オンライン英会話は効果なし?効果的な受け方や目的別のおすすめサービスを解説

「オンライン英会話ってよく見るけれど、効果あるの?」
「子供にオンライン英会話を受けさせようか迷っている」

対面の英会話スクールよりも手軽かつ安価に受けられることから、人気が高まっているオンライン英会話。英語学習をしている人の中には、利用を検討しているもののその効果に対して疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、オンライン英会話の効果について、効果がないと感じる理由や、効果を実感できる受け方のコツ、子供がオンライン英会話を受けることのメリットについて解説します。記事の最後では、目的別のおすすめのオンライン英会話サービスについても紹介します。

オンライン英会話の受講を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

オンライン英会話は効果なし?効果あり?

オンライン英会話を利用することで英語力が伸びるかどうかは、受ける人の姿勢や利用するサービスにによって異なります。そのため、効果の有無は一概には言えません。

簡単に言うと「オンライン英会話さえやれば、英語力は伸びる」といった考え方・受け方をしていると、簡単には英語力は伸びないかもしれません。ここからは、オンライン英会話で効果を感じられない人の特徴について詳しく解説していきます。また、オンライン英会話できちんと感じるためのポイントも紹介します。

オンライン英会話に効果がないと感じる理由

オンライン英会話を利用して、効果がない、必要ないと感じる人もいるでしょう。そのように感じる場合には、以下のいずれかに該当する可能性が高いです。

  • 英語の基礎ができていない
  • 目標設定をしていない
  • 受動的にレッスンをこなしている
  • サービスを活用し切れていない
  • オンライン英会話のみで英語学習を完結している
  • 短期間で高すぎる結果を求めている
  • サービスが合っていない

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

英語の基礎ができていない

1つ目の理由として、英語の基礎ができていないことが挙げられます。利用するサービスにもよりますが、オンライン英会話では、スピーキングの練習がメインとなることが多いです。そのため、英語の基礎力がないとレッスンが難しすぎると感じたり、全く何も話せないという状況になる可能性があります。

オンライン英会話というのは、基本的にアウトプットの場です。最低限の単語力や文法力、リスニング力を身につけていない状態では、そもそもアウトプットできる知識がないため「効果がなかった」と感じやすいでしょう。基礎ができていないと感じる場合には、ある程度のインプットを済ませてから臨むことをおすすめします。

とはいえ、英語の初学者向けのコースが用意されているオンライン英会話もあります。インプットをしながら、同時並行で初心者向けコースでアウトプットをしていくのは良い方法と言えるでしょう。初学者向けのコースがあるオンライン英会話について詳しくは、記事の最後で紹介しているので、参考にしてみてください。

目標設定をしていない

2つ目の理由は、目的なくオンライン英会話を受けていたり、ゴール設定が曖昧だったりすることです。明確なゴール設定をしないままにレッスンを重ねても、どれほど自分の英語力が身についたかを判断しにくいのです。

TOEICの受験などが目的であれば、スコアを目標として明確化しやすいでしょう。学習の成果もスコアとして現れるため、オンライン英会話による効果の有無もわかりやすいです。しかし、「英語を話せるようになりたい」というような曖昧な目標を持ってオンライン英会話を受けている場合は、何を以て「効果があった/なかった」と言えるのかの判断がしにくくなります。

受動的にレッスンをこなしている

3つ目の理由は、受動的にレッスンを受けていることです。

選択しているコースにもよりますが、多くのオンライン英会話では、受講者の希望に合わせてレッスン内容をアレンジできます。例えば、フリートークをしたり、仕事で使うプレゼンテーション資料をチェックしてもらったり、英語での面接練習をしてもらったり、英文の添削をしてもらったりなど、その内容はさまざまです。

しかし、特別何も提案しなければ、ただ単に講師の話すことを受け身で頷いて聞いるだけになってしまうこともあります。また、レッスンごとに講師を選択するタイプのオンライン英会話の場合は、異なる講師に何度も同じような自己紹介を繰り返すだけになってしまうかもしれません。このようなレッスンを繰り返していても、英会話はなかなか上達しないでしょう。

これは上で解説した「目標設定」にも関わる部分です。目標設定をしないと、自分にはどのようなレッスンが必要なのかを考えず、受動的な姿勢でレッスンを受ることになりやすいです。オンライン英会話に通っている、英語のレッスンを受けているということのみに満足してしまう恐れがあります。

