英語を話せるようになりたい社会人が意識すべきポイントと勉強法を紹介

英語を話せるようになりたい社会人が意識すべきポイントと勉強法を紹介

「社会人になってからでも、英語を話せるようになる?」
「仕事をしながらだけど、英語を話せるようになりたい。どんな勉強が必要?」

毎日仕事で忙しい社会人の中には、英語を話せるようになりたいと思っても、勉強時間が取りにくく、このように不安に思ってしまう人もいるかもしれません。

この記事では、社会人になってから英語を話せるようになりたいと思った場合に、どのようなことに気をつけて勉強していけば良いのかを紹介していきます。併せて、社会人におすすめできる具体的な勉強方法についても解説します。

英語を話せるようになりたいと考えている社会人や、働きながらでもできる英語の勉強方法を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

ビジネス英会話を効率よく身につけたい方におすすめの3スクール

  • ENGLISH COMPANY
    言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見を活かしたトレーニングにて、最短距離で目標達成を目指す。
  • STRAIL(ストレイル)
    英語コーチングに特化させることにより、格安で受講できる。
  • トライズ
    1年間の受講生の継続率は91.7%。「もう挫折したくない」と思っている人におすすめ。

社会人でも英語を話せるようになる?

社会人でも英語を話せるようになる?

働きながら英語の勉強を始める社会人の中には、日々の仕事やプライベートの予定と両立しながらでも、本当に英語を話せるようになるかどうか不安に思う人も多いでしょう。

結論から言うと、社会人になってからでも英語を身につけることは可能です

実際に社会人になってから英語の勉強を始めて、英語を話せるようになっている人が数多くいますよね。

ただし、学生のように自由に好きなだけ勉強時間が取れない社会人は、効率よく短時間で集中して勉強を継続することが必要になります。

ここから先は、具体的にどのようにことに気をつけて、英語の勉強を進めていけば良いのかについて解説していきます。

英語を話せるようになりたい社会人が意識すべきポイント

英語を話せるようになりたい社会人が意識すべきポイント

上で述べた通り、社会人になってからでも英語を話せるようになることは十分に可能です。

ただし、社会人が英語を話せるようになるためには、具体的に以下のポイントを意識することが重要となります。

  • 効率重視で勉強を継続する
  • 隙間時間を活用する
  • 話せるようになりたい理由を明確にする
  • 期限を決めて勉強計画を立てる

1つずつのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

効率重視で勉強を継続する

英語を話せるようになりたい社会人が意識すべきポイントの1つ目は、効率を重視して勉強を継続することです。

冒頭でも触れた通り、平日は仕事で忙しい社会人が英語を身に付けるために最も重要なことは、なるべく短時間で効率的に勉強することです。

後ほど詳しく解説しますが、通勤中や休憩時間などの隙間時間の活用が必要になります。

加えて、勉強を継続することも大切です。

企業に勤める社会人は、仕事の状況や時期などによって、思うように英語の勉強時間が取れない時もあるかもしれません。家族がいる場合は、プライベートの時間を全て勉強時間に充てられるわけでもないでしょう。

このように、英語の学習が計画通りに進められなかったり、まとまった英語の学習時間が取れなかったりする場合であっても、諦めずに学習を継続する姿勢が重要です。

語学というものは、一朝一夕で身に付けられるものではありません。計画通りに勉強ができない状況になっても、そこで英語の勉強自体をやめてしまうのではなく、仕切り直しをして再度学習に取り組みましょう。

自分の目標とするレベルに到達するまで仕事やプライベートと両立して長く学習を続けていくことが大切です。

このように、効率を重視しつつ、目標とする英語力を身につけるまで諦めることなく学習を継続することが、社会人になってから英語を話せるようになるためのポイントの1つ目です。

隙間時間を活用する

英語を話せるようになりたい社会人が意識すべきポイントの2つ目は、隙間時間を活用することです。

仕事を持つ社会人は、学生のように平日の時間もまとまった勉強時間が取れない人がほとんどでしょう。

しかし、仕事のない土日だけ英語の勉強をしていては、話せるようになるまでにかなりの時間がかかってしまいます。

なるべく早く英語を話せるようになるためには、仕事のある平日も、通勤時間や、昼休みなどの隙間時間を活用しながら勉強していくことが大切です。

例えば、通勤のために電車に乗っている30分間を英語のリスニングに充てる、昼の休憩の10分間で英単語の暗記をする、早く帰宅できた日には洋画を観たり、オンライン英会話でアウトプットをしたりするなど、工夫次第でさまざまな学習が可能です。

