瞬間英作文でリスニング力は伸びる?効果的な勉強方法を紹介

瞬間英作文でリスニング力は伸びる?効果的な勉強方法を紹介

「瞬間英作文って、リスニングにも効果がある?」
「リスニングの教材に瞬間英作文って使えるのかな?」

リスニング力を強化させようと勉強している人の中には、このように、参考書「瞬間英作文」を使って勉強しようとしている人もいるかもしれません。

瞬間英作文は「簡単な英文を反射的に口から出せるようになる」ことを目的として作られた教材ですが、リスニング対策にも効果はあるのでしょうか。

この記事では、瞬間英作文に取り組むことでリスニング力を向上させられるのか、またその理由、リスニング力を伸ばすために効果的な取り組み方について紹介していきます。

併せて、リスニング力アップのために、瞬間英作文と同時に取り組むべき勉強方法についても解説していきます。

リスニングの勉強方法に悩んでいる方や、瞬間英作文を使った効果的な勉強方法を知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

MEMO瞬間英作文がTOEIC対策として使えるかどうかは「瞬間英作文はTOEIC対策に有効!やり方からおすすめ参考書まで全て解説」でまとめてるので、参考にしてください。

TOEICスコアを短期間で劇的に上げたい方におすすめの3スクール

  • STRAIL(ストレイル)TOEIC®️L&R TESTコース
    TOEICに伸び悩み始めた中上級者向け。第二言語習得研究に基いたトレーニングにより、一切の無駄を省いて効率的な学習が可能。
  • プログリットTOEICコース
    TOEICスコアアップのための学習ロードマップを作成する初回無料カウンセリングが、TOEICと本気で向き合う学習者から大人気。
  • フラミンゴオンライン英語コーチング 試験対策コース
    TOEICスコアアップだけでなく、実際の業務に活きる英語力も高めたいという欲張りをかなえられるプログラム。

瞬間英作文がリスニング力向上に効果的な理由

瞬間英作文がリスニング力向上に効果的な理由

「瞬間英作文はスピーキングのトレーニングのための参考書だから、リスニングにはあまり効果がない」と考える人もいるかもしれません。

しかし、結論から言えば、瞬間英作文は、リスニング力の向上にも効果があると考えられます。

それでは、なぜ、瞬間英作文に取り組むことでリスニング力を向上させられるのでしょうか。

ここでは、瞬間英作文がリスニングに効果的と言える以下の理由について見ていきましょう。

  • 英語に慣れる
  • 基礎的な文型を身につけられる
  • フレーズが頭に定着する
  • 返り読みの癖が矯正される
  • 和訳することなく意味を理解できるようになる
  • 音の繋がりや消失を認識できるようになる

1つずつの理由について、詳しく紹介していきます。

耳が英語に慣れる

瞬間英作文がリスニング力の向上に効果的であると言える理由の1つ目は、耳が英語に慣れるためです。

瞬間英作文を手に取ったことがある人ならご存知の通り、瞬間英作文では、短い英語フレーズを何度も何度も繰り返し発音していくことで、頭の中にその文型、フレーズを定着させるという参考書です。

「日本語を聞いて英語に瞬時に訳す」というトレーニングをするために、CD音声も付帯しています。CDでは、日本語の例文が流れた後に、その英訳も流れます。

後ほど詳しく紹介しますが、瞬間英作文を使った勉強方法では、CDの音声を聞きながら、何度も同じフレーズを自分の口で発音していくことになります。

上手に発音するためには、何度もお手本となるネイティブの英語音声を聞き取り続けることが必要です。

このように、瞬間英作文を使った勉強では、何度も繰り返し英語を聞き取り続けることから、耳が徐々に英語に慣れてリスニング力向上に繋がると言えます。

基礎的な文型を身につけられる

瞬間英作文に取り込むことでリスニング力を向上させられる理由の2つ目は、基礎的な文型を身につけられるからです。

瞬間英作文は、中学校までで習う文型が使われた790本のフレーズを徹底的に覚えて話せるようになることを目的にした参考書です。

自分で話せるようになるまで頭に定着させたフレーズや文型は、他人がその文型やフレーズを使った英文を話した時も聞き取れるでしょう。

「中学レベルの文章では、あまり大きくリスニング力を伸ばせないのでは?」と感じる人もいるかもしれません。

しかし、実際の日常的な英会話のシーンでは、そこまで複雑な文法が使用されることはあまりありません。

専門性の高い論文や、大学入試などでの長文読解ではより複雑で難易度の高い文法が使われることもありますが、普段の英会話のリスニングにおいては基礎的な文型を完璧にして、英語の発音やネイティブの話すスピードに慣れることができれば、相手の言っていることを理解できるでしょう。