サービスを活用し切れていない

4つ目の理由は、オンライン英会話サービスに付帯するさまざまなサービスを活用しきれていないことが挙げられます。

サービスにもよりますが、多くのオンライン英会話では、レッスン以外にも予習用・復習用ツール・リスニング・リーディング強化用教材などさまざまなサービスが用意されています。このようなサービスを活用せず、ただ1回数十分のレッスンを受けるだけでは、なかなかその効果を感じにくいでしょう。

オンライン英会話のみで英語学習を完結している

5つ目に、英語学習がオンライン英会話のみで完結していることが考えられます。

先述の通りオンライン英会話レッスンとは、基本的にアウトプットの場となります。つまり、単語の暗記や文法学習などのインプットは、オンライン英会話外で時間を設けて行う必要があるのです。レッスン中に出会った知らない単語や、フレーズに関しても、別途自分で暗記しなければ記憶には定着しません。

このように、オンライン英会話のレッスンのみで英語力の向上を期待すると、効果がないと感じる可能性が大きいです。

短期間で高すぎる結果を求めている

6つ目の理由は、短期間で高すぎる効果を期待していることです。

英語を習得するためには、時間が必要です。具体的には、日本人が英語を習得するために必要な学習時間はおよそ2,200時間と言われています。

オンライン英会話を受講する際に、そもそも英語とは一朝一夕で身につくものではなく、効果を感じるまでにも時間がかかることを知らなければ、効果がないとすぐに判断してしまうかもしれません。

サービスが合っていない

7つ目に考えられる理由は、自分に合ったオンライン英会話サービスを選べていないことです。オンライン英会話とひとことで言っても、その種類は実に豊富にあります。

例えば講師の選び方で言えば、レッスンごとに講師を選べるタイプ、1人の講師が担任制でレッスンを行うタイプ、バイリンガルの日本人講師を選択できるタイプ、専任のコーチがついて学習指導を行ってくれるタイプなどがあります。

コース内容で言えば、日常会話ができるようになることを目指すもの、TOEICのスコアアップを目指すもの、ビジネス英語の習得を目指すものなどがあります。

また、同じコース内でも難易度ごとにさらに細かくコースが分けられていることも少なくありません。初心者が中級者対象のコースを受講しても、ほとんど理解できずモチベーションが下がってしまうかもしれません。反対に、中級者以上が初学者向けコースを受講しても、あまり成長を感じられないでしょう。

さらに、受講頻度についても、通い放題のコースもあれば、決まった日時に受講するコースもあります。

このように、オンライン英会話にはさまざまな選択肢が用意されています。そして、コースの内容は、受講者の性格や目的によって向き不向きがあるのです。自分に合ったサービスを選択できていなければ、その効果も薄く感じられるでしょう。

オンライン英会話で効果を感じるための方法

ここまで、オンライン英会話で効果を感じられない原因について解説してきました。それでは、どうすればオンライン英会話で効果を実感できるのでしょうか。ここからは、効果的なオンライン英会話の受講方法について解説していきます。

  • ある程度の英語の基礎を身につける
  • 目標設定を明確にして受講する
  • 能動的にレッスンを進める
  • オンライン英会話以外でも学習をする
  • オンライン英会話のサービスをフルに活用する
  • 英語を身につけるには時間がかかると理解する
  • 自分に合ったサービス・コーチを見つける

それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

ある程度の英語の基礎を身につける

1つ目のポイントは、ある程度の英語の基礎力を身につけてから受講することです。

繰り返しになりますが、オンライン英会話とは基本的にはアウトプットの場となります。そのため、最低限、自己紹介をしたり、講師が言っていることを理解したり、自分がわからない部分を尋ねたりできるレベルの英語力を身につけてからの方が効果を感じられるでしょう。

ただし、オンライン英会話の中には、超初心者用のコースが用意されているサービスや、日本人講師が日本語も使いながら教えてくれるサービスもあります。初学時からアウトプットも同時に行いたいという人は、このようなサービスの利用を検討するのも良いでしょう。

目標設定を明確にして受講する

2つ目のポイントは、オンライン英会話を受ける具体的な目標を設定してから受講することです。先述の通り、明確な目標がなければ、オンライン英会話によってどれほど自分の英語力が向上したかが実感しにくくなります。

