学習ノウハウ

学習ノウハウ

第二言語習得研究から考える、シャドーイングがリスニングに最適な理由

2020/12/1

英語リスニングの学習方法は多岐に渡ります。以下はリスニング学習方法の一例です。 通常の問題演習 ディクテーション シャドーイング オーバーラピング 聞いたことがあったり試したことがある学習方法も多いのではないでしょうか?第二言語習得研究から考えると、数あるリスニング学習方法の中でもシャドーイングが最も効果的です。本記事では、シャドーイングがリスニング学習方法の中で最も効果的な理由をわかりやすく解説していきます。 リスニングの仕組み「音声知覚」と「意味理解」について シャドーイングが最も効果的な理由を解説す ...

【第二言語習得】ロングのインタラクション仮説について解説

学習ノウハウ

【第二言語習得】ロングのインタラクション仮説について解説

2020/12/1

第二言語習得研究(SLA)において、多くの言語学者がインプットの重要性について認めています。スティーブン・クラッシェンは、インプット仮説において「理解可能なインプット(自分の言語能力より少しだけ難しいレベルのインプット)」の有用性を主張しました。インプット仮説を認めながら、さらに考察を進めたのがマイケル・ロングのインタラクション仮説です。この記事では、ロングのインタラクション仮説について解説していきます。「インプットの効果が出ていないと感じる」「もっといい学習方法がないか探りたい」という方は、ぜひ参考にし ...

【第二言語習得】スウェインのアウトプット仮説で英語学習を効率化

学習ノウハウ

【第二言語習得】スウェインのアウトプット仮説で英語学習を効率化

2020/12/1

英語を学習している時、アウトプットの有用性や意味について考えたことはありますか?「学んだ英語をなんとなく話している」「インプットの方が大切だと聞いたので、アウトプットは我流で済ませている」という方は、スウェインのアウトプット仮説について学ぶことをおすすめします。1980年代に、スウェインはインプットと同様にアウトプットも重要であると説きました。この主張は、第二言語習得研究の代表的な仮説として認知され、多くの言語学者の理論の基盤となっていきます。 この記事では、アウトプット仮説について 仮説の概要 インプッ ...

学習ノウハウ

【第二言語習得】クラッシェンの情意フィルター仮説について解説|5つの仮説その5

2020/12/1

スティーブン・クラッシェンの確立した「モニターモデル」は、第二言語習得研究の代表的な仮説として広く知られています。この記事では、その中の仮説のひとつである「情意フィルター仮説(The Affective Filter hypothesis)」について解説していきます。さまざまな仮説を理解することは、英語学習の効果を高める糸口となります。最後に、情意フィルター仮説を活用していく方法についてもまとめました。「自分の弱点は何か」「思考のクセがないか」を確認して、英語力の可能性を広げるために役立てていきましょう。 ...

学習ノウハウ

【第二言語習得】クラッシェンのインプット仮説について解説|5つの仮説その4

2020/12/1

スティーブン・クラッシェンは、1970年代後半~1980年代に「モニターモデル」という理論を確立しました。この記事では、その中のひとつである「インプット仮説(The input hypothesis)」について解説していきます。言語学者の仮説を理解することは、自身の英語学習の方法を見直すきっかけになります。効率的な学習方法を見つける手がかりとして、ぜひ参考にしてみてください。 インプット仮説とは? まずは、インプット仮説の概要について解説します。 クラッシェンが最も大切にした仮説 インプット仮説は、クラッ ...

【第二言語習得】クラッシェンのモニター仮説について解説|5つの仮説その3

学習ノウハウ

【第二言語習得】クラッシェンのモニター仮説について解説|5つの仮説その3

2020/12/1

スティーブン・クラッシェンは、1970年代後半~1980年代に「モニターモデル」という理論を確立しました。その中のひとつが、「モニター仮説(The Monitor hypothesis)」です。この記事では、モニター仮説の概要について解説していきます。仮説を理解することで、自身の英語学習の方法について見直すことが可能です。効率的な学習方法を見つけるきっかけとして、ぜひ参考にしてみてください。 モニター仮説とは? モニター仮説は、クラッシェンが提唱したモニターモデルの中のひとつです。 モニターモデルには以下 ...

学習ノウハウ

【第二言語習得】クラッシェンの自然習得順序仮説について解説|5つの仮説その2

2020/12/1

クラッシェンは、「モニターモデル」という理論を1970年代後半から1980年代にかけて確立させました。その中の5つの仮説のひとつが、「自然習得順序仮説(The natural order hypothesis)」です。この記事では、自然習得順序仮説について詳しく解説していきます。「英語の学習方法について見直したい方」「効率よく勉強したい方」は、ぜひクラッシェンの理論を参考にしてみてください。 自然習得順序仮説とは? 自然習得順序仮説は、クラッシェンが提唱したモニターモデルの中のひとつです。 モニターモデル ...

【第二言語習得】クラッシェンの習得学習仮説について解説|5つの仮説その1

学習ノウハウ

【第二言語習得】クラッシェンの習得学習仮説について解説|5つの仮説その1

2020/12/1

母語以外の習得時のメカニズムを解明する「第二言語習得研究」は、社会人が英語を勉強する時に必ず知っておいてほしい分野です。今回は、第二言語習得研究で有名な言語学者スティーブン・クラッシェンが提唱した「習得学習仮説」について解説します。英語学習の効率を高めるため、ぜひ参考にしてみてください。 習得学習仮説とは? 習得学習仮説(The acquisition-learning distinction)とは、クラッシェンの提唱した5つの仮説「モニターモデル」の中のひとつです。 モニターモデルには以下の仮説が含まれ ...

【第二言語習得】クラッシェンのモニターモデルを解説|英語習得に応用しよう

学習ノウハウ

【第二言語習得】クラッシェンのモニターモデルを解説|英語習得に応用しよう

2020/12/1

英語を習得するにあたり、「第二言語習得研究」は勉強の効率化のために大いに役立ちます。しかし、第二言語習得研究は多くの専門家がさまざまな理論を掲げているので、どの情報を読めばいいのか迷ってしまこともあるでしょう。まずは、研究の中でも代表的な理論のひとつ、クラッシェンの「モニターモデル」をおさえておくことをおすすめします。この記事では、クラッシェンの提唱したモニターモデル(5つの仮説)について解説します。「短期間で英語を習得したい」「効率的に英語学習をしたい」という方は、ぜひ参考にしてみてください。 第二言語 ...

【第二言語習得】Gassの4つのプロセスを解説|英語学習の効率UP

学習ノウハウ

【第二言語習得】Gassの4つのプロセスを解説|英語学習の効率UP

2020/12/1

英語学習で注目されている「第二言語習得論」ですが、「研究結果のひとつである『4つのプロセス』とは、具体的にどんな内容なのか」「英語学習にどう活用していけばいいのか」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、 第二言語習得論の概要 第二言語習得論の4つのプロセス 英語学習で活用する方法 について解説します。 忙しい現代人にとって、英語を習得することは効率との勝負でもあります。「時間と費用をかけるのだから、コストパフォーマンス高く勉強したい」「短期間で高い学習効果をあげたい」という ...

© 2020 英語コーチングスクール比較ナビ