英語の映画やドラマを観ても、ネイティブもよく聞くと基本的な文型の組み合わせで会話していることがわかりますね。

このように、基礎的な文型を身につけられることが、瞬間英作文でリスニング力を伸ばせる理由の2つ目です。

フレーズが頭に定着する

瞬間英作文でリスニング力をアップさせられる理由の3つ目は、英会話においてよく使われるフレーズが頭に定着するためです。

上述の通り、瞬間英作文では、基礎的な文型を使ったフレーズを丸ごと覚えることで、1つひとつの文法や単語を分解することなく、瞬時にパッと意味を理解できるようになることを目指します。

先述の通り、瞬間英作文で取り扱われている文法・単語は、中学までで習うような易しいものばかりです。

しかし、単語や文法などの知識を「知っている」のと「使える」のとは異なります。

瞬間英作文では、何度も同じフレーズを発音して覚えることで「知っている」知識を「使える」知識へと変えてゆくのです。

頭で考えることなく、日本語を見た瞬間・聞いた瞬間に英語に訳せる状態を目指します。

結果として、基礎的で単純な英文がフレーズとして頭に定着し、それを耳にした時にも瞬時に意味を理解できるようになります。

このように、瞬間英作文では「英語を英語のまま理解できる」状態を目指します。

このように、日常会話でよく使うフレーズが頭にしっかりと定着することが、瞬間英作文でリスニング力を向上させられる理由の3つ目です。

返り読みの癖が矯正される

瞬間英作文がリスニング力の向上に効果的な理由の4つ目は、返り読みの癖が矯正されるためです。

返り読みとは、英文を最初から最後まで読んでから、日本語の語順に訳し直すようなリーディングの方法です。

返り読みでは、SVOという英語の語順を、SOVという日本語の語順に並び替えて訳すことになるため、同じ文章を2回読む必要があり、読み進めるのに時間がかかります。

また、リスニングにおいては2回読むことができないため、この方法で英語を理解していく癖がついている人は、うまく聞き取ることができません。

しかし、瞬間英作文に取り組んで、基本的な文型やフレーズを頭に定着させることで、頭の中で文章をひとつずつ分解して訳し上げていかずとも、英語の語順で意味を把握できるようになります。

英語を英語の語順のまま理解できるようになることで、返り読みの癖がなくなり、リスニング力も伸びてきます。

リーディングにおいてもリスニングにおいても、文頭からそのまま英語を理解することが大切なんですね。

このように、返り読みの癖が矯正されることが、瞬間英作文によってリスニング力を伸ばすことができる理由の3つ目です。

和訳することなく意味を理解できるようになる

瞬間英作文がリスニングに効果的であると言える理由の4つ目は、英文を和訳することなく意味を理解できるようになるためです。

リスニングに苦手意識のある多くの人は、英語を聞いてまず日本語に訳して理解してから、話されている内容のイメージを思い浮かべる方法を取っています。

このため、理解するのに時間がかかったり、話されているスピードに追いつけなかったりします。

しかし、瞬間英作文に取り組み基礎的な文型を頭に入れることで、英文を英語の語順で理解していけるようになります。

英語を聞いて英語のまま理解して、その内容のイメージを思い浮かべられるようになるのです。

瞬間英作文では、日本語→英語へと訳すトレーニングを繰り返します。それができるようになると、英語を耳にした時も瞬時にその意味を理解できるようになるのです。

このように、聞き取った英語を頭の中で和訳することなく英文の意味を理解できるようになることが、瞬間英作文がリスニングに効果的と言える理由の4つ目です。

音の繋がりや消失を認識できるようになる

瞬間英作文がリスニングに効果的と言える理由の5つ目は、英語特有の音の繋がりや消失を認識できるようになるからです。

英語には、前の単語の子音と後ろの単語の母音が繋がって発音されたり、"b" や"g"、"t"といった単語の末尾の破裂音が消えたように発音されたりすることがあります。

