英語を好きになる方法って?嫌いな理由や興味を持てる勉強法を紹介

英語を好きになる方法って?嫌いな理由や興味を持てる勉強法を紹介
「英語を好きになるような方法ってあるの?」
「昔から英語の勉強が嫌いだったけれど、克服したい」

仕事や旅行のために、英語を勉強する必要を感じつつも、このように英語に対して強い苦手意識を持っている人も多いですよね。

この記事では、なぜ英語が嫌いだと感じるのか、その原因について考え、それを踏まえた上で英語を好きになる方法を紹介します。また、小学生・中学生が英語を好きになるために工夫できることについても解説します。

英語を楽しく勉強したい人、英語に苦手意識があるものの、好きになりたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

アプリ学習×英語コーチングおすすめの3スクール

  • スピークバディ パーソナルコーチプラン
    AIを用いて英会話のトレーニングができるため、ネイティブとの英会話レッスンはハードルが高いという方におすすめ。
  • スタディサプリTOEICパーソナルコーチプラン
    リクルートが運営するWeb学習サービス最大手のスタディサプリに、コーチングサービスをつけることで、最高の学習環境でTOEIC学習ができる。
  • POLYGLOTSパーソナルトレーニングプラン
    170万人以上が利用した大人気英語学習アプリPOLYGLOTSに、パーソナルトレーナーをつけることで、理想の学習環境を手に入れる。

英語が嫌いな原因とは?

英語が嫌いな原因とは?

英語が嫌いと感じる原因は人それぞれです。

しかし、主な原因としては、以下のことが考えられます。

  • 学生時代から英語が苦手だった
  • 覚えるべき単語・ルールが多い
  • 聞き取れない・話せない

それぞれについて、少し詳しく見てみましょう。

学生時代から英語が苦手だった

英語が嫌いな原因の1つ目は、学生時代から英語が苦手だったことです。

中学・高校の英語の授業がつまらなかったり、文法ルールなどをいまいち理解できていなかったりすると、英語の勉強はただの暗記作業のように感じてしまい英語に苦手意識を持ちやすいです。

また、学生時代のテストの結果が悪かったり、なかなか成績が伸びなかったりという経験をしている場合も、教科としての英語を嫌いになりやすいでしょう。

学生時代から英語科目が苦手で、その意識がずっと続いていることが、英語が嫌いな原因として考えられる1つ目です。

覚えるべき単語・ルールが多い

英語が嫌いな原因の2つ目は、覚えるべき単語ルールが多いことです。

言語という性質上、英語の学習においては単語や文法のルールの暗記が欠かせません。しかし、目指すレベルにもよりますが、英語を上達させるためには膨大な量の単語や文法を覚える必要があります。完璧に英語をマスターしたいと思った場合、覚えるべき単語数は無数といって良いほどあり、勉強のゴールが見えにくく感じることもあるかもしれません。

ゴールが見えないため、モチベーションを維持しにくく、英語そのものが苦手だと思ってしまうこともあるでしょう。

このように、覚えるべき単語・ルールが多いことが、英語が嫌いな原因として考えられる2つ目です。

聞き取れない・話せない

英語が嫌いな原因の3つ目は、英語を聞き取れなかったり話せなかったりすることです。

英語の勉強をして、いざ仕事や旅行で英語を使ってみたものの、うまく通じずに落ち込んだり、恥ずかしい気持ちになったりという経験をした人もいるでしょう。せっかく勉強したのにと、挫折を感じたり、虚しい気持ちになったりして、英語を嫌いになる人もいるかもしれません。

このように、上手く聞き取れなかったり、話せなかったりした経験が、英語を嫌いになる原因として考えられる3つ目です。

アプリ学習×英語コーチングおすすめの3スクール

  • スピークバディ パーソナルコーチプラン
    AIを用いて英会話のトレーニングができるため、ネイティブとの英会話レッスンはハードルが高いという方におすすめ。
  • スタディサプリTOEICパーソナルコーチプラン
    リクルートが運営するWeb学習サービス最大手のスタディサプリに、コーチングサービスをつけることで、最高の学習環境でTOEIC学習ができる。
  • POLYGLOTSパーソナルトレーニングプラン
    170万人以上が利用した大人気英語学習アプリPOLYGLOTSに、パーソナルトレーナーをつけることで、理想の学習環境を手に入れる。

