社会人でもホームステイは可能?おすすめ期間やメリットを解説

社会人でもホームステイは可能?おすすめ期間やメリットを解説

「ただ英語を学ぶだけではなく、現地での暮らしも体験してみたい」という思いからホームステイを検討している方もいるのではないでしょうか?

仕事や家庭がある社会人にとって、ホームステイに行くことは難しく感じられます。

しかし実は、社会人でもホームステイにいくことは可能です。そこで本記事では社会人のホームステイについてまとめました。

記事を最後までチェックすれば、社会人のホームステイのメリットや注意点が分かりますよ。

ビジネス英会話を効率よく身につけたい方におすすめの3スクール

  • ENGLISH COMPANY
    言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見を活かしたトレーニングにて、最短距離で目標達成を目指す。
  • STRAIL(ストレイル)
    英語コーチングに特化させることにより、格安で受講できる。
  • トライズ
    1年間の受講生の継続率は91.7%。「もう挫折したくない」と思っている人におすすめ。

社会人でもホームステイはできる!

社会人でもホームステイはできる!

ホームステイというと、学生のイメージがあるのではないでしょうか?確かにホームステイをする方の多くは学生です。

小学生や中学生の頃に本人の希望や親の意向でホームステイをする方もいますし、大学生になって自分の意志でホームステイをする方もいます。

しかしホームステイは学生だけのものではありません。社会人であっても、ホームステイをすることは十分可能です。

社会人は1週間〜の短期ホームステイがおすすめ

社会人は1週間〜の短期ホームステイがおすすめ

ホームステイでは、数週間や数ヶ月単位で海外に滞在するのが一般的です。しかし社会人の場合、そんなに長い期間休暇を取ることはできません。よって社会人には、短期間のホームステイがおすすめです。

1週間程度でできるホームステイもたくさんありますよ。

短期ホームステイができる国

短期間でホームステイに行ける国をまとめました。

  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • ハワイ
  • グアム
  • シンガポール
  • タイ

などなど

アメリカやヨーロッパのように、日本から距離が離れていて、アクセスに時間がかかる国は、1週間程度の短期間でのホームステイは難しいです。最低でも2週間程度は必要になります。

よって短期間でホームステイに行けるのはオーストラリアやニュージーランド、ハワイやグアムに加えて、東南アジア地域の国々となります。

社会人がホームステイをするメリット

社会人がホームステイをするメリット

社会人がホームステイをするメリットは以下の5つです。

  • 英語力とは異なる「海外で生活する経験」が積める
  • ワーホリや海外赴任などの選択肢が広がる
  • 海外生活を下見できる
  • 学生の頃と比べて費用的な負担が少ない
  • 英語学習のモチベーションになる

英語力とは異なる「海外で生活する経験」が積める

ホームステイをすれば、海外で生活をする経験が積めます。海外で生活をする経験は、いくら国内で英語を勉強しても得ることはできません。日本には、TOEIC800点や900点を取得していても、海外で生活した経験がない方は山ほどいます。

英語を学ぶ上で、海外で生活をする経験を得ることは大切です。必ずしも数ヶ月や1年間海外に滞在する必要はなく、数日や数週間の海外滞在でも、大きな意味があります。

まず、実際に海外で生活してみることで、英語学習のモチベーションが湧きます。「将来はこうやって英語に囲まれた場所で暮らすんだ」と具体的なイメージが湧き、それがやる気に繋がるんですよね。

また英会話に対する自信がつきます。日本で英語を学んでいると、完璧な英語でなければ通じないように思ってしまいがちです。しかし決してそんなことはなく、伝える意思があれば意外と伝わることが分かります。

私も学生時代に1週間だけホームステイをしたことがありますが「こんな英語でも意外と通じるんだな」と自信がつきました。また帰国後ももっと外国人と英語で話してみたいと思い、積極的に外国人と交流するようになり、それが英語力の向上につながりました。

1週間だけでも大きな経験になります

ワーホリや海外赴任などの選択肢が広がる

ホームステイをすることで、ワーホリや海外赴任などの選択肢が広がります。社会人になってからワーホリや海外赴任を目指すのは、大きな決断です。

これまで日本で普通に社会人として生活していた方が、いきなりワーホリや海外赴任に行くのは不安ですよね。何となく「いずれは海外に行きたい」という思いがあっても、特に何か行動をするわけでもなく日々を過ごしている方もたくさんいるはずです。

