金のセンテンスの音声の利用方法を紹介|書籍とアプリの違いや口コミまで

金のセンテンスの音声の利用方法を紹介|書籍とアプリの違いや口コミまで

「金のセンテンスの音声は、どうやって使うべき?」
「金のセンテンスを音声で勉強するには、書籍よりアプリの方がおすすめ」

金のセンテンスは「特急シリーズ」という、人気のTOEIC用の英単語集のうちのひとつで、TOEIC頻出の単語が掲載されています。従来の書籍タイプの単語帳に加えて、アプリも発売されていますが、どちらを購入しても音声からの学習も可能です。

この記事では、金のセンテンスの概要について紹介し、書籍版・アプリ版それぞれの金のセンテンスでできることを具体的に解説していきます。また、実際に金のセンテンスを利用して英語学習をしている人の口コミも併せて紹介しています。

金のセンテンスを使って単語学習をしている方、TOEICの学習方法で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

「金のセンテンス」とは

「金のセンテンス」とは、TEX 加藤氏により制作された『TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のセンテンス』という単語集の略称です。TEX 加藤氏が手掛ける単語集は「特急シリーズ」と呼ばれ、「金のセンテンス」以外にも、「金・銀のフレーズ」「 読解特急」「金の熟語」など、各TOEICセクションに対応する参考書が出版されています。わかりやすい構成と、TOEICでよく出る厳選された単語のみが掲載されていることから、どの本も効率よく学習ができると高い人気を得ている参考書です。

「金のセンテンス」の対象英語レベル

金のセンテンスに掲載されている単語の対象レベルは「TOEICのスコア600点以上の人」と言えます。その理由は、金のセンテンスには、「TOEICのスコア600点以上の人」が対象の単語集「金のフレーズ」に、500語が加えられた「1,500語」という単語が掲載されているためです。

ちなみに、金のセンテンスの掲載単語が難しいと感じる場合には、「TOEIC300〜500点の人向け」の単語集、銀のフレーズから取り組んで見ることをおすすめします。

「金・銀のフレーズ」と「金のセンテンス」の違い

特急シリーズの単語集には、「金のセンテンス」の他に、「金のフレーズ」「銀のフレーズ」があります。これらの大きな違いは、以下の2つです。

  • 金のフレーズ・銀のフレーズは「フレーズ形式」で単語を覚えていくのに対して、金のセンテンスは「例文形式」で単語を覚えていく
  • 金のフレーズ・銀のフレーズは単語が難易度順に掲載されているのに対して、金のセンテンスはランダムに掲載されている

1つ目は、ほんのタイトル通り、金・銀のフレーズはフレーズ形式で英語を覚えます。一方、そのため、金のセンテンスは全部で360の例文に、1,500語が凝縮されており文章を丸ごと覚えていく形式です。効率よく単語を覚えられる一方、最低限の文法や文構造を理解している必要があります。

2つ目の違いは単語の掲載順です。金のセンテンスは、1つの英文に複数の覚えるべき単語が凝縮されているため、ページを追うごとに難易度が上がる訳ではありません。様々な難易度の単語がランダムに掲載されているため「なるべく簡単なものから覚えていきたい」と言う人は、まずは金・銀のフレーズから取り組むことをおすすめします。

紙媒体・アプリ両方で音声を使える

英語学習に音声は必須です。金のセンテンスは、従来の紙媒体での単語帳の他に、アプリの販売も行っていますが、どちらを選んでも、音声を利用して学習することができます。ここからは、紙書籍で学習する際のメリットと、アプリで学習する場合のメリットをそれぞれ紹介します。

紙書籍で学習するメリット

紙媒体を購入した場合、音声はWeb上に公開されているものを無料ダウンロードして用います。ダウンロード方法については、後ほど詳しく紹介します。
紙書籍で学習するメリットは、書き込みができることと、自由にページを開けることでしょう。机に向かって勉強することが好きな方、学校など、スマホを開きにくい環境にで学習する方には書籍がおすすめです。

アプリを購入するメリット

アプリを購入した場合、アプリ上で音声を聞けます。アプリで学習するメリットは、主に以下の3つです。

  • 手軽に学習できる
  • 復習が簡単にできる
  • 書籍よりも安い

1つ目は、アプリは、書籍よりも手軽に学習できることです。本を持ち歩かずとも、スマホだけあれば、通勤時間や休憩時間などにもコツコツと学習ができます。詳しくは後述しますが、金のセンテンスのアプリでは、基本的に「10単語1セット」として暗記を繰り返してゆきます。そのため、スキマ時間にも区切りよく暗記を行えます。