"look at ~"が「ルッカット」と聞こえたり、"climb"が「クライン」、"wait"が「ウェイ」と聞こえたりしますね。

このような英語特有の、音の繋がりや消失は、いくら紙のテキストを読んでもなかなか理解することが難しいです。

しかし、瞬間英作文に取り組み、英文をCD音声通りに真似して発音することを繰り返すことで、どのような音が消えているように聞こえるのか、またどのような音が繋がって発音されるのかを理解できるようになります。

自分の口で正しく発音できるようになった音は、耳で聴いても理解できます。

このように、英語特有の音の繋がりや消失を認識できるようになることが、瞬間英作文がリスニングに効果的と言える理由の5つ目です。

TOEICスコアを短期間で劇的に上げたい方におすすめの3スクール

  • STRAIL(ストレイル)TOEIC®️L&R TESTコース
    TOEICに伸び悩み始めた中上級者向け。第二言語習得研究に基いたトレーニングにより、一切の無駄を省いて効率的な学習が可能。
  • プログリットTOEICコース
    TOEICスコアアップのための学習ロードマップを作成する初回無料カウンセリングが、TOEICと本気で向き合う学習者から大人気。
  • フラミンゴオンライン英語コーチング 試験対策コース
    TOEICスコアアップだけでなく、実際の業務に活きる英語力も高めたいという欲張りをかなえられるプログラム。

リスニング力を伸ばすための瞬間英作文の取り組み方

リスニング力を伸ばすための瞬間英作文の取り組み方

ここまで、なぜ瞬間英作文に取り組むことでリスニング力を伸ばすことができるかについて紹介してきました。

しかし、実際に瞬間英作文に取り組もうと思った場合に「どうすればより効果的にリスニング力を伸ばせるのだろう」と悩むこともあるかもしれません。

ここからは、リスニング力を伸ばすための瞬間英作文の取り組み方について紹介していきます。

  • 日本語を見て英訳する
  • 単語・文法を確認する
  • 英文を見ながら英文を繰り返し音読する
  • 英文を聞きながら英文を繰り返し音読する
  • 日本語を見ながら英文を繰り返し音読する
  • 1ページ分をまとめて英訳する
  • 定期的に復習をする

