短いTEDのおすすめ9選!10分以下でモチベーションを上げよう

短いTEDのおすすめ9選!10分以下でモチベーションを上げよう

「TEDで英語を勉強しているけれど、おすすめの動画はどれ?」
「スキマ時間を使いたいから、なるべく短い動画を見つけたい」
「仕事と勉強のモチベーションをアップしてくれるような動画はないかな」

英語の学習をするにあたって、世界中の著名人のスピーチを視聴できる「TED」を活用している人も多いでしょう。しかし、TEDには実に多くの動画があり、どれを視聴すれば良いのか迷ってしまうかもしれません。

この記事では、英語学習においてTEDがおすすめな理由と、その具体的な活用方法を解説していきます。また、忙しい社会人に向けて「仕事や英語学習のモチベーションアップに繋がる内容」かつ「10分以内で完結する」おすすめのプレゼンテーションも併せて紹介します。

TEDを活用した英語学習で悩んでいる方、短いTEDのおすすめの動画を探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

英語学習にTEDがおすすめな理由

世界中の知識人による講演会を開催・動画配信しているTED。ビル・ゲイツやビル・クリントン、スティーブ・ジョブズなどの著名人までもが登壇したことのある、有名なプラットフォームです。

ここでは、英語学習にTEDの利用をおすすめできる5つの理由を紹介します。

無料で利用できる

1つ目の理由は、TEDの動画は無料で視聴が可能なためです。TEDのスピーチを実際に生で聞くためには、TEDカンファレンスというイベントに参加する必要があります。その費用は、なんと1人あたり10,000ドル。近年はカナダで開催されているため、渡航費も考えるとなかなか気軽に行けるものではありませんね。

ところが、動画であればTEDのスピーチは無料で視聴が可能です。TED公式サイトや専用アプリ、もしくはYouTubeなどにアップロードされている動画は、全て無料で視聴できます。10,000ドルの価値があるような講演を無料で聴けるのは、ありがたいサービスですね。

スマホがあればどこでも学習可能

2つ目の理由は、TEDのプレゼンはスマホさえ持っていれば、いつでもどこでも視聴可能なためです。特に忙しい社会人などは、なかなか「机に向かって英語学習をする時間」が取れない方も多いのではないでしょうか。電車での通勤時間や会社での休憩時間を英語の学習時間に充てる方も少なくないはずです。スマートフォンさえあればどこでも学習できるTEDは、そんな方々にぴったりのツールです。

また、時間が短いこともTEDのポイント。映画やドラマをスマートフォンで見ながら英語学習をする人もいるかもしれません。しかし、30分のドラマや2時間の映画は、なかなかスキマ時間での視聴だと細切れになってしまい、イマイチどんな話かわからなかった、頭に残るフレーズがなかった、ということにもなりかねません。

一方、本記事で紹介するTEDのプレゼンは、長くても10分程度のものです。短時間で1つのテーマについて学習して、さらに何度も繰り返し見ることができるのがTEDを使った英語学習のメリットのひとつです。

字幕・スクリプトがある

TEDの動画が多くの英語学習者に活用される大きな理由は、英語のスクリプトと翻訳機能があることでしょう。字幕の表示/非表示、あるいは日本語字幕/英語字幕の切り替えもワンタップで簡単に可能です。

また、スピーチで使われている英語は、専門用語などを除くと基本的にわかりやすいものばかりが使われています。スピーチであるためスラングなどもなく、英語学習者にとっても聞き取りやすく、また実際に使えるようなフレーズが多く使われていることも魅力です。

モチベーションの維持になる

TEDのプレゼンの多くは、ビジネスや特定の研究の分野で成功を納めている人のスピーチであり、彼らの話を聞くことで自身の仕事や学習におけるモチベーション維持につながります。

TEDで取り扱う分野は非常に広く、マーケティングから経済学、教育学、心理学からファッション、科学、英語学習まで、多くのコンテンツ視聴できます。自分の仕事に関する動画や英語学習に関する動画を見ることで、やる気の向上につなげられるでしょう。

内容に興味を持てる教材を用いることは、学習を続けていく上で非常に重要です。その観点から見ても、TEDは良い教材と言えるでしょう。

コンテンツが豊富で飽きがこない

繰り返しますが、TEDの最も大きな魅力は、幅広いコンテンツです。先述の通り、自分の仕事や英語学習に関連したスピーチを必ず見つけられるでしょう。もちろんそれだけではなく、日常生活で役立つような心理学や経済学をわかりやすく噛み砕いたスピーチも多く存在します。また、コメディアンによるスピーチなんかもあるので、息抜きとして視聴してみるのも楽しいでしょう。

ひとつの視聴している途中に、興味が湧かない、難しいと感じた場合には、別の動画、別のジャンルの動画に切り替えられることがTEDの魅力です。非常に豊富なコンテンツが用意されているため、必ずお気に入りの物を見つけられるという安心感があります。

