学習ノウハウ

リピーティングとは?メリットからシャドーイングとの違いまで解説

リピーティングとは、その名の通り流れる英語の音声を繰り返す(=リピートする)学習方法です。ネイティブの音声を聞き取り発音するため、リスニングやスピーキング能力の向上が期待できるトレーニングです。この記事では、リピーティングの概要や効果、正しい実践方法と実践する際の注意点について紹介していきます。それでは、見ていきましょう。

リピーティングとは英語を聞いて発音するトレーニング

リピーティングとは、ネイティブの音声を流し、それを一文ごとに区切り、スクリプトを見ながら正確に繰り返すトレーニングです。音声を正確に聞き取り真似して発音するため、リスニング力・スピーキング力アップに期待できます。

リピーティングと混同されやすい学習方法に、シャドーイングとオーバーラッピングがあります。この3つは、全て「英語の音声を聞いて自分の口で繰り返す」という点で共通していますが、全て異なるトレーニングです。

リピーティングは、上述の通り英語の音声を一文ずつ流し、音声を「一旦止めてから」繰り返します。一方、シャドーイングでは音声から2〜3語遅れで、音声を「聞きながら」止めることなく繰り返します。そしてオーバーラッピングでは、音声と「ぴったり同時に」繰り返します。

難易度としては、一般的にリピーティング、オーバーラッピング、シャドーイングの順に難しくなるとされます。そのため、オーバーラッピングやシャドーイングに取り組む前のステップとして、リピーティングを取り入れてみても良いでしょう。

リピーティングの3つの効果とは

ここでは、リピーティングをすることで得られる3つの効果について紹介します。

  • ネイティブの発音・会話速度に慣れる
  • リスニング力が向上する
  • 読解力が上がる
はじめに、リピーティングではネイティブの音声を聞いて、それを繰り返します。そのため、ネイティブの発音や発音スピードに慣れることができます。スクリプトをただ音読することなら簡単にできるかもしれませんが、それをネイティブらしい発音や速度で読むとなると、難易度はグッと上がります。その分、自力で音読するだけでは習得しづらいスピーキング能力の向上という効果が、リピーティングをすることにより得られます。

次に、リピーティングを行うと、リスニング力も向上すると言われています。それは、ネイティブの発音を聞いて繰り返すことで、英語独特のイントネーションや音の消失に慣れることができるためです。「音の消失」というのは、例えば "have to" が "hafta"のように聞こえたり、"like him " が "like ’im" と聞こえたりすることです。「発音できない言葉は聞き取れない」と言われます。逆を言えば「発音できれば、聞き取れる」ということです。リピーティングをすることでこのような英語独特の音の繋がりに慣れることができ、リスニング力の向上も期待できます。

リピーティングはリスニング・スピーキングの能力向上に期待できるトレーニングですが、実は読解力向上にも効果があります。その理由は、何度も英文を声に出して繰り返すことで、英語の文章構造が自然と頭にインプットされるためです。繰り返し口にした英文と似たような構造の文章に出会った時に、そこで使われている文法を瞬時に理解することができるようになるのです。

リピーティングの正しいやり方を紹介

リピーティングのやり方は様々ありますが、ここでは一般的な取り組み方を紹介します。

  1. スクリプトがある英語の音声を用意する
  2. 英語の音声を流す
  3. スクリプトを確認し、内容を理解する
  4. 復唱できる長さで音声を止め、流れる音声を正確に繰り返す
後ほど詳しく解説しますが、内容を理解してからリピーティングを行うこと、復唱できる長さで音声を止めることが大切です。

先述の通り、リピーティングができるようになったスクリプトを用いて、さらに難易度の高いトレーニングであるオーバーラッピングやシャドーイングに取り組むと、より効果的です。

リピーティングを行う際の4つの注意点

リピーティングは、ただ闇雲に音声を繰り返せば良いというわけではありません。ここでは、きちんと効果を得るために、覚えておきたい4つの注意点について解説します。

  • 徐々に区切りを長くする
  • 内容を理解してから音読する
  • レベルに合う教材を選択する
  • 人に伝えるように発音する
各注意点について、詳しく見ていきましょう。

徐々に区切りを長くする

リピーティングは、基本的に一文ごとに区切って行うとされています。しかし、もしも一文を音声通りのスピードで繰り返すのが難しい場合や、詰まってしまう場合などは、もっと短く区切っても問題ありません。はじめは、無理なく繰り返すことのできる長さで区切り、徐々にその間隔を長くしていきましょう。もちろん、反対に一文以上で区切ってもリピートできるという場合には、もっと長く区切っても構いません。

内容を理解してから音読する

リピーティングを行う際には、必ず英文の意味をしっかりと理解した上で繰り返すようにしましょう。意味を理解しないままにただ音読しても、言葉の意味やリズムが脳に定着ししにくく、リピーティングで得られるとされる効果が薄れてしまいます。実際に口に出して繰り返す前に、必ず一通りスクリプトの意味を理解するようにしましょう。

レベルに合う教材を選択する

リピーティングでは、教材選びも重要です。難しすぎる教材を選択しないように注意しましょう。その理由は、リピーティングでは音声で聞いた文章を繰り返すため、文章の中に知らない単語や文法がいくつもあると、スムーズに復唱することができないためです。リピーティングの目的は、あくまで英語を聞き取り、発音やリズムを習得し発音できるようになることです。そのため、一通り聞いて意味を理解できるような教材を選択するようにしましょう。

もしも自分の英語力を客観的に判断することが難しく、レベルに合う音声教材を選べないという場合には、英語学習のプロに相談してみるのも一つの手です。英会話のコーチングスクールなどでは、一人ひとりの英語力を見極め、個人の英語力にぴったりあった教材を紹介してくれます。もちろん、教材を紹介するだけでなく、その人に合った英語の学習方法についても提案してくれます。

人に伝えるように発音する

リピーティングでスピーキング能力を向上させるためには、口の中でモゴモゴと発音するのではなく、相手がいるかのように発音することがポイントです。はっきりと大きく口を動かすことで、よりネイティブの発音に近づくことができるでしょう。発音をより強化したい場合には、スマホなどを使って、自分の音声を聞いてみることで、音声との違いを客観的に評価することができます。

まとめ

ここまで、リピーティングについて紹介してきました。リピーティングは、英語の音声を一文で区切り、正確に繰り返し発音するトレーニングです。リピーティングを実践するメリットは、ネイティブの発音・会話スピードに慣れること、それによりリスニング力の向上に期待できること、読解スピードが向上することにあります。

また、リピーティングを行う際には、内容を理解してから音読することと、人に伝えるように発音することが大切です。リピートすることが難しく感じられる場合には、最初は短く区切り、徐々に繰り返す間隔を長くすることがおすすめです。また、レベルに合う教材を選択することも重要です。もしも自分の英語力に見合う教材がわからないという場合には、英会話コーチングスクールに相談してみるのも良いでしょう。この記事を参考に、リピーティングを実践して英語力アップに役立ててください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

英語コーチングスクール比較ナビ 編集部

英語コーチングスクール比較ナビ 編集部では、英語学習に取り組む方に、英語コーチングスクールの各種サービス内容、キャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

-学習ノウハウ

© 2020 英語コーチングスクール比較ナビ