40代主婦におすすめしたい英語勉強方法【0から英会話の習得までの流れを紹介】

40代主婦におすすめしたい英語勉強方法【0から英会話の習得までの流れを紹介】

主婦をしながらでも英語は習得できます。

しかし主婦の方は家事の関係で時間に制約があったり、子供がいる場合は家を空けられなかったりしますよね。

そこで本記事では、そんな主婦の方におすすめしたい英語の勉強方法について解説します。

記事を最後までチェックすれば、主婦のあなたが英語学習をスタートする際、何から始めればいいのかが明確に分かりますよ。

低コストで気軽に始めたい方におすすめの3スクール

  • スタディサプリTOEICパーソナルコーチプラン
    リクルートが運営するWeb学習サービス最大手のスタディサプリに、コーチングサービスをつけることで、最高の学習環境でTOEIC学習ができる。
  • Bizmates Coaching
    受講生それぞれの課題へのアプローチ方法やオンライン英会話の受講に関するアドバイスを受けることができる。
  • CROSS×ROADオンライン
    仲間と楽しみながら英語学習を続けたいという方におすすめのスクール。

40代主婦が英会話を習得すればこんな未来が!

40代主婦が英会話を習得すればこんな未来が!

40代の主婦が英会話を習得してできるようになることを分類すると、以下のようになります。

  • 訪日外国人におもてなしできる
  • 子供の英語学習をサポートできる
  • 海外旅行がより楽しくなる
  • 転職の際の強みになる
  • 海外ドラマや映画をより楽しめる

せっかく英語を勉強するのなら、ゴールの見えない暗闇を走り続けるより「ゴールしたらこうなるんだ!」と明確にゴールが見えた状態で英語を学ぶべきです。

具体的な勉強方法について学ぶ前に、英語を習得したらどうなるのかを知り、気持ちを高めましょう。

訪日外国人におもてなしできる

英語が話せるようになれば、訪日外国人におもてなしができるようになります。今は外国人観光客の数は減っていますが、2019年頃までは、年々外国人観光客の数は増加していましたよね。そしてその増加は今後も続くでしょう。

英語を習得すれば、外国人の方が道に迷っていたり、レストランで注文の仕方に困っていたり、駅で切符の買い方に困っていたりした時に、助けてあげられるようになります。

日本にいながら、普段話す機会のない外国人と会話をするという面白い経験が積めますし「英語で説明して助けてあげられた」という英語の自信にもつながります。

この記事を書いている私は、2019年まで横浜に住んでいたのですが、ちょうどラグビーワールドカップが横浜で開催されており、初めて日本を訪れる外国人観光客で溢れていました。

道を歩いていると外国人観光客の方に

  • 「ホテルまでどうやっていけばいいか教えてくれませんか?」
  • 「この電車って〇〇まで行きますか?」
  • 「会場までどうやっていけばいいですか?」

と聞かれました。

幸いどの質問にも答えることができ、外国人観光客の方を助けてあげることができました。私も海外旅行が好きなのでよく分かるのですが、異国の地で困っている時に現地の方に助けてもらえると、ものすごく嬉しい気持ちになります。

「会場までどうやっていけばいいですか?」と聞いてきた方に関しては、会場が近く、私に時間もあったので、会場まで連れて行ってあげました。

英語を習得すれば、こういった状況になった時オロオロする必要はありません。道の案内や「どこから来たの?」のような簡単な日常会話は、英語を学んでいれば序盤に習得できることです。

英語を習得すれば、訪日外国人に英語でおもてなしができるようになりますよ。

確かに数十年前と比べると、外国人を見かける機会が明らかに多くなった気がします

子供の英語学習をサポートできる

英語の必要性は年々増しています。なぜなら飛行機や通信技術の発達により簡単に海外を訪れたり、海外の方とやりとりができるようになったからです。またビジネス面でも、人口減少などの問題から、今後は日本国内のみならず海外にサービスを展開する必要のある企業が増えると予測されるからです。

我々世代よりも子供たちの世代の方が英語の必要性は高まります。よって、子供に英語を学ばせる親は多いです。しかしその大半は、子供を英会話スクールに通わせたり、通信教育の教材を与えたりするだけです。

