【第二言語習得】クラッシェンのインプット仮説について解説|5つの仮説その4

【第二言語習得】クラッシェンのインプット仮説について解説|5つの仮説その4

スティーブン・クラッシェンは、1970年代後半~1980年代に「モニターモデル」という理論を確立しました。この記事では、その中のひとつである「インプット仮説(The input hypothesis)」について解説していきます。言語学者の仮説を理解することは、自身の英語学習の方法を見直すきっかけになります。効率的な学習方法を見つける手がかりとして、ぜひ参考にしてみてください。

インプット仮説とは?

まずは、インプット仮説の概要について解説します。

クラッシェンが最も大切にした仮説

インプット仮説は、クラッシェンが提唱したモニターモデルの中のひとつです。モニターモデルには以下の5つの仮説が含まれています。

インプット仮説とは、学習者の言語習得のプロセスを段階に分けてまとめたものです。特に「習得学習仮説」「自然習得順序仮説」と深い関わりがあります。クラッシェンは、インプット仮説は5つの仮説の中で最も重要だと主張しました。また インプット仮説の存在感が大きいため、「モニターモデル」全体のことを「インプット仮説」と総称することもあります。

「理解可能なインプット」という考え方

クラッシェンは、人間は「理解可能なインプット」によって言語習得をすると説きました。インプット仮説は、「現在の言語能力より少し上のレベルを含むインプットをすることで、自然に言語を習得できる」という考えです。クラッシェンの説明の中では、インプットのレベルについて以下のように示されています。

  • 学習者の現在の能力:「 i 」
  • 理解可能なインプット:「 i + 1 」
自分の能力に対し「±0」でも「+2」でもなく、「+1」というレベル選定が大切です。「i+1」の充分な量のインプットを続けることで、自然と次のステップへと習得を進めることができます。クラッシェンの自然習得順序仮説を参考にすると、学習者の段階が大まかに推測できます。
  1. 進行形(~ing)、複数形(s)、be動詞
  2. 助動詞としてのbe動詞、冠詞(at, the)
  3. 不規則動詞の過去形
  4. 規則動詞の過去形、3人称単数現在形(s)、所有格(’s)

インプット仮説から発展した推論

クラッシェンは、インプット仮説やその他の研究結果をもとに、さまざまな理論を展開していきました。その中でも、クラッシェンの理論の中枢となっている部分を紹介します。

話す能力は適切なインプットをすることで育つ

クラッシェンは、「アウトプットのトレーニングでは第二言語を話す力をつけられない」と考えました。つまり、クラッシェンの理論では、「英語を話せるようになりたいから、英語をたくさんアウトプットする(発話してみる)」は意味のないことだといえます。話す能力は、あくまでもインプット(=理解可能なインプット)から得られるもの。インプットが積み重なった結果で話せるようになり、その後に復習や修正するためにアウトプットが役に立ってくるといいます。

第二言語の発話は自分で習得していく

クラッシェンは、言語教師が「話すこと」を直接的に教えることは不可能だと考えています。「学習者はそれぞれのレベルや自然習得の規則にのっとって、無意識的に言語習得していく」ということを強く主張しています。つまり、学習者は適切で十分なインプットがあれば、言語習得できるということ。「人から教えてもらう」ということを頼りにするのではなく、「自分でインプットする」ことの質と量が大切なようです。

※近年注目されている英語コーチングスクールは、この「自分でインプットすること」に力を入れているものが多いです。

インプット仮説に対し批判的な意見もある

インプットのレベルに着目したインプット仮説には、他の言語学者から疑問の声もあげられています。

概念があいまいである

まず、「i」「i+1」の線引きがあいまいであるという指摘があります。学習者にとっての具体的なステップが示されていないので、「何をインプットすれば習得できるのか」という詳細はわかりません。また、「自然に」インプットしていくという考えのため、習得の経過を認識しづらくなってしまいます。

