英語コーチングスクールのメリット・デメリットを解説|従来の学習方法より効果を実感しやすい

英語コーチングスクールのメリット・デメリットを解説|従来の学習方法より効果を実感しやすい

近年話題になっている英語コーチングスクールですが、「今までのスクールとどこが違うの?」「コーチング自体よくわからない」と思っている方もいらっしゃると思います。

この記事では、英語スクールを検討するために

  • 英語コーチングスクールの概要
  • 従来の授業型スクールの問題点
  • 英語コーチングスクールのメリット、デメリット

をまとめました。

英語の学習効率のアップや、自分に合ったスクール選びにぜひご活用ください。

英語コーチングは、より高い目標をより早く達成することに特化している

「コーチング」とは、コーチが質問をしたり話を聞いたりしながら、クライアントの自信と可能性を高めて目標達成に向けてサポートをすることです。

コーチングを受けるメリットは以下が挙げられます。

  • 目標を常に明確に意識できる
  • コーチに進捗を報告することで、怠けグセを克服できる
  • コーチと課題を共有し改善することで、なるべく短い期間で目標に到達できる

そんなコーチングメソッドを活用したものが、「英語コーチングスクール」です。ただやみくもにカリキュラムを指示するのではなく、受講生の気持ちや学習状況を細やかに汲みあげ、高い目標へ向けて最短の道を探していきます。英語学習においては、学習時間のみならず結果へのコミットが必要不可欠。コーチングを受けることで、独学や従来のスクール学習とは異なる効果を実感できます。

従来の授業型英語スクールの問題点

今まで一般的とされていた英語スクールでも、学習効果を出して英語を話せるようになった人はたくさんいます。しかし「授業のみが提供される」スタイルのため、問題点や向いていない人がいたのも事実です。そこで、従来の英語スクールで課題となっていたポイントを3点挙げてみました。

モチベーションの維持が難しい

従来の英語講師は「レッスン時間を提供する人」という位置づけであり、生徒のモチベーション維持や目標管理はサポートしていませんでした。そのため、「レッスンに行くのが面倒になった」「最近やる気が起きない」という状況に陥った生徒は、途中退会などで脱落していってしまいます。学習へのモチベーション管理は、自分ひとりで頑張るのはとても難しいものですが、そこまでスクールの目が行きとどいていませんでした。

目的を見失いやすい

英語スクールに通う人には「TOEICのスコアアップがしたい」「海外でビジネス会議ができるようになりたい」などの多様な目的があります。しかし従来は、目的が人それぞれ異なるにも関わらず、「英語がうまくなる」ための一律のカリキュラムを提供することが主流でした。ただやみくもに勉強していても、本来の夢や目標には到達しません。レッスンを個人に合わせることができず、生徒が目的や目標を見失ってしまうこともありました。

サポートがレッスン時間のみに限られる

レッスン時間のみが英語スクールのサービスのため、次のレッスンまでの間の学習をサポートするシステムがありませんでした。宿題などが出るスクールもありますが、そこで疑問点やつまづきがあった場合は、次のレッスンまで持ちこさなければいけません。また、宿題をサボったり、レッスン以外は英語に何もふれなかったりすることもできる、ゆるい学習環境でした。

英語コーチングスクールのメリット

従来のスクールの問題点を解決できるのが、英語コーチングスクールです。コーチやコンサルタントといった学習の心強い伴走者がいることで、さらなる学習効果が期待できます。

個人に合わせて最適なカリキュラムを組める

既存の画一的な学習内容にとらわれずに、受講生の目的や個性に合わせたカリキュラムを組むことが可能です。それぞれのスクールでは、科学的根拠や独自の方法論に基づく豊富なカリキュラムを用意しています。また、それらは定期的なコーチングやカウンセリングの時間でスクールと確認しあうため、指示命令型ではなく自発的に選択ができます。自分で納得のいく、効率の良いアプローチで勉強できるのがうれしいポイントです。

