英語の発音がきれいな人の特徴とは?発音を良くするトレーニングも紹介

英語の発音がきれいな人の特徴とは?発音を良くするトレーニングも紹介

「英語の発音をきれいにするには?」
「どうすれば英語の発音を『きれい』と思ってもらえる?」

英会話の学習をしている人の多くは、このように、どうすれば正しくきれいに発音できるようになるかと悩んだことがあるでしょう。

特に英語と日本語は、発音もリズムも全く違う言語であるため、なかなかネイティブのように話すのが難しいですよね。

この記事では、英語の発音が上手いと言われる人の特徴について紹介し、英語の発音が良くなる方法を解説していきます。

英語の発音をきれいにしたい人や、学習方法について知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

ビジネス英会話を効率よく身につけたい方におすすめの3スクール

  • ENGLISH COMPANY
    言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見を活かしたトレーニングにて、最短距離で目標達成を目指す。
  • STRAIL(ストレイル)
    英語コーチングに特化させることにより、格安で受講できる。
  • トライズ
    1年間の受講生の継続率は91.7%。「もう挫折したくない」と思っている人におすすめ。

英語の発音がきれいな人の特徴とは?

英語の発音がきれい な人の特徴とは?

英語の発音がいい人の特徴としては、以下のポイントが挙げられます。

  • はっきりと大きな声で話している
  • 英語特有の発音を習得している
  • 正しいアクセント・リズムで話している
  • 英語の音の繋がり・消失を理解している

それぞれの特徴について、詳しく見てみましょう。

はっきりと大きな声で話している

1つ目の特徴は、はっきりと大きな声で話していることです。

ネイティブの話す英語を聞いて、「声が大きいな」「口を大きく開けているな」と気づいたことがある人もいるかもしれません。

実は、日本語と英語は「声の出し方」が異なると言われています。日本語は喉から声を出し、口先で発音する言語であるのに対して、英語は腹式呼吸で口を開いて外に向かって発音します。

そもそも声の出し方が違ったんだね

このような日本語と英語の声の出し方の違いを意識した上で、はっきり大きな声で発音していることが、発音がきれいな人の1つ目の特徴です。

英語特有の発音を習得している

2つ目の特徴は、英語特有の発音きちんと習得していることです。

ご存知の通り、英語には"th"や"r"、また発音記号で言えば"bag"の発音で使われる「æ」、"book"で使われる「ʊ」など、日本語にはない音が数多くあります。

このような発音を一つずつ理解・習得することなく、「バッグ」「ブック」と日本語のカタカナと同じように読んでいては、「発音がきれい」とは言えません。

英語特有の発音をしっかりとマスターして、正確に声に出すことができていることが、発音がきれいな人の特徴の2つ目です。

正しいアクセント・リズムで話している

3つ目の特徴は、正しいアクセント・リズムで話していることです。

日本語と英語の大きな違いの一つに、アクセントの有無が挙げられます。日本語は文章に強弱やスピードの変化がつけられない比較的平坦な言語であるのに対して、英語は全ての単語にアクセントが付けられ、文章を読む際にも強弱や速度に変化が見られます。

英語の発音がきれいな人は、ひとつひとつの単語を正しく正確に発音していることに加えて、英語らしい自然な抑揚がつけられています。

反対に言えば、例えひとつひとつの単語の発音を正しく理解していても、文章を読む際に日本語のように抑揚なく読んでしまうと、「きれいな発音」とはみなされないでしょう。

抑揚やリズムも大事ですね!

このように、英語ならではの正しいアクセント・リズムを身につけていることが、発音がきれいな人の3つ目の特徴です。

英語の音の繋がり・消失を理解している

4つ目の特徴は、英語の音の繋がり・消失理解していることです。

英語には、独特のアクセントやリズムがあることに加えて、特定の単語と単語が並んだ時に、繋がって発音されたり、発音されなかったりすることがあります。

なお、音が繋がって発音される現象は「リンキング」、音が脱落する現象は「リダクション」と呼ばれます。

リンキングの例では"give up"が 「ギブ/アップ」ではなく「ギバップ」と聞こえたり、"Can I"が「キャン/アイ」ではなく「キャナイ」と聞こえたりというものがあります。

リダクションの例としては、"take care "の"k"の音が脱落し「テイク/ケア」でなく「テイッケア」のように聞こえたり、"just now"の"t"が脱落して「ジャスト/ ナウ」ではなく「ジャスナゥ」と聞こえたりすることが挙げられます。

ひとつひとつの単語の発音を覚えることは大切ですが、このような音の繋がりや消失を意識せず、全ての単語を区切って読んでしまうと、カタコトの英語に聞こえてしまいます。

区切って読んじゃうからカタコトになるんだね…

全てをスペル通りにはっきりと発音するのではなく、どのような場合に音が繋がるのか、またどのような場合に音が消えて聞こえるのかといったルールを理解することで、よりネイティブらしい発音に近づくことができます。