2つ目は、復習も簡単にできることです。金のセンテンスのアプリでは、出題される単語を「わかる/わからない」に振り分けます。そこで「わからない」に振り分けられたものだけを、後から抽出して復習することが可能です。また、簡易的なテストもあり、不正解だったものだけを抽出して復習することができます。書籍よりも効率的に、知らない単語のみを繰り返し覚えられることがメリットと言えます。

3つ目のメリットは、金のセンテンスのアプリは書籍よりも安いことです。書籍は1冊あたり979円であるのに対し、アプリは860円です。復習も簡単で、学習時間の記録など様々な機能がついているのにもかかわらず、書籍よりも安いことからも、アプリの方がおすすめできます。

「金のセンテンス」で単語を学習するメリット

ここでは、金のセンテンスを利用して単語学習をするメリットを改めて紹介します。なお、ここで解説することは、紙媒体・アプリに共通するものです。

  • 音声から学ぶこともできる
  • 初心者にとってもわかりやすい
  • 1つの文章で効率的に覚えられる
  • TOEIC特有の単語も収録されている
  • モチベーションを保ちやすい

ひとつずつ、詳しく見ていきましょう。

音声から学ぶこともできる

TOEIC対策をする上で、音声を利用することは必須です。TOEICの配点の半分はリスニングですよね。そのため、単語を覚える際は、綴りを見て理解できるだけでなく、音でも聞いても理解できるようにしておくことが大切です。知っている単語のはずのに、リスニングになると聞き取れない経験をした人もいるのではないでしょうか。金のセンテンスでは、書籍・アプリともに英文および単語の音声を利用することができます。この機能を活用して、単語の綴りと音を一致させながら暗記を進めましょう。

わかりやすい構成

金のセンテンスの大きな特徴は、非常にわかりやすい構成であることでしょう。
紙媒体であれば大きな文字で1文が書かれ、直下に文中の覚えるべき単語・日本語訳が記載されています。アプリであれば、ワンタップで英文・日本語訳・解説を瞬時に見比べることができます。シンプルかつ使いやすい構成が、金のセンテンスの大きな魅力です。

1つの文章で効率的に覚えられる

1文で複数の英単語を学習できることも、金のセンテンスの大きな特徴です。
従来の単語帳では、1つの単語につき、複数の日本語訳が辞書のように記載されていることが多いです。しかし、金のセンテンスでは、覚えるべき単語が使用された「1つの文章」とその訳を暗記していきます。
1つの英単語につき、機械的にいくつもの日本語を記憶してゆくのは中々困難ですよね。そこで、金のセンテンスでは、TOEICで最も出題される形で各単語が使われた英文が掲載されています。その文章を覚えることで、複数の単語を一度で記憶できる他、例えばそれが自動詞か他動詞かがわかったり、直後に置かれる前置詞がわかったり、文中での単語の使われ方まで覚えたりできるのです。これは、TOEICのpart7の長文読解などで非常に役に立ちます。

TOEIC特有の単語も収録されている

金のセンテンスに収録されている単語は「1,500語」ですが、これはフレーズとして収録されている単語の総数です。実は、この1,000語以外にも、TOEICにおいてよく使用される単語も一覧として収録されています。それらは"Supplement"という形で、以下のジャンルに分けられています。

  • Supplement TOEICに出る主な部署名
  • Supplement TOEICに出る主な職業名
  • Supplement TOEICに出る主な専攻名
  • Supplement 押さえておきたい前置詞
  • Supplement 押さえておきたい接続詞
  • Supplement 押さえておきたい接続副詞
  • Supplement 押さえておきたい定型表現120詞

たとえば"Supplement TOEICに出る主な部署名"では、board of directors役員(会)"という単語が掲載されています。この単語は、直接的に問題になることはあまりないでしょう。しかし、知っていることでパッセージを理解しやすくなることは間違いありません。このように、TOEIC特有の単語がまとめられていることは金のセンテンスをはじめとした「特急シリーズ」のメリットです。

モチベーションを保ちやすい

金のセンテンスには1,500単語が掲載されています。単調な単語帳であれば、この数の単語を覚え切るのは中々難しいかもしれません。しかし、金のセンテンスでは飽きずに単語を覚えられる工夫が多く施されています。書籍版では単語の横にチェックボックスがあり、覚えた単語と覚えていない単語をひと目で把握できるようになっています。アプリ版でも同様に、「わかる単語/わからない単語」を振り分けてひと目でわかるようになっています。

