【代表インタビュー】イングリード「自分に合った期間学べる英語コーチング」

インタビュー】イングリード「いつでもやめられる英語コーチング」

イングリードは、2020年6月にサービスを開始した比較的新しい英語コーチングスクールです。完全オンラインや完全月額制のサブスクリプションモデルを導入しているなど、他英語コーチングスクールにはあまり見られないようなサービスを提供しています。

イングリードはまだ新しい英語コーチングスクールということもあり、公式サイト以上の情報はなかなか見つかりません。

そこで我々英語コーチングスクール比較ナビは、イングリードを運営する株式会社Morrow Worldの代表である諸澤良幸氏にお話を伺いました。

話者プロフィール: 諸澤良幸氏(株式会社Morrow World代表)

1987年生まれ。大学卒業後、大手レジャー企業に就職。数多くの新規店舗立ち上げや人事業にも従事した後、27歳で単身海外留学。海外での英語学習や海外現地企業での管理職経験を経て2015年に留学エージェントの株式会社Morrow Worldを設立。現在は日本・フィリピン・オーストラリアに拠点を持ち5年間で4000名以上の英語学習者や留学希望者のサポート実績がある。趣味は海外旅行、ゴルフ、食べ歩き。

イングリードについて

イングリードについて

Q. イングリード立ち上げの経緯は?

諸澤:我々は元々、留学サポートに関する事業を行ってきました。その中で、留学に行き英語しか使えない環境に身を置いているにも関わらず、なかなか英語が習得できない人達がいることに気付きました。原因を模索したところ「正しい学習方法を知らないから」という結論にたどり着きます。

確かに英語しか話せない環境に身を置けば、英語力は次第に伸びていくでしょう。しかしそこに正しい英語学習方法の理解が加わることで、英語力の伸びはより大きくなります。

我々はこれまでに数千人の留学生にカウンセリングを行ってきました。留学サポートで得た気付きと、カウンセリングの経験からたどり着いたのが、コーチングという答えです。

また現在は、新型コロナウイルスの影響により、海外に自由に行き来することができません。もちろん留学にもいけません。そして国内には、英語力を伸ばしたい、国内でどうやって英語力を伸ばせば良いか分からない方がたくさんいます。

日本国内にいても留学並みもしくはそれ以上に英語力が身につく環境を提供したい。そういう思いから、英語コーチングスクール「イングリード」を2020年6月よりスタートさせました。

Q. イングリードがオンラインにこだわる理由は?

諸澤:イングリードは、完全オンラインの英語コーチングスクールです。イングリードがオンラインにこだわる理由は、低価格での受講を実現するため。イングリードは月額10万円の月額定額制サービスですが、この価格はオンラインだからこそ実現できる価格です。この価格は、他英語コーチングスクールと比べても安いと、自信を持って言えます。

価格を低くすることで、できるだけ多くの方にイングリードを受講していただきたいと考えています。またオンラインであれば、日本中、世界中どこにいてもイングリードのサービスを受けられます。

ただしオンラインで低価格だからといって、コーチングやレッスンの質が落ちる訳ではありません。この低価格は、本来スクールにかかる賃料などのコストを、オンライン化によってカットできていることが原因です。またサービス概要を見ても分かるように、コーチングに関しても他英語コーチングスクールと比べてボリューミーです。英語を伸ばすためのコンテンツは、徹底的に詰め込んでいます。

Q. イングリードがオンラインにこだわる理由は?

イングリードでは、日本人のコーチと外国人の講師が指導を行います。日本人コーチは日本国内のみならず、世界中に在籍しています。コーチには研修制度を設けており、採用基準も厳しいので、コーチが日本国外にいるからといって、コーチングの質が落ちるということはありません。

実は海外で英語を使いながら活躍している日本人はたくさんいます。イングリードは、国内に拘らず、世界中の優秀な日本人をコーチとして採用しているので、高いコーチングの質を保つことができています。

