TOEICで自慢できる点数って?スコア目安やうざい自慢への対処法を紹介

TOEICで自慢できる点数って?スコア目安やうざい自慢への対処法を紹介
「TOEICを受けるけれど、何点くらい取れば自慢できるの?どこからが高得点?」
「周りに自慢できるくらいの点数を取るには、どんな勉強をすれば良い?」

TOEICを受験するにあたって、このように悩んだことがある人も多いでしょう。

何点くらいを目標とすべきか、どのくらいのスコアを取れば自慢できるのかと疑問に思いますよね。

この記事では、TOEICの平均データを基に自慢できる点数の目安について考えていきます。

また、TOEICの点数を自慢されて煩わしいと感じる場合の対処法についても紹介します。

併せて、TOEICで自慢できる点数を取るメリット、TOEICで高得点を取るための勉強方法も解説していきます。

TOEICで自慢できる点数を知りたい方や、高得点を取ることのメリット、そのための勉強方法を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

TOEICスコアを短期間で劇的に上げたい方におすすめの3スクール

  • STRAIL(ストレイル)TOEIC®️L&R TESTコース
    TOEICに伸び悩み始めた中上級者向け。第二言語習得研究に基いたトレーニングにより、一切の無駄を省いて効率的な学習が可能。
  • プログリットTOEICコース
    TOEICスコアアップのための学習ロードマップを作成する初回無料カウンセリングが、TOEICと本気で向き合う学習者から大人気。
  • フラミンゴオンライン英語コーチング 試験対策コース
    TOEICスコアアップだけでなく、実際の業務に活きる英語力も高めたいという欲張りをかなえられるプログラム。

TOEICで自慢できる点数とは?

TOEICで自慢できる点数とは?

現在、日本のあらゆる企業において、英語力の指標となっているTOEIC。

学生から社会人まで多くの人が受験している英語のテストですが、一体どれぐらいの点数をとれば周りの人に「すごい」と認めてもらえるのでしょうか。

ここでは、TOEICの平均データを参考にしながら、自慢できる点数について考えていきましょう。

今回は、以下の4つのスコアに区分して、どの程度のレベルかについて解説します。

  • 895点以上(上位4.6%)
  • 795点以上(上位17.4%)
  • 695点以上(上位35.7%)
  • 620点以上(平均スコア)

各スコアについて、詳しく見ていきましょう。

なお、本記事で参考にするデータは、TOEICが公式に発表している2020年度の受験者資料です。

【上位4.6%】895点以上

1つ目の目安は、895点以上です。895点以上を獲得できるのは、TOEICの全受験者のうち、4.6%のみというデータが出ています。

希少さからも、誰から見ても高得点であり、自慢できる点数であると言えますね。

また、895点以上であれば、外資系企業や日系企業の国際部門など、高度な英語力が要される仕事への応募も可能となります。

具体的には、パナソニックの国際広報、韓国のサムスンなどでは、900点以上が採用条件として掲げられています。

このように、その希少性と、国際系企業でも通用する英語力を示せることから、895点以上は自慢できる点数の1つの目安となります。

【上位17.4%】795点以上

2つ目の目安は、795点以上です。このスコアを獲得しているのは、17.4%のみです。

全体の上位2割以内に位置することになり、一般的にも「高得点」と言えそうですね。

TOEICの公式では、「730点以上」のスコア獲得者の英語力を、以下のように評価しています。

  • どんな状況でも適切なコミュニケーションができる基盤ができている
  • 通常会話は完全に理解でき、応答もはやい
  • 話題が特定分野でも対応でき、業務上も大きな支障はない
  • 文法、構文上の誤りが見受けられる場合もあるが、意思疎通には問題ない

英語で業務を遂行できるレベルと認められるため、大手日系企業での海外赴任の条件となることも多いです。例えば、総合商社の双日では、人事制度上の海外赴任要件を「TOEIC L&R730点以上」としています。