TOEICのスコア取得が目的であるのならば、具体的なスコア目標を決めると同時に、いつまでに達成するのかという期限も決めましょう。

「英語ができるようになりたい」という目的であるのならば、より具体的に、何を以て「英語ができる」というのかを自分の中で決めましょう。例えば「英語でプレゼンができるようになりたい」「1人で海外旅行をするためのフレーズを身につけたい」「字幕なしで洋画を観れるようになりたい」など、できるだけ詳細に目標を決めてください。

このようにゴールを明確に設定することで、目標達成のためにはどのようにオンライン英会話を利用すれば良いかを把握しやすくなります。また、目標から逆算して、自分に合ったコースやサービスの選択ができるようにもなるでしょう。

能動的にレッスンを進める

3つ目のポイントは、自分で主導権を握り、目標に向かって能動的にレッスンを進めることです。目標を明確にすれば、自分に必要な学習が見えてくるはずです。レッスン時には、自分の目標を講師に伝え、どのように授業を進めて欲しいのか、何を教えて欲しいのかを伝えましょう。

TOEIC対策コースやビジネス英語コースを選択している場合には、レッスン内容があらかじめ決められていることもあるでしょう。同じ講師が専任でレッスンを担当している場合にも、日々のレッスン内容が決められていることが多いです。

しかし、日常会話を身につけることが目的の場合や、レッスンごとに異なる講師を選択する場合には、レッスンごとに内容を自由に決められることが多いでしょう。

そのような場合も、ただ単に自己紹介や世間話をするのはお勧めできません。自分が仕事や旅行で使いたいフレーズを聞いてもらって評価してもらったり、自分の興味が強いトークテーマで話を進めるように提案したりと工夫をしましょう。

毎回異なる講師とフリートークする場合には、意識しなければどうしても自己紹介、趣味、仕事についてなど、毎回同じようなテーマになりがちです。そうなると、知っている単語や表現のみを繰り返して会話してしまうこともあるでしょう。確かに会話に英語に慣れることはできるかもしれませんが、それでは大きな効果は感じられません。

主体的に、自分の目的に合わせてレッスンを進めましょう。

オンライン英会話以外でも学習をする

4つ目のポイントは、オンライン英会話のレッスン以外でも英語学習の時間を設けることです。

冒頭でも解説した通り、オンライン英会話は、基本的にアウトプットの場として考えるべきです。そのため、例えば単語暗記や文法理解などのインプットは別途自己学習を行う必要があります。必要に応じて、単語帳や英文法書などを用意し自己学習を進めましょう。目標達成のために何を中心に学習すべきかわからない場合や、どんな教材を使うべきかわからないという人は、コーチングサービスがあるオンライン英会話を利用するのも一つの手段です。

また、せっかくレッスンを受けるのであれば、予習復習まで行いましょう。例えば、レッスン後に新たに学んだ文法や表現、指摘された発音をメモして何度も繰り返し見直すことで、自分の知識としてしっかりと定着させられるでしょう。また、次のレッスンで新たに学んだ文法や表現を使うのも良いでしょう。そうすることで、結果的に短い期間での繰り返し学習をすることになり、記憶に定着しやすくなります。

このように、オンライン英会話以外でも英語に触れることで効率的に英語力を向上させられます。そして予習復習を行うことで、レッスンの効果を何倍にもできます。

オンライン英会話のサービスをフルに活用する

5つ目のポイントは、オンライン英会話に付帯するさまざまなサービスをフルに活用することです。サービスにもよりますが、多くのオンライン英会話ではただレッスンを提供するだけでなく、さまざまなコンテンツが用意しています。

例えば、有名なオンライン英会話サービスのひとつ「DMM英会話」では、レッスンで利用できるさまざまなジャンルの教材が用意されています。TOEIC、ビジネス、旅行など、目的別に教材を探すことが可能で、その数は6,800以上にも上ります。これらの教材を利用するのに追加料金はかかりません。

もうひとつの例として、大手オンライン英会話の「レアジョブ英会話」では、レッスンで習った単語やフレーズ、教材を記録してくれる機能があります。これを使うことで、レッスンへの予習復習が簡単に行うことができるでしょう。