また、上述の通り、"Supplement"という、知っておくべき単語がジャンル別に収録されているため、単語同士を関連させて覚えやすいです。

「金のセンテンス」の具体的な音声の活用方法

ここでは、具体的な金のセンテンスの音声の3つの活用方法を紹介します。

ディクテーション

ディクテーションとは、流れた音声を聞き取って、紙に書き出す学習方法です。これは、特にはじめて金のセンテンスに取り組む際におすすめです。その理由は、自分が知っている単語、知らない単語を紙に書き出すことで明確化させられるからです。初読時にディクテーションを行い、わからなかった単語だけを覚えてゆけば、効率的に暗記を進められるでしょう。

シャドーイング

シャドーイングも、金のセンテンスのおすすめの活用方法です。シャドーイングとは、話された文章をシャドー(=影)のように追って発音する学習方法です。金のセンテンスの音声では、単語だけではなく文章を丸ごと聞くことができるため、それをシャドーイングすることで、発音や英語のリズム、イントネーションも併せて学ぶことができます。結果として、リスニングセクションの点数アップも期待できるでしょう。

暗唱

最後に、覚えた英文を暗唱することもできます。後ほど詳しく紹介しますが、金のセンテンスの音声は、日本語訳→英文の順で流れます。日本語訳が流れた後に、一時停止をして覚えた文章を暗唱できるかチェックしてみましょう。本当に覚えたかをテストするのに役に立ちます。

【書籍版】金のセンテンスアプリの音声の利用方法

書籍版の金のセンテンスを購入した人は、Web上で無料公開されている音声をダウンロードしましょう。スマホで聞く場合、PCで聞く場合に分けて、利用方法を紹介します。

スマホで聞く場合

スマホで聞くには、"abceed"というアプリをインストールする必要があります。インストール方法および使い方については、以下で詳しく解説します。

PCで聞く場合

PCで聞く場合は、Webで無料公開されているzipファイルを以下の手順でダウンロードしてください。

  • 金のセンテンスの出版元である「朝日新聞出版」の公式サイトにアクセス
  • PCやミュージックプレイヤーで音声を聞く場合を選択
  • 希望のファイルを選択
  • ダウンロードを選択

なお、ファイルは以下の3タイプから選択可能です。もちろん、全てダウンロードすることもできます。

  • 英語版ー英文のみの読み上げ
  • 日英版ー和訳と英文を交互に読み上げる
  • 基礎版ー和訳→英文→単語→英文の順に読み上げる

暗唱に使いたい場合は、日英版もしくは基礎版をダウンロードしましょう。

【アプリ版】金のセンテンスのアプリの音声の利用方法

ここでは、金のセンテンスアプリの具体的なダウンロードと登録の方法を見ていきましょう。

金のセンテンスアプリのダウンロードする

まずは、金のセンテンスアプリをダウンロードしてください。インストール方法は、以下の通りです。

金のセンテンスアプリabceed

  • App StoreもしくはGooglePayをタップ
  • 「abceed」を検索
  • 「abceed」アプリをインストール

アプリ名称は「金のセンテンス」でないことに注意してください。金のセンテンスアプリは、「abceed」というTOEIC学習アプリの1コンテンツという位置付けです。

abceedとは?

abceedとは、金のセンテンスをはじめとして、特急シリーズやTOEIC公式問題集など、TOEIC対策に特化した様々な教材が収録されたアプリです。金のセンテンスのアプリは、abceedのコンテンツのうちの1つということです。

abceedのインストール自体は無料ですが、各コンテンツを利用するには課金が必要なとる場合が多いです。先述の通り、金のセンテンスを利用するには860円がかかります。

ちなみに、はじめてabceedを利用する場合は、利用開始から3日間、無料で全ての有料機能を利用することができます。

金のセンテンスアプリ

  • AIによるスコア測定
  • 最適な問題をAIがレコメンド
  • 113冊の教材が使い放題
  • TOEICのオンライン模試が受け放題
  • The Japan Times Alpha(英文のニュース)閲覧可能
  • 辞書機能
  • MY単語帳
  • SWトレーニング