外国人講師は、フィリピンにある語学学校と協力して、優秀な人材を確保しています。フィリピン人講師というと、オンライン英会話で自宅からレッスンを行っているイメージがあるかもしれませんが、イングリードではそうではありません。講師はフィリピンのセブ島にあるオフィスに出勤し、そこからレッスンを行います。自宅からのレッスンだと、後ろで子供が泣いていたり、通信環境が悪かったりなど、トラブルが起こりますよね。

Q. サブスクリプションモデル導入の背景とは?

諸澤:まず前提条件として、英語学習者の学習開始時のレベルと目標は、人によって異なります。ほとんどの英語コーチングスクールでは、3ヶ月・6ヶ月・1年のように期間を決めて学習を行います。しかしイングリードでは、期間を予め決めることはありません。なぜなら人によって目標に到達するまでの時間と期間は異なるからです。

また人によって進捗具合も異なります。例えば最初は6ヶ月間の学習計画を立てたけど、6ヶ月間では目標に到達できない方もいます。一方で6ヶ月より早く学習を終えられる方もいるでしょう。つまり最初から6ヶ月間の縛りを作ってしまうと、柔軟に学習プランを練れません。

こういった背景から、イングリードでは月額制のサブスクリプションモデルを導入しています。

また月額定額制なので、もし受講者がイングリードのサービスに不満があれば、いつでも自由にイングリードを退会できます。しかし我々は、価格以上の価値を提供できると自信を持ってやっています。

Q. サブスクリプションモデル導入の背景とは?

ただし「学習期間は受講生が自分で考えて決めてください」という訳ではありません。イングリードの受講開始時に、どのくらい学習時間を確保できるのか、英語のレベルはどのくらいなのか、目標はどのくらいなのかなど、細かくヒアリングを行います。ヒアリングの結果を見て、おおよそどのくらいの期間が必要かを受講生に提案します。

提案はしますが、もちろん受講生自身で、どのくらい受講するかを決められます。

オンライン英語レッスンについて

Q. オンラインでの英語レッスンはなぜ必要?

諸澤:英語学習には、インプットとアウトプットに加えて、英語を理解することが重要です。この理解に関しては、英語講師から直接解説してもらうのが一番です。

コーチングでは、コーチに学習管理をしてもらったり、英語学習に関する質問や相談に答えてもらったりできます。それはイングリードでも同じです。しかし、よりテクニカルな質問にも答えられる講師が必要だと考えます。

コーチングによって正しい英語学習方法を教えてもらうだけでは、最適な英語学習とは言えません。そこにレッスンが加わることで、より効率良く実践的な英語を身につけられます。

またイングリードのレッスンは、マンツーマンレッスンです。発音やスピーキングなど、気になる部分を徹底的に対策できます。

Q. フィリピン人講師のメリットは?

諸澤:イングリードの講師はフィリピン人です。しかしアルバイトとして寄せ集めた講師ではなく、講師全員が現地の語学学校で講師として対面で英語を教えている方達です。

フィリピン人の講師は欧米の講師と比べても英語を教えるのがうまいです。なぜならフィリピン人は、英語を学ぶ過程や難しさを身をもって理解しているから。フィリピンは7000以上の島からなる国です。それぞれの地域で異なる言語が使われています。よって異なる地域の者同士で会話するときは、英語を使います。

フィリピンでは小学校から全て英語で授業が行われています。つまりフィリピン人は基本的にバイリンガルです。英語だけしか話せないネイティブスピーカーと比べても、英語を学ぶ過程や難しさを理解しています。

英語ネイティブの場合は、英語は完璧でも英語学習者の気持ちが分からないという難点があります。

またフィリピン人は国民性として明るい方が多いです。上から目線で指導することは決してなく、常に学習者に寄り添った指導をしてくれます。特に英語初心者からは、評判が良いです。