英語を好きになる方法

英語を好きになる方法

ここまで、英語が嫌いな原因として考えられることを紹介してきました。しかし、いくら苦手意識があっても、仕事や旅行の際には、英語の勉強をしなければいけないこともあるでしょう。

せっかく英語を勉強するのであれば、楽しみながら学びたいですよね。

ここからは、英語を好きになるために工夫できることについて紹介していきます。

  • 英語をコミュニケーションツールと捉える
  • 完璧を目指さない
  • 英会話の実践練習を積極的に行う
  • 興味のある分野から英語を学ぶ
  • 具体的な目標設定をする
  • 定期的に英語力をチェックする
  • モチベーションを維持できる仕組みを作る

それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

英語をコミュニケーションツールと捉える

英語を好きになる方法の1つ目は、英語をコミュニケーションツールと捉えることです。

上述の通り、英語を嫌いと感じる原因の1つに、学生時代の英語科目が苦手だったことが挙げられます。確かに「試験科目」としての英語は苦手だったかもしれませんが、本来、英語はコミュニケーション手段のひとつに過ぎません。

英語は外国の人との意思疎通を図るための手段だと認識すると、学生時代のテストのように、正しいスペルや文法を覚えることはそれほど重要でないことがわかるでしょう。それがわかると、より気軽に英語を使えるようになるかもしれません。

このように、英語をコミュニケーションツールと捉えることが、英語を好きになる方法の1つ目です。

完璧を目指さない

英語を好きになる方法の2つ目は、完璧を目指さないことです。

上述の通り、英語はあくまでコミュニケーションのためのツールです。そのため、実際の英会話のシーンでは、たとえ自制や単元がおかしかったり、発音に日本語の訛りがあったりしても、指摘されることはほとんどありません。「ミスなく話さなければ」と思い込んでしまうことで、なかなかスムーズに英語が口から出てこないでしょう。

「多少、文法や発音が間違っていても、意味が伝わればOK」と捉えることで、気軽に英語を使えるようになり、苦手意識も低減されます。

このように、完璧にミスなく話すことを目指さないことが、英語を好きになる方法の2つ目です。

英会話の実践練習を積極的に行う

英語を好きになる方法の3つ目は、英会話の実践練習を積極的に行うことです。

勉強科目として英語に触れてきた人は、英語とは単語や文法を暗記しているかどうか、素早く文章を理解できるかが試されるばかりで、そこに楽しさを見出すことが難しかったかもしれません。しかし、外国人と英会話をしてみると、学んだことが実践できることに喜びを感じられるでしょう。

また、外国人との交流を通じて、日本人にはない考え方や意見に多く触れられ、世界が広がることも実感できますよ。

このように、英会話の実践練習を積極的に行うことが、英語を好きになる方法の3つ目です。

興味のある分野から英語を学ぶ

英語を好きになる方法の4つ目は、興味のある分野から英語を学ぶことです。

英語が嫌いな人の多くは、机に向かって無機質な単語帳を暗記していく作業や、分厚くてわかりにくい文法書を読み進めていくことを苦痛に感じるでしょう。英語に苦手意識がある場合は、学生時代のような勉強方法ではなく、自分が楽しみながら続けられる方法を取るべきです。

例えば音楽が好きなら洋楽を歌詞を見ながら聞いてみたり、スポーツが好きなら海外の試合についての解説やインタビュー映像を見たりということも、勉強になります。洋画やドラマを活用して、実生活で使えそうなセリフを覚えてみるのも良い方法でしょう。

ゲーム感覚で楽しめる英語学習アプリを使ったり、既に内容を知っている好きな本の英訳版を読んだりするのも効果的です。

このように、興味のある分野から英語学習を始めることが、英語を好きになる方法の4つ目です。

関連記事:英語学習初心者が海外ドラマを観るメリットは?おすすめドラマと学習方法も紹介

具体的な目標設定をする

英語を好きになる方法の5つ目は、具体的な目標設定をすることです。

英語に苦手意識がある人が、英語を勉強する上で最も困難に感じることは、学習を継続することかもしれません。途中で挫折したり、モチベーションを下げてしまったりしないためには、英語の勉強を開始する動機となったことに対して、なるべく具体的な目標を設定しましょう。

