英語の精読のやり方を紹介。おすすめの教材の選び方から注意点まで

英語の精読のやり方を紹介。おすすめの教材の選び方から注意点まで

「英語の精読ってどう進めればいいんだろう」
「英語の精読には、どんな教材を使うのがおすすめ?」
「精読とか多読とか速読とか、どれから取り組めば良いかわからない」

精読とは、英文を一つずつじっくり読んで、正確に理解してゆく学習方法です。相手の伝えたいことを正しく理解するための勉強で、英語のテストにおいても、ビジネスシーンにおいても、欠かせない学習と言えます。

この記事では、英語の精読とは何かについて、多読・速読との違い、精読の正しい方法と注意点、おすすめの教材の選び方についてまで紹介していきます。また、記事の最後では、自分に合った効率的な英語学習方法を知る手段についても紹介しています。

英語の学習方法で悩んでいる方、精読の教材選びで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

精読とは英文を正確に理解するための学習方法

英語学習における精読とは、文字通り「英文を精密に読む」ことです。
英文の一つひとつを、単語・文構造などを分析しながら読み進めていきます。

これは、言い換えると「覚えた文法や単語などの知識を使って、英文を正確に理解できるかをチェックする作業」とも言えます。英文というものは、単語と文法のみで構成されています。しかし、単語と文法さえ知っていれば、英文を正確に理解できるかと言えば、そうではありません。「この単語はこの文中ではどのような意味で使われているのか」、「その指示語は何を指しているのか」など、実際に英文を読む際には、自分の持っている知識を適切に取り出し活かすことが大切です。
精読は、このように、身に付けた知識を正確に運用していくための学習方法と言えます。

精読・多読・速読の違いとは

リーディングの代表的な学習方法には、精読の他に「多読」や「速読」があります。ここでは、精読と多読・速読の違いと、取り組むべき順番について紹介します。

多読と精読の違いとは

多読とは文字通り「多く読む」ことを目的とした学習方法です。
とにかく数多くの英文を読むことで、英文の文構造や長文の構成に慣れて、リーディング能力の向上を目指します。

精読は、一文一文の理解の「質」を高めることで、「英文の正確な理解」を目的とするのに対して、多読は、読む英文の「量」を増やすことで、「英文の理解速度の向上」を目的とします。

英語を勉強している人からは「精読と多読、どちらから取り組むべきか」という質問が多く挙げられます。その答えはやはり「精読から」でしょう。
その理由は、正確な英文の理解をしないままに多読をしても、単に大量の誤読を繰り返すことになり得るためです。精読をして、英文の正確な理解ができるようになった後に、多読で英文に慣れて処理スピードの向上を目指してください。

速読と精読の違いとは

速読とは、「速く読む」ことを目的とした英語学習方法です。
なるべくスピードを上げて英文を読むことで、正確かつ素早く意味を使うことを目指します。特に、大学受験やTOEIC、TOEFLなど、制限時間が設けられている英語の試験を受ける人にとっては特に重要なスキルと言えるでしょう。

精読は「質」、多読は「量」の向上を目的とした学習方法だとすると、速読は「速さ」を上げる訓練と言えるでしょう。

ただし、多読と同じく、速読も精読をできるようになった上で取り組むべき勉強方法と言えます。その理由は、やはり英文を読むスピードにかかわらず、「正確な英文の理解」なくして英語を理解することはできないからです。

精読ができない文章を使って速読をしても、ほとんど無意味と言えるでしょう。正確な意味の理解をしないままにただスピードを上げて読んでも、英語力の向上につながりません。まずは精読を経て、文章の意味を正しく正確に理解してから、速読に挑戦してみてください。

英語の精読の正しいやり方

それでは、精読の正しい実践方法について紹介します。

教材を選ぶ

まずは、精読に使う英文を用意します。
精読における英文選びは重要です。先述の通り、精読においてはひとつひとつの単語、文法を、時間をかけてじっくりと読んでいきます。そのため、正しい文法で書かれた英文を用意することが大切なのです。