ワーホリや海外赴任は、短期間で行けるものではありません。ワーホリに「このくらいの期間滞在しなければならない」という決まりはありませんが、どんなに短くても数ヶ月は滞在するのが普通です。数日間だけのワーホリは、もはや海外旅行とほとんど変わらないでしょう。また海外赴任も年単位で海外に滞在することになります。

一旦ホームステイに行ってみて、簡単に海外での生活を体験してみることで、もし興味が湧けばワーホリや海外赴任について考えてみる、興味が湧かなければこれまでどおり国内で生活する、のように選択肢が広がります。

海外生活を下見できる

社会人がホームステイに行くことで、海外生活の下見ができます。海外旅行と海外での生活は全く違います。海外旅行で観光をするのがいくら楽しくても、その国での生活が楽しかったり、あなたに合っているとは限りません。

その国での生活があなたに合っているかどうかを確認するためには、実際にその国で、観光ではなく生活をしてみる必要があります。その国のスーパーで買い物をして、ホテルではなくその国の家で生活をしてみるのです。

ホームステイは、海外生活を体験してみるのに良い手段です。現地で長い間生活している人たちの暮らしを体験できます。

短期間であれば、いくつかの国でホームステイを体験してみることも可能です。「この国に行ってみたい」という明確な答えが見つかっていない方は、複数の気になる国に短期間でホームステイをしてみて、本当に暮らしたいと思える国を探してみましょう。

海外生活したい人にとってはよい下見になるんだね

学生の頃と比べて費用的な負担が少ない

ホームステイには、当然ですがお金がかかります。金銭的な理由から、学生時代にホームステイや海外留学を諦めた経験がある方も多いのではないでしょうか?

一般的に、社会人になると学生の頃よりもお金に余裕が生まれます。しかし社会人になると、学生時代と比べて時間の余裕はなくなってしまいます。よって、社会人として海外に長期留学に行くことは、ハードルが高いです。費用面では問題なくても、それだけの休暇を取得できません。

もし本当に長期間の海外留学に行くのであれば、会社を退職しなければなりません。一方ホームステイの場合、時間さえ確保できれば、費用的な負担はほとんど感じることなく、ホームステイに行くことができます。

ゴールデンウィークやシルバーウィーク、お盆や年末年始などの長期休暇と有給をうまく組み合わせれば、会社を退職することなくホームステイに行くことも十分可能です。

英語学習のモチベーションになる

ホームステイは、英語学習のモチベーションになります。ホームステイをすれば海外での生活を実感でき、それがモチベーションに繋がることについては、すでに解説した通りです。

社会人の英語学習は、単調になってしまうことが多いです。通勤電車の中で単語帳や英語学習のアプリで勉強をし、帰宅後は参考書を使って自学をしたりスクールに通ったりする、この生活を何年も続けることになります。

「社会人になって英語学習を始めたはいいが、単調で次第にモチベーションが失われていき、困っている」という方は多いです。

英語は言語なので、数ヶ月で習得できるほど簡単なものではありません。よって英語を習得するためには、年単位での英語学習が必要になります。日本人は学校教育で1,200時間程度英語を学んでいると言われています。しかしそれでも、英語を習得するためには、社会人になってから何年も英語を勉強しなければなりません。

単調かつ長期間の英語学習への刺激として、ホームステイは良い選択肢です。

ビジネス英会話を効率よく身につけたい方におすすめの3スクール

  • ENGLISH COMPANY
    言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見を活かしたトレーニングにて、最短距離で目標達成を目指す。
  • STRAIL(ストレイル)
    英語コーチングに特化させることにより、格安で受講できる。
  • トライズ
    1年間の受講生の継続率は91.7%。「もう挫折したくない」と思っている人におすすめ。

社会人がホームステイをする際の注意点

社会人がホームステイをする際の注意点

社会人がホームステイをする際は、以下3つの点に注意しましょう。

  • 中長期でのホームステイは不可能
  • 学生ではないので目的は明確にしておくべき
  • 短期間なので最低限の英語力は身につけておくべき

中長期でのホームステイは不可能

社会人の場合、中長期でのホームステイは不可能です。なぜなら仕事があるので長期間の休暇は取得できないからです。よって、社会人がホームステイをする場合は、中長期ではなく短期間でのホームステイを計画するといいでしょう。

ホームステイというと、学生時代に半年や一年以上行くもののようなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?確かに一般的には中長期でホームステイをする方が多いのは事実です。

しかし短期間でホームステイができる仕組みも存在しています。短期間でのホームステイは、仕事が忙しくて中長期の休みが取れない社会人の方や、中長期でのホームステイを迷っている学生の方によく利用されています。

