学習ノウハウ

シャドーイングとは?本当に効果のあるやり方と5つの注意点を徹底解説

学習ノウハウ

シャドーイングとは?本当に効果のあるやり方と5つの注意点を徹底解説

2021/7/21

シャドーイングは、英語の音声をシャドー(影)のように後から追いかけて発音する英語学習方法です。シャドーイングは、英語力を総合的に向上させられるとして、高く評価されているトレーニングです。この記事では、シャドーイングの概要と効果、具体的な実践方法や注意点まで紹介していきます。 シャドーイングとは英語を聞きながら話す学習方法 シャドーイング(=shadowing)とは、英語の音声を流し、それを聞き取りながら2〜3語遅れで発話するトレーニングです。リスニング力・スピーキング力の向上が期待されることに加え、英語を ...

エビングハウスの忘却曲線で英語学習の効率を最大限に発揮する方法

学習ノウハウ

エビングハウスの忘却曲線で英語学習の効率を最大限に発揮する方法

2021/7/21

英語学習で避けては通れないのが暗記です。丸暗記か否かの議論はありますが、いずれにせよ単語や熟語、文法などあらゆることを暗記しなければ英語は習得できません。しかし人間は忘れる生き物です。一度暗記したことも時が経てば忘れてしまいます。せっかく暗記した英単語も、1週間後に再確認したら忘れてしまっていたということもあるのではないでしょうか? しかし「エビングハウスの忘却曲線」を正しく理解すれば、一度暗記したことを忘れることなく英語学習を進められます。本記事で「エビングハウスの忘却曲線」についての理解を深め、効率的 ...

日本人の英語学習に必要な時間は何時間!?達成するためのコツも紹介

学習ノウハウ

日本人の英語学習に必要な時間は何時間!?達成するためのコツも紹介

2021/7/21

英語学習をしていてふと思うのが「一体英語を習得するには何時間必要なの?」という疑問です。「◯時間」という明確な基準があった方が、学習を継続する意欲が湧きますよね。ゴールが見えない状態で学習を続けるのはただただ不安です。 本記事では、第二言語習得研究やこれまでに行われた研究やデータに基づいて、日本人が英語を習得するのに必要な時間を探ります。英語学習者のあなたは、ゴールから逆算してどの位置にいるのか、後どのくらいの学習時間が必要なのか、参考にしてみてください。 FSIの調査データに基づく仮説 FSIの第二言語 ...

第二言語習得研究から考える、シャドーイングがリスニングに最適な理由

学習ノウハウ

第二言語習得研究から考える、シャドーイングがリスニングに最適な理由

2021/7/21

英語リスニングの学習方法は多岐に渡ります。以下はリスニング学習方法の一例です。 通常の問題演習 ディクテーション シャドーイング オーバーラピング 聞いたことがあったり試したことがある学習方法も多いのではないでしょうか?第二言語習得研究から考えると、数あるリスニング学習方法の中でもシャドーイングが最も効果的です。本記事では、シャドーイングがリスニング学習方法の中で最も効果的な理由をわかりやすく解説していきます。 【関連ページ】シャドーイングとは?本当に効果のあるやり方と5つの注意点を徹底解説 リスニングの ...

【第二言語習得】ロングのインタラクション仮説について解説

学習ノウハウ

【第二言語習得】ロングのインタラクション仮説について解説

2022/5/14

第二言語習得研究(SLA)において、多くの言語学者がインプットの重要性について認めています。スティーブン・クラッシェンは、インプット仮説において「理解可能なインプット(自分の言語能力より少しだけ難しいレベルのインプット)」の有用性を主張しました。インプット仮説を認めながら、さらに考察を進めたのがマイケル・ロングのインタラクション仮説です。 この記事では、ロングのインタラクション仮説について解説していきます。「インプットの効果が出ていないと感じる」「もっといい学習方法がないか探りたい」という方は、ぜひ参考に ...

【第二言語習得】スウェインのアウトプット仮説で英語学習を効率化

学習ノウハウ

【第二言語習得】スウェインのアウトプット仮説で英語学習を効率化

2022/5/14

英語を学習している時、アウトプットの有用性や意味について考えたことはありますか?「学んだ英語をなんとなく話している」「インプットの方が大切だと聞いたので、アウトプットは我流で済ませている」という方は、スウェインのアウトプット仮説について学ぶことをおすすめします。1980年代に、スウェインはインプットと同様にアウトプットも重要であると説きました。この主張は、第二言語習得研究の代表的な仮説として認知され、多くの言語学者の理論の基盤となっていきます。 この記事では、アウトプット仮説について 仮説の概要 インプッ ...

【第二言語習得】クラッシェンの情意フィルター仮説について解説|5つの仮説その5

学習ノウハウ

【第二言語習得】クラッシェンの情意フィルター仮説について解説|5つの仮説その5

2022/5/14

スティーブン・クラッシェンの確立した「モニターモデル」は、第二言語習得研究の代表的な仮説として広く知られています。この記事では、その中の仮説のひとつである「情意フィルター仮説(The Affective Filter hypothesis)」について解説していきます。さまざまな仮説を理解することは、英語学習の効果を高める糸口となります。最後に、情意フィルター仮説を活用していく方法についてもまとめました。「自分の弱点は何か」「思考のクセがないか」を確認して、英語力の可能性を広げるために役立てていきましょう。 ...

【第二言語習得】クラッシェンのインプット仮説について解説|5つの仮説その4

学習ノウハウ

【第二言語習得】クラッシェンのインプット仮説について解説|5つの仮説その4

2022/5/14

スティーブン・クラッシェンは、1970年代後半~1980年代に「モニターモデル」という理論を確立しました。この記事では、その中のひとつである「インプット仮説(The input hypothesis)」について解説していきます。言語学者の仮説を理解することは、自身の英語学習の方法を見直すきっかけになります。効率的な学習方法を見つける手がかりとして、ぜひ参考にしてみてください。 【関連ページ】【第二言語習得】クラッシェンのモニターモデルを解説|英語習得に応用しよう インプット仮説とは? まずは、インプット仮 ...

【第二言語習得】クラッシェンのモニター仮説について解説|5つの仮説その3

学習ノウハウ

【第二言語習得】クラッシェンのモニター仮説について解説|5つの仮説その3

2022/5/14

スティーブン・クラッシェンは、1970年代後半~1980年代に「モニターモデル」という理論を確立しました。その中のひとつが、「モニター仮説(The Monitor hypothesis)」です。この記事では、モニター仮説の概要について解説していきます。仮説を理解することで、自身の英語学習の方法について見直すことが可能です。効率的な学習方法を見つけるきっかけとして、ぜひ参考にしてみてください。 【関連ページ】【第二言語習得】クラッシェンのモニターモデルを解説|英語習得に応用しよう モニター仮説とは? モニタ ...

【第二言語習得】クラッシェンの自然習得順序仮説について解説|5つの仮説その2

学習ノウハウ

【第二言語習得】クラッシェンの自然習得順序仮説について解説|5つの仮説その2

2022/5/14

クラッシェンは、「モニターモデル」という理論を1970年代後半から1980年代にかけて確立させました。その中の5つの仮説のひとつが、「自然習得順序仮説(The natural order hypothesis)」です。この記事では、自然習得順序仮説について詳しく解説していきます。「英語の学習方法について見直したい方」「効率よく勉強したい方」は、ぜひクラッシェンの理論を参考にしてみてください。 【関連ページ】【第二言語習得】クラッシェンのモニターモデルを解説|英語習得に応用しよう 自然習得順序仮説とは? 自 ...

© 2022 英語コーチングスクール比較ナビ