このように、オンライン英会話には効率的に英語を身につけられるような機能が豊富に用意されています。せっかく月額料金を払うのであれば、レッスン以外のコンテンツにも目を向けてみましょう。

英語を身につけるには時間がかかると理解する

6つ目のポイントは、短期間で高すぎる結果を求めないことです。先述の通り、英語を身につけるためにはある程度の学習時間が必要になります。オンライン英会話も同じで、何回も繰り返しレッスンを受けることで効果が現れ始めます。

英語を身につけるには時間がかかるとあらかじめ理解しておくことで、すぐに効果が見えなくてがっかりしたり、モチベーションが低下することを防げるでしょう。

自分に合ったサービス・講師を見つける

7つ目のポイントは、自分に合ったサービスや講師を見つけることです。先述の通り、オンライン英会話には講師の選び方・コース内容・難易度・受講頻度など、さまざまな選択肢が用意されています。目的に合った最適な選択をしなければ、効果を実感するのは難しくなるでしょう。

「そもそも自分の目的達成には、どの難易度のコースをどれほどの頻度で受講すべきか選ぶべきかわからない」という人もいるかもしれません。そのような方には、コンサルティングサービスが付帯したオンライン英会話や、コーチングサービスが付いたオンライン英会話の利用がおすすめです。

これらのサービスでは、受講者の現状の英語力をチェックした上で、目標達成までに必要な学習量や学習内容を教えてくれます。コーチングサービスが付いたオンライン英会話では、さらに日々のスケジュールの中で、どの時間にどれだけ学習すべきかまで指導してくれます。また、学習の進捗状況を毎日あるいは週1回などの頻度で専任のコーチに報告するため、モチベーションが低下することも防げます。

コーチングサービスが付帯したおすすめのオンライン英会話については、記事の最後で紹介しているので、参考にしてみてください。

子供の英語教育にオンライン英会話を利用するメリット

子供の英語教育にオンライン英会話の利用を検討している人も多いでしょう。オンライン英会話は、もちろん子供の英語教育にも効果があります。具体的には、以下のようなメリットがあります。

  • 手軽にマンツーマンレッスンを受けられる
  • アウトプットの量を増やせる
  • 月謝が安く送迎不要で親の負担が少ない

それぞれのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

手軽にマンツーマンレッスンを受けられる

1つ目のメリットは、手軽にマンツーマンレッスンを体験できることです。学校の授業や、複数人のクラスで構成される対面式の英会話教室では、なかなか毎回のレッスンで英語で発言する機会がありません。また、消極的な性格の子供であれば、恥ずかしさもあり人前で英語を話したくないと感じる可能性もあります。

しかし、オンライン英会話では基本的にマンツーマンのレッスンとなり、毎回のレッスンで発言する機会が必ず設けられます。また、他の生徒の目もないため、消極的な子供でも比較的安心して英語を話せるでしょう。

アウトプットの量を増やせる

2つ目のメリットは、アウトプットの量を増やせることです。日本の学校の英語教育は読み・書きが中心に教えられるため、なかなか習ったことを実際に話す機会がありません。

一方で、オンライン英会話ではアウトプットが中心となります。つまり、学校教育で足りない部分を補うことができるのです。読み書きに加え、スピーキングやリスニングの能力も向上させられます。また、学校でインプットしたことをオンライン英会話でアウトプットすることで、記憶も定着しやすくなるでしょう。

月謝が安く送迎不要で親の負担が少ない

3つ目のメリットは、対面式の英会話スクールと比べて、送迎不要かつ月額料金が安いことです。

対面式の英会話スクールでは基本的に、毎週、決まった時間に教室までの送り迎えが必要となります。一方オンライン英会話では、ネット環境さえあれば自宅で好きな時に受けられます。忙しい両親にとっても最適と言えるでしょう。

また、月額料金が安いことも大きなメリットです。大手の対面式の英会話スクールでは、月額料金が10,000円近くに設定されていることも少なくありません。さらに、通い始めには入会金が発生するケースも多くあります。

一方で、オンライン英会話であれば、多くの場合対面式のスクールよりも安く通うことができます。もちろん、安いからといって質が低いわけではありません。オンライン英会話では、対面式スクールで必要な場所代や人件費がかからないため、安価で質の良いサービスを提供できているケースが多いです。