無料期間の3日経過後には、自動で解約されるため、安心して使うことができます。

学習情報を入力する

abceedのインストール後、最初に現在の学習情報を登録します。入力する項目は、以下の3つです。

金のセンテンスアプリ学習時間

  • 現状TOEICスコア
  • 目標TOEICスコア
  • 1日あたりの学習目標時間

1日あたりの学習目標時間は、10分単位から選択可能です。

英語のレベルチェックを行う

abceedにはじめて登録した人は、AIによるレベル診断で、現在のTOEICスコア予測をしてくれます。以下の3パターンからテストを選択してください。

  • 5問/所要時間3分/予測スコアの誤差±106点
  • 10問/所要時間5分/予測スコアの誤差±77点
  • 15問/所要時間8分/予測スコアの誤差±61点

リスニング・リーディングの問題を数問出題され、正答率を見てスコアを予測してくれます。なお、このテストはスキップも可能です。

abceedのホーム画面で現状のレベルを把握する

英語のレベルチェックを終了すると、abceedのホーム画面が表示されます。abceedのホーム画面で確認できることは、以下の項目があります。

  • 現状のTOEIC予測スコア
  • 語彙レベル(120,000語中、何語を習得しているか)
  • おすすめの問題
  • TOEICオンライン模試
  • 学習目標達成率
  • abceedでの学習時間
  • 学習問題

つまり、abceed内のコンテンツを用いて学習した内容を総合して、語彙レベルの算出や、学習時間の記録を行ってくれるのです。

金のセンテンスを購入する

それでは「金のセンテンス」を利用していきましょう。abceedの下部バーの「見つける」をタップして「金のセンテンス」を検索してください。

ここから、以下のコンテンツを利用するには860円を支払う必要があります。ただし、abceedのインストールから3日間は、支払い不要で全ての機能を使うことができます。

  • アプリ学習
  • SWトレーニング
  • 単語一覧
  • 索引
  • 学習記録

なお、アプリ上でも音声のみの利用であれば、無料で使用することもできます。もしも書籍を持っている人は、アプリをインストールして音声のみを利用しても良いでしょう。

金のセンテンスアプリでできること

金のセンテンスアプリでできることは以下の通りです。

  • アプリ学習
  • 音声
  • SWトレーニング
  • 単語一覧
  • 索引
  • 学習記録

それぞれの内容について、ひとつずつ、見ていきましょう。

アプリ学習

金のセンテンスアプリの主要な機能は「アプリ学習」と言っていいでしょう。ここでは、書籍版の金のセンテンスに掲載されている全単語が学習できます。

なお、全ての単語は、以下の11セクションに分けられて収録されています。

  • Station1 1-100
  • Station2 100-200
  • Station3 201-300
  • Station4 301-360
  • Supplement TOEICに出る主な部署名
  • Supplement TOEICに出る主な職業名
  • Supplement TOEICに出る主な専攻名
  • Supplement 押さえておきたい前置詞
  • Supplement 押さえておきたい接続詞
  • Supplement 押さえておきたい接続副詞
  • Supplement 押さえておきたい定型表現120詞

各セクションの単語は、10語を1回セットとして学習を進めて行きます。具体的に見てみましょう。

金のセンテンスアプリ学習

「基礎の400語」の中から「未学習」の単語を学習を選択すると、画面には"What does Mr.Kato most likely mean when he writes, "Let's try anyway"?"という文章が表示され、音声が流れます。これは"likely"と"anyway"いう単語を学習ページです。

このように複数の単語につき1つの文章が掲載されるのです。

また、画面下部には「わかる/わからない」を選択できるボタンが表示されます。単語を知っている場合は「わかる」を、知らない場合は「わからない」をタップし振り分けて行きます。なお、自分なりのメモを追加したり、覚えにくい単語や苦手な単語は「MY単語帳」に追加したりもできます。

金のセンテンスアプリ学習

このように学習した単語はパーセンテージで確認できます。

音声

次は、音声についてです。先述の通り、音声機能は金のセンテンスに対して課金しなくても利用可能です。

「音声」では、書籍版に掲載されている全ての単語・フレーズの音声をダウンロードすることができます。「音声」をタップすると、以下の3つの選択肢が現れます。

  • 金のセンテンス音声-基礎版
  • 金のセンテンス音声-日英版
  • 金のセンテンス音声-英語版

音声の発音速度は1.1倍速〜2.0倍速まで変更可能です。また、リピート再生やシャッフル再生機能も利用できます。

SWトレーニング

「SWトレーニング」とは、「Speaking & Writing トレーニング」のことです。SWトレーニングでは、以下の機能が備わります。

  • 音読
  • リピーティング
  • ディクテーション

「音読」では、画面に表示された英文を、正しくスマートフォンのマイクに向かって発音します。ネイティブの例が流れるので、その後に発音しましょう。AIが発音を判定して、その正しさをパーセンテージで表示してくれます。

