海外赴任に必要な英会話を身につけるには?駐在員本人や家族がやるべき準備や対策方法

海外赴任に必要な英会話を身につけるには?駐在員本人や家族がやるべき準備や対策方法

海外赴任が決まったら、現地で生活するための英会話力が必要になります。とくに赴任まで時間がない時や、帯同する奥様が育児などをしながら英語を勉強する場合、効率よく英語力を鍛えられる方法を選ぶのが重要です。

この記事では英語ができないのに海外赴任が決まった人や、今後海外赴任を目指したい人のために、海外赴任へ向けて必要となる英語力や、勉強方法を解説します。駐在員として赴任する本人はもちろん、帯同する家族の方もぜひ参考にしてください。

目次

海外赴任に必要な英語力はどのくらい?

海外赴任の際、勤務先が日系企業か外資系か、英語を勉強する人が駐在員本人か帯同する家族かによって必要となる英語力は異なります。海外赴任で必要となる英語力を把握しておけば、英語の勉強の方向性を決めるのにも有効です。

海外赴任で必要となる英語力は、大きく分けると「日系企業・生活レベル」と「ビジネスレベル」になります。それぞれの海外赴任で必要な英語力を解説します。

日系企業・日常生活レベルならTOEIC600点

海外赴任先の現地で、英語を使って最低限コミュニケーションが取れるレベルの目安となるのが、TOEIC600点です。例えば、日系企業で海外赴任することとなり、赴任先の駐在員もほとんどが日本人などの場合です。現地の支社で働く際も同僚や上司は日本人ばかりのため、社員同士でのコミュニケーションで使用するのは日本語です。外資系企業と比較すると、英語を使う機会は少なくなります。

ビジネスシーンでのコミュニケーションは英語を使う機会が少ない場合、海外赴任先で必要な英語は日常生活レベルになります。日常生活レベルなら、TOEIC600点の英語力を目指しましょう。

ビジネスシーンでも使うならTOEIC800点

勤務しているのが外資系企業、または日系企業でも現地の従業員が多い場合は社内外問わずビジネスシーンでのやりとりは英語が中心になります。この場合に必要な英語力は、TOEIC800点ほどです。

すでに外資系企業で勤務している場合や、日本でもグローバルな取引をしている場合、ある程度英語力のある人が多いです。海外赴任へ向けて、ビジネス英語を中心により英語の能力を身につけるようにしましょう。

帯同する家族に必要な英語力は?

夫などの海外出張が決まり、海外赴任へ家族が帯同する場合は家族も英会話の力を身につけなければいけません。駐在妻として帯同する場合は、まずは日常会話がこなせるTOEIC600点の英語力を目指すようにしましょう。

子供が帯同する場合は、年齢によって必要な英語力が異なってきます。0~6歳までならほぼ英語レベルは0でも現地で英語を吸収できます。一方で小学校低学年から年齢が上がるにつれて英語の吸収率は徐々に下がっていきます。帰国後には高校受験などをする場合は、日本の教科の勉強も必要です。子供の年齢やほかの教科との勉強バランスを考えながら、英語を勉強する時間を持つようにしましょう。

海外赴任に向けてやるべき4つの英語対策

海外赴任までに時間がない、仕事などで忙しいなど英語を学習する時間が充分に取れない場合があります。海外赴任のための英語を効率よく身につけるには、やるべき英語対策を踏まえておくのが重要です。海外赴任に向けた英語を勉強するまえに知っておきたい、4つの対策すべきことが以下の通りです。

  1. 海外赴任前後はTOEICを受験しておく
  2. 単語力を身につけておく
  3. リスニング力を身につけておく
  4. スピーキング力を身につけておく

海外赴任前後はTOEICを受験しておく

TOEICは、ビジネス英語を中心に英語コミュニケーション能力が測れるテストです。海外赴任前にTOEIC受験しておくと、取得したスコアを通じて自分がどの程度英語力があるかを把握できます。海外赴任に必要な英語力を目指す際にも、あとどのくらいのスコアを取得すればよいのかが分かるので、必要な英語の勉強方法や量を決めるのに有効です。

また、TOEICは海外赴任後も受験しておくのがおすすめです。日常的に英語でコミュニケーションを取っていた海外赴任後は、英語に耳が慣れています。ハイスコアを狙えるチャンスのため、海外赴任後もTOEICを受験しておきましょう。