1つずつのステップについて、詳しく見ていきましょう。

日本語を見て英訳する

最初のステップは、瞬間英作文に掲載されている文章の日本語を見て、英訳をしてみることです。

この時、あまり時間をかけて深く考えすぎる必要はありません。

10秒程度考えてわからない場合は、すぐに隣のページに掲載されている英訳を見て見ましょう。

瞬間英作文では、ひとつひとつの文章に時間をかけてゆっくりと取り組むより、何十、何百の文章を何度も繰り返し取り組むことで記憶に定着させることを目指します。

先述の通り、瞬間英作文に掲載されている文章は、中学程度までの文法の組み合わせで作られています。また、難しい単語も使われていません。

しかし、いざ日本語から英語に訳そうとしてみると、「意外と訳せない」ということに気付くのではないでしょうか。

単語・文法を確認する

2つ目のステップは、掲載されている正解の例文を見て、自分の作った英文との答え合わせです。

この時のポイントは、三単現の"s" や時制などの細かい部分まできちんと確認することです。

瞬間英作文ではフレーズを丸ごと暗記するため、この時にミスに気づかなければ、誤りのある文章を覚えてしまうことになるからです。

また、日本語から英語に訳せなかった文章については、英文を見てすぐに使われている文法や単語を把握できるかをチェックしましょう。

もしも、使われている単語や文法がわからない場合は、単語帳や文法集を使ってしっかりと理解してください。

英文を見ながら英文を繰り返し音読する

3つ目のステップは、掲載されている英文を見ながら、繰り返し自分の口で英文を音読してみることです。

このときのコツは、付属しているCD音声を必ず再生しながら、その音声通りに読むことです。そうすることで、英語特有の音の繋がりや消失を身につけられます。

また、ネイティブと同じような自然な英語のスピードで発音できるようにもなるでしょう。

このステップでは、つまずくことなく、スムーズに発音できるようになるまで、何度も繰り返し音読してみることが大切です。

英文を聞きながら英文を繰り返し音読する

4つ目のステップは、次は、本を閉じて、CDで英文の音声だけを聴きながら英文を発音してみることです。

この時、単に流れてくる音を真似するのではなく、英文を頭に思い浮かべながら、文構造や単語、意味をイメージしながら発音することが大切です。

また、自分が実際の英会話のシーンでそのフレーズを口に出していることを想像しながら話してみましょう。

これらのことを意識することで、より記憶に定着しやすくなりますよ。

日本語を聞いて英文を繰り返し音読する

5つ目のステップは、CDで日本語が流れた直後に、何も見ずに英文を話すことです。

瞬間英作文のCDは、日本語が流れた後、ポーズをおいて英文が発音されます。

このポーズの間に、正しい英文を正しい発音、適切なスピードで話せるようになることが目標です。

もしも詰まったり、訳せなかったりした場合は、まだ英文が口に馴染んでいなかったり、覚えきれていなかったりする可能性が高いです。

その際は、ステップ3、4をもう一度繰り返してみましょう。スラスラと言えるようになってから、再度、テキストを見ずに英訳をしてください。これをできるようになるまで繰り返します。

ポーズの間に正しい英文を話せるようになることをゴールに設定してみましょう。

1ページ分をまとめて英訳する

ここまで、1つのフレーズを何度も繰り返し発音してきました。

1ページに記載されている英文全てを訳せるようになったら、最後に1ページ分をまとめて訳してみましょう

瞬間英作文では、基本的に1ページあたり10のフレーズが掲載されています。CDを使って、1ページ分を丸ごと、音声を止めずに日本語→英語と訳して発音してみましょう。

この時、詰まってしまったり、英訳が瞬時に思い浮かばなかったりするフレーズがある場合は、その文章のみを再度繰り返し発音してみましょう。

最終的に、10のフレーズを全て流れるように発音できるようになることを目指してください。

定期的に復習をする

1ページ分を全てスラスラと英訳できるようになったら、日を置いて何度も復習をしましょう。

定期的な復習を行うことで、しっかりと記憶に英文が定着し、実際の英会話のシーンでも使える知識となります。

最初の復習は翌日、次は3日後、その次は1週間後、さらに数週間、数ヶ月と間を置いて復習をすることで、長期記憶として頭に定着します。

実際の英会話で「使える知識」とするためには、復習が必須ですね。

リスニング力を伸ばすために瞬間英作文と併せて行うべき勉強

リスニング力を伸ばすために瞬間英作文と併せて行うべき勉強

ここまで、リスニング力を伸ばすための瞬間英作文の取り組み方について紹介してきました。

このステップに沿って瞬間英作文に取り組めば、リスニング力は徐々に伸びてくるでしょう。

しかし、瞬間英作文はリスニング力アップというよりも、スピーキング力を向上させることを大きな目的として作られた参考書であることも事実です。

リスニング力を集中的に伸ばしたい場合には、瞬間英作文と併せて以下のトレーニングも行うと効果的でしょう。

  • 発音知識の習得
  • シャドーイング
  • ディクテーション
  • スピーキングの練習

1つずつについて、詳しく見ていきましょう。

発音知識の習得

リスニング力向上のために瞬間英作文と合わせて行うべき勉強の1つ目は、発音知識を習得することです。

英語には"r"、"th"など、日本語にはない英語特有の発音が数多くあります。

加えて、上で説明した通り、音と音が繋がって聞こえたり、発音されなかったりというような英語独自のルールもあります。

確かに、瞬間英作文のCD音声を徹底的に真似ることでも、このような発音が正確にできるようになるかもしれません。

しかし、発音のみを別途学習した方が、より効率的に、かつ正確に習得できるでしょう。

特に"r"と"l"の違いや、"th"の発音など、日本語にはない音の発音については、口の動かし方、舌の位置などを動画や図解されている本でしっかりと学んだ方が、より正確に聞き分けられるようになります。

