経験がなくても、英語を流暢に話す人はたくさんいます。

この記事では、留学なしで英語を話せるようになるための具体的な勉強方法や、日本にいながら英語をアウトプットする方法、日常生活の中で工夫すべき事について解説していきます。

日本にいながら英語を習得したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

留学しないで英語を話せるようになれる?

留学しないで英語を話せるようになれる?

流暢に英語を話す日本人を見ると、留学経験や赴任の経験があるに違いないと思ってしまうことも多いかもしれません。しかし、必ずしも英語ができる人の全てが留学経験者というわけではないのです。

つまり、留学しなくても英語を話せるようになる事は可能です。

実際に、インターネット上には海外経験のなくても英語を話せる人の体験談や勉強方法が数多く投稿されています。会社や学校でも、留学経験がないのに英語ができる知り合いがいるという人もいるのではないでしょうか。

しかし、日本にいながら英語を話せるようになるためには、勉強方法や日々の過ごし方に工夫が必要です。本記事では、一体どのような勉強法を、どのようにやるべきなのかについて、詳しく解説していきます。

留学しないで英語を話せるようになるための勉強方法

留学なしで英語を話せるようになるためには、英会話において必須の「話す力」と「聞く力」の両方を底上げする必要があります。

ここからは、留学なしで英語を話せるようになるために行うべき、具体的な勉強の内容について、以下の3つのポイントから紹介していきます。

  • 知識のインプットを徹底する
  • 積極的にアウトプットをする
  • 日常生活で英語に触れる時間を増やす

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

知識のインプットを徹底する

留学なしで英語を話せるようになりたい場合、まずは知識のインプットを徹底して行いましょう。

単語力や文法力は英語を話す上で土台となる部分です。英語を習得する目的や、目指すレベルにかかわらず、単語や文法の学習は必須と言えます。

具体的には、以下のポイントを意識しながら勉強することで、効率的に「話せるようになるため」の英語力を身につけられます。

  • 基礎単語・文法のインプットをする
  • シャドーイングで耳と口を英語に慣らす
  • 使えそうなフレーズを暗記する
  • 知らない単語・文法はその都度調べる

それぞれについて、詳しく解説していきます。

基礎単語・文法のインプットをする

基礎単語・文法のインプットをする

1つ目は、基礎的な単語や文法のインプットです。

どの程度の量の単語、文法を覚えるべきかについては、もちろん目指す英語レベルにもよって異なります。しかし、「英語を話せる」と人に言えるレベルを目指すなら、最低10,000語程度を押さえておくべきと言えます。

その上で、社会人ならば関わっている仕事に関する専門用語やビジネス用語、学生ならば専攻に関する単語を覚えていきましょう。

その理由は、アメリカ在住の非ネィティブのボキャブラリー数は約10,000-20,000語と言われているためです。

つまり、10,000語程度の語彙力を身につけられれば、アメリカで暮らすことができる外国人と同程度の英語力があると考えられます。

なお、英語のネイティブの語彙力は以下の通りと言われています。

  • 中学生: 約20,000語
  • 高校生: 約22,000語
  • 大学生: 約22,000-25,000語
  • 大人: 約25,000-38,000語

「ネイティブ並に話せる」ことを目的とする人は、上記を参考にさらに語彙力を強化する必要があります。

ちなみに、日本の高校生が大学受験までに習得する英単語数は4,000~5,000語言われています。高校までに習った単語の倍程度を覚えていく必要があると考えましょう。

単語や文法のインプットをするときに気をつけたい事は「暗記すること」を目的にしないことです。あくまで自分が英語を話せるようになるための勉強であると言うことを念頭に置き、自分が使えそうな単語や文法を重点的に学びましょう。

また、テストのための勉強ではないため、参考書を見て細かいルールを一つひとつ暗記する必要はありません。細かい決まりを知っておくことも大切ですが、そこに時間をかけすぎてしまうと、新たな知識を吸収したり、アウトプットしたりする時間が限られてきてしまいます。

単語暗記に取り組む場合は、最初に中学校、高校で使っていた単語帳などを総復習的に見直して、記憶が曖昧だなと感じる部分をインプットし直す方法をおすすめします。

シャドーイングで耳と口を英語に慣らす

知識のインプットと並行して行いたいのが、英語の発音やリズムをインプットすることです。

英語を「話せる」ようにするためには、目で見て理解するだけでなく、耳で聞いて理解する、正しい発音で口に出せるようになることが大切です。

英語を耳と口に慣れさせるためには、シャドーイングがおすすめです。

シャドーイングとは、言葉の通り流れる英語の音声を影のように後追いして発音する英語の勉強方法です。スクリプト付きの音声を流し、実際のネイティブの発音を真似して発音することで、英語のリズムをつかむことができ、発音やリスニングの力も向上させられるのです。参考書だけではなかなか学ぶことが難しい、音の消失やイントネーションについても学ぶことができます。