イングリードのフィリピン人講師は全員大卒です。また女性講師が多いです。実はフィリピンは世界的に見ても女性の社会進出率が非常に高い国なんですよね。年齢は様々ですが、若い講師が多いです。オンラインという特性上、若い講師がより集まりやすいのかなと思います。また日本の平均年齢は約46才ですが、フィリピンの平均年齢は23〜24才と、若者が非常に多い国と言えます。

講師の背景についても様々です。看護師をしていた方、元々英語を教えていた方などがいます。実はフィリピンでは看護師と先生は人気の職業なんですよね。

フィリピンの講師は全員大卒だとお伝えしました。フィリピンの大学進学率は日本と比べても低いので、フィリピンの大卒は、日本での大卒よりもさらに優秀な方が多いと言えます。イングリードの講師も、いわゆるエリート家庭で育った方ばかりで、私自身も彼らの優秀さに日々驚かされています。

コーチングについて

コーチングについて

Q. コーチにはどのような人がいる?

諸澤:コーチの英語レベルは、かなり高いところに設定しています。なぜなら十分な英語力がなければ、当然良いコーチングができないからです。しかしイングリードでは、他英語コーチングスクールのように、コーチにTOEICなどのスコア取得を義務付けていません。イングリードでは海外に住んでいるコーチが多いですが、海外に長く住んでいる方の中にはTOEICをそもそも受けたことがない方も多いんですよね。海外歴が長い方には、TOEICは受けたことがなくてもTOEIC満点クラス、という方がゴロゴロいます。

一方で第二言語習得論を学んでいるコーチやオーストラリア政府公認の通訳翻訳資格をもっているコーチもいます。

イングリードのコーチは、海外就労経験者のみです。特に採用基準を設けている訳ではないのですが、イングリードのコーチは全員が1年以上海外就労を経験しています。つまり全員が実際に現場でビジネス英語を使ってきました。

受講生はビジネス英語を学びたい方が多いので、そのニーズともマッチしていると思います。

Q. コーチのサポートの内容は?

諸澤:まずは無料カウンセリングにてヒアリングやレベルチェックテストを行います。その後VERSANTを受験します。これらを元にして、コーチ・カウンセラー・カリキュラム担当の3名でカリキュラムを作成します。

他英語コーチングスクールの場合は「このレベルならこのカリキュラム」「このレベルならこの教材」のように予め決まっている場合が多いです。使用教材はほとんど全員同じ場合もあります。しかしイングリードでは、数百の教材の中から受講生専用のカリキュラムを作成し、スケジュール・勉強内容・勉強方法を選定します。

イングリードはまだまだ新しいサービスなので、多くの卒業生を輩出している訳ではありません。しかしだからこそ、一人ひとりに寄り添ったサービスを提供を大切にしています。

Q. どのように受講生の学習を管理している?

諸澤:週1回60分のカウンセリングで、1週間学習した内容に関するテストを行うことで、受講生がどのくらい学習できているかを確認します。またスケジュールやカリキュラムは、全て1日単位で作成しています。週1回のカウンセリングで、翌週のスケジュールやカリキュラムの訂正を行います。

Q どのように受講生の学習を管理している?

それに加えて、正しい方法で学習できているかどうかを確認します。どれだけ勉強しても、正しい方法で学習しなければ、10得られるものが1になってしまいますよね。

また LINEによるデイリーコーチングも行っています。デイリーコーチングでは、スケジュールや学習に関する悩み、テクニカルな質問に日本語でお答えします。

最後にスタディプラスによる学習進捗管理です。前日どのくらい学習できたかをコーチが確認します。現在はスタディプラスを使っていますが、自社アプリの開発を進めており、2021年ごろからは自社アプリに移行する予定です。そうなれば、より効率的な学習が可能となります。

「今日何を学習するべきか」をコーチが明確に決めてくれるので、受講者は英語学習に集中できます。「1週間でここからここまで学習してください」とお伝えするよりも、「今日はここからここまで」と細かく指定してあげた方が、効果的に学習できるとイングリードでは考えます。