要するに、子供の英語教育を丸投げしてしまっているのです。もし親にも英語の知識があれば、親自身が子供の英語学習をサポートできます。もちろんつきっきりでサポートする時間はないはずなので、スクールなどを利用することにはなるでしょう。

しかしスクールから帰ってきた後の自宅学習に関しては、サポートできるでしょう。

小学校の宿題までは手伝えても、中学高校と勉強内容が難しくなるに連れて、宿題を手伝うことが難しくなります。英語でもそれと同じことにならないためにも、子供に英語を勉強させたい親は、最低限の英語は勉強しておくべきです。

海外旅行がより楽しくなる

英語を習得すれば、海外旅行がより楽しくなります。ここ数十年で、海外旅行のハードルは大きく下がりました。LCCの登場により、飛行機にかかるコストが大きく減ったからです。

欧米圏への旅行はそれなりに費用がかかりますが、日本から比較的近い国への旅行の場合、国内旅行と同じくらいの値段で行けるようになりました。

「海外旅行に行きたいけど英語が話せるか不安」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?英語は世界共通言語なので、英語を母語としない国でも、現地の言葉を話せない場合は英語でやりとりをすることになります。

例えば韓国に旅行に行く場合、相手は日本語を話せずあなたは韓国語を話せなければ、英語でやりとりをすることになります。

もちろん相手が英語を話せるとは限りませんが、我々が学校で英語を習ったように、相手も最低限の英語は習っているのでコミュニケーションは取れます。よって英語さえ習得してしまえば、世界中を快適に旅行できるようになりますよ。

またこれまで定期的に海外旅行を楽しんでいた方でも、英語を習得することで楽しみの幅が広がります。レストランで注文する時の不安がなくなったり、駅などの看板が読めるようになり移動が快適になったりします。

海外旅行に興味がある方や海外旅行が好きな方は、英語を学んでおいて損はありません。

転職の際の強みになる

英語は転職の際の強みになります。よって主婦から仕事に復帰する際に役立ちます。

企業が英語ができる人材の育成に力を入れているのは、すでにお分かりの通りです。しかしこれまで英語を全く勉強してこなかった社会人に、企業の力で英語を習得させるのは至難の技です。

よって企業は、英語ができる人材の採用にも力を入れています。英語ができる人材を一から育てるのではなく、英語ができる人材を採用してしまおうという考えです。単純に「英語が話せる」だけだと履歴書で判断ができないので、TOEICや英検など、信頼性と知名度のある英語資格試験を受験しておくといいでしょう。

TOEICで高いスコアを持っていたり、英検で高い級を持っていたりすれば、以前の職場よりも高い給料の仕事につける可能性もあります。

基準は企業によって異なりますが、TOEICの場合は700点、英検の場合は準1級以上を取得しておくと、転職活動に役立つ印象です。

また最近では、翻訳など在宅でできる仕事の需要も増加しています。主婦をしながら何か仕事がしたい、在宅でできる仕事を探したいという方は、英語を習得して翻訳のような仕事にチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

翻訳以外にも、英語での電話対応や会議の通訳などが、在宅でできる仕事として紹介されています。

海外ドラマや映画をより楽しめる

英語を習得すれば、海外ドラマや映画を吹き替えや字幕なしで楽しめます。今の時代、NetflixやAmazonプライムを使えば、定額で好きなだけドラマや映画を見ることができます。

暇さえあれば海外映画やドラマを見ているという方も多いのではないでしょうか?そして「いつかは字幕なしで映画やドラマが見れるようになりたいな」と思っている方も多いはずです。

映画やドラマに関しては、字幕や音声吹き替えがあるので、英語ができなくても問題なく視聴できます。「英語は分からないけれど、別に吹き替えや字幕があれば十分かな」という方は、英語を学ぶ必要はありません。

しかしそうでない場合は、英語を習得することで、ドラマや映画がこれまでの何倍も楽しくなります。また見え方も変わってきます。言語にはその言葉でなければ伝わらないニュアンスがあります。特に皮肉やギャグに関しては、翻訳だと伝わりづらいです。