アウトプットも必要なのでは

クラッシェンは、インプットの重要性を主張することで、アウトプットの重要性をないがしろにしてしまいました。実際には、「アウトプットをすることで英語を話せるようになった」「アウトプットをすることで、自分の弱点やインプットすべきものがわかった」という経験をした人も多くいます。インプットもアウトプットも言語習得に有用だと実感している人にとっては、インプットだけに注力した仮説に偏りを感じるようです。

まとめ:インプット仮説は学習レベルを見直すヒントになる

クラッシェンのインプット仮説についてまとめると、以下の通りです。

  • モニターモデルの中でクラッシェンが最も重要だと主張した仮説である。
  • 人は理解可能なインプット(i+1)によって第二言語を習得していく。
  • インプット仮説は概念があいまいなため、批判的な声もある。
賛否両論あるインプット仮説ですが、「理解可能なインプット 」という切り口は多くの言語学習者にインパクトを与えています。確かに、全く理解できない英字新聞を読むよりも、自分にとって少しだけ難しいと感じる教科書の英文を読むことの方が、言語習得につながりそうですよね。英語学習のインプットの効率を高めたい方は、ぜひこの「i+1」の法則を理解して対策を考えていきましょう。

第二言語習得研究を活用した英語コーチングスクールを紹介

クラッシェンのインプット仮説のみならず、世の中には第二言語習得研究の理論が数多くあります。自分の中である程度の理解をすることはとても大切です。しかし、研究結果を全て網羅するのは大変ですし、多大な労力がかかってしまいます。そこでおすすめしたいのが、第二言語習得研究をベースとして学習メソッドを開発している「英語コーチングスクール」です。

英語コーチングスクールは、その学習効率の良さから、第一線で活躍するビジネスマンや芸能人、プロスポーツ選手も多く利用しています。忙しい社会人にぴったりの英語コーチングスクールを3社紹介します。最新の第二言語習得の方法を実践したいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

PROGRIT(プログリット)

サッカーの本田圭佑氏や水泳の北島康介氏も受講するスクールです。「世界で活躍できる日本人を増やす」ため、元マッキンゼーと元リクルートの2人が創業しました。英会話レッスンは行わず、基本的には自習がメインです。専任コンサルタントが科学的根拠にもとづくカリキュラムを提案し、モチベーション管理をサポートします。学習効率を上げること以外にも、学習時間の捻出などを通して英語習慣を身につけることができます。

プログリット(PROGRIT)の概要

プログリット『プログリット(PROGRIT)』は、2ヶ月間でビジネス英会話力を圧倒的に伸ばすことができる英語コーチングスクールです。筆者イチオシのスクールです!なんとサッカー界のレジェンド、本田圭佑氏もプログリットを受講しています。他の英語コーチングスクールとは異なり、英会話レッスンは一切行いません。その代わりに徹底して学習習慣と学習効率を鍛え上げます。英語習得には膨大なインプットが不可欠です。インプットができて初めてアウトプット(英会話)が可能になります。プログリットの英語コーチングで「学習時間×学習効率」の値を最大限に大きくします。

受講形式 通学・オンライン
スクール所在地 関東9拠点:有楽町・新橋・神田・新宿・六本木・池袋・渋谷・赤坂見附・横浜
中部1拠点:名古屋
関西1拠点:阪急梅田・梅田
受講期間 2ヶ月
入会金 5万円
料金 32.8万円
1ヶ月あたり 18.9万円
講師 日本人バイリンガル・一部ネイティブ講師
返金の有無 30日間全額返金保証
給付の有無 一般給付金制度あり(最大10万円支給)

【関連ページ】プログリット(PROGRIT)の口コミ・評判まとめ
【関連ページ】プログリット(PROGRIT)のオンラインレッスンを検証!