単語力を身につけておく

英語のレベルを上げる基礎となるのが単語力です。これから英語を勉強したいときにも、英語のレベルを海外赴任に向けて上げたいときにも、単語力の勉強は必須になります。単語力を身につけるのに有効なのが単語帳の活用です。英単語の意味だけでなく、フレーズと一緒になっている単語帳を選びましょう。シーンに応じた表現と一緒に単語が覚えられます。

海外赴任先のビジネスシーンでも英語を使う場合には、ビジネスの専門用語を英単語でも覚えておきましょう。専門用語の英単語をまとめて、自分で単語帳を作るのも有効です。ビジネスシーンでは専門用語の英語を身につけていないと、コミュニケーションがうまくいかないことがあります。社内のミーティング、取引などで英語を使う場合は専門用語も英語でおさえておきましょう。

リスニング力を身につけておく

海外赴任で必要となるのは、読み書きではなく英会話です。相手の言っていることを理解するリスニング力は、英会話において基礎となるスキルになります。英語が聞き取れないと、話すこともできません。相手と英語によるコミュニケーションが取れないので、リスニング力は優先的に身につけておきましょう。

スピーキング力を身につけておく

スピーキング力は、会話により相手へ情報を的確に伝えられる能力です。英会話において、リスニングと同じく重要な要素になります。自分の意見を相手に的確に伝えられることで、円滑なコミュニケーションにもつながる。ビジネス上でも、英会話を通じて相手との信頼関係を築くうえで重要な要素です。スピーキング力があると英会話への自信にもつながり、相手と積極的にコミュニケーションを取れるようにもなります。

リスニング力とスピーキング力を身につけるには、インプットとアウトプットを組み合わせるのが重要です。次に、海外赴任で必要な英会話力を身につけるために有効な勉強方法をインプット、アウトプットそれぞれで解説します。

海外赴任の英会話のインプットでの勉強法

自分から英語を取り込むインプットの勉強は、以下の3つが有効です。

  1. 海外ドラマや映画を観る
  2. 参考書や書籍を活用する
  3. 日記やブログを書いてみる
それぞれについて解説します。

海外ドラマや映画を観る

吹き替えなしで海外ドラマや映画を観る方法です。海外ドラマや映画のセリフを通じて、英会話をインプットできます。すでに視聴したことのある作品や、知っている作品だと理解しやすいでしょう。

海外ドラマや映画を利用したインプットは、英会話の勉強はもちろん息抜きにもなります。海外ドラマや映画はサスペンス、恋愛もの、ホラー、ドキュメンタリーと好きなジャンルを選びやすいのもメリットです。子供向けのキッズ番組などもあるので、海外赴任に帯同する家族が英会話の勉強したいときにも向いています。

参考書や書籍を活用する

英語ができない、という人は中学レベルの英語から振り替って勉強するのも有効です。英文法や英作文の参考書や問題集、書籍で勉強する方法があります。日常会話はできるがビジネス会話ができない、という人はビジネス英会話のための参考書や書籍を活用してみましょう。

日記やブログを書いてみる

日記やブログを書くのが好き、習慣づけている人は英語で日記やブログを書いて見るのも方法のひとつです。周りに英語が得意な人がいれば、書いた文章を添削してもらうのもよいでしょう。英作文の勉強にもなるので、英文でのビジネスメールや書類作成にも活かせます。

海外赴任の英会話のアウトプットでの勉強法

取り入れた知識をアウトプットすることで、英語の能力は着実に身に着きます。とくにリスニング力・スピーキング力を鍛えるのにはアウトプットは欠かせません。英語のアウトプットで有効なのが、実戦的な以下4つの方法です。

  1. 通学型英会話スクール
  2. オンライン英会話
  3. 英語コーチングスクール
  4. 英会話カフェ
それぞれの特徴について解説します。

通学型英会話スクール

英会話教室などに通学して英会話レッスンを受ける方法です。レッスンを受ける人数は、スクールやコースにより異なります。マンツーマンやグループレッスンなど、自分が受けたいレッスンの形式を選びましょう。

通学型英語スクールのメリット・デメリット
  • 海外赴任のためのコースを選べる
  • 赴任する本人だけでなく帯同する家族のためのコースや教室もある
  • モチベーションが保ちやすい
  • 費用がややかかる
  • 通学する手間がかかる