ただ「英語を話せるようになりたい」というのは曖昧な目標です。「海外旅行で困らないくらいの英語力をつけたい」「英語のミーティングについていけるくらいの英語力をつけたい」「TOEICで900点を取りたい」など、なるべく具体的な目標を設定しましょう。そうすることで、ゴールまでの距離ややるべきことが明確になります。

また、目標に対して自分がどれほど英語力を伸ばせたかも把握しやすくなり、自分の成長を楽しみながら英語の勉強を進められます。

このように、具体的な目標設定をすることで、モチベーションを保ちながら英語学習をすることが、英語を好きになる方法の5つ目です。

関連記事:英語学習の目標設定のコツ!目標を立てる上での考え方と、目標例を紹介

定期的に英語力をチェックする

英語を好きになる方法の6つ目は、定期的に英語力をチェックすることです。

英語学習の目標を設定したら、その目標を達成する期限を決め、定期的に目標に対してどれだけ近づけているのかをチェックすることが大切です。英会話の習得が目的なら、定期的にネイティブと話してみる、TOEICのスコアアップが目的なら、模擬試験を受験するなど、自分の目標に合わせた実力チェック方法を検討し、一定間隔で実施しましょう。

きちんと実力が身についていることがわかると、モチベーションアップにも繋げられます。

このように、定期的に英語力を確認することが、英語を好きになる方法の6つ目です。

モチベーションを維持できる仕組みを作る

英語を好きになる方法の7つ目は、モチベーションを維持できる仕組みを作ることです。

上述の通り、英語が苦手な人にとっての1番の懸念点は、目標達成前に勉強をやめてしまうことです。途中で挫折しないためには、毎日の学習記録をつけたり、一緒に英語を勉強する仲間を見つけたり、継続しやすいアプリ学習を取り入れたりなどの工夫が必要でしょう。

「何度も英語の勉強に挫折してきた」「英語を習得しなきゃいけないのに、どうしてもやる気がわかない」という人には、英語コーチングスクールの利用もおすすめします。

英語コーチングスクールとは、英語そのものを教えるだけでなく、英語学習の目的に合わせた適切な学習方法進捗管理も行ってくれるスクールです。基本的に生徒1人につき1人のコーチがつき、具体的なゴールや目標達成までの期日、仕事やプライベートの状況も加味して、どのようなスケジュールで学習を進めていくべきかを提案してくれます。

また、多くの英語コーチングスクールでは、毎日の勉強成果をコーチに報告する仕組みが取られています。そのため、勉強に遅れが出た場合もすぐにリカバリーが可能で、英語学習に関する疑問・質問が出た場合もすぐに解消できます。

「自力ではモチベーションを保てない」という人には、最適なサービスと言えるでしょう。

このように、モチベーションを維持できる仕組みを作ることが、英語を好きになる方法の7つ目です。

アプリ学習×英語コーチングのおすすめスクール

英語コーチングスクールの体験レッスンやインタビューを30スクール以上行ってきた当サイトが、本当におすすめだと思ったスクールを3つだけ紹介しておきます。ぜひ活用してみてください。

1位:スピークバディ パーソナルコーチング

1位:スピークバディ パーソナルコーチング

公式サイト:https://speakbuddy-personalcoaching.com/

コーチング×オンライン英会話の組み合わせで、1日1時間で話せる英語力を身につけるためのサービスです。 オンライン英会話サービスで使用する「Speak Buddy」アプリは、対人ではなくAIを用いた学習ツールです。

様々なシチュエーションでの会話内容が1人でトレーニングできるので、ネイティブとの英会話レッスンはハードルが高いという方に大変おすすめできます。 コーチングもオンラインを採用しているため、価格も抑えられるところも注目ポイントですね。