海外の映画やドラマが好きな方は、それだけのために英語を学ぶのも、十分良い選択だと思います。

40代主婦の英語勉強方法4つ

40代主婦の英語勉強方法4つ

40代主婦におすすめの英語勉強方法は以下の4つです。

  • 独学
  • 英会話スクール
  • オンライン英会話スクール
  • 英語コーチングスクール

初めて聞いた勉強方法もあるかもしれませんが、それぞれ詳しく解説するのでご安心ください。また、あなたにはどの勉強方法が合っているかを考えながら読み進めてみてください。

独学

英語を勉強する方がまず一番最初に思い浮かぶ勉強方法が独学です。独学では、自分の好きな時間に好きな単元を自由に勉強できます。

他の勉強方法に比べて自由度が高いのが特徴です。例えば家事と家事の間のスキマ時間を使って勉強をすることもできますし、疲労が溜まった日には勉強をスキップすることもできます。

自由度が高い独学ですが、独学には大きな欠点があります。それは、やる気の管理や勉強方法の選択、教材選定も全て自分で行わなければならないという点です。初めて英語を勉強する方が、何の下調べもなしに正しい勉強方法や教材を選択できるとは思えません。また勉強をサボりたくなっても誰も止めてくれません。

これまでに受験や資格対策などで独学をし、うまくいった経験があるのであれば、独学でも問題ないでしょう。しかしこれまでにうまくいった経験がないのであれば、独学はおすすめできません。

  • これまでに独学で成功したことがある:独学がおすすめ
  • 独学をしたことがない、独学に失敗した経験がある:独学以外の選択肢がおすすめ

もし独学をする場合は、行き当たりばったりで勉強をするのではなく、事前にきちんと計画を立ててから独学しましょう。計画は無理なくできるように、少し余裕を持たせておくのがおすすめです。

英会話スクール

2つ目の勉強方法は、英会話スクールです。英会話スクールでは、主に英会話を学びますが、TOEICを学べたり、ライティングを学べたりするようなスクールも存在します。

独学では自分一人しかいないので、英会話の練習ができません。単語や文法などを勉強するだけになってしまいます。また英会話の練習をするにしても、シャドーイングなど一人でできる勉強方法しかできません。

一方英会話スクールに通えば、週2回や3回、外国人講師と英会話レッスンができます。日本で外国人と英語を話せる機会は少ないので、外国人と話す機会を確保したい方にはおすすめです。

中にはグループレッスンの英会話スクールもありますが、大半はマンツーマンレッスンです。一対一で、あなたに英会話を教えてくれます。

主婦の方で、長年英会話スクールに通い続けている方は多いです。あなたの周りに、英会話スクールに通っている方がいないか、確認してみてください。

英会話スクールは、日本中にあります。気になる方は、近くに英会話スクールがないか、確認してみましょう

オンライン英会話スクール

3つ目の勉強方法は、オンライン英会話スクールです。オンライン英会話スクールとは、英会話スクールのようなサービスをオンラインで受けられるサービスです。スクールが独自に開発したビデオ通話サービスや、ZoomやSkypeなどを使って、レッスンを実施します。

オンライン英会話スクールの特徴は、場所を問わず好きな時に英会話レッスンが受けられる点です。また英会話スクールと比べると受講料が安く済みます。

例えば英会話スクールの受講料は、週2回1回60分のレッスンで月額20,000円程度です。一方オンライン英会話スクールの受講料は、毎日1回25分の英会話レッスンが受けられて月額7,000円程度です。

講師はフィリピン人が大半で、ネイティブ講師・非ネイティブ講師・日本人講師もいます。

オンライン英会話は通学する必要がありません。自宅にいながら海外在住の講師の英会話レッスンが受けられるので、子供がいてなかなかスクールに通えない方などにおすすめです。

受講時間は早朝から深夜までで、英会話スクールよりも融通が効きます。

英語コーチングスクール

4つ目の勉強方法は、英語コーチングスクールです。英語コーチングスクールとは、英会話スクールのような英会話レッスンに加えて、コーチによる自宅学習のサポートが受けられるサービスです。