TORAIZ(トライズ)

Versantテスト45点以上のレベルまで英語を話せるようになるため、1年で1,000時間のインプット・アウトプットを行います。ネイティブ講師とのレッスンにこだわり、テストの点数だけではなく、生きた英語を習得できるようにサポートします。フリートークのレッスンは受け放題。オンライン化も進んでいるので、より気軽に学習時間を作ることが可能です。トライズでは、独自の語学研究所を設けています。翻訳や第二言語習得が専門の大学教授らがフェローとして入ることで、常に情報の更新を図っています。

トライズ(TORAIZ)の概要

トライズ『トライズ』は、1年間で1000時間の学習時間を確保して英語をマスターする英語コーチングスクールです。他英語コーチングスクールと比べると、期間が長く、本気で英語を極めたいという強い意思がある方向けのサービスです。英語の習得には最低でも1000時間必要と言われています。その1000時間の学習をコースに含めている英語コーチングスクールは他にはありません。英語コーチングで学習習慣を身につければ、受講後も自走して学習できます。しかし「本当に自走できるのか?」「途中でやる気がなくなってしまわないか」と不安ですよね。しかしトライズでは、1年間のコーチングで確実に1000時間の学習時間を確保できます。「もう挫折したくない」「なんとしてでも英語力をあげたい」という方にはおすすめです。

受講形式 通学
スクール所在地 東京8拠点:霞ヶ関、新宿、田町、三田、赤坂、銀座、秋葉原、丸の内
神奈川1拠点:横浜
大阪1拠点:梅田
受講期間 1年
入会金 5万円
料金 136万円
1ヶ月あたり 11.6万円
講師 ネイティブ
日本人バイリンガル
返金の有無 30日間全額返金保証

【関連ページ】【1年で英語が話せる?】トライズ(TORAIZ)の口コミ・評判まとめ
【関連ページ】【体験談】トライズ(TORAIZ)の無料カウンセリングの内容を解説
【関連ページ】トライズ(TORAIZ)のオンラインレッスンを検証!

ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)

大手の大学予備校を経営するスタディーハッカーが運営している、英語のトレーニングジムです。母体が予備校のため、日本人の英語学習についての実践的ノウハウを豊富に持っています。全レベル対応コースに加え、「初級」~「上級」までの細かなレベル別トレーニングを提供。自分のレベルや目的に合わせてカスタマイズできるのがポイントです。90日間のコースを終えた後の格安サービス(EC prime)もあり、英語学習の継続性を高めることが期待できます。

ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)の概要

English Company『ENGLISH COMPANY』は、科学的なトレーニングと英語学習のコンサルティング(コーチング)で、最短距離で目標達成を目指すための英語コーチングスクールです。ENGLISH COMPANYでは言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見を活かしたトレーニングを行います。他英語コーチングスクールが独自に開発しているカリキュラムとは異なります。第二言語習得研究に沿ってあなたの課題を発見し、それに適した学習方法を選択するので、一切の無駄を省いて効率的な学習ができますよ。英語力全体の底上げというよりは、苦手分野(リスニングや発音など)をピンポイントで改善したいという方におすすめのスクールです。

受講形式 通学
スクール所在地 関東10拠点:四谷、恵比寿、有楽町、池袋
六本木、品川、神田、新宿、横浜
関西3拠点:四条烏丸、梅田、神戸
受講期間 3ヶ月
入会金 5万円
料金 49.5円
1ヶ月あたり 16.5万円
講師 日本人バイリンガル
返金の有無 30日間全額返金保証

【関連ページ】【時短で伸ばす!】ENGLISH COMPANYの口コミ・評判まとめ
【関連ページ】ENGLISH COMPANYのオンラインレッスンを検証!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

英語コーチングスクール比較ナビ 編集部

英語コーチングスクール比較ナビ 編集部では、英語学習に取り組む方に、英語コーチングスクールの各種サービス内容、キャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

-学習ノウハウ

© 2021 英語コーチングスクール比較ナビ