また、リンキングやリダクションを理解することは、リスニング力向上にも効果的です。ネイティブの話す英語が高速に聞こえる理由のひとつは、このように音が短縮されて話されているからです。つまり、このようなルールを理解することで、相手の言っていることも正確に聞き取れるようになります。

このように、英語の単語同士の音の繋がりや消失を理解して、滑らかに話していることが、発音がきれいな人の4つ目の特徴です。

ビジネス英会話を効率よく身につけたい方におすすめの3スクール

  • ENGLISH COMPANY
    言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見を活かしたトレーニングにて、最短距離で目標達成を目指す。
  • STRAIL(ストレイル)
    英語コーチングに特化させることにより、格安で受講できる。
  • トライズ
    1年間の受講生の継続率は91.7%。「もう挫折したくない」と思っている人におすすめ。

英語の発音をきれいにするためのステップ

英語の発音をきれいにするためのステップ

ここまで、英語の発音がきれいな人の特徴について見てきました。それでは、どのような練習をすれば、そのような特徴を身につけられるのでしょうか。

英語の発音が良くなるトレーニングとしては、以下の方法が挙げられます。

  • 正しい発音をインプットする
  • 英語のリズムを掴む
  • 実践的な英会話で練習を重ねる

それぞれについて、具体的に何をすれば良いのか解説していきます。

正しい発音をインプットする

1つ目のステップは、正しい発音をインプットすることです。

英語学習において、「読むこと」「書くこと」が重視されている日本の英語教育を受けてきた人の中には、発音についてしっかりと学んだことがないという人も多いのではないでしょうか。

「意味はわかるけれど、正確に発音できない」という単語がたくさんある人も多いでしょう。

英語をきれいに発音するためには、まずは、英語ならではの音の出し方を習得することが大切です。ひとつひとつの発音記号を理解して、それぞれの口の動かし方、舌の置き方を学びましょう。

この時、ただネイティブの話す英会話を耳で聞いてそのまま真似するのではなく、1つずつの単語の発音方法をじっくり学ぶ方法がおすすめです。

具体的には、発音専用の参考書を読んだり、動画を視聴したりできます。特にYouTubeなどでは、無料でいくつもの発音指導動画を観ることができます。舌の動きや口の動かし方を、日本語でゆっくりと解説してくれているため、正しい発音を身につけやすいでしょう。

また、自分の発音が正しいかどうかチェックするためには、発音チェック専用スマホアプリの利用がおすすめです。マイクに向かって単語を話すことで、AIがその発音の精度を点数やパーセンテージで瞬時に評価してくれるようなアプリが数多く登場しています。

そんな便利なスマホアプリあるなら使いたい!

「とにかく英語を話せるようになりたい」と考える人の中には、発音の学習をスキップしてひたすら会話の練習に取り組もうとする人もいるかもしれません。確かに会話の練習を重ねれば、瞬時に英文を組み立てる能力は上がるかもしれませんが、いくら正しい英文を話していても、発音が良くなければ「英語が上手」と言われることはないでしょう。

また、発音が正しくなければ、何を言っているのか伝わらないリスクもあります。

一見、遠回りな方法に感じるかもしれませんが、英会話を上達させたいなら、まずはひとつひとつの発音記号を正しく声に出せるようになりましょう。

正しい発音を身につけてから、徐々に長い文章をスピードを上げて読んでいく方が、効率的にきれいな英語を話せるようになるんですね。

このように、英語特有の音を理解して、正しく発音することが、英語の発音をきれいにする1つ目のステップです。

英語のリズムを掴む

2つ目のステップは、英語のリズムを掴むことです。英語の各種発音記号を正しく口に出せるようになったら、次は複数の単語で構成された文章を正しいリズム・強弱で読む練習をしましょう。

先述の通り、ひとつひとつの単語を正しく発音できることは重要ですが、だからと言って会話や長文音読において、全ての単語をはっきりと話していては、カタコトに聞こえてしまいます。

先ほど紹介したような、英語のリズムやアクセント、また音の繋がりや消失も身につけることが大切です。

英語のリズムを掴むためにおすすめの方法や、洋画や海外ドラマで学習することです。具体的には、英語の発音がきれいだと感じる俳優や女優を見つけて、特定のセリフを、その俳優や女優が話している通りに真似して話すのです。

ここで重要なのは、話すスピードやアクセント、強弱、感情までも完璧に真似ることです。何度も同じフレーズを繰り返して発音することで、徐々に自然な英語の抑揚や音の繋がり・消失といったルールを身に付けられます。

確かに感情までも真似ようとするとうまく似せられそうです!

