英語の音読は効果ない?効果的な練習方法とメリットを解説

英語の音読は効果ない?効果的な練習方法とメリットを解説
「英語力アップには音読が効果的って聞いたけれど、効果がない」
「英語の勉強は音読だけでいいって聞くけれど、本当?」

英語の勉強方法について調べていると、「英文を音読する」という方法を目にする機会も多いでしょう。さまざまなメリットが挙げられているものの、本当に効果があるのかと疑ってしまう人もいるかもしれません。また、音読に挑戦してみたものの、あまり効果を感じなかったという人もいるでしょう。

この記事では、英語を音読することで得られる具体的な効果や、英語の音読に効果がないと感じてしまう原因、効果を実感できる音読の具体的な練習方法について紹介していきます。

英語の勉強方法で迷っている人や、音読をしているけれどあまり効果を感じられないという人は、ぜひ参考にしてみてください。

TOEICスコアを短期間で劇的に上げたい方におすすめの3スクール

  • STRAIL(ストレイル)TOEIC®️L&R TESTコース
    TOEICに伸び悩み始めた中上級者向け。第二言語習得研究に基いたトレーニングにより、一切の無駄を省いて効率的な学習が可能。
  • プログリットTOEICコース
    TOEICスコアアップのための学習ロードマップを作成する初回無料カウンセリングが、TOEICと本気で向き合う学習者から大人気。
  • フラミンゴオンライン英語コーチング 試験対策コース
    TOEICスコアアップだけでなく、実際の業務に活きる英語力も高めたいという欲張りをかなえられるプログラム。

英語を音読する勉強は効果がない?

英語を音読する勉強は効果がない?

結論から言えば、英語を音読するという勉強方法は、正しいやり方で、継続して行えば効果があります

記事の後半で詳しく解説しますが、ただひたすら無思考に英文を読み上げている場合や、同じ文章を1回きりしか音読していないというような場合は、あまり効果を感じられないかもしれません。

しかし、正しい方法で、繰り返し音読をすることが継続できれば、リーディング力、リスニング力、スピーキング力の向上というように、英語の総合的な力を急速にアップさせることができます。

それでは、この後、英語を音読する具体的な効果について、詳しく見てみましょう。

英語の音読で得られる効果

英語の音読で得られる効果

上でお話しした通り、音読で得られる効果は数多くあります。

具体的に言うと、正しい方法で英語を音読した場合、主に以下のような効果が期待できます。

  • 英語を読むスピードが上がる
  • 単語やフレーズを身につけられる
  • 英語のリズムで話せるようになる
  • リスニング力を伸ばせる

それぞれについて、なぜ音読でこのような効果が得られるのか見てみましょう。

英語を読むスピードが上がる

英語の音読で得られる1つ目の効果は、英語を読むスピードが上がることです。

英文をスムーズに読めないと悩む人の中には、「返り読み」という読み方をしてしまっている人も多くいます。返り読みとは、一度英文を最後まで読んでから、日本語の語順に訳して読んでいくような方法です。