今は無料の動画やアプリでも正しい発音方法を学べますよ。正しい発音を学ぶことで、グンと英語を聞き取りやすくなることを実感できるはずです。

このように、英語特有の発音のルールや知識を学んでいくことで、より効率的にリスニング力を伸ばすことができます。

シャドーイング

リスニング力を伸ばすために瞬間英作文と合わせて行うべき勉強の2つ目は、シャドーイングです。

シャドーイングとは、言葉の通り、英文の音声に続いて影(シャドー)のように追いかけて発音していく勉強方法です。

シャドーイングを行うことで、英語のリズムやネイティブの発音スピードに慣れることができるほか、長文のリスニングでも集中して聞き続けられるようになります。

瞬間英作文に掲載される英文はワンフレーズのものだけですが、シャドーイングでは基本的に複数の文章からなるスクリプトを教材として使うことになります。

長文を音読することで、1つ1つの発音だけでなく、文章全体のリズムや強弱の付け方を身につけられます。

また、シャドーイングでは、しっかりと流れる音声を集中して聞いていないと、細かい部分まで真似して発音することができません。

長文を集中して聞き続けるトレーニングを繰り返すことになるため、結果としてリスニング力を向上させられるのです。

このようなことから、シャドーイングをすることでよりリスニング力を伸ばすことができると言えます。

関連記事:シャドーイングとは?本当に効果のあるやり方と5つの注意点を徹底解説

ディクテーション

リスニング力を向上させるための瞬間英作文と合わせて行うべき勉強の3つ目は、ディクテーションです。

ディクテーションとは、耳で聞いた英語の音声を、正確に手で書きとっていく勉強方法です。

これを行うことで、自分がどのような英語の音を苦手としているのかを明確にできます。

聞き取れなかった部分を集中的に発音してみたり、何度も繰り返し聞いてみたりすることで、徐々に正確に聞き取れるようになるでしょう。

「聞き取れない原因がわからない」「苦手な部分をはっきりとさせたい」という場合には特におすすめできる方法です。

このように、ディクテーションで苦手な部分を克服することで、リスニング力をブラッシュアップできます。

関連記事:ディクテーションとは?必ず効果が出るやり方と教材・注意点を紹介

スピーキングの練習

リスニング力アップのためには、瞬間英作文と合わせてスピーキングの練習も行うことが効果的です。

スムーズな英会話をするためには、相手の意見や感情を正確に聞き取って、自分の意見を述べる必要があります。

そのためには、集中して相手の英語を聞き取り続けることが必要です。

相手の意見を理解しようと、集中して英語を聞き続けることで、リスニング力は自然と強化されてきます。

また、英語を含めて外国語学習においては「発音できない言葉は聞き取れない」と言われています。

これは、言い換えれば「発音できる言葉は聞き取れる」ということです。スピーキングの練習を通して、正しい発音を身につけていくことで、聞き取れる英語も増えてくるのです。

スピーキングを通じて、英語を聞き取り続ける集中力と、英語の発音を聞き取る力を身につけられるということですね。

とはいえ、「実践的な英会話を行う機会がない」「具体的にどのようにスピーキングの練習に取り組めば良いのかがわからない」という人もいるでしょう。そのような人は、英会話スクールに通ってみることをおすすめします。

特に、英語に苦手意識がある人や、「リスニング力もスピーキング力も両方伸ばしたい」「効率的に勉強を進めたい」と思う人には、英語コーチングスクールが合っているかもしれません。

英語コーチングスクールとは、ただレッスンで英会話の機会を設けたり、文法やフレーズを教えてもらえたりするだけではなく、生徒一人ひとりの具体的な目標に合わせた学習サポートをしてくれるような英会話スクールです。

例えば、「英語での商談があるから、それまでにビジネス英語を話せるようになりたい」という目標がある場合には、現状の生徒の英語力を見た上で、商談までにどのような英語力を、どんな方法で身につけるべきかを指導してくれます。

多くのコーチングスクールでは1人につき1人の専属コーチがつき、毎日の仕事やプライベートのスケジュールを共有しながら、何曜日の何時にどんな勉強をどのようにやれば良いのかというところまでアドバイスを受けられます。

さらに、生徒はコーチに対して毎日の学習計画の進捗状況を報告する仕組みを取っていることも多いです。

そのため、日々の学習でわからないことが出てきたり、不安に思うことが出てきたりした場合も、すぐに相談することができます。

また、仕事やプライベートの都合で計画通りに学習が進まなかった時にも、すぐに相談してリカバリーすることが可能です。そのため、途中でモチベーションが低下してしまう恐れも少ないです。

もちろん、レッスンではスピーキングの練習の機会も取ってもらえます。1人ひとりに合ったリスニングの効果的な勉強方法も教えてもらえますよ。

このように、英語スクールなどを利用しながら、スピーキングの練習をすることで、リスニング力のさらなる向上が望めます。

TOEICスコアを短期間で劇的に上げたい方におすすめのスクール

英語コーチングスクールの体験レッスンやインタビューを30スクール以上行ってきた当サイトが、本当におすすめだと思ったスクールを3つだけ紹介しておきます。ぜひ活用してみてください。