大人気AI英会話アプリと

専属コーチによる次世代型英語学習
簡単1分申し込み

関連記事:【1日たったの1時間!?】スピークバディ パーソナルコーチングの口コミ・評判まとめ

2位:スタディサプリTOEICパーソナルコーチ

2位:スタディサプリTOEICパーソナルコーチプラン

公式サイト:https://studysapuri.jp/

リクルートが運営するスタディサプリは、Web学習サービスの最大手です。 講義動画は平均1分半程度と短めに設定されており、スマホ1つあればいつでもどこでも受講できるアプリの特徴を生かして、隙間時間を有効活用できます。

アプリ学習の落とし穴である、学習者のモチベーションの波に学習のペースが左右されてしまう点は、パーソナルコーチをつけることにより解決してしまいましょう。不明点をすぐ解決できて、学習のペースメーカーとしてアドバイスしてもらえる環境は、英語学習を続ける上で、大変大きなアドバンテージになります。

7日間の無料体験も行っていますので、気軽に試せるのもうれしいですね。

7日間の無料体験中
※無料体験はいつ終わるかわからないのでお早めに

関連記事:スタディサプリTOEICパーソナルコーチプランの口コミ・評判まとめ

3位:POLYGLOTSパーソナルトレーニングプラン

3位:POLYGLOTSパーソナルトレーニングプラン

公式サイト:https://www.polyglots.net/personal/

AIを用いて、オリジナルのカリキュラムを提案してくれるアプリ「POLYGLOTS」。 さらに英語レッスンとパーソナルトレーナーによるコーチングも組み合わせたサービスがパーソナルトレーニングプランです。 これまで、「英語を勉強しよう」と思い立っては挫折を繰り返してきた方には、コーチをつけるという選択肢がどれだけ効果的かぜひ試してほしいですね。

大人気アプリによる

学習の効果をコーチングで加速
簡単1分申し込み

関連記事:【代表インタビュー】POLYGLOTS「英語はマラソン。POLYGLOTSはペースメーカー」

【小学生・中学生向け】英語を好きになる方法

【小学生・中学生向け】英語を好きになる方法

ここまで、主に学生や社会人で英語に苦手意識がある人が、英語を好きになる方法について紹介してきました。

しかし、子供を育てている人の中には、「幼い頃に英語に苦手意識を持たせたくない」と考える人も多いでしょう。

小学生や中学生が英語を好きになるための重要なポイントは、「英語=試験科目」という認識をなるべくつけないことです。英語を学ぶことに抵抗をなくすため、英語の歌を覚えたり、単純なアニメを見たりと、なるべく楽しめる方法で英語に触れさせましょう。

簡単な英語の挨拶やフレーズを覚えたら、家の中で日常的に使ってみるのも良い方法です。可能であれば、実際に海外に旅行したり、外国人と話す機会を作ったりすると、より英語を身近なものと感じられます。

このように、子供の頃から「英語はコミュニケーションツールのひとつ」と認識させることで、英語を嫌いになる可能性を減らすことができます。

勉強方法を工夫して英語を好きになりましょう

勉強方法を工夫して英語を好きになりましょう

ここまで、英語が嫌いな原因と、好きになる方法について紹介してきました。

英語が嫌いな主な原因としては、以下が考えられます。

  • 学生時代から英語が苦手だった
  • 覚えるべき単語・ルールが多い
  • 聞き取れない・話せない

英語を好きになるための方法としては以下のことが挙げられます。

  • 英語をコミュニケーションツールと捉える
  • 完璧を目指さない
  • 英会話の実践練習を積極的に行う
  • 興味のある分野から英語を学ぶ
  • 具体的な目標設定をする
  • 定期的に英語力をチェックする
  • モチベーションを維持できる仕組みを作る

この記事を参考にしながら、楽しく英語に向き合えるよう工夫してみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ユカ

旅行好きなフリーライター。大学受験で英語の知識を叩き込み、在学時に留学や旅行で実践的な英語力を身につける。アメリカ留学を経験、世界一周をして40ヵ国近くへ訪問済み。TOEIC850点。

-学習ノウハウ

© 2022 英語コーチングスクール比較ナビ