短期間であれば、長期休暇などを利用して、社会人でもホームステイに行くことが可能です。また料金も中長期のホームステイと比べると安く済みます。

社会人をしながら中長期のホームステイに行けるのであれば問題ありません。しかしそういった方はほとんどいないはずです。社会人でホームステイに行きたい方は、短期間のホームステイを検討してみましょう。

学生ではないので目的は明確にしておくべき

社会人がホームステイをする際は、ホームステイの目的を明確にしておくべきです。将来住みたい国を見つけるためにホームステイをするのか、代わり映えのない英語学習に変化をもたらすためにホームステイをするのか、事前にきちんと考えておきましょう。

学生の場合は、特に目的もなく、何となくでホームステイをする方も多いです。これは、学生には時間がたくさんあるからできることです。仮にホームステイで何も得られなくても「良い経験になったな」で済みます。

社会人は何回もホームステイに行けるわけではありません。仕事の日程などを調整して、やっと短期間のホームステイに行けるかどうかです。頑張って頑張って日程を調整したホームステイを、何も考えずに適当に過ごすのはおすすめできません。あなたが次ホームステイに行けるのは、いつになるか分かりません。

社会人の方がホームステイに行く際は、目的を明確にしましょう。そしてその目的を達成できるように、ホームステイに出発する前から計画を立てましょう。「行ってから考えよう」では遅いです。せっかくのホームステイを無駄にするべきではありません。

短期間なので最低限の英語力は身につけておくべき

社会人は仕事の都合上、長期間ホームステイに行くことは、現実的ではありません。おそらく長くても1週間程度のホームステイにしか行けないはずです。

あなたの英語力が現在どのくらいなのかは分かりません。しかし社会人が短期間のホームステイに行くのであれば、最低限の英語力は身につけておくべきです。

最低限の英語力すら身についていない、つまり簡単な英会話すらできない状態でホームステイに行っても、ホストファミリーと全く話せずに終わってしまいます。

中長期のホームステイの場合は、最初は話せなくても、徐々に話せるようになってきます。次第にホストファミリーとのコミュニケーションが楽しくなってきます。しかし短期間の場合は、そうなる前に期間が終わってしまいます。

社会人が短期間のホームステイに行くのであれば、簡単に英語でコミュニケーションが取れるくらいの英語力は身につけておくべきです。

ネイティブと不自由なく英語が話せるレベルまで英会話を学ぶには、数年単位の長い時間が必要です。しかし簡単に英会話ができるレベルであれば、数ヶ月しかかかりません。

中学高校レベルの単語と文法を復習して、あとはそれを実際の英会話で使えるようにトレーニングするだけです。ホームステイをより良いものにするために、最低限の英語力は身につけておきましょう。

国内で短期間で英語力をアップさせるには英語コーチングがおすすめ

国内で短期間で英語力をアップさせるには英語コーチングがおすすめ

ホームステイに行くとしても、国内で最低限の英語力を身につけておく必要があります。しかし国内で何年も基礎を学びたくはありませんよね。あまり長い時間をかけることなく、ホームステイに行きたいはずです。

国内で短期間で英語力をアップさせるのに最適なのが、英語コーチングスクールです。英語コーチングスクールとは、英会話スクールのような英会話レッスンに加えて、英語コーチによる自宅学習のサポートも受けられるサービスです。

いくら良い英会話レッスンが受けられても、自宅学習を全くしなかったり、間違った勉強方法を選んでしまったりしたら、長い時間がかかってしまいます。

英語コーチングスクールならついついサボりがちな自宅学習もきちんと時間を確保して、正しい学習方法で実践できますよ。

英語コーチングスクールについては、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事:英語コーチングスクールのメリット・デメリットを解説|従来の学習方法より効果を実感しやすい

念願のホームステイを無駄にしてはいけません!

念願のホームステイを無駄にしないためにも、ぜひ英語コーチングスクールの受講を検討してほしいです。なぜなら社会人は、そう簡単に何度もホームステイに行けないからです。

さらにホームステイは短期間なので、悔いが残らないように、万全の準備をして行くべきです。そこで必要なのが英語コーチングスクールです。

英語コーチングなら最短2ヶ月程度で簡単な英会話を習得できる

英語コーチングスクールはいくつもありますが、受講期間は2ヶ月〜3ヶ月が一般的です。英語コーチングスクールを受講したからといって、ネイティブレベルの英会話力が身につくわけではありません。しかし英語コーチングスクールを受講すれば、最短2ヶ月程度で、簡単な英会話を習得することは可能です。