自宅学習のサポートでは、カウンセリングで英語学習の目標を設定したり、あなたの英語力に基づいて学習カリキュラムを作成したり、自宅でどれくらい学習するかを設定し、それを実行できているかどうかをコーチに確認してもらったりします。

英会話スクールやオンライン英会話スクールであなたの英語学習をサポートするのは、講師だけです。それもオンライン英会話の場合は、講師が毎回変わります。

一方英語コーチングスクールでは、講師に加えて日本人のコーチがあなたの英語学習をサポートします。

ここまで独学と英会話スクールとオンライン英会話スクールについて解説してきました。それぞれ良い点もあれば、悪い点もあります。そんな中英語コーチングスクールは、独学と英会話スクールとオンライン英会話スクールの悪い点をカバーできている素晴らしいサービスです。

例えば英会話スクールやオンライン英会話スクールには、自宅学習はあなた次第という欠点があります。いくらスクールで良いレッスンを受けても、自宅での学習が不十分であれば英語は習得できません。なぜなら週1〜2時間程度の学習では不十分だからです。

一方英語コーチングスクールでは、英会話レッスンに加えて、コーチによる自宅学習のサポートも受けられます。

また独学では、英会話レッスンが受けられません。そして自宅学習ができるかどうかも自分の意志にかかっています。一方英語コーチングスクールの場合はコーチがサポートしてくれます。

英語コーチングという言葉を初めて聞いた方も多いと思います。英語コーチングスクールについて詳しく知りたい方は、ぜひ以下の記事をチェックしてみてください。

関連記事:英語コーチングスクールのメリット・デメリットを解説|従来の学習方法より効果を実感しやすい

低コストで気軽に始めたい方におすすめの3スクール

  • スタディサプリTOEICパーソナルコーチプラン
    リクルートが運営するWeb学習サービス最大手のスタディサプリに、コーチングサービスをつけることで、最高の学習環境でTOEIC学習ができる。
  • Bizmates Coaching
    受講生それぞれの課題へのアプローチ方法やオンライン英会話の受講に関するアドバイスを受けることができる。
  • CROSS×ROADオンライン
    仲間と楽しみながら英語学習を続けたいという方におすすめのスクール。

【ロードマップ】40代主婦が0から英会話を習得するまでの流れ

【ロードマップ】40代主婦が0から英会話を習得するまでの流れ

40代の主婦が0から英会話を習得するまでの流れを、ロードマップのような形で5つにまとめました。

  • 目標・ゴールを決める
  • 勉強方法を決める
  • 基礎を学習する
  • スピーキングを学習する
  • 苦手な箇所をピックアップして改善する

英語学習方法を複数紹介しましたが、どの勉強方法で学ぶにせよ、上記の順番で英語を学ぶのが最も効率的です。

それぞれ詳しく解説するので、英語学習をする際の参考にしてみてください。

目標・ゴールを決める

1つ目は「目標・ゴールを決める」です。英語学習を始める前に、まずは目標・ゴールを決めましょう。なぜなら目標やゴールによって、何を学べばいいのか、どのくらい学べばいいのかが異なるからです。

つまり目標やゴールによって、学習プランが変わってきます。早く学習を始めたいという気持ちは分かります。しかしその気持ちを抑えて、目標・ゴールを決めましょう。

  • 外国人と話せるようになりたい
  • 転職で英語を活かせるようになりたい

のようにすでに目標やゴールを決めている方も多いはずです。しかしこれだと漠然としすぎています。目標やゴールは細かいところまで決めておかなければ意味がありません。

転職で英語を活かせるようになりたいという目標を、どの職種の話なのか、どのくらい活かしたいのか(海外出張に行けるレベルまでなのか)、そのためにはどのくらいの英語力が必要なのか、資格等はあった方がいいのか、と細かく細かく考えます。

そうしておくことで、学習プランが明確になります。最初の目標・ゴール設定をスキップしたり、中途半端に済ませてしまうと、学習にズレが生じてきます。いつの間にか思っていたのと違う内容を学んでいたり、目移りして全く違う形で英語学習を始めてしまったりします。