STRAIL(ストレイル)TOEIC®️L&R TESTコース

1位:STRAIL(ストレイル)

公式サイト:https://strail-english.jp/

STRAILは、ENGLISH COMPANYを運営しているスタディーハッカーが運営する英語のパーソナルジム。

TOEIC®️L&R TESTコースは、TOEICのスコアを重点的かつ短期間に伸ばしたいという方のための、3ヵ月集中TOEIC特化型プログラムです。語彙、文法からリーディング・リスニング力の向上、さらに演習問題での実践力の養成と、バランスよく学習を進めるカリキュラムを提供しています。

そのため公式サイトを見てもわかる通り、TOEICスコアを短期間で大きく上昇させることが可能となっています。TOEIC受験希望者は大変満足できるサービスです。

コンサルタントの課題発見に特化
簡単1分申し込み

関連記事:【高密度トレーニングとは?】ストレイル(STRAIL)の口コミ・評判まとめ

プログリットTOEICコース

2位:プログリット

公式サイト:https://www.progrit.co.jp/

プログリットのTOEICコースでは、初回無料カウンセリング時に英語テストを行い、課題を割り出すことで、TOEICスコアアップのための学習ロードマップを作成します。

そのため、どのトレーニングを取り組めばよいかを明確にして、効率的に学習を進めることができます。 初回無料カウンセリングだけでも、非常に価値のある体験になりますので、ぜひ受講されることをおすすめします。

サッカー本田圭佑氏も受講中!
30日間全額返金保証あり

関連記事:プログリット(PROGRIT)の口コミ・評判まとめ

フラミンゴオンライン英語コーチング 試験対策コース

3位:フラミンゴオンライン英語コーチング 試験対策コース

公式サイト:https://coaching.app-flamingo.com/

『フラミンゴオンライン英語コーチング 試験対策コース』は、TOEICのスコアを上げるとともに実際の業務で活きる英語力も高めたいという欲張りをかなえられるプログラム。

TOEIC900点以上のスコアを持つ、今まさにビジネスの現場で活躍するコーチが所属しています。

TOEICのスコアを上げながら、ビジネスで実際に使えるような英語力を身につけられるように、効果的なトレーニングを提供しています。

英語初心者におすすめ
30日間全額返金保証あり

関連記事:フラミンゴ英語コーチングの料金・口コミまとめ【完全オンライン】

無料カウンセリングをしっかり活用して、ご自身にあった英語コーチングスクールを見つけてみてください。

瞬間英作文を効果的に利用してリスニング力を伸ばしましょう

瞬間英作文を効果的に利用してリスニング力を伸ばしましょう

ここまで、瞬間英作文はリスニング力向上に効果的かということについて紹介してきました。

結論から言うと、瞬間英作文はリスニング力アップにも効果的です。その理由は、以下の通りです。

  • 耳が英語に慣れる
  • 基礎的な文型を身につけられる
  • フレーズが頭に定着する
  • 返り読みの癖が矯正される
  • 和訳することなく意味を理解できるようになる
  • 音の繋がりや消失を認識できるようになる

リスニング力を伸ばすために、効果的な瞬間英作文の取り組み方は以下の通りです。

  • 日本語を見て英訳する
  • 単語・文法を確認する
  • 英文を見ながら英文を繰り返し音読する
  • 英文を聞きながら英文を繰り返し音読する
  • 日本語を見ながら英文を繰り返し音読する
  • 1ページ分をまとめて英訳する
  • 定期的に復習をする

しかし、瞬間英作文は「話せるようになること」を目的として作られた参考書です。

そのため、リスニング力をより効率的に伸ばしたい場合には、以下の勉強も取り入れると良いでしょう。

  • 発音知識の習得
  • シャドーイング
  • ディクテーション
  • スピーキングの練習

「スピーキングの練習機会がない」「最も効率的にリスニング力を伸ばしたい」という人は、英語コーチングスクールを利用してみるのも良い手段です。

この記事を参考にしながら、瞬間英作文を使って効果的にリスニング力を伸ばしてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ユカ

旅行好きなフリーライター。大学受験で英語の知識を叩き込み、在学時に留学や旅行で実践的な英語力を身につける。アメリカ留学を経験、世界一周をして40ヵ国近くへ訪問済み。TOEIC850点。

-学習ノウハウ

© 2022 英語コーチングスクール比較ナビ