どのくらい細かくスケジュールを決めるかというと、この教材のこのページを何分で解く、というところまで決めます。

元々1日180分学習のスケジュールを立てていて、実際には1日120分しか学習ができていなかった場合は、週1回のカウンセリングで新しくカリキュラムを作り直し、翌週から1日120分のカリキュラムに変更します。

イングリードの名前の由来でもありますが、まさに受講生のイングリッシュをリードしていけるような体制を整えています。

またコーチはランダムに決まる訳ではありません。無料カウンセリング時に、カウンセラーが受講生の希望を聞き、最も合いそうなコーチを付けます。

コーチの選定

受講生について

Q. 受講生にはどのような方が多い?

諸澤:ビジネスマンが多いですね。年齢層は30代以上の方がほとんどです。20代の方は少ないです。イングリードは月額10万円のサービスですし、英語コーチングスクール自体が英会話スクールやオンライン英会話スクールと比べると、料金が高いサービスだと言えます。よって、趣味で英語を学びたいと考えている方はほとんどいません。本気で英語を学びたい、いつまでに英語を習得したいといった強い意志を持った方が集まっています。

Q. どのような方にイングリードを受講してほしい?

諸澤:しっかり結果を出したい方、人生を変えたい方にイングリードを受講してほしいです。

我々としてもイングリードを受講したからには絶対に結果を出して欲しいと思っています。イングリードは月額10万円と、他英語コーチングスクールと比べると安い受講料でサービスを提供しています。しかし一般的に考えて、月10万円の支出が簡単に出せる額ではないことも十分承知しています。

もちろん気軽にたくさんの方に受講してもらいたいのですが、元々やる気や強い意志を持った受講生の方が、コーチングによってより大きな成果が出やすいのも事実です。

最後に

Q. イングリードの今後の展望は?

諸澤:英語を身につけたい人が、どこにいても英語力を身につけられるように、イングリードのサービスをもっと広めていきたいです。

時代的に海外留学に行くことが難しい一方で、英語の必要性は今後増していきます。なぜならオンラインで気軽に繋がれるような世の中になったからです。これまでは海外に行って英語を使うことが一般的でしたが、これからはメールやビデオ会議などで、より気軽に英語を使って海外とやりとりをするようになります。

イングリードはサブスクリプションモデルを採用しています。これは受講生にとって便利な反面、我々にとっては敢えて厳しい選択をしているとも言えます。なぜならサービスの質に満足してもらえなければ、受講生はすぐに離れてしまうからです。しかし今後もサービスを改善し、良いサービスを提供し続けたいので、このサブスクリプションモデルを採用しています。

Q. 自身の経験も踏まえ、英語学習で最も大切だと感じることは?

諸澤:まずはモチベーションですね。

モチベーションを高く保つためには、明確な目標と成功体験が必要です。単語帳と睨めっこしていても楽しくないですよね。学んだ英単語を実際に英会話で誰かに伝えてみて、それがうまく伝われば成功体験になります。

私も最初は全く英語ができませんでした。しかし今では海外を拠点にビジネスを行っています。やはり海外で英語を使って生活してみると、楽しいですね。

私は英語が全くできない状態で、26才のときにフィリピンに留学しました。少しずつ先生に英語が伝わるようになってきたときの楽しさは今でも忘れません。

Q. 自身の経験も踏まえ、英語学習で最も大切だと感じることは?

ただし全員が自力で英語学習の楽しさを見出せるところまで到達できる訳ではありません。そこで、英語学習をサポート、リードしてくれるコーチが必要であると考えます。

また私の場合は、海外でビジネスを行うことを予め決めていました。つまり「英語が話せるようになったらいいな」ではなく、英語が話せるようになることは最低条件でした。やるしかない状況の中でどうやったら効率的に英語を習得できるかを追い求めた結果、モチベーションを高く保つことに行き着きました。