英会話スクールは、あらかじめ目的別のコースが設定されています。ビジネスコースなど、海外赴任のために必要な英語が学べるコースもあります。海外赴任のための英語を効率よく学べるでしょう。家族で帯同する場合には、キッズスクールや幼児英語教室、小学生向けなど年齢に応じた子供向けのコースもあります。

英会話スクールはあらかじめ決められた曜日や日時、または自分で予約した日に足を運んでレッスンを受けます。決まった日時に足を運ぶため英会話の勉強へのモチベーションが保ちやすいのがメリットです。

通学型の英会話スクールは、料金がオンライン英会話よりも高くなっています。実際に自分で足を運んで通学の必要があるため、通学しやすい立地を選ぶのが重要です。スクールによってはオンラインが併用できるところもあります。

オンライン英会話

オンラインで英会話を学べる方法です。

オンライン英会話のメリット・デメリット
  • 時と場所を選ばず勉強できる
  • シチュエーション別で英会話できる
  • コストが安い
  • 接続や回線トラブルがある
  • 講師が選べないことがある
  • モチベーションが保ちにくい

オンライン環境があればいつでもどこでも英会話の勉強ができます。仕事が忙しいなかでも英会話の勉強をしたい人、家事や育児をしながら駐在妻として帯同するための英会話を勉強したい人にも、活用しやすい方法です。

オンライン英会話は日常会話、ビジネスシーンとこまかなシチュエーション別に英会話の練習がしたいときなどにも便利です。通学型のスクールに比べると、コストも安くなっています。

オンライン環境で英会話をするため、接続や回線トラブルが発生する可能性があります。相手の声が聞き取りにくい、接続できないなどでストレスになったり、レッスンの質が落ちたりすることがあるのがデメリットです。また、オンライン英会話のサービスによっては講師の国籍も様々です。ネイティブを希望しても講師がいない、なかなか予約が取れないことがあります。講師の指定ができない場合もあるので、注意が必要です。

自分で都合のよい時間に利用できるため、積極的に自分からレッスンを受ける必要があります。ややモチベーションが保ちにくいため気をつけましょう。オンライン英会話はある程度長期的な時間がある人や、英語力がすでにあって英語を話すアウトプットの機会や自信が欲しい人などに向いています。

英語コーチングスクール

体系的に確立した英語学習メソッドを指導してもらえるスクールが、英語コーチングスクールです。補助サービスとして、英語のレッスンが受けられる場合もあります。

英語コーチングスクールのメリット・デメリット
  • 英語を一から学べる
  • 短期間で英会話を身につけられる
  • 英会話のレベルアップにも向いている
  • 費用がかかる

英語勉強方法のなかでも、効率重視で選びたい人に向いている方法です。まったく英語ができない、海外赴任まで時間がないので短期間で英語を身につけたい、というときにも英語コーチングスクールは有効です。仕事や家事、育児で忙しい中でも効率よく英会話を身につけられます。ビジネス英語も身につけられるので、海外赴任を狙うために英語力をアップさせたいという人にも向いています。

英語コーチングスクールの唯一のデメリットが、ほかの方法よりもやや費用がかかることです。ただし、その分だけ海外赴任に必要な英語力を効率よく身につけられます。また最近はオンライン環境で指導を提供することで、受講しやすい価格設定にした英語コーチングスクールも増えました。非対面・非接触で指導を受けたい人にも向いています。

「海外赴任まであと1ヶ月しかないけれども、必要な英語を身につけたい」「子供と一緒に帯同する家族として海外で暮らせる英語力を身につけたい」という時でも、英語コーチングスクールは選択肢となるでしょう。

英会話カフェ

飲食をしながらカジュアルに英会話を楽しめる施設が、英会話カフェです。テーブルにインストラクターがいて、その日のメンバーと一緒に会話をします。

英会話カフェのメリット・デメリット
  • リラックスして英会話を楽しめる
  • 親子でも通いやすい
  • テーマによっては会話が弾まない
  • ビジネス英語を身につけるのには不向き

英会話カフェは、リラックスして英会話の実践ができます。英会話力はある程度あっても、話す自信がないという人にもぴったりです。また、親子でも一緒に英会話に参加できます。