面倒だと感じる方も多いですが、目標・ゴール設定は大切です。

勉強方法を決める

2つ目は「勉強方法を決める」です。目標・ゴールを設定したら、目標・ゴールをを達成するための勉強方法を決めましょう。

英語学習と言っても、勉強方法は一つではありません。英語にはいくつもの勉強方法があります。例えばリスニングに関する勉強方法だけでも、ディクテーションやシャドーイングなど種類があります。

英語を習得するには、必要な勉強方法を自分にあったレベルの教材で行わなければなりません。

なんとなく書店で見つけた参考書を購入して解いてみるという方も多いのではないでしょうか?

あなたにあっていない勉強方法でいくら勉強しても、効果ははほとんどありません。せっかくの勉強が無駄になってしまいます。またあなたのレベルに合っていない教材を使った場合も同様です。

英語学習にどんな勉強方法があるのか分からない場合は、実際にどんな勉強方法があるのか調べてみるといいでしょう。また自分のレベルがどのくらいか分からない方は、自分のレベルをチェックしてみましょう。

レベルをチェックする際は、中学1年レベルの単語が分かる、中学2年レベルの単語が分かる、のような形で、学年ごとにレベルを分けて判断するのがおすすめです。

例えば中学レベルの英語が分からないようであれば中学レベルの教材を購入すればいいですよね。また中学レベルの単語を忘れているようであれば、中学英単語を復習できるような単語帳を購入するなど、さらに絞り込めます。

基礎を学習する

3つ目は「基礎を学習する」です。目標・ゴールを決め、必要な勉強方法も分かったら、まずは基礎学習から始めます。ここでいう基礎学習とは単語・文法学習のことです。

しかし難しい単語や文法まで学習する必要はありません。必要なのは、中学高校レベルの単語と文法です。なぜなら中学高校レベルの単語と文法さえ分かっていれば、最低限の英語を話したり、英語を聞き取ったりできるからです。

もしすでに基礎が身についているという方は、基礎学習をスキップして、次の「スピーキングを学習する」に進みましょう。

そして基礎に自信がない方は、基礎学習から始めましょう。より実践的なスピーキング練習やリスニング練習に進みたい気持ちも分かりますが、そういった学習が成り立つのは、基礎ができてこそです。

中学高校の単語と文法は、学生時代に一度習っていることです。よってすでに覚えているものも多いはずです。また覚えていなくても、少し確認するだけで思い出せるものも多いでしょう。よってそれほど時間をかけることなく、基礎学習は終えられるはずです。

先ほど、難しい単語や文法は学ぶ必要がないとお伝えしました。しかし中学高校で習う単語に加えて、あなたが目標とするジャンルの単語は重点的に学んでおくとベターです。

例えば英語を使って貿易事務の仕事をしたいのであれば貿易関係の単語、恋愛系のドラマや映画を見れるようになりたいのであれば、恋愛で使う単語といった形です。

何をするにも基礎は欠かせません。それは英語も同じです。

スピーキングを学習する

4つ目は「スピーキングを学習する」です。英語学習は、以下の4つに分けることができます。

  • スピーキング
  • ライティング
  • リスニング
  • リーディング

上記4つの中でもスピーキングは最も難しいとされています。また日本人が特に苦手とするのもこのスピーキングです。

スピーキングを習得するには、単語や文法などの基礎知識は必須です。どんなに発音が良くても、知らない単語は話せませんよね。また基礎的な文法を知らなければ、文章を作ることはできず、単語レベルでの会話しかできません。

よってスピーキングを学習する前に、基礎学習は確実に終わらせておくようにしましょう。そうしなければ、せっかくスピーキングの学習をしても、1文ごとに分からない単語や文法があり、何度もつまずいてしまいます。基礎的な単語や文法の確認にばかり時間を取られ、本来の学習が一向に進みません。

スピーキングの学習には、シャドーイングのように自分一人でできるものもあります。

関連記事:シャドーイングとは?本当に効果のあるやり方と5つの注意点を徹底解説

しかしスピーキングは相手がいて初めて成り立つものなので、講師が相手としているのが望ましいです。よってスピーキングを勉強したいのであれば、記事前半で解説した以下の勉強方法のいずれかを受講すべきです。