徹底的にスケジュール管理ができる

コーチング型スクールでは、レッスン時間にとどまらず、自宅学習の時間までサポートします。徹底して時間管理するスクールが多く、起床・仕事・移動・睡眠の時間など日常の生活スタイルをコーチやコンサルタントと共有し、スキマ時間を探します。そのため仕事が忙しい社会人でも学習時間を捻出でき、LINEやSlackなどのチャットツールやメールでの日々の報告を通して、進捗状況を可視化することができます。

問題解決能力や学習習慣が身につく

学習を進める時によく直面する「時間がなかなかとれない」「思うように学習が進められない」という壁に対し、スクールと二人三脚で解決方法を探ります。コミュニケーションツールが充実しているので気軽に相談しやすく、問題に対してすぐに解決の糸口を見つけられます。また、日々のスケジュール管理を徹底して行うことで、学習習慣が身につきます。ここで習得した方法や考え方は、英語のみならず今後の他の学習機会にも応用が利き、キャリアアップなど人生の大きな実りへと繋げられるでしょう。

学習効果を実感しやすい

日々のチャット報告では、コーチの目を通して、自分の英語の伸びに気づきやすくなります。なかには、カリキュラムの相性や学習の進捗を測るために、定期的にテストを受けてスコアの伸びを確認できるスクールもあります。コーチと細かく情報共有することで、「英語がどんな風にできるようになりたいのか」「英語を習得して何がしたいのか」という自分の本来の目的を果たすことに役立ち、スクールの満足度を高めることができます。

英語コーチングスクールのデメリット

デメリットも知っておくと、スクール検討で注目すべきポイントを絞ることに役立ちます。

料金相場が高め

従来型とコーチング型のレッスンを比較して見てみましょう。

従来型のマンツーマンレッスン 20,000円前後 / 月
英語コーチングスクール 30,000円~200,000円程度 / 月

※従来のマンツーマンレッスンは、月3回レッスンの計算

※それぞれの入会金は除く

コーチング型はレッスン以外のサポートが充実しているぶん料金も高めです。大きい自己投資になりますが、分割や割引を使って月々の支払いを抑える方法もあります。従来のスクールは短くても半年~1,2年の受講期間を要しましたが、コーチング型スクールは効率を高めて2,3ヶ月で完結します。サポート薄めの安いスクールを長時間受講するよりも、短時間で集中して英語力を高める方が実はコストパフォーマンスが高いのではないでしょうか。学習効果や効率を考えたら、コーチング型スクールは妥当な金額と言えそうです。

英語学習への本気度が試される

まとまった資金と十分な学習時間が必要な英語コーチングスクールは、「なんとなく趣味で英語を始めたい」という人にはやや難しいカリキュラムです。しかし、自分の英語習得への本気度が試される場所でもあり、「英語を絶対習得したい」という人にはとても最適な環境です。受講生にはトップアスリートや第一線で活躍するビジネスマンも多いので、どんなに忙しくても言い訳にはできません。英語を学ぶことがゴールなのではなく、英語を学んでやりたいことを実現させることが本当のゴールだという意識を持って、コーチングを活用すると良いでしょう。

英語コーチングスクールのメリット

まずは体験レッスンでスクールとの相性を確かめてみることから

英語コーチングスクールは、今までの英語スクールでは届かなかった部分にまでサポートを広げ、より短い時間でより高い目標を達成することに重点を置いています。カリキュラム編成や時間管理、モチベーション維持など、自分次第でさまざまに活用できるサービスがあるのがコーチング型スクールのメリットです。毎日のように密にコミュニケーションをとるからこそ、スクールとの相性は入会前にしっかりと確かめておきましょう。まずは複数の体験レッスンやカウンセリングを受けてみて、教室の雰囲気を確かめることから始めてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

英語コーチングスクール比較ナビ 編集部

英語コーチングスクール比較ナビ 編集部では、英語学習に取り組む方に、英語コーチングスクールの各種サービス内容、キャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

-当サイトおすすめ記事

© 2021 英語コーチングスクール比較ナビ