教材のレベルとしては、内容を通読して「半分程度はわかる」程度のものを用意しましょう。つまり、自分の英語力よりもややレベルの高いものを用意するのです。その理由は、ひとつひとつの文構造・単語を時間をかけて理解してゆき、「読めない文章」を「読める文章」にすることも精読の目的だからです。簡単に読めてしまう文章を使うならば、多読や速読をする方が適していると言えるでしょう。

具体的な精読における教材の選び方については、記事の後半で紹介しています。

英文をじっくり通読する

教材が決まったら、英文を一つずつ、じっくりと読んでいきます。一文一文で区切り、完璧に意味を理解できるか確認してください。時間をかけてもいいので、ゆっくりと読みます。

基本的にピリオドで区切り、1つの文章の意味が理解できたら、次の文章に移ります。

もし意味が理解できない文章がある場合、なぜ理解できないのかを分析していきます。
英文の意味を理解できない原因は、以下のいずれかとなります。

  • 単語
  • 文法
  • 文構造
それぞれの解決方法を見ていきましょう。

単語がわからない場合

文章にひとつでも知らない単語が存在すると「意味を正確に理解」することはできません。文脈から推測できるかもしれませんが、それは精読においては適しません。

知らない単語や記憶が曖昧な単語が出てきたら、辞書などを引いて正確な意味を理解してください。ここで調べた単語をノートにまとめておくことも有効です。そのノートが、単語の暗記教材になるでしょう。

わからない単語を抽出して訳を理解したら、再度同じ英文を読んでください。英文の意味を理解できればOKです。

文法がわからない場合

文法がわからずに意味を理解できない場合も、基本的な作業は上述の単語の理解の方法と同じです。一つひとつのワードを見て、どこで理解が途切れるかを確認しましょう。文法を理解していないことで意味を理解できない原因は様々ありますが、代表的なものには以下があります。

  • 指示語を理解できない
  • 関係代名詞がわからない
  • 熟語に関する知識がない
意味の理解に詰まってしまった部分を、参考書やインターネットで調べて、理解しましょう。

文構造がわからない場合

単語と文法の知識はあるのに、意味を理解できないこともあるかもしれません。その場合は、文構造を理解できていない可能性が高いです。

英文解釈の参考書などを参照しながら、丁寧に読み解いていきましょう。具体的には、以下の作業を行うことで文構造を理解しやすくなります。

  • 1語1語の品詞を把握する
  • 句・節などで区切る
  • 指示語や関係代名詞は何を指すか明記する
  • 熟語にマークをつける
また、単語・文法・文構造ともに、初読時に理解できなかった部分にはマークをつけておくこともおすすめです。なぜ、どこがわからなかったのかを可視化することで、調べやすくなるでしょう。

再度文章を通読する

ひとつひとつ、全ての英文の精読をし終えたら、再度、同じスクリプトを文頭から最後まで通読してください。ここで意味の理解に詰まることなく、自然に読むことができればOKです。初読時にはどの単語がわからなかったのか、どの文法・文構造がわからなかったのか、認識しておきましょう。もし、この段階で理解できない部分がある場合は、理解できるようになるまで、上と同じ作業を繰り返しましょう。

英語を精読する効果

ここでは、英語を精読することの具体的な効果・メリットを紹介します。

英語のリーディングで「読めない」ことがなくなる

精読をする何よりも大きなメリットは、リーディングの場面において「読めない」ということがなくなる点です。基本的な単語・文法・文構造を理解できるようになると、文章構造が複雑な英文であっても問題なく読めるようになるのです。長い文章に対する恐怖心がなくなり、落ち着いてどんな文章も読み進められるようになるでしょう。また、暗記した単語や文法の知識を実践で用いることで、スピーキングやリスニング、ライティング力の向上にも効果が期待できます。

文の構造を正確に理解できる

精読をすることで、文構造を正確に理解する力が身につきます。実際に精読をしてみると「単語の意味はわかるのに、文章の意味がわからない」という経験をすることも多いでしょう。それは、英文を読めないのは単語がわからないのではなく、文法や文構造がわかっていなかったためです。英文を理解するためには、正確に主語、動詞、目的語を理解していく必要があります。精読をすることで、瞬時にこれらの役割を理解していくクセが身につき、文の構造を正確に理解できるようになります。