このような点から、795点以上は企業において英語での仕事を任されるような、自慢できる点数と言えます。

【上位35.7%】695点以上

3つ目の目安は、695点以上です。これは、全体の約35%以上のみが獲得しているスコアです。

社会人・学生別のTOEIC平均データを見てみると、社会人の平均スコアは637点、学生の平均スコアは607点となっています。

学生の平均を100点近く上回るスコアであるため、大学生が就職活動の際に履歴書に書いてアピールできる点数とも言えるでしょう。

ただし、職種別受験者データを見てみると、「海外」「教育」の平均スコアは700点を上回っています。そのため、就いている職業によっては、一概に自慢できる点数と言えるわけではありません。

このような点から、695点以上は、英語が比較的得意であることを証明できる点数と言えるでしょう。

【平均スコア】620点以上

4つ目の目安は、620点以上です。これは、TOEIC受験者全体の平均スコアです。

初めてTOEICを受験する人や、学生の場合は、まずは平均スコア以上を目指してみると良いでしょう。平均以上を取ることで、一定以上の英語は理解できることを示せますね。

ただし、社会人の平均スコアは637点となっています。そのため、「英語が得意」ということをアピールしたい場合は、上で紹介したように695点以上の獲得を目指した方が良いでしょう。

このような点から、620点以上は、一定レベル以上の英語は理解できると証明できる点数と言えるでしょう。

TOEICスコアを短期間で劇的に上げたい方におすすめの3スクール

  • STRAIL(ストレイル)TOEIC®️L&R TESTコース
    TOEICに伸び悩み始めた中上級者向け。第二言語習得研究に基いたトレーニングにより、一切の無駄を省いて効率的な学習が可能。
  • プログリットTOEICコース
    TOEICスコアアップのための学習ロードマップを作成する初回無料カウンセリングが、TOEICと本気で向き合う学習者から大人気。
  • フラミンゴオンライン英語コーチング 試験対策コース
    TOEICスコアアップだけでなく、実際の業務に活きる英語力も高めたいという欲張りをかなえられるプログラム。

TOEICの点数自慢がうざいと感じる場合の対処法

TOEICの点数自慢がうざいと感じる場合の対処法

ここまで、TOEICで自慢できる点数の目安について紹介してきました。

確かに800点や900点といった得点は、高い英語力の証明になります。

英語の勉強を頑張って、実際にTOEICでハイスコアを獲得できると、周囲に自慢したくもなりますよね。

ただし、スコアを過剰に自慢しすぎると、「うざい」と感じられてしまうかもしれません。

実際に、友達がTOEICの点数を自慢してきて煩わしい思いをしたことがある人もいるのではないでしょうか。

そんな場合には、以下のような方法で対処してみましょう。

  • 実際にどの程度英語を話せるのか聞いてみる
  • 自慢された点数を上回るスコアを獲得する

それぞれについて、詳しく解説していきます。

実際にどの程度英語を話せるのか聞いてみる

1つ目は、スコア自慢してきた人に対して、実際に英語を話せるのか質問してみることです。

TOEICにはリスニングとリーディング能力を測る「L&R」と、スピーキングとライティング能力を測る「S&W」の2タイプがあります。しかし、現在の日本においては、「L&R」のみの受験が主流であり、多くの企業においても「L&R」のスコアが英語力として評価されています。

TOEICのスコアの自慢をしてくる人の大半も、「L&R」の点数について話しているでしょう。しかし、「L&R」のスコアのみでは、英会話力や文章の作成能力などを含めた総合的な英語力は測れません。そのため、TOEICの点数は高いけれど、実際の英会話はできないという人が多いのも事実です。

あまりにもスコア自慢がしつこい場合には、「ところで、英語はどれくらい話せるの?」と聞いてみましょう。

スコア自慢をしてくる人は、自分が苦労して高得点を獲得できたことを、周囲に認めてもらいたいという思いがあるはずです。つまり、元から英語を話せたり、得意だったりしたわけではないかもしれません。その場合、実際の英会話力は、まだそれほどではない可能性もあります。