行くときによって参加するメンバーが異なるため、英会話をするテーマも日によって異なります。テーマによっては話についていけない、会話が弾まないこともあるでしょう。カジュアルな雰囲気で英会話を楽しむのが目的の施設のため、ビジネス英語を身につけたいときには向いていません。

海外赴任のための英語勉強法を選ぶ4つのポイント

海外赴任のために英語を勉強するには、いろいろな方法があります。海外赴任する本人や家族など、実際に勉強する人に向いている方法を選ぶのが重要です。海外赴任のための最適な英語勉強法を選ぶための4つのポイントは以下の通り。

  1. 必要な英語力が身に着くか
  2. 利用しやすいか
  3. 海外赴任までの期間
  4. 費用
それぞれ解説します。

必要な英語力が身に着くか

必要な英語力を身につけられる英語の勉強方法を選びましょう。海外赴任でも、日常生活に必要な英語だけ身につけたいか、ビジネスシーンでも英語を使うかによって必要な英語力は異なってきます。まずは海外赴任に必要なレベルの英語力がどの程度なのか把握しましょう。必要なレベルに応じた勉強方法を選ぶのが重要です。

日常生活で必要な英語力を身につけたい場合は、飲食店で注文するなどシチュエーション別にレッスンができるものが有効です。海外で生活するための基本的な表現を効率よく身につけられます。外資系などでビジネスシーンでも英語を必要とする場合は、ビジネス英語向けコースを選ぶなどがポイントとなります。

利用しやすいか

英語の勉強は継続して行わないと、英語力は身に着きません。続けて勉強しやすい、利用しやすいものを選びましょう。たとえば、通学型スクールならマンツーマンがいいかグループがいいかは人によって異なります。自宅や通勤先に近くて通いやすいところを選ぶのに加えて、予約が取りやすいか、レッスンの振替はあるかなどを確認しておきましょう。

仕事などで忙しく、好きな時間に学びたいときはオンライン英会話、家族として帯同する人が英語を学ぶときには、駐在妻のためのサービスなどを活用する、帯同する家族で勉強したいなら子連れで利用できるものを選ぶなど、実際に英会話を勉強したい人に合ったものを選ぶのが重要です。

英会話スクールやオンライン英会話、英語コーチングスクールのなかには無料体験や見学などを取り入れているところもあります。無料体験や見学を活用して、実際に利用したい人に合っているかや、レッスンの雰囲気を見ておきましょう。失敗なく自分や家族に会ったスクールやサービスが見つかりやすくなります。

海外赴任までの期間

海外赴任がまだ決まっていない・すでに決まっている、決まった場合は赴任までの期間が長いか短いかによっても英会話を勉強する最適な方法は異なります。たとえばまったく英語ができない状態で数か月後には赴任するなど、短期間で効率よく勉強するなら英語コーチングスクールが向いています。

費用

費用も英会話の勉強方法を選ぶポイントのひとつです。費用面で無理があると支払いが難しくなり、英会話の勉強が継続しにくくなります。無理なく支払える費用か、分割払いなどに対応しているか、などを確認しておきましょう。

ただし、無料や安さにこだわってしまうと必要な英語力が身に着かなかった、といったことにもなりかねません。すでに紹介したポイントを踏まえつつ、無理なく利用できる費用かどうか、バランスを見て決めましょう。

必要な英会話を身につけておけば海外赴任も怖くない

海外赴任が決まると、海外で生活をするため最低限でも日常生活に必要な英語力を身につけなければいけません。外資系や現地スタッフが多い環境で働く場合、ビジネスシーンでも英会話が求められます。事前にTOEICを受けるなどして、自分の英語レベルを知った上で必要な英会話力を身につけましょう。

英語や英会話の勉強をする方法はいろいろあり、実際に勉強する人によって適切な方法は異なります。海外赴任までの期間や勉強する人の英語レベル、学びたい英語の内容や状況などに応じた勉強方法を身につけましょう。海外赴任までに必要な英語力を身につけておけば、海外での生活や仕事もスムーズに進められます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

英語コーチングスクール比較ナビ 編集部

英語コーチングスクール比較ナビ 編集部では、英語学習に取り組む方に、英語コーチングスクールの各種サービス内容、キャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

-学習ノウハウ

© 2021 英語コーチングスクール比較ナビ