TEDを使ったおすすめ学習ステップ

次は、TEDを使って、具体的にどのように英語の学習を進めていくべきかについて紹介します。

まずは字幕なしで見てみる

ある程度リスニング力に自信がある人、もしくは自分の詳しい分野についての動画を見る場合におすすめなのは、字幕なしで動画を見ることです。スピーチ中に映し出されるたくさんのスライドや、スピーカーの身振りや手振りなどの視覚的な情報もヒントにして、内容を掴むようにしてみましょう。

英語字幕で再度見る

1度字幕なしでスピーチを視聴したら、次は英語字幕で同じ動画を見てみましょう。リスニングに自信がない人や、まったく新しい分野についてのスピーチを見る際には、ここからスタートしても良いですね。

ここでは、話されている内容をどの程度理解できるかを意識しながら視聴してください。また、字幕を目で追うのでいっぱいいっぱいであれば、スロー再生をしたり、話題ごとに一時停止しながら進めても良いでしょう。

日本語字幕で内容確認

英語字幕での視聴を終えたら、日本語字幕をつけて再生してみましょう。英語字幕での理解が正しかったか、また、意味のわからなかった単語やフレーズを確認してください。ここでは、話の内容を理解することに焦点を当てましょう。

知らない単語・文法をチェック

次は、スピーチで登場した、知らない単語やフレーズ、文法のチェックを行います。英語字幕を再生しながら、わからない単語、フレーズ、文法が出てきたら日本語字幕に切り替えて、メモをとっていきます。これは、足りていない語彙力や文法力を補い、この後のステップのリピーティング・シャドーイングをするための準備です。

リピーティング・シャドーイング

最後は、英語字幕を声に出して読むでいきましょう。おすすめは、1文ずつ区切って、それを真似て発音する「リピーティング」を行った後に、スピーチの後を追うように音読をする「シャドーイング」を行う方法です。

どちらを行う際も、自分がスピーチをしているつもりで話すことがポイントです。スピーカーがどの単語を強調するのか、どんな緩急、強弱をつけるのかを知ることで、プレゼンテーション力を向上させられます。

もし、スピーカーの話す速度についていけないと感じた場合には、TEDの速度調整機能を使ってください。最初は0.5倍速などの低速から初めて、徐々にスピードを上げていきましょう。何度も繰り返し同じフレーズを声に出すうちに、頭で訳さずとも自然と口をついて出てくるようになります。どんどん頭の中に覚えたフレーズを積み重ね、日常会話に活用することで、スピーキング力の向上にもつながります。

10分以下のおすすめのTED

ここでは、動画の再生時間が「10分以下」に限定して、おすすめのTEDのプレゼンを紹介していきます。忙しい社会人がスキマ時間で視聴するには、10分以下の短めの動画が適しているでしょう。また英語に慣れていない人が数十分にもおよぶ英語動画を視聴し続けるのは集中力が続かず、なかなか難しいかもしれません。そのためまずは10分以下の短い動画から見始めるのがおすすめです。

ここでは、10分以下の動画の中でも、特に仕事や学習のモチベーションアップに繋がるような内容をピックアップしました。

4分以下のおすすめTEDスピーチ

まずは、4分以下の極めて短いスピーチを3つ紹介します。プレゼン時間自体は短くとも、中身が凝縮され非常に充実した内容のものばかりが揃います。

「成功者だけが知る8つの秘密」- Richard St.John

4分以下のおすすめスピーチの1つ目は、成功に関する分析を行うアナリスト、Richard St.John氏による「成功者だけが知る8つの秘密」。10年間、500人の成功者を調査・分析して判明した、8つの秘訣が紹介されます。

 

「30日間チャレンジ」- Matt Cutts

2つ目は、ソフトウエアエンジニアとしてGoogleでも勤務していたMatt Cutts氏による「30日間チャレンジ」。新たな習慣を身に付けたい場合は、まずは30日間継続することの重要性を説いてくれます。新しいことに挑戦したい気持ちになるでしょう。

 

「目標は人に言わずにおこう」-Derek Sivers

3つ目は、ミュージシャンであり起業家でもあるDerek Sivers氏による「目標は人に言わずにおこう」。「目標を人に話すと、その実現可能性が下がる」理由についてが心理学的に語られます。

4〜7分ののおすすめTEDスピーチ

続いては4分以上、7分未満のTEDプレゼンを紹介します。

「ジェイ・ウォーカーが語る世界の英語熱」- Jay Walker

起業家のJay Walkerによる「世界の英語熱」というプレゼンです。なぜ英語という言語を、世界の20億人が学んでいるのかについて語ってくれます。英語を学ぶモチベーションになること間違いなしのスピーチです。

 

「エモーショナル・コレクトネス(正しい感情表現)」を実践しよう」-Sally Kohn

政治評論家のSally Kohn氏による「エモーショナル・コレクトネス(正しい感情表現)」を実践しよう」。「社会的に受け入れられる感情表現」とはどのようなことかについて、わかりやすく話してくれます。

 

「ひどい会議から世界を(せめてあなた1人でも)救う方法」- David Grady

3つ目のおすすめは作家のDavid Grady氏による「ひどい会議から世界を救う方法」です。企業で働いている人ならば、誰しも無意味な会議に貴重な時間を奪われていると感じた経験があるのではないでしょうか。そんな人に参考になる動画です。