少し意地の悪い方法かもしれませんが、あまりにも自慢がしつこい場合には、このような質問をしてみるのも1つの方法です。

自慢された点数を上回るスコアを獲得する

2つ目は、自分が自慢されたTOEICの点数を上回ることです。これは、過剰な自慢を止められる確実な方法と言えるでしょう。

相手が「優位に立ちたい」「褒めて欲しい」と思って自慢しているTOEICのスコアを超える点数を取得すれば、そのスコアはその瞬間、「自慢できるもの」ではなくなります。自分の点数を告げた上で、「だからどうしたの?」とスマートに切り返せるでしょう。

TOEICで高得点を取っておくと、不快な自慢に気持ちよく対処できるというメリットもあるんですね。

このように、自慢してきた相手よりも高得点を取ってしまうことが、TOEICのスコア自慢がうざいと感じた時の対処方法の2つ目です。

TOEICで自慢できる点数を取るメリット

TOEICで自慢できる点数を取るメリット

TOEICで自慢できる点数を取るメリットは、当然ですが、上述の「自慢に対してスマートに対処できる」こと以外にも数多くあります。

ここからは、TOEICで自慢できるような点数を取ることの具体的なメリットを紹介していきます。

  • 就職や転職活動に有利
  • 昇進・昇格の条件を満たせる
  • 海外出張・赴任のチャンスが広がる
  • 大学受験に活用できる

それぞれの利点について詳しく見ていきましょう。

就職や転職活動に有利

TOEICで自慢できる点数を取るメリットの1つ目は、転職や就職活動に有利に働くことです。

今や、日本の多くの企業において英語力を図る指標最大の指標となっているTOEIC。そのテストで高得点を取ることで、希望通りの就職先や転職先で働ける可能性がグッと高まります。

先述紹介したパナソニックやサムスンの例のように、TOEICのスコアが採用の基準となっている企業は数多くあるのです。実際に、7割以上の上場企業が採用時にTOEICのスコアを参考にしているというデータもあります。

TOEICで高得点を取得していると、それだけで他のライバルに差をつけられるでしょう。

このように、希望通りの就職先は転職先に就職しやすくなることが、TOEICで自慢できる点数を取るメリットの1つ目です。

昇進・昇格の条件を満たせる

TOEICで自慢できる点数を取るメリットの2つ目は、会社での昇進や昇格の条件を満たせることです。

転職や就職の条件にTOEICが掲げられていることと同様に、就職後も昇進や昇格の条件にTOEICのスコアが設けられていることが少なくありません。具体的には約16%の上場企業が実際にTOEICスコアを昇進・昇格の条件としており、「将来要件とする可能性がある」企業を含めると、その数は61%にも昇ります。

グローバル化が進む現在、TOEICを昇進や昇格の条件にする企業は、どんどん増えていきそうですね。

このように、企業において、昇進や昇格の条件を満たしやすくなることが、TOEICで自慢できる点数をとるメリットの2つ目です。

海外出張・赴任のチャンスが広がる

TOEICで自慢できる点数を取るメリットの3つ目は、海外出張や海外赴任のチャンスが広がることです。

TOEICのデータによると、海外出張者の選抜にTOEICスコアを要件・参考としている企業の割合は38.6%海外赴任者の選抜にTOEICスコアを要件・参考としている企業の割合は50%に昇ります。「今後、要件・参考にする可能性がある」と答えた企業も含めると、、海外出張者選抜では49.4%、海外赴任者選抜では60.2%にもなります。

日系企業で働きながら、将来は海外出張や海外赴任をしてみたいと考えている人は、TOEICで高得点を取っておくと、それが叶う可能性が上がるでしょう。

また、TOEICはビジネスシーンで使える英語力を測定するテストです。そのため、TOEIC対策のために覚えた英単語やメールや書類の読解、プレゼンテーションのリスニングのトレーニングなどが実際の海外出張や赴任で役に立つことも多いでしょう。

