学習ノウハウ

オーバーラッピングとは?シャドーイングとの違いやコツまで解説

オーバーラッピングとは、英語の音声を流し、それと同時に音読をする学習方法です。英語の音声を、スクリプトを見ながら発音することで、スピーキング能力の向上を目指すトレーニングです。この記事では、オーバーラッピング の概要、効果、正しい実践方法や実践の際の注意点について紹介していきます。それでは、見ていきましょう。

オーバーラッピングとは英語を音声と同時に発音するトレーニング

オーバーラッピングとは、英語の音声を流し、スクリプトを見ながら流れる音声と同時に発音していく英語の学習方法です。ネイティブが話す音声とぴったり同時に発音することで、主にスピーキング能力の向上に効果があります。オーバーラッピングとよく似たトレーニングに、シャドーイングがあります。両方とも、英語の音声を聞いてそれを真似て発音するという学習方法です。2つトレーニングの違いは、シャドーイングは音声から2〜3語遅れて発音するのに対して、オーバーラッピングは音声と同時に発音することにあります。また、シャドーイングでは、最終的にスクリプトを見ることなく発音することを目指しますが、オーバーラッピングではスクリプトを見ながらの発音で問題ありません。オーバーラッピングは、スクリプトを見ずに音声を繰り返すシャドーイングが難しく感じられる場合に、その前段階として取り入れられることも多いトレーニングです。

オーバーラッピングの4つの効果とは

ここでは、オーバーラッピングを行うことで得られる効果について詳しく紹介します。オーバーラッピングによって得られる効果には、主に以下の4つがあります。

  • ネイティブの発音に近づける
  • ネイティブのスピードで話すことに慣れる
  • 発音を獲得することでリスニング力が向上する
  • 読解速度が向上する
はじめに、ネイティブの音声とぴったりと被せて発音することで、発音の向上が期待できます。単語を発音するのではなく、文章を丸ごと読むため、英語独特のリズムや強弱を身に付けられます。発音の向上が期待できると同時に、ネイティブの会話スピードで話せるようになる効果も期待できます。頭に英文が浮かんでも、いざそれを声に出すとなると、思うように口が回らないという経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。その要因のひとつは、口や舌が英語に慣れていないということにあります。オーバーラッピングでは、ネイティブのスピードで英文を文章を繰り返して読むため、体で英語の会話スピードに慣れることができるのです。

スピーキング能力の向上に大きな効果のあるオーバーラッピングですが、同時にリスニング力アップにも役立ちます。英語をはじめとして、第二言語は「発音できない言葉は聞き取れない」と言われています。つまり、オーバーラッピングを通じて自分の口で発音できるようになった言葉は、自然と聞き取れるようにもなるということです。

最後に、オーバーラッピングは読解速度の向上にも効果があるとされます。その理由は、オーバーラッピングを行う際にはスクリプトをネイティブの話すスピードで読む必要があるためです。じっくりと読み、正確に日本語に訳していく時間はありません。そのため、自然と英文を、素早く語順通りに読むことができるようになります。

オーバーラッピングの正しいやり方を紹介

オーバーラッピングには、様々な手順がありますが、ここでは一般的なものを紹介します。

  1. スクリプトと音声がある英文を用意する
  2. 音声のみをリスニングし内容を把握する
  3. スクリプトを見ながら内容を理解する
  4. 音声は流さずに自分のペースで音読をする
  5. 口が慣れるまで、複数回オーバーラッピングをする
いきなり音声と同時に発音するのではなく、まずは音声を聞き内容を理解し、そして自分のペースで音読してから取り組むことで、スムーズにオーバーラッピングを行えます。最後のステップの音声に合わせて読む回数については、明確に定められているわけではありません。目安としては、詰まることなく、自然と口が回るようになるまで音読することが理想です。また、オーバーラッピングができるようになったスクリプトを使用して、スクリプトを見ずに繰り返す「リピーティング」や、2〜3語遅れて発音する「シャドーイング」を併せて行うと、さらに効果的です。

オーバーラッピングを行う際の3つの注意点

最後に、オーバーラッピングを実施する際に気をつけるべき3つの注意点について紹介します。

  • レベルに合う教材を選択する
  • 内容を理解してから音読する
  • 自分の声を録音してみる
はじめに、オーバーラッピングで使用するスクリプト・音声は自分の英語レベルに合ったものを用意しましょう。もしも自分の英語力に合う教材がわからない場合には、英語学習のプロの第三者に相談してみることも一つの手です。英語コーチングスクールなどでは、一人ひとりの英語力をチェックした上で、レベルにあった教材を提案してくれるでしょう。

次に、オーバーラッピングは、必ず内容を理解した上で取り組むことが大切です。内容を理解せずにただただスクリプトを音読しても、脳に英語の発音や意味を記憶することができません。意味を理解し、抑揚やリズムを意識しながら、人に語りかけるように発音することが重要です。

最後に、オーバーラッピングをしている自分の音声をスマホなどで録音してみることも有効です。録音した音声を後から聞き返すことで、音源と自分の発音や強弱の些細なズレを客観的に確認することができます。音声との違いを少しずつ修正することで、よりネイティブの発音に近付くことができるでしょう。

筆者も実際に、オーバーラッピングやシャドーイングを行うにあたり、録音をしながら練習をしていました。初めて自分話す英語を客観的に聞いたときには、愕然としたことをよく覚えています。なぜかというと、ある程度練習をして、音声スピードに遅れることなく発音できるようになってから録音をしたのにも関わらず、あまりにもそれが「日本人が喋る英語」のように聞こえたからです。

つまり、自分では「きちんと発音できてるつもり」であっても、強弱やリズム、発音がネイティブとは明らかに異なるものであったのです。その後、細かく「日本語英語に聞こえる要因」を自分で分析し修正することで、やがて発音を英語ネイティブの人に褒められるようにまでなりました。このように、客観的に自分の発音を聞いてみることは、オーバーラッピングに限らず、シャドーイング、リピーティングの際にも有効です。

まとめ

ここまで、オーバーラッピングについて紹介してきました。オーバーラッピングは、英語の音声と同時にスクリプトを発音する英語の学習方法です。オーナーラッピングを実践するメリットは、ネイティブの発音・会話スピードに慣れること、それによりリスニング力の向上に期待できること、読解スピードが向上することにあります。また、オーバーラッピングを行う際には、自分の英語レベルに合う教材を選択すること、スクリプトの内容を理解してから音読することが大切です。また、自分の声を録音することで、音源との差異を客観的に理解することができ、よりネイティブの発音に近づくことができるでしょう。この記事を参考に、オーバーラッピングを実践して英語力アップに役立ててください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

英語コーチングスクール比較ナビ 編集部

英語コーチングスクール比較ナビ 編集部では、英語学習に取り組む方に、英語コーチングスクールの各種サービス内容、キャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

-学習ノウハウ

© 2020 英語コーチングスクール比較ナビ