7〜10分のおすすめTEDスピーチ

最後はやや長めの、7分以上、10分未満のプレゼンを紹介します。

「成功の鍵は、やりぬく力」- Angela Lee Duckworth

心理学者のAngela Lee Duckworth氏による「成功の鍵は、やりぬく力」。コンサル、教師、研究者と様々な職を経験した彼女は、成功する人に共通しているのは「やりぬく力」があることだと結論付けます。その具体的根拠を理解できるプレゼンです。

 

「笑みの隠れた力」- Ron Gutman

作家で投資家のRon Gutman氏による「笑みの隠れた力」では、「笑顔」が人にもたらす効力を、科学的に説明してくれます。動画を見ながら、笑顔を作りたくなってしまうようなプレゼンです。

 

「人を惹きつける話し方」-Julian Treasure

作家で「音」の専門家でもあるJulian Treasure氏によるプレゼンが「人を惹きつける話し方」です。話しをする際にやってはいけない習慣を紹介し、どう話せば人を惹きつけられるかを知れます。

TEDを用いた学習における注意点

TEDを用いた学習を行う際には、いくつかの注意すべきポイントがあります。ここでは、TEDを使った学習の際に知っておきたい3つの注意点を紹介します。

レベルに合ったプレゼンを選ぶ

自分の英語力に見合ったプレゼンを選択することは重要です。先述の通り、TEDには非常に多くの魅力的なコンテンツが取り揃えられています。どれも目を惹くようなタイトルで、あれもこれもと視聴したくなるかもしれません。しかし、英語学習という目的を考えるならば、その時点の英語力に合ったコンテンツを選ぶことが大切です。

特に科学的な話題などでは専門用語が多く登場します。日本語で視聴しても理解に時間がかかるものもあるでしょう。そのため、自分の英語力に見合った動画を選択することが大切です。特に、自分が仕事で携わっている分野のもの、もしくは日常的な話題を取り扱うプレゼンならば、理解しやすいと感じられるはずです。

基礎的な単語・文法を身につけてから取り組む

TEDで英語学習を始める前に、最低限の単語や文法の知識を身に付けておきましょう。いくら英語字幕や日本語訳があるとはいえ、登場する単語の大半を知らなかったり、文法を理解できなかったりすると、なかなか話を先に進められず、学習するのも苦痛になってしまうでしょう。そのため、TEDで英語学習をする前に、中学、高校レベルの最低限の英語の知識は身に付けておきましょう。

シャドーイングの際には自分の声を録音して聞いてみる

リピーティングやシャドーイングを行う際は、自分の発音を録音してから聞いてみることがおすすめです。そうすることで、自分では発音できているつもりだった部分がそうでなかったり、スピーカーとの違いが客観的に理解できたりします。スピーキング力やプレゼン力に自信のない方に、非常におすすめな方法です。

勉強方法に迷ったらコーチングスクールもおすすめ

TEDを用いて勉強をはじめてみても、「今の自分の英語力に合うプレゼンがわからない」「通勤中はTEDを見ると決めても、ついついネットサーフィンをしてしまう」というような悩みを持つ人も少なくありません。そんな時は、英語コーチングスクールの利用がおすすめです。

英語コーチングスクールでは、1人1人のレベルに合った教材や学習方法を指導してくれます。もちろん、TEDを使って学習をしたいと言えば、レベルにぴったり合った動画を紹介してくれるでしょう。さらに、多くのコーチングスクールでは、日々のスケジュールを共有しながら学習スケジュールを組み立て、その達成率を報告するルールがあるため、モチベーションの低下を防ぐことができます。

独学での英語学習に不安がある方は、コーチングスクールの利用を検討をしてみるのもひとつの手です。

まとめ

ここまでTEDについて紹介してきました。TEDが英語学習におすすめできる理由は、以下の5つです。

  • 無料で利用できる
  • スマホがあればどこでも学習可能
  • 字幕・スクリプトがある
  • モチベーションの維持になる
  • コンテンツが豊富で飽きがこない

また、TEDを使った英語学習は、以下の手順で行うのがおすすめです。

  • まずは字幕なしで見てみる
  • 英語字幕で再度見る
  • 日本語字幕で内容確認
  • 知らない単語・文法をチェック
  • リピーティング・シャドーイング

まずは、本記事内で紹介した10分以内の短い動画から視聴してみてください。また、自分の英語力に合ったものがどれかわからない場合や、忙しい中でも挫折せずに学習を続ける仕組みを作りたいという人は、英語コーチングスクールの利用もおすすめです。

この記事を参考に、TEDを活用した英語学習に取り組んでみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ユカ

ユカ

旅行好きなフリーライター。大学受験で英語の知識を叩き込み、在学時に留学や旅行で実践的な英語力を身につける。アメリカ留学を経験、世界一周をして40ヵ国近くへ訪問済み。TOEIC850点。

-学習ノウハウ

© 2021 英語コーチングスクール比較ナビ