平日も自分の生活の中で隙間時間を見つけ、それを勉強時間に充てることで、英語の上達スピードが早くなります。

このように、隙間時間を徹底的に活用することが、社会人になってから英語を話せるようになるためのポイントの2つ目です。

話せるようになりたい理由を明確にする

英語を話せるようになりたい社会人が意識すべきポイントの3つ目は、英語を話せるようになりたい理由を具体的に明確にすることです。

忙しい中でも少しの時間を見つけて英語の学習を進め、勉強を継続していくためには、「なぜ英語を話せるようになりたいのか」「英語を話せるようになって、何がしたいのか」というゴール設定が必要です。

ゴールは、なるべく明確に、具体的にするべきでしょう。

「英語を話せたらかっこいいな」というような理由では、少し薄いかもしれません。なんとなくの憧れだけでは、忙しい生活の中で英語の勉強を抽出して継続するモチベーションとしては足りない可能性があります。

より具体的に、「英語のミーティングに参加できるくらい話せるようになりたい」「MBA留学できるくらい英語を話せるようになりたい」「海外出張、海外赴任ができる基準を満たせるくらい英語を話せるようになりたい」など、英語を話せるようになりたい理由や、目標とする英語レベルを明確にしましょう。

「英語を話せるようになって何をしたいのか」という部分が明らかになると、どのような英語力をどのように身につけていけば良いかも明確になってきます。

また、英語を話せるようになりたい理由が具体的になることで、ゴールに向かって少しでも毎日勉強しようというモチベーションにもなります。

このように、英語話せるようになりたい理由を明確にすることが、社会人が英語を話せるようになるためのポイントの3つ目です。

関連記事:英語学習の目標設定のコツ!目標を立てる上での考え方と、目標例を紹介

期限を決めて勉強計画を立てる

英語を話せるようになりたい社会人が意識すべきポイントの4つ目は、いつまでに英語を話せるなるかという期限を決めて勉強計画を立てることです。

上で述べた通り、効率よく英語の勉強を進め継続していくためには、具体的な目標設定が重要です。具体的なゴールが明確になったら、次は、その目標をいつまでに叶えるのかまで決めてしまうことが大切です。

目標達成までの期限が明確になることで、いつ、どんな勉強を、どれくらいやるべきかということが見えてくるからです。

目標達成までの期限を決めたら、そこから逆算して、毎日どのような勉強を行えば良いかがわかります。

日々のやるべきことが具体的になることで、忙しい中で毎日の勉強をおろそかにしたり、途中で勉強をやめてしまうリスクを減らせるでしょう。

このように、目標達成までの期限を決めて、学習計画を立てることが、社会人になってから英語を話せるようになるためのポイントの4つ目です。

ビジネス英会話を効率よく身につけたい方におすすめの3スクール

  • ENGLISH COMPANY
    言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見を活かしたトレーニングにて、最短距離で目標達成を目指す。
  • STRAIL(ストレイル)
    英語コーチングに特化させることにより、格安で受講できる。
  • トライズ
    1年間の受講生の継続率は91.7%。「もう挫折したくない」と思っている人におすすめ。

社会人が英語を話せるようになるための勉強法

社会人が英語を話せるようになるための勉強法

ここまで、社会人が英語を話せるようになるためにはどのようなことに気をつけるべきかについて紹介してきました。

それでは、上記のポイントを意識しながら、具体的にどのように勉強をしていけば良いのでしょうか。

ここからは、忙しい社会人におすすめの具体的な以下の4つの勉強方法について紹介していきます。

  • 隙間時間での単語・フレーズの暗記
  • 英語学習アプリの活用
  • 洋画・英語ドラマの視聴
  • 英会話スクールの活用

それでは、1つずつの勉強方法について具体的に見ていきましょう。

隙間時間での単語・フレーズの暗記

英語を話せるようになりたい社会人に有効な勉強方法の1つ目は、隙間時間での英単語やフレーズの暗記です。

単語やフレーズなどの暗記は、隙間時間に最適な勉強です。暗記というのは、まとまった時間や紙やペンがなくてもできる勉強ことであり、なおかつ毎日少しずつでも継続して行うことが重要であるからです。

さらに、暗記作業というのは、ただ机に向かってひたすら読んだり書いたりするよりも、体を動かしたり声を出したりしながら覚えた方が記憶に定着しやすいとも言われています。通勤中に電車に揺られながら、また休憩中にリラックスしている状態で暗記を行うことで、より効率的に覚えられるでしょう。

加えて、隙間時間に暗記をすることのメリットとして、時間制限が設けらることも挙げられます。通勤時間であれ休憩時間であれ、隙間時間とは数分〜数十分の限られたものでしょう。