シャドーイングを利用した英語の学習方法については、以下の記事でより詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:シャドーイングとは?本当に効果のあるやり方と5つの注意点を徹底解説

使えそうなフレーズを暗記する

英語を話せるようになるためには、単語や文法を暗記するだけでなく、実生活で使えそうなフレーズを丸ごとインプットすることも有効です。

職場や学校などで自分が使いそうなフレーズの丸暗記をすることで、頭で考えなくとも口に出せるようになります。

また、1つのフレーズを覚えておくと、単語や時制を変えるだけでさまざまな表現ができることもメリットです。フレーズ暗記をするには、専用の参考書を利用する方法や、洋画や海外ドラマから学ぶ方法があります。職場で英語を使う機会があったり、英会話教室に通ってたりしている場合は、実際に会話から使えそうなフレーズをメモしておくのも良いでしょう。

暗記したフレーズは、実際の英会話の機会に積極的に使ってみましょう。この流れを繰り返すことで、覚えた知識が「使える知識」となって定着します。

知らない単語・文法はその都度調べる

知らない単語・文法はその都度調べる

実際の英会話や日常生活の中で知らない単語や文法に出会った場合には、その都度調べて、インプットを継続することも重要です。

例えば、洋画や海外ドラマ視聴中に出会ったわからない単語や文法は調べたり、ネイティブとの会話の中で理解できなかった言い回しやフレーズは、質問してみてメモしたりします。

そして新たに学んだ単語やフレーズは、自分でも実際に使ってみましょう。このような作業を積み重ねることで、暗記のための勉強時間を持たずとも、知識が増えてきます。

ちなみに、単語を調べる際には英英辞書の利用も効果的です。留学なしで3人の子供をバイリンガルに育てた著者による「留学しないで『英語の頭』をつくる方法‎(KADOKAWA)」によると、特に音声やイラストが挿入された子供用の英英辞書を用いることで、単語の意味を英語で理解できることに加え、イラストと音声によって記憶に定着しやすくなるようです。

英語を英語のまま理解する感覚を養う効果も期待できるため、基礎的な単語力に不安がある人には良い学習方法と言えるでしょう。

積極的にアウトプットをする

英語を話せるようになるためには、知識のインプットに加えて、覚えた知識を積極的にアウトプットをすることも非常に重要です。

インプットした単語や文法をアウトプットすることで、知識が脳に定着して「実際に使える知識」となります。「実際に使える知識」が増えていくことで、英語が話せる状態に近づきます。

ここからは日本にいながらもできる英語のアウトプット方法を紹介していきます。

  • 英会話教室を活用する
  • 語学学習サービスを利用する
  • 旅行者と交流する

それぞれについて、詳しく紹介します。

英会話教室を活用する

英会話教室を活用する

1つ目のアウトプットの方法は、英会話教室を活用することです。

英会話教室は、英語をアウトプットする機会とインプットする機会の両方を得られる手段であり、効率的に英語力を伸ばしたい人にはぴったりの方法と言えます。

英会話教室といっても、自宅にいながら気軽に学べるオンライン英会話から、実際にスクールに足を運ぶ対面式のスクール、英語の指導だけでなく、目標達成までの学習方法やスケジュール管理もサポートしてくれる英会話コーチングスクールなど、さまざまなタイプがあります。自分の性格や状況、英語習得の目的にあったサービスを選択しましょう。

オンライン英会話は、とにかくたくさんのアウトプットの機会が欲しい人や、英語習得にかける予算が少ないという人におすすめです。多くのオンライン英会話では、1日あたりのレッスン数によって金額が変わる月額制プランを導入しています。毎日英語を話すことが可能な上、1回あたりのレッスン金額が非常に安価に設定されています。

そのため、とにかくアウトプットの機会を大量に増やしたいと言う人にお勧めの方法です。ただし、毎回同じ先生に担当してもらえるわけではないことや、講師の質に差があるケースもあることには注意が必要です。

「より効率的に英語を習得したい」「ただアウトプットするだけではなく発音や正しい文法も学びたい」「オンライン英会話ではモチベーションが低下する不安がある」という人には、英会話コーチングスクールの利用がおすすめです。

英会話コーチングスクールとは、ただ英語そのものを教えるだけではなく、生徒一人ひとりの目標に合わせた学習計画を提案してくれるようなスクールです。

例えば「半年後までに英語を話せるようになりたい」という目標を伝えると、現状の英語力を測定した上でどんな力が不足していて、いつ、どんな勉強をどのように行うべきかを提示してくれます。

多くのコーチングスクールでは、専属のコーチが生徒1人ひとりに付きます。日々の学習の進捗状況をコーチに報告する仕組みを取っているため、モチベーションの低下を防げます。

また、わからないことがあったらすぐに質問したり、仕事やプライベートの事情でスケジュール通りに勉強を進められなかった場合にもすぐに相談したりすることが可能です。

海外出張や赴任などの予定があって、すぐに英語を話せるようになる必要がある人や、独学では不安がある人は、英会話コーチングスクールの利用も検討してみましょう。

関連記事:【徹底比較】おすすめ英語コーチングスクール12選。ランキング形式で紹介!