  • 英会話スクール
  • オンライン英会話スクール
  • 英語コーチングスクール

苦手な箇所をピックアップして改善する

5つ目は「苦手な箇所をピックアップして改善する」です。英語を勉強していると、必ず分からない箇所が出てきます。分からない箇所が出てくること自体は、当然なので全く問題ありません。

しかし分からない箇所をそのまま放置するのではなく、ピックアップして改善する必要があります。そうすることで、次同じような状況や問題に直面した際に、同じ間違いをせずに済みます。

苦手な箇所の改善とはつまり復習のことですね

復習は英語学習において最も大切と言っても過言ではありません。いくら勉強をして新しい知識を覚えても、復習をしなければ時間が経つにつれて忘れてしまいますし、分からなかったところは分からないままです。

結局時間が経って、同じ箇所をもう一度勉強しなければならなくなるので、二度手間になります。

「早く次の問題を解きたい」と焦る気持ちも分かりますが、必ず立ち止まって復習をする時間を設けましょう。

具体的には、1ヶ月に3回程度復習の機会を設ければ、忘れることはなくなると言われています。詳しくは以下のエビングハウスの忘却曲線に関する記事で解説しているので、気になる方はチェックしてみてください。

関連記事:エビングハウスの忘却曲線で英語学習の効率を最大限に発揮する方法

40代主婦が本気で英語を習得したいなら英語コーチングスクール一択!

40代主婦が本気で英語を習得したいなら英語コーチングスクール一択!

40代主婦におすすめする英語勉強方法として、以下の4つを挙げました。

  • 独学
  • 英会話スクール
  • オンライン英会話スクール
  • 英語コーチングスクール

独学に関しては、自身でモチベーションをコントロールする必要がありますし、英会話ができる環境も確保できません。

英会話スクールとオンライン英会話スクールに関しては、良いレッスンは受けられても、自宅学習をどうするかはあなた次第です。

独学に自信がある、英会話ができる環境を自力で用意できるという方は、独学・英会話スクール・オンライン英会話スクールでも構いません。しかしそういう方はほとんどいないはずです。

そこで40代主婦に最もおすすめしたいのが、英語コーチングスクールです。英語コーチングスクールを受講すれば、短期間で確実に英語を習得することができます。

独学でロードマップ通りに学習を進めるのは至難の技

40代主婦が英語を0から習得するためのロードマップとして、以下の手順で紹介しました。

  • 目標・ゴールを決める
  • 勉強方法を決める
  • 基礎を学習する
  • スピーキングを学習する
  • 苦手な箇所をピックアップして改善する

これら5つの手順を、全て独学で行うのは至難の技です。どこかでモチベーションが途絶えてしまったり、間違った勉強方法を選択して遠回りしてしまったりするでしょう。

しかし英語コーチングスクールなら、コーチと二人三脚で英語学習に取り組めるので、上記のロードマップに近い形で確実に学習をこなせます。まず英語コーチングスクールでは英会話レッスンが受けられるので、スピーキング学習については心配する必要はありません。

  • 目標・ゴールを決める
  • 勉強方法を決める
  • 苦手な箇所をピックアップして改善する

の3つについては、特に自分一人だけだと難しいところがあると思います。しかし英語コーチングスクールでは、コーチから毎週や隔週でカウンセリングを受けながら上記3つについても取り組むことができます。

確実に成果を出したいという方には、4つの勉強方法の中でも英語コーチングスクールが最もおすすめです。

英語コーチングスクールの中でもおすすめはオンライン型

英語コーチングスクールには、通学型とオンライン型があります。通学型の場合は、英会話レッスンやカウンセリングを受ける際は、毎回スクールに通う必要があります。一方オンライン型の場合は、自宅からZoomなどを使って英会話レッスンもカウンセリングも受けられます。

通学型には、場所が変わることで気持ちが切り替えられるというメリットがあります。またオンラインで画面越しよりも、対面の方がいいという方にもおすすめです。

一方オンライン型の英語コーチングスクールの最大のメリットは、通学の必要がない点です。通学をしなくても良いので、時間が節約できます。主婦でなかなか時間が確保できない方でも、英語コーチングを受けられます。また子供がいてなかなか家を留守にできない方にもおすすめです。