短時間しか与えられないことが、集中をして覚えなければという良いプレッシャーとなり、効率的に暗記を進められるでしょう。

このように、隙間時間を活用して英単語やフレーズの暗記をすることが、社会人が英語を話せるようになるためのおすすめの勉強法の1つ目です。

英語学習アプリの活用

英語を話せるようになりたい社会人に有効な勉強方法の2つ目は、英語学習アプリを活用することです。

上でも述べた通り、社会人の英語学習では隙間時間を使って勉強を進めることが必要となります。

机も椅子も参考書もない状況で勉強をするために必須とも言えるのが、英語学習アプリです。

スマートフォンとネット環境さえあれば、場所を選ばずにいつでもどこでも英語の勉強を進められます。

英語学習アプリと言っても、さまざまな種類のものがあります。代表的なものでは、英単語やフレーズの暗記アプリや、リスニングの練習に有効な動画・音声配信アプリなどが挙げられます。

スピーキングを強化したい場合は、発音の正確性を測ってくれるアプリやAIとの英会話ができるアプリを利用できます。

オンライン英会話などに加入する場合は、アプリを使ってレッスンを受けることも可能です。

インストールするだけで無料で利用できるアプリも数多くあるため、いくつか試してみて、自分にとって使いやすいものを見つけてみましょう。

このように、英語学習アプリを活用することが、社会人が英語を話せるようになるために有効な勉強法の2つ目です。

関連記事:【2021年版】独学で英会話を学べる無料アプリやサービス16選!

洋画・英語ドラマの視聴

社会人が英語話せるようになるために有効な勉強方法の3つ目は、洋画や映画ドラマを活用しながら英語を学ぶことです。

日々の仕事が忙しいと、時には帰宅後や土日に英語の勉強をすることにストレスに感じられることもあるかもしれません。

そんな場合におすすめできるのが、洋画や映画ドラマを活用した英語学習です。

字幕を付けずに映像を見てリスニングの練習をしたり、好きなドラマを何度も繰り返し見てフレーズを暗記したり、俳優を真似て発音してスピーキングの練習をしたりなど、さまざまな学習方法が可能です。

お気に入りの1本を教材として利用することで、息抜きも兼ねながら英語を学ぶことができます。

また、社会人の中にはサブスクリプションサービスに加入している人も多いのではないでしょうか。

そのようなサービスを活用すれば、初期費用をかけることなく英語の勉強を始められることもメリットです。

教材を選ぶ際には、自分の仕事がテーマになったドラマや、共感できるような立場の登場人物が出てくる映画などを用いることをおすすめします。

そうすることで、ドラマ内で使われているフレーズや単語を、自分が実際の英会話の場面で発言することを想定しながら覚えていくことができます。

このように、洋画や映画のドラマを活用しながら勉強することが、英語を話せるようになりたい社会人におすすめの勉強方法の3つ目です。

関連記事:英語学習初心者が海外ドラマを観るメリットは?おすすめドラマと学習方法も紹介

英会話スクールの活用

社会人が英語話せるようになるために有効な方法の4つ目は、英会話スクールを利用することです。

学生と異なり、平日にまとまった勉強時間を取れない社会人ですが、その分、自己投資に使えるお金が増えることがメリットとして挙げられます。

このメリットを活かして、英語のプロに英語を教えてもらえる英会話スクールを活用することもおすすめできます。

英会話スクールでは、独学ではなかなか得ることができない、学んだ英語をアウトプットする機会を得られるからです。

英語学習の目的がTOEICのスコア獲得や、筆記テストをクリアすることであるならば、英語を話す練習は必要ではないかもしれません。

しかし、「話せるようになる」ことが目的である場合には、やはり実践的な練習が何よりも重要です。

いくら隙間時間で単語やフレーズを暗記しても、それを実践の場で使える知識として頭に定着させるには、実際に自分で話してみることが欠かせません。

「短期間で英語力を伸ばす必要がある」「仕事が忙しくて、どうしても英語の勉強を継続できない」という人には、英語コーチングスクールの利用もおすすめです。

英語コーチングスクールとは、ただ単に英語そのものを教える英会話教室ではなく、生徒一人ひとりの英語学習のゴールをヒアリングした上で、それを達成するためにベストな学習方法を教えてくれるような英語スクールです。

学習方法を教えてくれることに加えて、日々の仕事やプライベートのスケジュールを加味した上で、目標達成までにいつ、どんな勉強を、どのくらい行うべきかのアドバイスもしてもらえます。

多くの英語コーチングスクールでは、生徒1人につき1人のコーチが付き、日々の学習の進捗状況を報告する仕組みが取られています。

そのため、学習途中でモチベーションが下がってしまうことも少ないでしょう。

もちろん、学習方法の提示やスケジュール管理だけでなく、英語そのものを教えてくれるレッスンもあります。

例えば「◯月に参加する国際会議で困らないレベルの英語力を身につけたい」という場合は、会議で使用されるフレーズを教わったり、擬似的なミーティングを行ったりと、当日に備えたレッスンを受けることができます。

目標達成までの期限が短い人や、仕事が忙しくて上手く英語学習のスケジュールを管理できないと悩んでいる人は、英語コーチングスクールの利用も検討してみましょう。

このように、英語スクールを積極的に利用することが、英語を話せるようになりたい社会人におすすめの勉強方法の4つ目です。

関連記事:【徹底比較】おすすめ英語コーチングスクール12選。ランキング形式で紹介!