「高い入会金を払うのに、子供が英会話を続けられなかったらどうしよう」「共働きで送迎ができない」といった悩みを持つ家庭には、オンライン英会話の利用がおすすめできます。

無料体験・カウンセリングが可能なオンライン英会話

ここまで、オンライン英会話の効果的な受け方について解説してきました。それでも受講を迷っている方もいるかもしれません。そんな時には、まずは無料で体験できるレッスンを受けてみて判断することがおすすめです。

ここからは、無料体験や無料カウンセリングを実施しているオンライン英会話を紹介します。

初心者にもおすすめできるオンライン英会話

まずは、初心者にもおすすめできるオンライン英会話についてです。日本語講師がいたり、初心者向けコースが用意されていたりするものを紹介します。

DMM英会話は、月額6,480円、1回あたり209円という安さと、24時間365日受講できることで高い人気を誇るオンライン英会話です。

DMM英会話を初心者におすすめできる理由は、無料体験レッスンを受ける人向けに日本人講師レッスンが用意されていることです。「いきなり英語で話せない」といった不安を持っている人でも、安心して体験できます。

また、レッスンで利用できる教材のレベルが非常に細かく分かれていることも魅力です。初心者向けには「アルファベット、数字、あいさつ、基本的な表現が使える」というレベルから教材が用意されているため、初めてのオンライン英会話でも安心してレッスンに臨めるでしょう。

レアジョブ英会話は、日本人によるカウンセリングサービスや、豊富な教材で高い顧客満足度を誇るオンライン英会話サービスです。

レアジョブ英会話を初心者におすすめする理由は、無料体験レッスンでレベルチェックができることと、日本人による学習のカウンセリングを受けられるためです。

レアジョブ英会話の体験レッスンでは、教材を利用して通常レッスンや雰囲気を体験できるほか、講師の質問に答える形でレベルチェックが行われます。レッスン後には講師からレッスンレポートが届けられ、今の英語力を客観的に知ることができます。レポートを参考にすることで、初心者でもレベルに合ったレッスンを選べるでしょう。

また、無料カウンセリングでは英語学習のプロである日本人カウンセラーが、学習目的や目標をヒアリングしながら目標達成のために最適な学習方法を教えてくれます。どの教材を使ってどのコースを受けるべきかを教えてくれるため、初学者でも学習方法に迷うことがないでしょう。

コーチングサービスがあるオンライン英会話

次は、コーチングサービスがあるオンライン英会話について紹介します。コーチングとは、ただレッスンを行うのではなく、生徒1人ひとりの目標に応じた効率的な学習計画を提案してくれるサービスのことです。仕事が忙しく日々の学習計画を立てにくい人や、オンライン英会話では学習のモチベーションを維持できるか不安がある人にはおすすめです。

【Bizmates Coaching】ビジネス英語に特化

Bizmates Coaching」は、ビジネス英語に特化したオンライン英会話「Bizmates」によるコーチングサービスです。通常のオンラインレッスンの月額料金に月額18,000円(税別)を追加することで月4回15分のコンサルティングサービスやチャットでの学習相談が可能となります。

生徒1人ひとりに日本人の専任コンサルタントが付くため、アドバイスを受けながら効率的に英語力向上を目指せます。また、初回コンサルティングでは第二言語習得の理論を基にした、効率的な学習計画を立ててもらうこともできます。生徒の目的や生活スタイルに合った具体的な計画を立ててもらえるため、無理なく学習を進められるでしょう。

また、Bizmates Coachingを利用すると、専任コンサルタントへチャットでいつでも英語学習について質問できるます。コンサルティング日は月に4回とはいえ、それを待つことなく、悩みや疑問を解消できます。

加えて、Bizmates Coachingの受講者限定のオンラインコミュニティも用意されています。英語学習の情報や悩みを共有することで、モチベーションの低下を防げるでしょう。

Bizmates Coachingは、特に効率的な学習方法を知りたい人におすすめできるサービスです。

【産経オンライン英会話プラス】短期で結果を出したい人に

産経オンライン英会話プラス」では、3ヵ月という短期間で結果を出したい人へ向けた「コーチング型 短期集中プログラム」を用意しています。

このコースの特徴は、忙しいビジネスマンでも短期間で結果を出せるような工夫が凝らされていることです。具体的には、目標や現状の英語力、ライフスタイルなどを見ながら、専門のコンサルタントがオリジナルの学習プランを決めてくれます。週に1回のカウンセリングでは学習の進捗状況をチェックしてもらえるため、モチベーション維持にも役立ちます。