英文を理解する速度が上がる

先述の通り、精読を続けてゆくと、英文中の主語、動詞、目的語を瞬時に理解していくクセが身につきます。つまり、英文の構造を素早く正確に理解できるようになるのです。

また、これは1つのセンテンスにおいてのみではなく、文章全体の構造についても同じことは言えます。つまり、正確に長文を繰り返し読んでいくことで、接続詞などから「この先の文章ではどのような論理が展開されるか」ということが予想できるようになるのです。

このように、精読をしていくとひとつひとつの文章を正確に理解できるようになることに加え、英文全体の展開を予想できるようになることで文構成を把握しやすくなります。結果として、スクリプトを理解するスピードが上がるのです。ちなみに、この「英語を予測する力」は多読や速読をすることで、より強化することができます。

精読をする際の注意点

実際に精読をしていく上では、以下の2点に注意する必要があります。

  • 難易度の合った教材を選ぶ
  • 読むスピードを上げようとしない
以下で、詳しく解説します。

難易度の合った教材を選ぶ

先述の通り、やはり精読における教材選びはとても重要です。たとえば、難しすぎる教材を選んでしまい、ほぼ全ての単語の意味を調べる必要が出てくるなどすると、文全体の意味を理解することが難しくなってしまうでしょう。
反対に、簡単すぎる教材を選んだ場合も、「読めない文章」を「読める文章」にするという精読の目的が失われてしまうため、おすすめできません。調べずに意味がわかるという文は、精読よりも多読・速読用の教材として使ってみることがおすすめです。

読むスピードを上げようとしない

精読の目的は、あくまでじっくり英文を読み、知らない知識を洗い出し、それを頭の中にインプットすることです。正確に一文一文を理解することが大切であり、文章を読むスピードは重要ではありません。

精読において文章を速く読むと、足りない知識やわからない部分を見落としてしまう可能性があります。精読・多読・速読の学習の目的をしっかりと理解した上で、精読に取り組んでみてください。

英語の精読の教材の選び方

ここでは、英文を精読する際の教材の選び方について紹介します。

参考書を購入する

ひとつめの方法は、英文精読用の参考書を購入することです。
精読用の参考書を購入することのメリットは、以下の2点です。

  • 文法的に正しい英文が掲載されている
  • 日本語訳が載っているため、わかりやすい
参考書は、正しくきれいな英文のみが用いられており、また英文に対する日本語訳も掲載されているため、わかりやすいことが何よりのメリットでしょう。

ただし「正確に日本語訳をせよ」などの問いに対しては、解答例文がひとつしか掲載されていないことがほとんどであるため、正誤判定が難しい場合もあるかもしれません。

精読に関する参考書は、書店やAmazonで豊富に取り揃えられています。レビューなどを見て、自分のレベルに合ったものを選んでください。
また、大学受験において精読に取り組もうとしている方は「英語読解」「英文解釈」という名前が付けられた参考書が精読に適している場合が多いです。

英語学習アプリから探す

スマートフォン用の英語学習用アプリにも、精読の教材となる文章がたくさんあります。アプリを利用することのメリットは、以下の2点です。

  • 隙間時間に簡単に学習できる
  • 多くの英文に触れられる
スマートフォンアプリを利用することの大きなメリットは、いつでもどこでも学習ができることでしょう。通勤中や休憩中などの隙間時間に、手軽に英文に触れられます。

また、多種多様な英文があることも魅力です。長さもボリュームの大きい英文から、1パラグラフ程度のものまで、難易度も初心者〜上級者用まで豊富にあります。空いた時間に合わせて、自分のレベルに合った英文を手軽にピックアップできることが魅力です。

ただし、どうしてもスマートフォン媒体であるため「ノートにわからなかった単語を書き留めておく」ことができません。

ニュースサイトから探す

「日本語訳がなくても問題ない」という人におすすめなのは、英語のニュースサイトを用いて精読することです。ニュースサイトを使って精読するメリットは、以下の2点です。

  • 生の英語で学習できる
  • 実用的な文章をそのまま理解できるようになる
ニュースサイトを利用することで、堅苦しくない、古臭くない英語に触れられます。また、グローバルなニュースに生で触れるということは、ビジネスマンにとってもメリットでしょう。