この読み方では、同じ英文を2度繰り返し読むことになるため、スムーズに読み進められませんね。

しかし、英文の音読を繰り返し行うことで、この返り読みの癖が矯正されます。当然ですが、音読では、書かれている文章をその語順の通りに読み進めます。

黙読の場合のように、一度最後まで読んでから、戻って読み直すようなことはできません。

声に出して強制的に読み進めていく練習をすることで、英語を英語の語順のまま理解できるようになるのです。

もちろん、最初はゆっくりと、意味を確認しながら音読することになるかもしれません。

場合によっては、返り読みをしてしまうこともあるでしょう。

しかし、同じ文章を何度も繰り返し音読していくうちに、徐々に頭の中で英語を和訳することなく、意味を理解できるようになります。

音読を繰り返すことで、結果として、英語を語順のまま理解する力が身につき、返り読みをせずに英語の語順のまま意味を理解できるようになります。

このように、英文を読むスピードが上がることが、英語の音読で得られる効果の1つ目です。

単語やフレーズを身につけられる

英語の音読で得られる2つ目の効果は、単語やフレーズを身につけられることです。

音読による英語学習では、基本的に同じテキストを繰り返し何度も読むことになります。

そのため、テキスト内に登場する単語や文法、英語フレーズを覚えることが可能です。

実は、音読で覚えた単語やフレーズは、単語集や文法書で覚えたものよりも記憶に残りやすいとも言われています。

その理由は、単語集や文法書では、「英単語と日本語訳」や「文法名称とルールの解説」といったように、自然な英語の文脈から切り離されて解説されているからです。

例えば、単語集なら「provide:供給する」、文法書なら「現在完了:have + 過去分詞」というように説明されますね。

しかし、このような覚え方では、実際の英文で登場しても、瞬時に適切に訳すことが難しいこともあるでしょう。

音読をすると、英文の中で自然な使い方意味やニュアンスとともに覚えることができます

例えば、「I have provided him with information.」という文章が音読のテキストの中にあったとします。

すると、「現在完了:have + 過去分詞」という文法や時制、「provide:供給する」という動詞の意味や適切な前置詞などといった事柄を、意味とともに覚えることができます。

加えて、ただ目で見て覚えるよりも、自分の声に出して覚えた方が、脳に多くの刺激が与えられ、記憶に残りやすいとも言われています。

このように、テキストの中の単語やフレーズを身につけられることが、英語の音読で得られる2つ目の効果です。

英語のリズムで話せるようになる

英語の音読で得られる3つ目の効果は、英語を英語のリズムで話せるようになることです。

これは、お手本となる音声をしっかりと聞き、それを真似して音読することで得られる効果です。

英語には、音と音が繋がって聞こえたり、しっかりと発音されなかったりといった、日本語にはない発音のルールがあります。

また、文章の中で強弱を大きくつけたり、発音するスピードを変化させたりといった、英語独特のリズムもあります。

一方、日本語は比較的平坦な言語と言われています。

英語のように大きな強弱をつけたり、スピードに緩急をつけて話すことはあまりないですよね。

そのため、英語を英語らしく話すためには、ネイティブの話し方を意識的に真似る必要があります。

ネイティブの話す英語をお手本として、自分も同じように音読していくという練習を繰り返すことで、徐々に英語のリズム・強弱で話せるようになります。

このように、自然なリズムで話せるようになることが、英語の音読で得られる3つ目の効果です。

リスニング力を伸ばせる

英語の音読で得られる4つ目の効果は、リスニング力を伸ばせることです。

これも、上で説明したのと同様に、お手本となる英語の音声を真似て音読することで得られる効果です。

語学学習においては、よく「正しく発音できる言葉は聞き取れる」と言われています。

つまり、ネイティブの正しい音声を聞き、それと同じように自分の口でも発音してみることで、聞き取れるようにもなるのです。

さまざまなテキストを使って音読を継続することで、徐々に正しく発音できる音も増え、それに応じて聞き取れる音も増えてくるでしょう。

また、先述の通り、英語の音読では、英語を英語の語順で理解することが必須となります。

当然ですが、リスニングにおいても、一度流れた音声を戻って聞き直すことはできず、話される順に理解していくことが大切です。

つまり、音読により英語を英語の語順で理解する力をつけることは、リスニング力アップにも繋がるのです。

このように、リスニング力を伸ばせることが、英語の音読で得られる4つ目の効果です。

TOEICスコアを短期間で劇的に上げたい方におすすめの3スクール

  • STRAIL(ストレイル)TOEIC®️L&R TESTコース
    TOEICに伸び悩み始めた中上級者向け。第二言語習得研究に基いたトレーニングにより、一切の無駄を省いて効率的な学習が可能。
  • プログリットTOEICコース
    TOEICスコアアップのための学習ロードマップを作成する初回無料カウンセリングが、TOEICと本気で向き合う学習者から大人気。
  • フラミンゴオンライン英語コーチング 試験対策コース
    TOEICスコアアップだけでなく、実際の業務に活きる英語力も高めたいという欲張りをかなえられるプログラム。

英語の音読の効果がないと感じる理由

英語の音読の効果がないと感じる理由

ここまで、英語の音読で得られる効果について紹介してきました。

しかし、中には「以前、英語の音読をしていたことがあるけれど、あまり効果を感じられなかった」という人もいるかもしれませんね。

音読をしても英語の上達を感じられない場合は、以下の原因が考えられます。

  • 意味を理解せずにただ読んでいる
  • お手本の音声を聞かずに音読している
  • 繰り返し音読していない

それぞれの原因について、詳しく見ていきましょう。

意味を理解せずにただ読んでいる

英語の音読の効果がないと感じる理由の1つ目は、英文の意味を理解せずにただ読んでいることが考えられます。

英文が構成される単語や文法の意味をきちんと理解していないまま音読をしても、それは書かれている文字をただ読み上げているだけということになり、上で紹介したような英語力向上の効果は得られないでしょう。

