最高の英語本!「5つの音声変化がわかれば英語はみるみる聞き取れる」をレビュー

最高の英語本!「5つの音声変化がわかれば英語はみるみる聞き取れる」をレビュー

「英語のリスニングが苦手」「ネイティブが何を言っているか全くわからない」とお悩みですか?

英語が聞き取れない原因は簡単で、それはネイティブは教科書通りに英語を発音しないからです。「そんなことあり得るの?」と思うかもしれませんが、日本語でも同じことが言えます。例えば「水族館」のことは「すいぞっかん」と発音しますよね。英語でも同じで”get it on”は「ゲット イット オン」ではなく「ゲリロン」と発音されます。この英語の音声変化には5つのルールがあり、本書で詳しく解説されています。6年間英語講師の経験がある私が本書を読んで感じたことをレビューします。英語の発音に悩んでいる方はぜひ最後までチェックしてみてください!

5つの音声変化がわかれば英語はみるみる聞き取れるの概要

本書では5つの音声変化、

  • 連結
  • 同化
  • ら行化
  • 脱落
  • 弱形

について10日間で学習できます。

最初の1週間で5つの音声変化について理解して、残りの3日間で問題演習を行います。たった10日間のプログラムなので、はっきり言って本書を読んだだけで英語が聞き取れるようになるわけではありません。しかし「なぜ聞き取れないのか」「聞き取れるようになるにはどうすれば良いのか」が分かるので、本書を読んだ後の英語学習に活かすことができます。音声変化の仕組みを知ってリスニングをするのとそうでないのとでは音の聞こえ方や一回の学習で学べる量が全然違いますよ。

5つの音声変化がわかれば英語はみるみる聞き取れるのメリット

本書で音声変化の学習をすることによるメリットは3つあります。

  • 短期集中型で一気に音声変化を学べる
  • 各単元の導入が分かりやすい
  • ディクテーションで苦手を逃さない

短期集中型で一気に音声変化を学べる

本書は合計10日間で学べるようにカリキュラムが組まれています。なので短期間で一気に音声変化について学べますよ。長期間かけて少しずつ学習するよりは、やる気のあるうちに短期間で一気に学習してしまった方が効率的です。「もっと時間をかけて学習しなくて大丈夫なの?」という意見もあります。

しかし音声変化の仕組み自体は割と簡単です。10日間あれば十分理解できる量とレベルです。まずは10日間で仕組みを理解して、その後にリスニング練習の量をこなすことで、音声変化の理屈が分かった状態でリスニング学習ができます。この10日間の音声変化の学習があるかないかで、その後のリスニングの学習効率が大きく変わります。

各単元の導入が分かりやすい

英語の音声変化という言葉自体初めて聞いたという方が多いはずです。音声変化についていまいちイメージが湧かないまま学習しても、中々理解できませんし、モチベーションも下がります。しかし本書では導入部分で分かりやすい音声変化の例を紹介しています。例えば音声変化の1つ「連結」については、以下のような説明がされています。

アメリカのレストランでランチセットを注文すると、ウェイターが”Super salad?”と聞いてきた。「すごいサラダのセットか何かかな?」と思い”Yes.”と答えるとウェイターは困った顔をした。実はウエイターが言っていたのは”Super salad?”ではなく”Soup or salad?”でした。音が連結していて「スープオアサラダ」が「スーパーサラダ」に聞こえたのです。

非常に面白く、分かりやすいですよね。「音声変化について初めて学ぶ」「英語が苦手」という方でも安心して学べますよ。

ディクテーションで苦手を逃さない

本書にはディクテーション機能もついています。ディクテーションとは、流れる音声をそのまま文字に書き起こすという勉強法です。一言一句残さずに書き起こすので、どの単語が聞き取れてどの単語が聞き取れていないのかをピンポイントで把握することができます。ディクテーションはリスニングでよく使われている勉強方法ですが、音声変化の聞き取りの練習にもぴったりです。ディクテーションで音声変化している部分も正しく聞き取ることができれば、音声変化について正しく理解できていることになります。

ちなみにディクテーションをしていると「単語の綴りがわからないから書けない」ということがあります。しかしその場合は、聞こえてきた単語をカタカナで書いてしまって構いません。なぜならディクテーションは音を聞き取るための勉強で、綴りを正確に覚えるための勉強ではないからです。