このように、海外への出張や赴任のチャンスが広がることが、TOEICの自慢できる点数をとるメリットの3つ目です。

大学受験に活用できる

TOEICで自慢できる点数を取るメリットの4つ目は、大学受験に活用できる場合があることです。

多くの企業で英語力の指標として掲げられているTOEICですが、今や大学受験でも利用されるケースがあります。

具体的には、推薦入試やAO入試でアピールできたり、一定以上のスコアを取得すると、共通一次試験の英語試験が免除されたり、満点換算されたりすることがあります。

また、一発勝負となる共通一次試験とは異なり、TOEICはほとんど毎月受験の機会があるため、少しでも合格の確率を上げたい人には良いチャンスと言えるでしょう。

このように、大学受験でも活かせるケースがあることが、TOEICで自慢できる点数を取るメリットの4つ目です。

TOEICスコアを短期間で劇的に上げたい方におすすめの3スクール

  • STRAIL(ストレイル)TOEIC®️L&R TESTコース
    TOEICに伸び悩み始めた中上級者向け。第二言語習得研究に基いたトレーニングにより、一切の無駄を省いて効率的な学習が可能。
  • プログリットTOEICコース
    TOEICスコアアップのための学習ロードマップを作成する初回無料カウンセリングが、TOEICと本気で向き合う学習者から大人気。
  • フラミンゴオンライン英語コーチング 試験対策コース
    TOEICスコアアップだけでなく、実際の業務に活きる英語力も高めたいという欲張りをかなえられるプログラム。

自慢できるTOEICスコアを取るための勉強法

自慢できるTOEICスコアを取るための勉強法

ここまで、TOEICで自慢できる点数を取るメリットについて紹介してきました。それでは、どのような勉強をすればTOEICで高得点を獲得できるのでしょうか。

ここからは、自慢できるようなTOEICスコアを獲得するための具体的な勉強方法について紹介していきます。

  • TOEIC頻出単語の暗記
  • 文法の基礎固め
  • シャドーイング
  • 問題演習の繰り返し

それぞれのポイントについて、詳しく解説していきます。

TOEIC頻出単語の暗記

TOEICで自慢できる点数を取るための勉強方法の1つは、TOEIC頻出の英単語を暗記することです。

リーディング・リスニング、どちらにおいても点数アップに欠かせないのが、英単語力の底上げです。

TOEICで満点を取るために覚えるべき単語数は、約13,000語と言われています。もちろん目標スコアに応じて覚えるべき単語数は異なり、必ずしも13,000語を覚える必要はありません。わからない単語があっても、前後の文章から推測することもできるでしょう。

しかし、知っている単語数が多ければ多いほど、文章を読むスピードが上がったり、内容の確実な理解に繋げられたりすることは確かです。曖昧な理解のまま回答するよりも、正答率がアップすることは間違いないでしょう。

TOEICの単語暗記をする際には、TOEIC専用の単語集を利用することをおすすめします。

その理由は、ビジネスシーンでの英語力を測定するために作られたテストであるため、出題される英単語もビジネス英語が中心であるという特徴があるからです。

そのため、TOEIC対策の際には、大学入試用の英単語集を使うのではなく、TOEICで頻出の単語のみがまとめられた単語集を利用する方が、効率よく点数アップに繋げられます。

もちろん、利用する単語集は、紙媒体のものでなくとも構いません。通勤・通学時間や仕事の休憩中などの隙間時間に勉強をする場合は、スマホアプリの利用なども有効でしょう。

自分にとって使いやすい教材を用いて、毎日、少しずつでも暗記を継続していくことが何よりも重要です。

このように、TOEIC頻出の英単語を暗記することが、自慢できるような点数を取る勉強方法の1つ目です。

関連記事:TOEICで必要な単語数をスコア別に解説。効率的な暗記方法や覚えるコツも紹介

文法の基礎固め

TOEICで自慢できる点数を取るための勉強方法の2つ目は、文法の基礎固めをすることです。

TOEICでは、リーディングセクションの短文穴埋め問題のPart 5、長文穴埋め問題のPart 6で文法問題が出題されます。Part 5は30問、Part 6は16問の計46問あり、ここで確実に正答しておくことがスコアアップには欠かせません。