語学学習サービスを利用する

語学学習サービスを利用する

実際に海外の人と交流できるような語学学習サービスを利用することでも、アウトプットの機会を得られます。インターネット上には無料で利用できるアプリやサービスが豊富にあります。

具体的には、ライティング力を向上させたい場合には、Lang8、InterPalsというサービスがおすすめです。

Lang8とは、自分が書いた英作文を海外の人に添削してもらったり、外国人が書いた日本語の文章を添削してあげたりできるサービスです。添削してほしい英文を投稿することで、無料でネイティブスピーカーにチェックしてもらえます。

ただし、ユーザー数が多いため、投稿したものが必ず添削してもらえるというわけではない点や、プロの英語講師にチェックしてもらえるわけではないことに注意が必要です。

InterPalsとは、名前の通りペンパルをオンラインでできるサイトです。世界中で約400万人が登録しており、外国人と英語でとチャットしたり言語交換したりできます。

InterPalsには大きく2つの機能があり、1つは「Forums」というチャットルームでの交流です。私生活、教育、趣味などのテーマでチャットが設置され、コメントを読んだり書き込んだりできます。

2つ目の機能は、言語交換の相手を見つける「Language Exchange」です。母国語を日本語、学びたい言語を英語と選択することで、英語ができる日本語を勉強したい人が表示されます。

交流してみたい人を見つけたら、InterPals上でメッセージが送ることが可能です。仲良くなれば、スカイプやFacebookなどの連絡先を交換し、語学を教え合うことができます。

スピーキング力を向上させたい場合には、Hello Talk、Tandemといったサービスの利用がおすすめです。

Hello Talkとは、世界中で1,000万人以上が利用する無料の言語交換アプリです。日本語を学ぶ外国人と出会い、友達になることができます。

上で紹介したInterPalsの「Language Exchange」機能と同様に、母国語、学びたい言語、基本情報などを登録すると、日本語を学んでいる外国人の投稿が表示されます。仲良くなりたい人を見つけたら、アプリ上でチャットをしたり、電話やテレビ通話をしたりすることができます。

Tandemは、名前の通りタンデムパートナー、つまり言語交換の相手を作るためのアプリです。基本的な使い方はHello Talkと同様です。自分の情報を入力すると、アプリ内で言語交換パートナーを検索できます。言語、居住地、興味などの項目で候補を絞り、交流したい相手にメッセージを送りましょう。

アプリ内では、文字チャット以外にも、音声チャット、音声通話、ビデオ通話などさまざまな方法で会話できます。さらに、アプリには添削機能や翻訳機能が内蔵されているため、英語力に自信がなくてもスムーズに会話ができます。

ここで紹介したサービスは、どれも基本利用料金は無料で利用できます。上手に利用することで、日本にいながらもネイティブの友人を作ることができるかもしれません。

旅行者と交流する

3つ目に、日本にいる外国人旅行者と交流する方法があります。オンラインで会話するよりも、実際に会って喋りたいという人におすすめの方法です。

旅行者と交流する方法には、観光案内ボランティアへの参加や、外国人が集まるバー、パブなどへ足を運ぶなどの手段があります。学生であれば、留学生のサポートのボランティアをするのも良いでしょう。

より気軽に、より確実に外国人と交流するなら、インターネットサービスの利用もお勧めです。外国人と交流できるお勧めのサービスにはMeet upと、カウチサーフィンがあります。

Meetupとは、国内外で開催されるさまざまなイベントや趣味に関するコミュニティを見つけられるサービスです。国際交流に関するイベントも多く開催されており、バーや公園、カフェなどでの飲み会、お茶会に参加することで、気軽に英語ネイティブの友達を作ることができます。

カウチサーフィンとは、現地の人と交流したい旅人と、旅人と交流したい現地の人とを結びつけるサービスです。

サイトに登録して、食事OK、観光案内OK、宿泊受け入れOKなどの設定をしておくと、日本に滞在中の旅行者から会えるかどうかというメッセージが届きます。気になる人がいれば、実際に会って喋ったり、自宅を宿泊場所として提供したりできます。