社会人はとにかく時間を大事にすべき

英語コーチングスクールには、英会話スクールやオンライン英会話スクールと比べると受講料が高いという欠点があります。もしあなたが学生であれば、バイトで貯めたお金だけで英語コーチングを受講することは難しいでしょう。

しかしそれでも社会人にとっては、英語コーチングスクールがおすすめです。英会話スクールやオンライン英会話スクールよりも断然おすすめです。なぜなら英語コーチングスクールを受講すれば短い時間で英語を習得できるからです。

英語コーチに正しい学習方法を教えてもらえるので、回り道をする必要はありません。また英会話レッスンのみならず自宅学習のサポートも受けられるので、学習時間もしっかり確保できます。

社会人にとっては、時間が貴重です。よって、少しでも時間を節約できて、高い英語力を身につけられる英語コーチングスクールがおすすめです。

ビジネス英会話を効率よく身につけたい方におすすめのスクール

英語コーチングスクールの体験レッスンやインタビューを30スクール以上行ってきた当サイトが、本当におすすめだと思ったスクールを3つだけ紹介しておきます。ぜひ活用してみてください。

ENGLISH COMPANY

1位:ENGLISH COMPANY

公式サイト:https://englishcompany.jp/

『ENGLISH COMPANY』は、科学的なトレーニングと英語学習のコンサルティング(コーチング)で、最短距離で目標達成を目指すための英語コーチングスクールです。

ENGLISH COMPANYでは言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見を活かしたトレーニングを行います。

第二言語習得研究に沿ってあなたの課題を発見し、それに適した学習方法を選択するので、一切の無駄を省いて効率的な学習ができます。

専門家による課題発見で、時短学習を目指す
30日返金保証あり

関連記事:ENGLISH COMPANYの口コミ・評判まとめ【時短で伸ばす!】

STRAIL(ストレイル)

2位:STRAIL(ストレイル)

公式サイト:https://strail-english.jp/

『ストレイル』は、ENGLISH COMPANYを運営しているスタディーハッカーが運営する英語のパーソナルジムです。

学習方法については、ENGLISH COMPANYと同じく「第二言語習得研究」に基づいています。

ENGLISH COMPANYとの違いは、自習中心の英語コンサルティングサービスを提供している点、グループレッスンを採用している点です。

ENGLISH COMPANYの半分程度の月額で受講できます。期間も2ヶ月と短いので、第二言語習得研究に基づいて、短期間で集中して成果を出したいという方におすすめです。

コンサルタントの課題発見に特化
簡単1分申し込み

関連記事:【高密度トレーニングとは?】ストレイル(STRAIL)の口コミ・評判まとめ

トライズ

3位:トライズ

公式サイト:https://toraiz.jp/

『トライズ』は、1年間で1000時間の学習時間を確保して英語をマスターする英語コーチングスクールです。

他英語コーチングスクールと比べると、期間が長く、本気で英語を極めたいという強い意思がある方向けのサービスです。

英語の習得には最低でも1000時間必要と言われています。その1000時間の学習をコースに含めている英語コーチングスクールは他にはありません。

確かに英語コーチングで学習習慣を身につければ、受講後も自走して学習できます。しかし「本当に自走できるのか?」「途中でやる気がなくなってしまわないか」と不安ですよね。 しかしトライズでは、1年間のコーチングで確実に1000時間の学習時間を確保できます。

1年間の受講生の継続率は91.7%という高さです。「もう挫折したくない」「なんとしてでも英語力をあげたい」という方におすすめです。

1年間1000時間の学習でも、

91.7%の継続率の高さ!
全額返金保証あり

関連記事:【1年で英語が話せる?】トライズ(TORAIZ)の口コミ・評判まとめ

無料カウンセリングをしっかり活用して、ご自身にあった英語コーチングスクールを見つけてみてください。

まとめ

まとめ

社会人のホームステイについて、まとめました。社会人でもホームステイに行くことは可能ですが、せっかく行くのなら万全の準備をして行くべきです。

ホームステイの目的を明確にし、期間と行く国を決め、英語コーチングスクールに通うなどして基本的な英会話力を身につけましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Bong

高校時代の海外旅行がきっかけで英語に興味を持つ。大学時代には10ヵ国を旅し、TOEIC870点を取得。趣味で中国語も学んでいる語学大好き人間。6年間の英語講師を経て、現在はフリーランスとしてライター業やWebメディアの運営を行っている。

-学習ノウハウ

© 2021 英語コーチングスクール比較ナビ