個別スクール紹介

プレゼンス(PRESENCE)のオンラインレッスンを検証!

日本ではじめて語学コーチングスクールのサービスを提供した「プレゼンス」。今や、いくつもの企業から英語コーチングサービスが打ち出されていますが、やはりプレゼンスは根強い人気を誇っています。この記事では、コーチング英会話「プレゼンス」で受講可能なオンラインコースの概要、注意点および実際の受講者からの評判について紹介していきます。

プレゼンスの「オンラインコース」とは

プレゼンスとは、冒頭で紹介した通り日本ではじめての英語コーチングスクールです。創業以来、26,000人もの卒業生を輩出しています。蓄積された学習のノウハウや受講生の声をもとに改良を重ねたカリキュラムにより、短期で成果を出すために確実に成果につなげる「なにを、どのくらい、どのように取り組めばよいのか」を知り、最短距離での語学力向上を期待できます。歴史ある英語コーチングスクールのプレゼンスでは、様々な目的に応じて多様なコースを開講していますが、そのほとんどはオンラインでの受講も可能です。

オンラインでプレゼンスを受講することのメリットは、以下の3点です。

  • 場所に縛られずに受講できる
  • クラス制で仲間と共に成長できる
  • 通学と同等のクオリティで学べる

ひとつずつ、解説していきます。

場所に縛られずに受講できる

「忙しくてプレゼンスまで通う時間がない」「地方に住んでおり、物理的にプレゼンスまで来ることは出来ない」という人でも通うことができることが、プレゼンスのオンラインコースの大きなメリットです。プレゼンスは、東京都・表参道に教室を構える英会話コーチングスクールです。そのため、日本全国から通学可能というわけではありません。ただし、オンラインコースであれば、場所を問わずプレゼンスの歴史あるコーチングレッスンを受講することが可能です。もちろん、海外からの受講も可能となっています。

クラス制で仲間と共に成長できる

プレゼンスのオンランコースの特徴は、マンツーマンではなく、グループで受講するオンラインコースであるということです。他の受講生とペアになって問題をシェアしたり、テストしたりと、まるでオフラインのクラスに参加しているかのような、臨場感のある授業を受けることができます。臨場感や緊張感を持つことができるだけではなく、クラス制度においては同じ目標を持った仲間と学習できるというメリットもあります。同じ志を持つ英語を学ぶ仲間とともにレッスンを受けることで、学習に対するモチベーション維持も期待できます。

通学と同等のクオリティで学べる

プレゼンスのオンラインコースでは、通学のクラスと同様、各コース週に1回、全8回のクラスをオンラインで受講することができます。加えて、オンラインコースでは週の中間の進捗報告は、クラス全員へ送信されます。このシステムにより、受講生には適度なプレッシャーが生まれ、同時にクラス間でのお互いの工夫や体験を共有することが叶います。また、クラスにおいては、一人ひとりの「1週間でできるようにしたこと」や、「まだ足りていないこと」、「目的達成のために必要な道順」などをすべて共有します。このようなお互いを刺激し合う仕組みにより、モチベーションを落とすことなく英語学習に励むことができます。

4つのコース11種類から選択可能

プレゼンスのオンラインコースは、以下の4つがあり、各コースではさらに目標点数別にクラスが分かれています。各コースでの目標点数および金額は以下の通りです。

コース 点数別クラス 料金
TOELF iBT

オンラインコース

70点グループ 182,000円/8週間
90点グループ 192,000円/8週間
105点グループ 202,000円/8週間
TOEIC®︎L&R TEST

オンラインコース

600点グループ 141,000円/8週間
750点グループ 151,000円/8週間
900点グループ 161,000円/8週間
動画コース 69,800円
英語準備オンラインコース 71,000円
英会話オンラインコース 英会話上級入門 151,000円
英会話中級 141,000円
英会話初級 131,000円