ただし、多くの場合は日本語の訳が用意されていないため、万が一誤読していてもそれに気づくことができません。また、自分の理解に不安がある場合も正誤の判定がしにくいと言えるでしょう。

プロにアドバイスを受ける

英語のレベルによらずおすすめできるのは、やはり英語を教えるプロである人にアドバイスを受けることです。英会話スクール講師に聞くことなどが、その手段のひとつとなります。プロにアドバイスを求めるメリットは、以下の2点です。

  • 自分の環境・英語力にあった教材を見つけてくれる
  • 自分の英文解釈の理解が正しいかを判断・修正してくれる
英語のプロにアドバイスを求めることで、上で紹介した「参考書の利用」、「スマートフォンアプリの利用」、「ニュースサイトの利用」などから、あなたの希望や英語力、生活環境にぴったりの教材を選び出してくれます。

また、たとえばニュースサイトなど、日本語訳がないような教材で学習をした場合も、英語のプロが近くにいることで自分の訳が正しいのかどうかをチェックしてもらえます。日本語訳の有無にとらわれずに、幅広い教材が選択肢になるのです。

精読の教材選びに迷ってしまう場合は、英語のプロに相談してみるのが最も有効かつ効率的と言えるでしょう。

効率的に英語を身につけるにはコーチングスクールがおすすめ

自分にあった教材を使って、英語の精読を進めていきたい場合には、英語のコーチングスクールを利用することがおすすめです。コーチングスクールであれば、一人ひとりのレベルに合った精読の教材や方法を教えてもらえるほか、日本語訳のない教材を用いた場合であっても、自分の理解が正しいかの判断をしてもらえます。

一般的な英会話スクールでは、同じコース・クラスに通っている人は、1人ひとりのレベルや学習環境に関係なく、同じ教材を用いて英語を学習していきます。しかし、コーチングスクールでは、個人個人に合った教材・学習方法を提供してもらえます。その時点での英語力をチェックしてもらい、レベルに合った教材を紹介してもらえるほか、自分の生活リズムや仕事の状況を伝えることで、どのような学習方法が適しているかをアドバイスしてもらえるのです。

正しく、効率的な学習方法で英語を身に付けたいという人は、英語を教えるプロがいる、コーチングスクールでアドバイスを受けてみることがおすすめです。

正しいやり方で効果の高い精読をしよう

ここまで、英語の精読の方法と教材の選び方について解説してきました。

英語の精読とは、英文一つひとつを、単語・文構造などを分析しながら読み進めていく学習方法で、覚えた単語や文法などを正しく英文理解に用いるための訓練です。

英語の精読方法を簡単にまとめると、以下の通りです。

  1. 教材を選ぶ
  2. 英文をじっくり通読する
  3. 英文を再度通読する
ただし、精読をする上では、以下の2点に注意して進めてください。

  • 難易度の合った教材を選ぶ
  • 読むスピードを上げようとしない
また、英語の精読の教材のおすすめの選び方は、以下の4つの方法があります。

  • 参考書を購入する
  • スマートフォンアプリを利用する
  • ニュースサイトを閲覧する
  • 英語のプロにアドバイスを受ける
正しく、効率的に自分に合った英語学習方法を実践したい人は、ひとりひとりの英語力や生活環境に合った勉強方法紹介してくれる、英語コーチングスクールに行ってみることもおすすめです。特に、精読においては教材選びが重要なポイントになってきます。自分に合った教材を知りたい場合は、一度相談に行ってみても良いでしょう。

この記事を参考に、正しく効率的な英語の精読方法を身に付けてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ユカ

ユカ

旅行好きなフリーライター。大学受験で英語の知識を叩き込み、在学時に留学や旅行で実践的な英語力を身につける。アメリカ留学を経験、世界一周をして40ヵ国近くへ訪問済み。TOEIC850点。

-学習ノウハウ

© 2021 英語コーチングスクール比較ナビ