また、レッスンについても、初回カウンセリングでヒアリングした内容から生徒に合った講師を選定してもらえます。さらに、オリジナルアプリを利用すれば、質問回数無制限で英語学習について日本語で質問・相談ができます。いつでも、どこからでも疑問を解消できるため、スムーズに学習を進められるでしょう。

産経オンライン英会話プラスのコーチング型短期集中プログラムは、短い期間でどうしても結果を出したいという人におすすめのサービスです。

子供向けのコースやレッスンがあるオンライン英会話

最後に、子供向けに特化したオンライン英会話について紹介します。

【QQキッズ】講師全員が英語を教える資格を取得

QQキッズは、講師の全員が大卒の正社員かつ国際的な英語指導資格のTESOLを取得していることが魅力のオンライン英会話です。対象年齢は、3〜15歳です。

特に小さな子供向けのレッスンでは、歌やゲームを中心に進みます。他には、講師の指示に従って体の一部をタッチするゲームや、講師と一緒に絵を描くレッスンもあります。英語を楽しく続けられる工夫が凝らされていることが特徴的です。

また、QQキッズの講師は、資格を持っているだけでなく子供向けレッスンの専門研修を受けています。そのため、子供と接することに慣れている講師が多いのです。消極的な子供や、英語に苦手意識のある子供であっても、上手く興味を引いて楽しくレッスンをしてくれるでしょう。

【ハッチリンクジュニア】兄弟や両親もレッスンを受けられる

ハッチリンクジュニアは、幼児〜高校生までを対象としたオンライン英会話です。

ハッチリンクジュニアの大きな特徴は、1つの会員アカウントで、兄弟・家族もレッスンを受けられること。子供専用のオンライン英会話スクールとはいえ、親が子供とアカウントを共有して英会話レッスンを受講することもできるのです。例えば月に16回のコースを選択し、兄、弟、父、母とそれぞれ4回ずつレッスンを受けることも可能です。大人用の英会話教材も多数用意されています。

レッスンのレベルは、アルファベットを学ぶ段階の超初心者向けから、スムーズに英会話ができるまでの8段階に細かく分けられています。なお、ハッチリンクジュニアの入会者の約半数は、ABCから始める超初心者。今まで英語に触れたことがない小さな子供でも、安心して受講できます。

自分に合ったオンライン英会話を見つけましょう

ここまで、オンライン英会話の効果について解説してきました。オンライン英会話は、受け方や選択するサービスによって、どれだけの効果が得られるのかが異なってきます。

オンライン英会話で効果がなかったと感じる人には、以下のいずれかに該当するケースが見られます。

  • 英語の基礎ができていない
  • 目標設定をしていない
  • 受動的にレッスンをこなしている
  • サービスを活用し切れていない
  • オンライン英会話のみで英語学習を完結している
  • 短期間で高すぎる結果を求めている
  • サービスが合っていない

オンライン英会話で高い効果を得たい場合、以下に気をつけてレッスンを受けましょう。

  • ある程度の英語の基礎を身につける
  • 目標設定を明確にして受講する
  • 能動的にレッスンを進める
  • オンライン英会話以外でも学習をする
  • オンライン英会話のサービスをフルに活用する
  • 英語を身につけるには時間がかかると理解する
  • 自分に合ったサービス・コーチを見つける

また、子供の英語教育にオンライン英会話を利用しようと考えている人もいるかもしれません。子供のオンライン英会話受講には、以下のようなメリットがあります。

  • 手軽にマンツーマンレッスンを受けられる
  • アウトプットの量を増やせる
  • 月謝が安く送迎不要で親の負担が少ない

この記事を参考に、効果的にオンライン英会話を活用してください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ユカ

旅行好きなフリーライター。大学受験で英語の知識を叩き込み、在学時に留学や旅行で実践的な英語力を身につける。アメリカ留学を経験、世界一周をして40ヵ国近くへ訪問済み。TOEIC850点。

-学習ノウハウ

© 2021 英語コーチングスクール比較ナビ