単語の意味や、どんな文法が使われているかをしっかり理解した文章を読むことで、はじめて読解力アップや単語・フレーズの定着といった効果を感じられます。

また、意味を理解しないまま発音の練習をしても、実際のスピーキングの場面などで応用することも難しいでしょう。

音読を始める前に、まずは1度黙読をして、その内容をしっかり理解することが大切なんですね。

このように、意味を理解せずにただ読んでいることが、英語の音読の効果がないと感じる理由の1つ目です。

お手本の音声を聞かずに音読している

英語の音読の効果がないと感じる理由の2つ目は、お手本の音声を聞かずに音読していることが考えられます。

お手本となる正しい音声を聞かず、自己流の発音で音読をしていても、スピーキング力やリスニング力は伸びにくいです。

また、お手本を聞かずに何度も音読を続けていると、誤った発音が身についてしまうリスクもあります。これでは、スピーキング力のアップには逆効果でしょう。

ただし、必ずしも「お手本の音声のあるテキストを使わなければならない」というわけではありません。

実は、適切な音読の方法とは、一概に言えるものではなく英語学習の目的によっても異なります

例えば「大学受験の長文読解のために、とにかくリーディングスキルを上げたい」というような場合は、返り読みの矯正を目的に、発音やリズムはあまり気にせず音読をしても良いでしょう。

「志望大学の過去問を音読テキストとして使いたい」というような場合は、必ずしも音声を見つけられるとは限らないですよね。

一方で、スピーキングやリスニングの力をつけたい場合は、音声付きの教材を選択することが必須と言えます。英語学習の目的や、伸ばしたい力に合わせて音読方法や教材選びをすることが大切です。

このように、スピーキング力やリスニング力向上のために音読をしているのにも関わらず、お手本の音声を聞いていないことが、英語の音読の効果がないと感じる理由の2つ目です。

繰り返し音読していない

英語の音読の効果がないと感じる理由の3つ目は、繰り返し音読していないことが考えられます。

英語の音読では、同じテキストを何度も繰り返し読むことが大切です。

1つのテキストを何度も声に出して読むことで、単語やフレーズ、発音を定着させられたり、スムーズに意味を理解できるようになったりします。

反対に言えば、理解が曖昧な部分があったり、正しく発音できない単語があったり、スムーズに読めなかったりする状態で、新たな英文を音読しても、上記の効果は得られません。

英文を読み上げていると、「勉強している」と実感しやすく、満足感を得やすいかもしれません。

だたし、意味を理解しないままひたすら音読する行為は避けましょう。

英文の意味の理解が曖昧なまま、次々と別のテキストを音読していることが、英語の音読の効果がないと感じる理由の3つ目です。

TOEICスコアを短期間で劇的に上げたい方におすすめの3スクール

  • STRAIL(ストレイル)TOEIC®️L&R TESTコース
    TOEICに伸び悩み始めた中上級者向け。第二言語習得研究に基いたトレーニングにより、一切の無駄を省いて効率的な学習が可能。
  • プログリットTOEICコース
    TOEICスコアアップのための学習ロードマップを作成する初回無料カウンセリングが、TOEICと本気で向き合う学習者から大人気。
  • フラミンゴオンライン英語コーチング 試験対策コース
    TOEICスコアアップだけでなく、実際の業務に活きる英語力も高めたいという欲張りをかなえられるプログラム。