「リピーティング」も、基本的に「音読」と同じです。しかし、画面に英文が表示されません。耳を頼りに、聞き取った英文をそのままマイクに向かって発音します。「音読」同様に、AIが判定して、発音の正しさを示してくれます。

「ディクテーション」では、聞き取った音声を書き取ります。たとえば、画面には3つの空欄が表示され、英語の音声が流れます。画面下部にはランダムな8語程度の単語が表示されるので、発音された通りに単語を選択し、空欄を埋めてゆきましょう。直後に正誤判定と正解が表示されます。

単語一覧

「単語一覧」とは、文字通り全ての単語が一覧で閲覧できる画面です。ひとつの単語をタップすると、辞書のような詳しさで各単語、以下のことが解説されています。

  • 発音記号
  • 品詞
  • 複数の例文
  • 日本語訳

単語は「MY単語」に登録することもできます。

索引

「索引」では、金のセンテンスに収録されている単語を、検索することができます。検索結果には、「どのセクションに収録されている単語か」「単語のチェック(わかる/わからない)」が見ることができます。

金のセンテンスアプリ索引

索引したものに「わからない」マークを付けていくと、後ほど復習しやすくなりますね。

学習記録

「学習記録」では、以下の3つの方法で学習した時間を記録できます。

  • 手入力
  • ストップウォッチ
  • タイマー

日々の学習を記録することで、モチベーションの維持にもつながります。

以上が、金のセンテンスのアプリで利用できる機能です。非常に豊富なサービスがあることがわかりますね。先述の通り、abceedをインストールしてから3日間は、金のセンテンスを含めて全ての機能を無料で利用できるため、試しに1度インストールしてみてはいかがでしょうか。

金のセンテンスを実際に利用した人の口コミ

ここまで、金のセンテンスの使い方について詳しくみてきました。次は、実際に金のセンテンスを実際に使用している人の口コミを見てみましょう。

①「スキマ時間で学習した」という声です。やはり、手軽に取り組めることは大きなメリットになるようです。

②「金フレの単語をduoみたいに一文に凝縮したような感じ」との声です。大学受験などで人気の単語集「DUO3.0」が好きだった人には、ぴったりです。

③「文章を音読しながら素早く意味を確認…楽しい!」という口コミです。音声を活用することで、テンポよく学習を進められるようです。

この他にも、金のセンテンスに関する口コミは多くありましたが、そのほとんどが「使いやすさ」「わかりやすさ」を高く評価する意見でした。

金のセンテンスは音声を使っての学習がおすすめ

ここまで、金のセンテンスアプリについて紹介してきました。金のセンテンスは、人気のTOEIC単語帳の「特急シリーズ」のひとつです。

金のセンテンスを使って英語学習を行うメリットは、以下の5点です。

  • 音声から学ぶこともできる
  • 初心者にとってもわかりやすい
  • 1つの文章で効率的に覚えられる
  • TOEIC特有の単語も収録されている
  • モチベーションを保ちやすい

金のセンテンスには、書籍・アプリ、どちらの利用であっても無料で音声をダウンロードできます。音声を用いたおすすめの学習方法は、以下の3つです。

  • ディクテーション
  • シャドーイング
  • 暗唱

なお、金のセンテンスは書籍を購入せずに、アプリのみの利用でも問題ありません。アプリを購入すると、学習時間の記録など、様々な充実した機能を利用できるようになります。abceedをインストールしてから3日間は、上記を含めて全ての機能を無料で利用できます。まずは試しに1度ダウンロードして使ってみることをおすすめします。

この記事を参考に、金のセンテンスの音声を使って、効率的にTOEICの学習を進めてみてください。

【関連ページ】TOEIC単語帳の決定版!金のフレーズの使い方や勉強法を解説【初心者向け】
【関連ページ】銀のフレーズのアプリの使い方を徹底解説。隠れた機能から口コミまで

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ユカ

旅行好きなフリーライター。大学受験で英語の知識を叩き込み、在学時に留学や旅行で実践的な英語力を身につける。アメリカ留学を経験、世界一周をして40ヵ国近くへ訪問済み。TOEIC850点。

-学習ノウハウ

© 2021 英語コーチングスクール比較ナビ