5つの音声変化がわかれば英語はみるみる聞き取れるの注意点

本書で音声変化の学習をする際の注意点は2つあります。

  • 問題演習の量が少ない
  • 音声DLは必須

問題演習の量が少ない

本書は問題演習の量が少ないです。どちらかと言えば音声変化の仕組みの解説に重点をおいた参考書です。本書は10日間で音声変化をマスターできるようにカリキュラムが組まれています。8日目〜10日目までは完全に問題演習のみです。1日目〜7日目までは解説の後にディクテーションが15問あるだけです。なので問題演習の量が足りません。

リスニング力を上げるためには、本書を学習した後に他のリスニング問題を解く必要があります。ただし本書を学習しながら同時並行で他の問題演習を解き進めることはおすすめしません。なぜならまずは問題量をこなすよりも基礎を身に付けることの方が優先だからです。意味もわからずただ問題を解くのは時間の無駄です。そういう意味では、本書では基礎的な問題だけを選んで掲載しているので、音声変化について初めて学ぶ方には適している参考書と言えます。

音声DLは必須

本書はリスニング力を鍛えるための参考書です。音声変化している音声の聞き取りや、ディクテーションでは音声を使用します。これは参考書なので当然と言えば当然ですが、音声を聞くためには毎回QRコードを読み込む手間が発生します。ただし本書では1つのQRコードを読み取れば、全ての音声にアクセスできます。また、音声のダウンロードも可能です。参考書にCDが付属していて音声を聞くためにはCDを読み込む必要があった時代はもう終わりました。

また、URLを手打ちで入力してサイトにアクセスして音声を入手する必要もありません。QRコード1つで簡単に全ての音声にアクセスできます。Web上での英語学習の快適さには流石に劣りますが、それでも不便に感じることはありません。

5つの音声変化がわかれば英語はみるみる聞き取れるはこんな人におすすめ

本書は「基礎的な単語や文法事項は分かっているはずだがなぜか英語が聞き取れない」という方におすすめです。英語が聞き取れないのはあなたの勉強時間が足りなかったり、教材が悪いからではありません。音声変化について知らないからです。ルールを知らなければどんなに頑張っても成果は出ません。本書で10日間みっちり学習すれば、その後のリスニング学習は大きく変わりますよ。

まとめ

5つの音声変化がわかれば英語はみるみる聞き取れるをレビューしました。音声変化は学校ではほとんど習いません。しかし英語を聞き取るには必須の知識です。この機会に音声変化について学んで、リスニング力を1段階アップさせましょう。たったの10日間で学べるので気軽に始めることができます。英語を聞き取るためには、ネイティブがどう発音しているのかを知る必要があります。

ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)

大手の大学予備校を経営するスタディーハッカーが運営している、英語のトレーニングジムです。母体が予備校のため、日本人の英語学習についての実践的ノウハウを豊富に持っています。全レベル対応コースに加え、「初級」~「上級」までの細かなレベル別トレーニングを提供。自分のレベルや目的に合わせてカスタマイズできるのがポイントです。90日間のコースを終えた後の格安サービス(EC prime)もあり、英語学習の継続性を高めることが期待できます。

ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)の概要

English Company『ENGLISH COMPANY』は、科学的なトレーニングと英語学習のコンサルティング(コーチング)で、最短距離で目標達成を目指すための英語コーチングスクールです。ENGLISH COMPANYでは言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見を活かしたトレーニングを行います。他英語コーチングスクールが独自に開発しているカリキュラムとは異なります。第二言語習得研究に沿ってあなたの課題を発見し、それに適した学習方法を選択するので、一切の無駄を省いて効率的な学習ができますよ。英語力全体の底上げというよりは、苦手分野(リスニングや発音など)をピンポイントで改善したいという方におすすめのスクールです。

受講形式 通学
スクール所在地 関東10拠点:四谷、恵比寿、有楽町、池袋
六本木、品川、神田、新宿、横浜
関西3拠点:四条烏丸、梅田、神戸
受講期間 3ヶ月
入会金 5万円
料金 49.5円
1ヶ月あたり 16.5万円
講師 日本人バイリンガル
返金の有無 30日間全額返金保証

【関連ページ】ENGLISH COMPANYの口コミ・評判まとめ【時短で伸ばす!】
【関連ページ】ENGLISH COMPANYのオンラインレッスンを検証!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Bong

高校時代の海外旅行がきっかけで英語に興味を持つ。大学時代には10ヵ国を旅し、TOEIC870点を取得。趣味で中国語も学んでいる語学大好き人間。6年間の英語講師を経て、現在はフリーランスとしてライター業やWebメディアの運営を行っている。

-個別スクール紹介

© 2021 英語コーチングスクール比較ナビ