学習ノウハウ

リプロダクションとは?スピーキング力を底上げする一歩進んだ学習方法を紹介

リプロダクションとは、英語の音声を流し一文ごとで区切り、スクリプトを見ずに繰り返す学習方法です。通訳者になるためのトレーニング方法として有名ですが、スピーキングやリスニング能力の向上に効果的なことから、一般の英語学習者からも注目が集まっています。この記事では、リプロダクションの概要や効果、正しい実践方法から実践の際の注意点まで紹介していきます。それでは、見ていきましょう。

リプロダクションとは英文を聞いてをそのまま再現するトレーニング

リプロダクション(=Reproduction)とは、ネイティブの発音する英文を聞き、それを一文などある程度の長さで区切り、スクリプトを見ることなく同じように繰り返すトレーニングです。一字一句暗記するのではなく、自分の頭にある単語や文法の知識を組み合わせて再現することを目指します。スクリプトを見ずに自分の頭で英文を記憶し、それを再現する必要があるため、比較的難易度の高い学習方法だとされています。

リプロダクションとよく似た学習方法に、リピーティングやシャドーイングがあります。全て「英語の音声を聞いて自分の口で繰り返す」という点で共通するトレーニングです。しかし、リプロダクションはスクリプトを見ずに「記憶し、音声を止め」繰り返すのに対し、リピーティングは「スクリプトを見ながら、音声を止め」繰り返すトレーニングです。そしてシャドーイングは「音声を止めることなく、2〜3語遅れで」繰り返します。

どれもスピーキング・リスニング能力の向上に効果が期待できますが、難易度としてはリピーティング、シャドーイング、リプロダクションの順に難しくなっていくとされています。

もしもリプロダクションが難しく感じられる場合には、その前のステップとしてリピーティングやシャドーイングを取り入れてみても良いでしょう。

リプロダクションの4つの効果とは

リプロダクションは、大まかに言うとスピーキングとリスニングの向上に効果があります。より詳しく説明すると、以下の4つの効果が挙げられます。

  • ネイティブの発音に近づける
  • ネイティブのスピードで話すことに慣れる
  • 英文を作る時間が短くなる
  • リスニング力が向上する
はじめに、リプロダクションではネイティブの音声を聞いてそれを真似て繰り返すため、発音力の向上に期待ができます。ただ単語を繰り返すのではなく、ひとまとまりの文章を繰り返すことで、言葉と言葉の繋がりや、英語独特のリズムに慣れることもできるでしょう。

また、リプロダクションを行うことで、ネイティブが話すスピードに慣れることも可能です。先述の通り、リプロダクションではある程度の長さのある英文を一気に頭の中に入れて、それを一気に発音します。音声と同じように話すように意識することで、話すスピードについても、自然とネイティブに近づくことができます。

リプロダクションの大きな効果として、英文を作るスピードが上がるということが挙げられます。それは、リプロダクションが「英語を記憶し、自分の頭で再構築する」というトレーニングであるためです。つまり、一字一句正確に記憶しようとするのではなく、覚えた内容を頼りにしながら、自分の知っている知識を使いながら英文を構築していくのです。これを繰り返すことで、伝えたいことを素早く頭で英文に置き換える能力が高まります。

最後に、リプロダクションではリスニング力の向上も期待できます。それはリプロダクションでは音声を正確に再現するために、一つ一つの言葉を集中してリスニングすることが必要だからです。また、聞き取った英文を自分の口で発音することで、英語独特の音の繋がりやリズムを理解し聞き分けられるようになります。

リプロダクションの正しいやり方を紹介

リプロダクションの方法は様々ありますが、ここでは一般的なものを紹介します。

  1. 音声を流し、内容を理解する
  2. 一文ごとに区切り、全く同じように自分の口で再生する
後ほど詳しく解説しますが、はじめに一通り音声を流し、きちんと内容を理解することが大切です。また、一文ごとに区切って読むことが難しい場合には、より短く区切って復唱しても問題ありません。

もし英文を記憶するのが難しすぎると感じる場合には、聞き取った音声を書き取るディクテーションや、スクリプトを見ながら繰り返すリピーティングや、音声から2〜3語遅れて発音するシャドーイングを行ってからリプロダクションに取り組んでみましょう。

リプロダクションを行う際の3つの注意点

ここでは、リプロダクションを実践する際の3つの注意点について紹介します。

  • 内容を理解してから音読する
  • 難しい場合はより短い文、フレーズで区切る
  • 自分の声を録音して聞いてみる
はじめに、リプロダクションに用いる音声は、内容を理解できるものを用いることが大切です。リプロダクションは、ただ音声を音として真似て繰り返すのではなく、英文を自分の頭で「再現(=再構築)」するトレーニングです。一字一句正確に記憶することが難しい場合には、知っている単語や文法の知識を活かしながら文を組み立てる作業が必要になります。内容を理解しないままに音声を再現することは難しいため、内容をきちんと理解できるような音声を用意することが大切です。自分の英語力に合った教材を選びましょう。

次に、リプロダクションを行ってみて、難しく感じられる場合には、無理に一文ごとに再現しようとするのではなく、より短く区切って再現してみることがおすすめです。2〜3秒、5〜6秒、コンマごと...というように、徐々にその間隔を広げて復唱するようにしてみましょう。

最後に、リプロダクションを行う際には自分の音声を録音してみることがおすすめです。自分が再現した英語を改めて聞くことで、音声と異なる部分や言葉の詰まりなどの苦手な部分を理解することができます。もしも全てを記憶できず、別の言葉に言い換えをした場合には、それが正しい文法であるのかを改めて判断することも可能です。なんとなく「できたかな」と感じて終わってしまうのは、もったいないと言えます。

もしも自分で録音した音声を聞いても、どのように修正すれば良いのかわからない場合には、英語学習のプロに相談してみることをおすすめします。英会話コーチングスクールでは、一人ひとりの英語力を客観的に判断し、修正すべき点を正確に教えてくれます。また、自分の目指すべきレベルに到達するために必要なことについてもアドバイスをもらえるため、独学に不安がある場合には一度相談してみることをおすすめします。

まとめ

ここまで、リプロダクションについて紹介してきました。リプロダクションは、英語の音声を聞き一旦止め、それをスクリプトを見ることなくするトレーニングです。リプロダクションを実践するメリットは、ネイティブの発音・会話スピードで話すことに慣れること、英文を短時間で作成できるようになること、リスニング力が向上することにあります。リプロダクションを行う際には、必ず内容を理解してから音読すること、繰り返すことが難しい場合は、より短い文やフレーズで区切ること、自分の声を録音して聞いてみることが重要です。自分の発音や、言い換えた文章の正しさを評価できない場合には、英会話コーチングスクールなどでアドバイスを求めることもおすすめです。この記事を参考に、リプロダクションを実践して英語力アップに役立ててください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

英語コーチングスクール比較ナビ 編集部

英語コーチングスクール比較ナビ 編集部では、英語学習に取り組む方に、英語コーチングスクールの各種サービス内容、キャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

-学習ノウハウ

© 2020 英語コーチングスクール比較ナビ