しかし、文法知識が重要となるのはPart 5やPart 6だけではありません。例えばリスニングセクションでは、流れる音声を語順通りに前から理解していくことが高得点を取るための条件となります。

リーディングセクションにおいても同様に、Part7の長文読解では、文法を理解して語順通りに読み進めていくことで、スピーディかつ正確に内容を把握できるようになります。

つまり、文法力の底上げをすることで、全てのパートにおいて点数アップを望めるということですね。

文法の勉強をする際も、やはりTOEIC専用の文法問題集を利用することをおすすめします。頻出順に例題が収録された参考書などを使うことで、効率的に点数アップを望めます。

このように、文法の基礎固めをすることが、TOEICで自慢できる点数を取る方法の2つ目です。

シャドーイング

TOEICで自慢できる点数を取るための勉強方法の3つ目は、シャドーイングをすることです。

シャドーイングとは、発音された英語の音声を、文字通り影のように追いかけながら発音していく勉強方法です。

シャドーイングは、リスニング力向上にも、リーディング力向上にも効果があります。

リスニングに効果的な理由としては、シャドーイングでは、お手本となる英語の音声をそのまま真似て発音することで、正しい英語の発音を身につけられるからです。

ネイティブが話す通りに英文を発音するため、単語と単語が繋がって聞こえたり、音が消失したりといった英語特有の発音ルールや、イントネーションやリズムなどを習得できるのです。自分の口で正しく発音できるようになれば、耳で聞いても理解できるようになります

リーディングが効果的な理由は、シャドーイングをすることで英語を英語の語順のまま読み進める力を身につけられるからです。

英語が苦手な人の中には、一度文章を読んでから、日本語の語順に直して訳すという読み方をしている人が少なくありません。これは「返り読み」と呼ばれる読み方で、同じ文章を2度読む必要があるため、リーディングのスピードが遅くなってしまいます。

しかし、シャドーイングを行うと、どんどん流れる英語音声のすぐ後に続いて発音することになります。単語の並びをじっくりと確認している時間はありません。このトレーニングを繰り返していくことで、英語を順番通りに前から理解する力が身につくのです。

このように、シャドーイングを行うことが、TOEICで自慢できる点数を取る方法の3つ目です。

関連記事:シャドーイングとは?本当に効果のあるやり方と5つの注意点を徹底解説

問題演習の繰り返し

TOEICで自慢できる点数を取るための勉強方法の4つ目は、問題演習を繰り返すことです。

ご存知の通りTOEICは、120分間で200問という大量の問題を解くテストです。

1問1問が複雑で難易度が高いと感じるよりも、長時間、集中し続けて正確に英文を理解し対処することの難しさを感じる人も多いのではないでしょうか。

このような特徴のあるテストで高得点を獲得するためには、問題演習が重要です。問題演習を何度も行うことで、2時間、英語に集中し続ける力や、問題の要点を素早く理解し対処する力が養われます。

また、時間を測って問題を解くことで、自分の得意・不得意を把握でき、パートごとの時間配分も事前に決めておくことができるでしょう。

問題演習を行う際は、必ずストップウォッチなどで時間を測りましょう。また、本番の環境に近づけるため、マークシートを用意することをおすすめします。

このように、問題演習を繰り返し何度も行うことが、TOEICで自慢できる点数を取る方法の4つ目です。

効率的な学習で自慢できるようなTOEICスコア獲得を目指しましょう

効率的な学習で自慢できるようなTOEICスコア獲得を目指しましょう

ここまで、TOEICの自慢できる点数の目安や、自慢できる点数を取る方法について解説してきました。

TOEICで自慢できる点数は一概には言えませんが、平均データから考えると、以下の4つのスコアが「高得点」とみなされる基準となるでしょう。

  • 895点以上(上位4.6%)
  • 795点以上(上位17.4%)
  • 695点以上(上位35.7%)
  • 620点以上(平均スコア)

