独学で英語を学ぶのはなぜ効率が悪いのか?

独学で英語を学ぶのはなぜ効率が悪いのか?

独学で英語学習をしていませんか?

独学で英語を勉強することは決して悪いことではありません。独学で勉強することは素晴らしいことです。なぜなら、1人で勉強するのは大変なことだからです。仕事で疲れていても自らを鼓舞し目標に向かって頑張り、自己分析を1人でして苦手な分野を割り出し勉強する。全てを1人でできる人は多くありません。むしろ少ないです。

「今、独学で英語学習を頑張っている」「独学で英語学習してみたけど三日坊主だった」「仕事が大変で続けられない」「参考書選びが大変」「独学で勉強しているけれど、なかなか上達しない。または点数が取れない」「モチベーションが保てない」

そんな方々に、今回は独学がどうして効率が悪いのか。また今よりも効率的に英語学習ができ、短期間でも英語が上達し、点数が上がる方法を解説していきたいと思います。是非、最後まで読んで参考にして頂けたら幸いです。

なぜ独学は効率が悪いのか

英語学習を経験している人ならば、必ず一度は独学をしてきたと思います。または、独学しか知らない人もたくさんいると思います。現代社会ではインターネットやYouTubeの進化により、独学で英語学習をしている人がたくさんいるように思います。

1.自分のレベルに合っていない学習方法

独学で勉強する場合、特に初心者の英語学習者に多いのが自分のレベルに合っていない学習方法を続けてしまっている点です。例えば、よくある学習方法の1つに「映画鑑賞での英語学習方法」があります。学習方法自体は良いと思いますが、英語学習初級者の方がこれをやってもなかなか英語は上達しません。この学習方法が適しているのは、上級者か上級者に近い中級者です。英語初心者の方は、圧倒的にインプットの量が足りていません。観たことのある映画を英語字幕にして観たとき、英語の内容は分かっても一つ一つのセリフの意味がわからないと思います。ここで気をつけなければならないのは、その映画の内容がわかるのは、英語が分かるのではなく観たことがあるから分かるだけです。また、日本語字幕にして観る人がいますが、言葉のニュアンスなどの違いもあるため、日本語で英語を学習することは避けた方がよいでしょう。

2.自分の苦手が把握しづらい

2つ目の理由は、自分の苦手や不得意な単元を把握できない。また、把握しても理解するまでに時間がかかる点です。英語学習していると必ず分からない所が出てきます。例えば、英語の文章を読んでいてどうしても文構造を理解できなくて、日本語訳を見てみるとより分からなくなってしまうパターンです。英語と日本語は別の言語です。ニュアンスの違いや文法の違いもあるため、一字一句全ての日本語訳が英語に当てはまるわけではありません。これにはまってしまうと、「自分はどこが理解できていないのかすら理解できない」という負の連鎖に陥ってしまいます。また、理解できない箇所を毎回参考書と睨めっこをしながら探していては時間がかかってしまい、学習効率がかなり悪くなってしまいます。

3.アウトプットが不足してしまう

3つ目はアウトプットの量が足りなくなる点です。独学で英語学習を進めていくとインプットの量は増えていきます。しかし、英語は言語です。インプットしたものをアウトプットしなければ、それが使える英語なのかどうかわかりません。海外に住んでいてアウトプットする機会が日常にたくさんある場合は別です。しかし、現実的にこのケースはなかなかありません。大多数の人が日本にいて、日本で仕事をしながら英語学習をしています。その場合、独学での英語学習には必ず限界が来る時があります。それなら外国人の友達を日本で作れば良いと考えるかもしれませんが、そんなに簡単に作れるものではありません。相手の外国人の方にも仕事があったり、そもそも日本にいる外国人の多くは日本語を勉強したいという思いが強い人が多く、日本語を話したがります。頻繁に英語で会話をしてくれて、尚且つ自分の間違いも指摘してくれるような外国人の友達はなかなか見つけにくいですし、恋人を作ろうにもそう簡単に作れる訳ではありません。SNSが発達しているからとネット上で見つけたとしても、海外と日本では時差があるためお互いに時間を作るのは難しいでしょう。

4.無駄な出費

4つ目は余計な出費がかかる点です。独学で勉強することは、一見すると安上がりなイメージがあると思います。しかし、本屋に行ってたくさんある教材の中から今の自分に合った教材をみつけることは困難と言えるでしょう。教材を買ってみたが、結局自分に合わずに新しい教材を買いに行ってしまうなどということを繰り返す羽目になってしまいます。

また、独学での英語学習により「機会損失」も起こります。もし独学の半分の時間で英語が習得できれば、その時間を他のことに使ったり、英語を使ってより多くのお金を稼げるかもしれません。このように、一見安上がりに見える独学によって英語習得に膨大な時間を費やすことで、実際には時間やお金を損してしまうことや学習効率が悪いということが起こってしまいます。

超一流にはコーチやメンターがいる

スポーツの世界にはトレーナーやコーチ、メンターという方々がいます。超一流のスポーツ選手には、皆んなそれぞれトレーナーやコーチ、メンター、師匠と呼ばれる人達が付いています。超一流でなくてもプロのスポーツ選手は必ず一度は、専属のトレーナーやコーチを付けています。

その理由は、その方が「効率が良い」からです。トレーナーやコーチ、メンターなどは既にその競技を極めてきた人達なので、その人達から直接教わる方が、独学でやるよりも遥かに速くスキルを習得できます。競技によって多少の違いはありますが、スポーツ選手には「選手寿命」というものがあります。なるべく速くスキルを習得し、極める必要があります。それが遅くなってしまうとお金を稼げませんし、稼げる額も少なくなってしまいます。選手によっては早期に引退をしなければならないなんてことも起こってしまうわけです。そのため、時間を無駄にしないようどんな選手も良いトレーナーやコーチの指導に時間やお金をかけます。

これは、英語学習にも当てはまります。既に「英語」というスキルを習得した人から教えてもらったりアドバイスをしてもらった方が、独学でやるよりも遥かに効率よく習得することができます。もちろん、自分自身で問題を解決する力を付けることは必要ですが、独学ではその解決の仕方をみつけるのに時間がかかってしまいます。もしかしたら、それをみつける前に分からなくなってしまい、英語学習自体を諦めてしまうかもしれません。それではせっかく習得できたかもしれない英語スキルをみすみす逃してしまうことになってしまいます。

独学よりも効率的に成果を出しやすい方法

ここまで読んできた人であれば、独学がいかに効率が悪い学習方法なのか。また、どうしたら効率よく英語スキルを習得できるのかを理解できたと思います。独学が決して良くないとは言いません。しかし、英語スキルの習得を本気で考えている人は、より効率よく習得できる方法があることを知っておく必要があります。独学よりも効率よく英語スキルを習得する方法の一つに「英語コーチングスクール」というものがあります。

英語コーチングスクールでは、生徒さん一人一人に合った学習プランや学習方法を作ってくれるだけではなく、毎日学習の進み具合に応じて細かくアドバイスをしてくれます。効率良く英語を習得したいと思った方は、一度無料カウンセリングを受けてみることをおススメします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

英語コーチングスクール比較ナビ 編集部

英語コーチングスクール比較ナビ 編集部では、英語学習に取り組む方に、英語コーチングスクールの各種サービス内容、キャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

-学習ノウハウ

© 2021 英語コーチングスクール比較ナビ