英語はあくまでもツールです。英語が話せるようになること自体はゴールではありません。英語を使って何をしたいのか、英語を使えば何ができるようになるかを考えることが大切です。つまり英語以外の力も伸ばす必要があり、そちらにも学習時間を割く必要があります。その中でイングリードでは、短期で英語を伸ばします。イングリードで英語力を身につけた後は、それで満足せず、その後のことも頑張って欲しいです。

Q. 最後に英語学習に取り組んでいる読者の方にメッセージをお願いします

諸澤:コーチングは英語学習の中で、最もお金がかかる最上位のサービスです。コーチング以外にも、独学や英会話スクールなど、英語を学ぶ方法はたくさんありますよね。

しかしこれらの学習方法の中で、最も結果が出るのはコーチングだと確信しています。英語学習は、ダラダラ長期間やるよりも、短期間で一気に結果を出すべきです。例えば月2万円のサービスを2年間続ければ、約50万円になります。同じ金額を使ってイングリードで英語を学べば、より高い英語力が身につくだけでなく、時間も節約できます。その時間を使って自分の市場価値を高めることもできます。つまりコーチングは英語学習の中で最もコスパの良いサービスです。

また一度英語コーチングを受ければ、正しい学習方法と学習習慣が身に付きます。英語コーチングをやめた後も、英語コーチングで学んだことを活かしながら、学習を継続できます。

コーチングは本当に素晴らしいサービスです。ぜひイングリードの無料カウンセリングも受けてほしいです。

Q. 最後に英語学習に取り組んでいる読者の方にメッセージをお願いします

編集後記

イングリードは、完全オンライン・サブスクリプションモデルなど、他英語コーチングスクールにはないサービスを取り入れています。その背景には、イングリードの「絶対に良いコーチングを提供する」という覚悟と自信があることが分かりました。

特にサブスクリプションモデルは、英語コーチング業界においても革新的な仕組みではないでしょうか。英語コーチングが良いサービスだと分かっていても、まとめて数十万、百万円近いお金を支払うのは躊躇します。分割払いを採用しているスクールも多いですが、途中解約の場合は、こちらがある程度損をしてしまう仕組みになっています。最近は動画や音楽など、なんでもサブスクの時代です。好きな時に受けて好きな時に辞められる。イングリードは、今の時代に非常にマッチした英語コーチングスクールです。

イングリードの概要

サービス名 イングリード
公式サイト
運営会社名 株式会社Morrow World
本社所在地 Suite 605,Level 6/ 68-70 Dixon Street, Sydney NSW 2000, Australia
スクール 完全オンライン
設立 2015年11月
入学金 55,000円(税込)
入学金キャンペーン中 詳しくは公式サイトをご覧ください。
教材費 市販教材を購入
期間 ・オンライン英語コーチングコース:月単位で契約
・TOEIC点数保証コーチングコース:12週間
コースと料金
オンライン英語コーチングコース
料金:110,000円/月(税込)
・学習計画(初回/毎月)
・教材選定(初回/毎月)
・LINEによるデイリーコーチング(毎日)
・アプリによる学習進捗管理(毎日)
・外国人講師によるオンライン英語レッスン(月8コマ)
・カウンセリング(毎週)
・チェックテスト(毎週)
・学習スケジュール作成(毎週)
・Versant(毎月)
TOEIC点数保証コーチングコース
料金:440,000円(税込)
・TOEIC模試によるレベル解析(初回)
・学習計画(初回/毎月)
・教材選定(初回/毎月)
・LINEによるデイリーコーチング(毎日)
・アプリによる学習進捗管理(毎日)
・カウンセリング(毎週)
・チェックテスト(毎週)
・学習スケジュール作成(毎週)
・TOEIC模試(最大14回)
無料カウンセリング あり
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

英語コーチングスクール比較ナビ 編集部

英語コーチングスクール比較ナビ 編集部では、英語学習に取り組む方に、英語コーチングスクールの各種サービス内容、キャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

-個別スクール紹介

© 2021 英語コーチングスクール比較ナビ