原則として1対1で会うことになるため、大人数でのパーティが苦手という人にはおすすめできるサービスです。

日常生活で英語に触れる時間を増やす

日常生活で英語に触れる時間を増やす

インプットとアウトプットを繰り返すことに加えて、日常生活で少しでも英語に触れる時間を増やすことでが、英語を話せるようになるめには大切です。

まとまった英語の勉強時間を取れないような日でも、少しでも英語に毎日触れることで、英語力を維持できます。

具体的には、以下の工夫をすることをおすすめします。

  • スマホ・PCの言語設定を英語にする
  • ニュースを英語で読む
  • 洋楽・洋画を積極的に視聴する

それぞれの詳しい内容やメリットについて、詳しく紹介していきます。

スマホ・PCの言語設定を英語にする

1つ目は、スマートフォンやパソコンの言語設定を英語に変えることです。これらのデバイスは毎日目にするものであるため、言語設定を英語にすることで、強制的に日常の中に英語を取り入れることができます。

最初はわからない単語があったり、使いにくさを感じたりすることもあるかもしれません。しかし毎日利用することによって、徐々に慣れ、日本語訳せずに意味を理解できるようになるでしょう。

ニュースを英語で読む

2つ目は、ニュースを英語で読んでみることです。電車の中や業務の合間の休憩時間、寝る前の数分間といった隙間時間に、1つでも良いので英語のニュース記事を読むことをおすすめします。

ニュースを読むことが有効な理由は、1つのコンテンツが長くないため隙間時間で英語に触れられることと、スマホさえあればどこでも読めることです。

また、毎日話題も変わるため教材そのものに飽きてしまうということもありません。また、文章のプロが書いた記事を毎日読んでいるうちに、わかりやすい英語の文章の構成も自然と身につけられるでしょう。

海外のニュースに興味を持てなかったり、とっつきにくいと感じたりする場合は、日本で起きたニュースを英語記事で読んでみるのもおすすめです。

また、スポーツに興味がある場合はスポーツニュースを読んでみたり、海外の芸能記事を読んでみたりしても良いでしょう。内容に興味を持つことが、継続する上では重要です。

1つ1つは短い記事でも、英語を毎日読み続けることで、英語に慣れることができます。

洋楽・洋画を積極的に視聴する

3つ目は、洋楽や洋画、海外ドラマを積極的に視聴することです。洋画を観る際には日本語吹き替えではなく英語音声で見る、部屋でかけるBGMを洋楽にしてみる、などちょっとした工夫をすることで、楽しみながら耳を英語に慣れさせることができます。

なお、洋画や海外ドラマは、英語のフレーズをインプットする際にも活用できます。洋画を用いた英語の学習方法については以下の記事に詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:英語の字幕を使った勉強法とは?具体的なやり方や効果とおすすめ作品を解説

学習方法を工夫することで留学なしでも英語は話せるようになる

ここまで、留学なしで英語を話せるようになる方法について解説してきました。留学せずに英語を話せるようになるためには、勉強方法や日々の過ごし方に工夫が必要です。具体的には、以下の3つのポイントを意識しながら英語の学習を進めましょう。

  • 知識のインプットを徹底する
  • 積極的にアウトプットをする
  • 日常生活で英語に触れる時間を増やす

知識をインプットしていく際には、特に以下の4つのポイントが重要となります。

  • 基礎単語・文法のインプットをする
  • シャドーイングで耳と口を英語に慣らす
  • 使えそうなフレーズを暗記する
  • 知らない単語・文法はその都度調べる

インプットした知識を定着させ、実際に使えるものとするためには、積極的なアウトプットが欠かせません。日本にいながらできるアウトプットの方法としては、以下があります。

  • 英会話教室を活用する
  • 語学学習サービスを利用する
  • 旅行者と交流する

忙しい社会人の場合は、毎日まとまった英語の勉強時間を取ることが難しいかもしれません。その場合には、以下のような方法で日常生活に英語を取り入れることをおすすめします。

  • スマホ・PCの言語設定を英語にする
  • ニュースを英語で読む
  • 洋楽・洋画を積極的に視聴する

日々の学習方法や普段の過ごし方を工夫することで、留学せずに英語を話せるようになる事は可能です。この記事を参考にしながら、工夫して英語の学習を続けてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ユカ

旅行好きなフリーライター。大学受験で英語の知識を叩き込み、在学時に留学や旅行で実践的な英語力を身につける。アメリカ留学を経験、世界一周をして40ヵ国近くへ訪問済み。TOEIC850点。

-学習ノウハウ

© 2021 英語コーチングスクール比較ナビ