もしも、あまりにも周囲の人のTOEICのスコア自慢が煩わしい場合には、以下の方法で対処できる場合があります。

  • 実際にどの程度英語を話せるのか聞いてみる
  • 自慢された点数を上回るスコアを獲得する

また、TOEICで自慢できるような点数を取ると、以下のようなメリットがあります。

  • 就職や転職活動に有利
  • 昇進・昇格の条件を満たせる
  • 海外出張・赴任のチャンスが広がる
  • 大学受験に活用できる

TOEICで自慢できる点数を取るための勉強方法としては、以下が有効です。

  • TOEIC頻出単語の暗記
  • 文法の基礎固め
  • シャドーイング
  • 問題演習の繰り返し

この記事を参考にしながら、TOEICの目標スコアを定め、自慢できるような点数取得に向けて勉強を進めてみてください。

TOEICスコアを短期間で劇的に上げたい方におすすめのスクール

英語コーチングスクールの体験レッスンやインタビューを30スクール以上行ってきた当サイトが、本当におすすめだと思ったスクールを3つだけ紹介しておきます。ぜひ活用してみてください。

STRAIL(ストレイル)TOEIC®️L&R TESTコース

1位:STRAIL(ストレイル)

公式サイト:https://strail-english.jp/

STRAILは、ENGLISH COMPANYを運営しているスタディーハッカーが運営する英語のパーソナルジム。

TOEIC®️L&R TESTコースは、TOEICのスコアを重点的かつ短期間に伸ばしたいという方のための、3ヵ月集中TOEIC特化型プログラムです。語彙、文法からリーディング・リスニング力の向上、さらに演習問題での実践力の養成と、バランスよく学習を進めるカリキュラムを提供しています。

そのため公式サイトを見てもわかる通り、TOEICスコアを短期間で大きく上昇させることが可能となっています。TOEIC受験希望者は大変満足できるサービスです。

コンサルタントの課題発見に特化
簡単1分申し込み

関連記事:【高密度トレーニングとは?】ストレイル(STRAIL)の口コミ・評判まとめ

プログリットTOEICコース

2位:プログリット

公式サイト:https://www.progrit.co.jp/

プログリットのTOEICコースでは、初回無料カウンセリング時に英語テストを行い、課題を割り出すことで、TOEICスコアアップのための学習ロードマップを作成します。

そのため、どのトレーニングを取り組めばよいかを明確にして、効率的に学習を進めることができます。 初回無料カウンセリングだけでも、非常に価値のある体験になりますので、ぜひ受講されることをおすすめします。

サッカー本田圭佑氏も受講中!
30日間全額返金保証あり

関連記事:プログリット(PROGRIT)の口コミ・評判まとめ

フラミンゴオンライン英語コーチング 試験対策コース

3位:フラミンゴオンライン英語コーチング 試験対策コース

公式サイト:https://coaching.app-flamingo.com/

『フラミンゴオンライン英語コーチング 試験対策コース』は、TOEICのスコアを上げるとともに実際の業務で活きる英語力も高めたいという欲張りをかなえられるプログラム。

TOEIC900点以上のスコアを持つ、今まさにビジネスの現場で活躍するコーチが所属しています。

TOEICのスコアを上げながら、ビジネスで実際に使えるような英語力を身につけられるように、効果的なトレーニングを提供しています。

英語初心者におすすめ
30日間全額返金保証あり

関連記事:フラミンゴ英語コーチングの料金・口コミまとめ【完全オンライン】

無料カウンセリングをしっかり活用して、ご自身にあった英語コーチングスクールを見つけてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ユカ

旅行好きなフリーライター。大学受験で英語の知識を叩き込み、在学時に留学や旅行で実践的な英語力を身につける。アメリカ留学を経験、世界一周をして40ヵ国近くへ訪問済み。TOEIC850点。

-学習ノウハウ

© 2022 英語コーチングスクール比較ナビ