よって主婦の方で英語コーチングスクールの受講を検討している方は、通学型よりもオンライン型の英語コーチングスクールの方がおすすめです。

40代主婦におすすめのオンライン型英語コーチングスクール3選

40代主婦におすすめのオンライン型英語コーチングスクール3選

40代主婦におすすめできるオンライン型英語コーチングスクールは、以下の3社です。

  • フラミンゴ英語コーチング
  • イングリード
  • 産経オンラインPlus

それぞれ特徴を解説します。

フラミンゴ英語コーチング

フラミンゴ英語コーチング

公式サイト:https://coaching.app-flamingo.com/

フラミンゴ英語コーチングスクールは、家事や育児で忙しい方に向けて作られた英語コーチングスクールです。英語コーチングスクールと聞くと、1日に何時間も勉強して、スパルタなイメージを持っている方が多いです。

そんな中フラミンゴ英語コーチングスクールは、完全オンラインなのはもちろんのこと、スパルタな雰囲気が苦手な方や英語初心者の方にも配慮されたサービスとなっています。

英語コーチングスクールでは、初心者向けのプランが用意されていることは稀です。しかしフラミンゴ英語コーチングスクールでは、基本コースや初心者脱出コースなど他スクールにはないような、初心者向けかつカジュアルなカリキュラムが用意されています。

英語初心者におすすめ
30日間全額返金保証あり

 

イングリード

イングリード

公式サイト:https://englead.jp/lp/

イングリードは、完全オンラインかつサブスクリプション型の英語コーチングスクールです。サブスクリプション型とは、1ヶ月単位で受講を更新できる形式のことです。NetflixやAmazonプライムと同じ形式ですね。

英語コーチングスクールでは、受講期間が予め決まっていることが普通です。しかし必要な英語学習期間は受講生によって異なります。イングリードでは、あなたに必要な英語学習期間に合わせて、プランをカスタマイズできます。

よって時間も受講料も節約できます。お得にそして最短の期間で英語を学びたいという方にはおすすめの英語コーチングスクールです。

サブスクモデルで

自分で受講期間を決められる
簡単1分申し込み

 

産経オンラインPlus

産経オンラインPlus

公式サイト:https://human.sankei.co.jp/

産経オンラインPlusは、短期間かつ低価格で英語コーチングが受けられるスクールです。オンライン英会話スクールとしてもサービスを行っているので、オンライン英会話レッスンを受けつつコーチングも受けられます。

元々がオンライン英会話スクールということもあり、英語コーチングも完全オンラインです。

産経オンラインPlusは、産経新聞を元にしたニュース教材があるのが特徴です。ニュースで取り扱うような政治経済に関する内容について英語で話せるようになりたいという方にはおすすめのスクールです。

英語コーチングスクールでは、月額10万円以上受講料がかかるのが一般的です。そんな中産経オンラインPlusでは、3ヶ月約10万円にて英語コーチングを受講できます。

カリキュラムを自由にカスタマイズできる
簡単1分申し込み

まとめ

まとめ

40代主婦の英語勉強方法についてまとめました。

4つ紹介した勉強方法の中でも最もおすすめなのは、英語コーチングスクールです。そして英語コーチングスクールの中でもオンライン型の英語コーチングスクールがおすすめです。

オンライン型の英語コーチングスクールであれば、主婦と英語学習をうまく両立させられます。そして短期間で確実に英語を習得することができます。

英語コーチングスクールはどこも無料カウンセリングを実施しているので、気になるスクールがあればカウンセリングを受けてみましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Bong

高校時代の海外旅行がきっかけで英語に興味を持つ。大学時代には10ヵ国を旅し、TOEIC870点を取得。趣味で中国語も学んでいる語学大好き人間。6年間の英語講師を経て、現在はフリーランスとしてライター業やWebメディアの運営を行っている。

-学習ノウハウ

© 2021 英語コーチングスクール比較ナビ