効果的な英語の音読方法

効果的な英語の音読方法

ここまで、音読での英語学習で効果を感じられない原因について紹介してきました。

続いては、それぞれの原因に対してどのように工夫をして学習すると効果を感じられるのかについて紹介していきます。

上記の理由に心当たりがある場合は、ぜひ以下の対処方法を試してみてくださいね。

  • 意味を理解した上で音読する
  • お手本の音声を真似て音読する
  • 同じ教材を何度も繰り返し音読する

それぞれのポイントについて、ひとつずつ見ていきましょう。

意味を理解した上で音読する

効果的な英語の音読方法の1つ目は、意味を理解した上で音読することです。

音読に取り組む際には、まずは黙読をして、そこで使われている単語やフレーズ、文法を全て理解しましょう。

各単語や文法を理解した上で、何度か通して読み、書かれている情景がイメージできる状態にします。

繰り返しになりますが、音読で英語力アップの効果を実感するためには、完璧に内容を理解している英文を利用することが前提条件となります。

また、音読に慣れていない場合は、黙読の際にスラッシュリーディングをすることもおすすめです。

スラッシュリーディングとは、英文の意味のかたまりごとにスラッシュ(/)を入れて読み進めていく方法です。

これを行うことで、英文の構造を把握しながら読む癖が身に付き、結果として英語を英語の語順のまま理解できるようになります。

なお、音読を行う際には、教材選びにも注意が必要です。

自分の英語力に合わないような、あまりに難易度の高いテキストを教材として利用しても、単語や文法を調べるために大きな時間がかかってしまいます。

それでは、音読の効果を実感するまでにも時間がかかりすぎてしまうでしょう。

音読をする際は、初読である程度の文の内容は把握できるというレベルの教材を選ぶことをおすすめします。

このように、英文の意味を理解した上で音読することが、効果的な英語の音読方法の1つ目です。

お手本の音声を真似て音読する

効果的な英語の音読方法の2つ目は、お手本の音声を真似て音読することです。

特に、スピーキング力やリスニング力アップを狙って音読をする際には、これは必須の条件と言えます。

音読を始める際は、まずは英文を一通り読み、文中で使われている単語や文法をしっかりと理解します。

それができたら、次にテキストをネイティブが読み上げているお手本の音声を聞いてみましょう。

そして、その後にネイティブと同じ発音、リズム、強弱で真似して読んでみます。

何度もお手本を聞き、何度も発音していくことで、徐々にネイティブらしい発音を身につけられます。

また、スピーキング力の向上を目指す場合は、自分の読んだ音声を録音してみることもおすすめです。

スマートフォンなどを使って自分の英語の発音を録音し、ネイティブのお手本音声と聞き比べることで、発音の違和感やミスを客観的に把握しましょう。

自分の声を録音するのは、最初は恥ずかしく感じるかもしれませんが、発音の誤りに自分自身で気づき、修正できるため、効果は絶大です。

このように、お手本の音声を真似て音読することが、効果的な英語の音読方法の2つ目です。

同じ教材を何度も繰り返し音読する

効果的な英語の音読方法の3つ目は、同じ教材何度も繰り返し音読することです。

冒頭で紹介した通り、音読はリーディング力の向上にも、リスニングの向上にも、スピーキング力の向上にも効果が期待できる学習方法です。

しかし、これらの効果を得るためには「同じテキストを何度も繰り返し音読すること」が前提となります。

「音読しまくったら英語を話せるようになった」という人に会ったことがあるかもしれません。

この言葉の通り、音読はたった1回では効果を感じられるようなものではなく、「しまくる」というくらいに、何度も繰り返すことで効果が出てきます。

しっかりと意味を理解できたテキストであっても、たった1回の音読では、そこで登場する単語や文法を頭に定着させたり、リズムや発音を身につけたりすることはできません。

また、1度のみの音読では、英語の語順で意味を理解しながら読み進めていくのが難しいこともあるでしょう。

同じテキストを、覚えてしまうくらいに何度も音読することで、音読の効果を実感できるようになるんですね。

同じテキストを何度も読む際には、ただテキストを見ながら発音していくだけでなく、異なるいくつかの方法で音読をしていくことをおすすめします。

具体的に、英語学習に効果的な音読方法としては、リピーティングやシャドーイングといった音読方法が挙げられます。

リピーティングとは、名前の通り、お手本となる音声を1文、もしくは文節ごとに区切って流し、それをそのまま真似して発音していく方法です。

しっかりと音声に集中して、発音を覚えて自分の口で話す必要があるため、特にリスニング力の向上に効果が期待できます。

最初はテキストを見ながらリピーティングをしても構いませんが、最終的にはテキストを見ずに話せるようになることを目指しましょう。

関連記事:リピーティングとは?メリットからシャドーイングとの違いまで解説

シャドーイングとは、言葉の通り流れた音声をシャドー(影)のように追って発音していく方法です。

これは、英文を頭からスムーズに理解していく訓練や、集中して英語を聞き続ける訓練にもなります。

加えて、シャドーイングには英語を話すスピードに慣れることができるというメリットもあります。

音読では、自分のペースで読み進めることができますが、シャドーイングではお手本の音声と同じスピードで話さなければなりません。

聞こえた英語を、そのまま同じ速さで発音していくことで、英語のスピードに慣れることができます。

ただテキストを読み上げるだけでなく、シャドーイングをはじめとしたさまざまな方法で、何度も音読をすることで、リスニングやスピーキングの力を効率的にアップできるんですね。