社会人は効率重視で勉強を進めて英語を身につけましょう

社会人は効率重視で勉強を進めて英語を身につけましょう

ここまで、社会人が英語を話せるようになるための学習のポイントやおすすめの勉強方法について紹介してきました。

社会人になってからでも英語を話せるようになるのかと不安に思う人もいるかもしれませんが、効率的に学習を継続することで、働きながらでも英語を身につけることは可能です。

社会人が英語を話せるようになるための勉強のポイントは、以下の4つです。

  • 効率重視で勉強を継続する
  • 隙間時間を活用する
  • 話せるようになりたい理由を明確にする
  • 期限を決めて勉強計画を立てる

また、社会人が英語を話せるようになるために、特に有効と言える勉強方法は以下の4つです。

  • 隙間時間での単語・フレーズの暗記
  • 英語学習アプリの活用
  • 洋画・英語ドラマの視聴
  • 英会話スクールの活用

この記事を参考にしながら、効率的に工夫をしながら英語学習を進めてみてください。

ビジネス英会話を効率よく身につけたい方におすすめのスクール

英語コーチングスクールの体験レッスンやインタビューを30スクール以上行ってきた当サイトが、本当におすすめだと思ったスクールを3つだけ紹介しておきます。ぜひ活用してみてください。

ENGLISH COMPANY

1位:ENGLISH COMPANY

公式サイト:https://englishcompany.jp/

『ENGLISH COMPANY』は、科学的なトレーニングと英語学習のコンサルティング(コーチング)で、最短距離で目標達成を目指すための英語コーチングスクールです。

ENGLISH COMPANYでは言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見を活かしたトレーニングを行います。

第二言語習得研究に沿ってあなたの課題を発見し、それに適した学習方法を選択するので、一切の無駄を省いて効率的な学習ができます。

専門家による課題発見で、時短学習を目指す
30日返金保証あり

関連記事:ENGLISH COMPANYの口コミ・評判まとめ【時短で伸ばす!】

STRAIL(ストレイル)

2位:STRAIL(ストレイル)

公式サイト:https://strail-english.jp/

『ストレイル』は、ENGLISH COMPANYを運営しているスタディーハッカーが運営する英語のパーソナルジムです。

学習方法については、ENGLISH COMPANYと同じく「第二言語習得研究」に基づいています。

ENGLISH COMPANYとの違いは、自習中心の英語コンサルティングサービスを提供している点、グループレッスンを採用している点です。

ENGLISH COMPANYの半分程度の月額で受講できます。期間も2ヶ月と短いので、第二言語習得研究に基づいて、短期間で集中して成果を出したいという方におすすめです。

コンサルタントの課題発見に特化
簡単1分申し込み

関連記事:【高密度トレーニングとは?】ストレイル(STRAIL)の口コミ・評判まとめ

トライズ

3位:トライズ

公式サイト:https://toraiz.jp/

『トライズ』は、1年間で1000時間の学習時間を確保して英語をマスターする英語コーチングスクールです。

他英語コーチングスクールと比べると、期間が長く、本気で英語を極めたいという強い意思がある方向けのサービスです。

英語の習得には最低でも1000時間必要と言われています。その1000時間の学習をコースに含めている英語コーチングスクールは他にはありません。

確かに英語コーチングで学習習慣を身につければ、受講後も自走して学習できます。しかし「本当に自走できるのか?」「途中でやる気がなくなってしまわないか」と不安ですよね。 しかしトライズでは、1年間のコーチングで確実に1000時間の学習時間を確保できます。

1年間の受講生の継続率は91.7%という高さです。「もう挫折したくない」「なんとしてでも英語力をあげたい」という方におすすめです。

1年間1000時間の学習でも、

91.7%の継続率の高さ!
全額返金保証あり

関連記事:【1年で英語が話せる?】トライズ(TORAIZ)の口コミ・評判まとめ

無料カウンセリングをしっかり活用して、ご自身にあった英語コーチングスクールを見つけてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ユカ

旅行好きなフリーライター。大学受験で英語の知識を叩き込み、在学時に留学や旅行で実践的な英語力を身につける。アメリカ留学を経験、世界一周をして40ヵ国近くへ訪問済み。TOEIC850点。

-学習ノウハウ

© 2022 英語コーチングスクール比較ナビ