各コース、現在の英語力や目標到達点に合わせてクラスが分けられています。

オンラインコースの学習方法と注意点

次に、プレゼンスでオンラインコースを受けるにあたっての学習方法と注意点について解説します。

オンラインコースの学習方法

プレゼンスのオンラインコースは、パソコンもしくはスマホでの受講が前提となっています。リスニングにおいては、事前に送付されるCD、もしくは用意された音源を各自のパソコンにダウンロードして聴く必要が出てくる場面があります。また、教材については、コースによってプレゼンスが用意したテキストを用いる場合と、市販の指定の教材を用いる場合があります。

オンラインコースの注意点

プレゼンスのオンラインコースを受けるにあたっての注意点は、以下の2つです。

  • マンツーマンはできない
  • クラスの時間は固定されている

はじめに、プレゼンスはオンライン、オフラインともにグループレッスンが原則となっています。そのため、講師との1:1でのレッスンは通常行えないということを覚えておきましょう。また、グループレッスンを基本とするという特性上、プレゼンスのレッスンは全て固定された時間での開講となります。好きな時間に好きな講座に参加するということはできないため、注意が必要です。

プレゼンスの実際の評判

ここでは、実際にプレゼンスを受講した人の口コミを、公式HPから見てみましょう。プレゼンスを選んだきっかけと、プレゼンスに通って得られた成果に関する口コミを紹介します。

数ある英会話スクールで、なぜプレゼンスを選んだか

・「資料とホームページを見てから説明会に参加したのですが、そこで『何をどれだけ、どのように勉強したら点数が伸びるのか、結果が出るのか、をお伝えするので、きちんと取り組めば絶対に結果は出ます!』と言い切っていた記憶があります。人に何かを勧める時に、本当に覚悟がないと出来ない言い方だなと思いましたし、『絶対に結果を出させます』と言われた時にぐぐっとくるものがありました。」(TOELF iBT105点コース 男性)

・「オーストラリアに留学をするにあたって、『自分でできない(英語学習を)。どこか通わなきゃ!』とインターネットでひたすら調べました。他にもいろんなところでTOEFL対策をやっていると思うのですが、そこは『1年間通いましょう』と結構長期的な感じでした。私は中国留学も決まっていましたし、時間がなかったので、短期でちゃんと集中的にやれる所を探していたらプレゼンスに行きついて、ここが一番いいなと思いました。」(TOELF iBT 70点コース女性)

英語学習への強制力がある環境が提供されることを魅力に感じて、プレゼンスに決める人が多いということがわかります。

プレゼンスに通い、英語力に変化が出たか

・「4ヶ月間は、とにかくプレゼンスのカリキュラムに食らいつき、70点コース、90点コースを連続受講して、4ヶ月で20点スコアを上げました。」(TOELF iBT105点コース 男性)

・「55点だったと思います。3月からプレゼンスに通い始めて、また5月頃に受け直しました。5月に2回受けて1回目が71点で、2回目の5月下旬に受けた試験が76点でした。(TOELF iBT 70点コース女性)

オンラインにおいても、コースに忠実に集中して自己学習を行うことができれば、英語力を上昇させることができそうです。

まとめ

ここまで、プレゼンスのオンライン講座についての概要や注意点について見てきました。プレゼンスは、日本ではじめてコーチング英会話を展開した企業です。そのため、長年にわたって蓄積されたノウハウやメソッドにより、受講生の英語力を確実に伸ばすことができます。プレゼンスのオンラインコースは、オフラインの通常レッスンと同様に週に1度、全8回の授業となります。目標とする英語レベルによって細かくクラスが分けられており、オフラインクラス同様、一人ひとりの1週間の学習取り組み状況を確認し、その人に最適な学習方法と内容をフィードバックしてもらえます。

「英語を勉強したいけれど、コロナウイルスで教室に通うのには不安がある」

「プレゼンスについては知っているけれど、遠くて通えない」

そんな方は、この記事を参考にオンラインレッスンへの参加を検討してみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

英語コーチングスクール比較ナビ 編集部

英語コーチングスクール比較ナビ 編集部では、英語学習に取り組む方に、英語コーチングスクールの各種サービス内容、キャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

-個別スクール紹介

© 2020 英語コーチングスクール比較ナビ