関連記事:シャドーイングとは?本当に効果のあるやり方と5つの注意点を徹底解説

このように、同じ教材を何度も繰り返し音読することが、効果的な英語の音読方法の3つ目です。

正しい音読の方法を理解して英語力をアップさせましょう

正しい音読の方法を理解して英語力をアップさせましょう

ここまで、英語を音読することの効果と、効果がないと感じてしまう原因、効果を感じられるような音読方法について紹介してきました。

英語の音読は、英語力アップに効果的です。具体的には、以下のような効果が期待できます。

  • 英語を読むスピードが上がる
  • 単語やフレーズを身につけられる
  • 英語のリズムで話せるようになる
  • リスニング力を伸ばせる

英語を音読してみても英語力の伸びを感じられない場合には、以下の原因が考えられます。

  • 意味を理解せずにただ読んでいる
  • お手本の音声を聞かずに音読している
  • 繰り返し音読していない

英語の音読で効果を実感するためには、以下の工夫をすると良いでしょう。

  • 意味を理解した上で音読する
  • お手本の音声を真似て音読する
  • 同じ教材を何度も繰り返し音読する

この記事を参考にしながら、効果的な音読方法をマスターし、英語力アップに繋げてみてください。

TOEICスコアを短期間で劇的に上げたい方におすすめのスクール

英語コーチングスクールの体験レッスンやインタビューを30スクール以上行ってきた当サイトが、本当におすすめだと思ったスクールを3つだけ紹介しておきます。ぜひ活用してみてください。

STRAIL(ストレイル)TOEIC®️L&R TESTコース

1位:STRAIL(ストレイル)

公式サイト:https://strail-english.jp/

STRAILは、ENGLISH COMPANYを運営しているスタディーハッカーが運営する英語のパーソナルジム。

TOEIC®️L&R TESTコースは、TOEICのスコアを重点的かつ短期間に伸ばしたいという方のための、3ヵ月集中TOEIC特化型プログラムです。語彙、文法からリーディング・リスニング力の向上、さらに演習問題での実践力の養成と、バランスよく学習を進めるカリキュラムを提供しています。

そのため公式サイトを見てもわかる通り、TOEICスコアを短期間で大きく上昇させることが可能となっています。TOEIC受験希望者は大変満足できるサービスです。

コンサルタントの課題発見に特化
簡単1分申し込み

関連記事:【高密度トレーニングとは?】ストレイル(STRAIL)の口コミ・評判まとめ

プログリットTOEICコース

2位:プログリット

公式サイト:https://www.progrit.co.jp/

プログリットのTOEICコースでは、初回無料カウンセリング時に英語テストを行い、課題を割り出すことで、TOEICスコアアップのための学習ロードマップを作成します。

そのため、どのトレーニングを取り組めばよいかを明確にして、効率的に学習を進めることができます。 初回無料カウンセリングだけでも、非常に価値のある体験になりますので、ぜひ受講されることをおすすめします。

サッカー本田圭佑氏も受講中!
30日間全額返金保証あり

関連記事:プログリット(PROGRIT)の口コミ・評判まとめ

フラミンゴオンライン英語コーチング 試験対策コース

3位:フラミンゴオンライン英語コーチング 試験対策コース

公式サイト:https://coaching.app-flamingo.com/

『フラミンゴオンライン英語コーチング 試験対策コース』は、TOEICのスコアを上げるとともに実際の業務で活きる英語力も高めたいという欲張りをかなえられるプログラム。

TOEIC900点以上のスコアを持つ、今まさにビジネスの現場で活躍するコーチが所属しています。

TOEICのスコアを上げながら、ビジネスで実際に使えるような英語力を身につけられるように、効果的なトレーニングを提供しています。

英語初心者におすすめ
30日間全額返金保証あり

関連記事:フラミンゴ英語コーチングの料金・口コミまとめ【完全オンライン】

無料カウンセリングをしっかり活用して、ご自身にあった英語コーチングスクールを見つけてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ユカ

旅行好きなフリーライター。大学受験で英語の知識を叩き込み、在学時に留学や旅行で実践的な英語力を身につける。アメリカ留学を経験、世界一周をして40ヵ国近くへ訪問済み。TOEIC850点。

-学習ノウハウ

© 2022 英語コーチングスクール比較ナビ