「自分が実際に英会話をする際にも使えそう」と思うセリフを集中的に音読することで、発音が良くなるだけでなく、自然なフレーズも身につけられて英会話力もアップしますね。

このように、英語特有のリズムを習得することが、発音をきれいにする2つ目のステップです。

実践的な英会話で練習を重ねる

3つ目のステップは、実践的な英会話で練習を重ねることです。ひとつひとつの発音を理解して、英語特有のリズムにも慣れたら、次は会話の中で学んだことをアウトプットしていきましょう。

実践的な英会話練習をするには、オンライン英会話の利用がおすすめです。

ただし、発音矯正を目的にオンライン英会話を利用する場合には、英語の発音がきれいと言われている国の先生を選ぶことが大切です。アメリカ英語を身につけたいのか、イギリス英語を身につけたいのかによっても変わりますが、可能であれば英語が母国語であるという講師と練習しましょう。

へぇ~先生選びも大事なんだね!

「とにかく英会話に慣れたい」というような場合は、講師の出身国を気にする必要はありませんが、発音学習を目的とする場合は、やはりネイティブに教わる方が安心できますね。

また、レッスンの際には「発音矯正したい」という目的を伝え、不自然な発音があった場合には指摘してもらうようにしましょう。「通じる発音」と「きれいな発音」は異なります。

このように、実践的な英会話練習をすることが、発音をきれいにするための最終ステップです。

正しい練習方法できれいな発音を身につけましょう

正しい練習方法できれいな発音を身につけましょう

ここまで、英語の発音がきれいな人の特徴や、発音をよくするための方法について紹介してきました。

英語の発音がきれいと言われる人の特徴としては、以下の4つのポイントが挙げられます。

  • はっきりと大きな声で話している
  • 英語特有の発音を習得している
  • 正しいアクセント・リズムで話している
  • 英語の音の繋がり・消失を理解している

英語の発音を良くするためのトレーニングとしては、以下が効果的です。

  • 正しい発音をインプットする
  • 英語のリズムを掴む
  • 実践的な英会話で練習を重ねる

この記事を参考にしながら、しっかりと正しい発音やリズムをマスターし、英語の発音を磨いてみてください。

ビジネス英会話を効率よく身につけたい方におすすめのスクール

英語コーチングスクールの体験レッスンやインタビューを30スクール以上行ってきた当サイトが、本当におすすめだと思ったスクールを3つだけ紹介しておきます。ぜひ活用してみてください。

ENGLISH COMPANY

1位:ENGLISH COMPANY

公式サイト:https://englishcompany.jp/

『ENGLISH COMPANY』は、科学的なトレーニングと英語学習のコンサルティング(コーチング)で、最短距離で目標達成を目指すための英語コーチングスクールです。

ENGLISH COMPANYでは言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見を活かしたトレーニングを行います。

第二言語習得研究に沿ってあなたの課題を発見し、それに適した学習方法を選択するので、一切の無駄を省いて効率的な学習ができます。

専門家による課題発見で、時短学習を目指す
30日返金保証あり

関連記事:ENGLISH COMPANYの口コミ・評判まとめ【時短で伸ばす!】

STRAIL(ストレイル)

2位:STRAIL(ストレイル)

公式サイト:https://strail-english.jp/

『ストレイル』は、ENGLISH COMPANYを運営しているスタディーハッカーが運営する英語のパーソナルジムです。

学習方法については、ENGLISH COMPANYと同じく「第二言語習得研究」に基づいています。

ENGLISH COMPANYとの違いは、自習中心の英語コンサルティングサービスを提供している点、グループレッスンを採用している点です。

ENGLISH COMPANYの半分程度の月額で受講できます。期間も2ヶ月と短いので、第二言語習得研究に基づいて、短期間で集中して成果を出したいという方におすすめです。

コンサルタントの課題発見に特化
簡単1分申し込み

関連記事:【高密度トレーニングとは?】ストレイル(STRAIL)の口コミ・評判まとめ

トライズ

3位:トライズ

公式サイト:https://toraiz.jp/

『トライズ』は、1年間で1000時間の学習時間を確保して英語をマスターする英語コーチングスクールです。

他英語コーチングスクールと比べると、期間が長く、本気で英語を極めたいという強い意思がある方向けのサービスです。

英語の習得には最低でも1000時間必要と言われています。その1000時間の学習をコースに含めている英語コーチングスクールは他にはありません。

確かに英語コーチングで学習習慣を身につければ、受講後も自走して学習できます。しかし「本当に自走できるのか?」「途中でやる気がなくなってしまわないか」と不安ですよね。 しかしトライズでは、1年間のコーチングで確実に1000時間の学習時間を確保できます。

1年間の受講生の継続率は91.7%という高さです。「もう挫折したくない」「なんとしてでも英語力をあげたい」という方におすすめです。

1年間1000時間の学習でも、

91.7%の継続率の高さ!
全額返金保証あり

関連記事:【1年で英語が話せる?】トライズ(TORAIZ)の口コミ・評判まとめ

無料カウンセリングをしっかり活用して、ご自身にあった英語コーチングスクールを見つけてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ユカ

旅行好きなフリーライター。大学受験で英語の知識を叩き込み、在学時に留学や旅行で実践的な英語力を身につける。アメリカ留学を経験、世界一周をして40ヵ国近くへ訪問済み。TOEIC850点。

-学習ノウハウ

© 2022 英語コーチングスクール比較ナビ