【第二言語習得】クラッシェンのモニター仮説について解説|5つの仮説その3

【第二言語習得】クラッシェンのモニター仮説について解説|5つの仮説その3

スティーブン・クラッシェンは、1970年代後半~1980年代に「モニターモデル」という理論を確立しました。その中のひとつが、「モニター仮説(The Monitor hypothesis)」です。この記事では、モニター仮説の概要について解説していきます。仮説を理解することで、自身の英語学習の方法について見直すことが可能です。効率的な学習方法を見つけるきっかけとして、ぜひ参考にしてみてください。

モニター仮説とは?

モニター仮説は、クラッシェンが提唱したモニターモデルの中のひとつです。

モニターモデルには以下の仮説が含まれています。

モニター仮説は、習得学習仮説と特に深い関わりがあります。習得学習仮説とは、言語習得は「習得(acquisition)」と「学習(learning)」に区分できるという考えです。

【習得学習仮説の「習得」と「学習」の区分】

「習得」 子供が母語を無意識に身につけることや、自然なコミュニケーションを通して言語を身につけること。
「学習」 言葉の単語や文法について意識的に知ること。

これらをふまえた上で、クラッシェンはモニター仮説で「習得」と「学習」の機能について言及しました。

モニター仮説では「学習」はモニター機能でしかないと主張

クラッシェンは、発話をする時には、「習得」された言語のみが有効であると説きました。反対に、意識的に「学習」したものは「モニター」することでしか役目を果たしません。モニター仮説の「習得」と「学習」の具体的な機能について解説していきます。

「習得」の果たす役割

「習得」は無意識に知識を吸収するプロセスとして、言語能力の発達にとても有効だと提唱しています。「学習」とは異なり、第二言語の発話に役立てることができます。

【習得】→→→発話

【学習】→ × →発話

「学習」の果たす役割

「学習」によって意識的に吸収した知識は、「モニター」または「エディター」する機能しか果たさないといいます。モニターとは、アウトプットしようと思った言語を、口に出したり紙に書く前に軌道修正する役割を指します。

また、エディターとはメモやレポートなどにすでにアウトプットした言語を、正しい文法や単語に編集する役割を指します。アウトプットの原点は「習得」することであり、より正しい規則にチェックして直すための役割が「学習」の機能なのです。

第二言語学習者を3タイプに分けてモニター度合を比較

クラッシェンは、このモニターの概念にもとづいて、第二言語学習者の運用能力を以下の3タイプに分類しました。

  1. Monitor over-users
  2. Monitor under -users
  3. The optimal Monitor-users

第1タイプのMonitor over-usersは、発話などアウトプットの際に、過剰にモニター機能が働いてしまう人です。モニターが強すぎるため、文字を書くのに時間がかかったり、会話することに躊躇してしまいます。

第2タイプのMonitor under -usersは、「習得」した内容に偏っていて、モニター機能の薄い人です。「学習」による知識がほとんどなく、誤った言語でも構わずに発話します。

第3タイプのThe optimal Monitor-usersは、モニター機能のバランスがとれている人です。そのため、円滑なコミュニケーションの中で、アウトプットした内容をスムーズに自己修正することが可能です。

モニター機能が働くには、「文法規則を知っている」「正確さに焦点を当てている」「モニターのための十分な時間がある」という3条件が必要です。クラッシェンの考えから、上記の3条件を見たしながら、モニター機能を過剰すぎず不足すぎず適切な量で使うことが大切 だと読みとることができます。

モニター仮説には批判的な声もある

「習得」と「学習」で機能を分けて考えるモニター仮説には、他の言語学者から批判的な声も挙げられています。

批判される主なポイントは以下の2点です。

  • 「モニター機能が言語運用の妨げになる」ということを強調したこと。
  • 「学習」は「習得」のような無意識的な運用には転化しないと主張したこと。

クラッシェンは、運用能力の第1タイプ(Monitor over-users)の強調により、「学習」によるモニター機能がマイナス作用であるかのような主張に偏ってしまいました。また、「習得」と「学習」の区分を「無意識」「意識」で線引きしたことにより、モニター機能が無意識的には働かないと読み取れる内容になっています。しかし、経験を積むにつれて、「学習」した知識から無意識に文字修正できるようになった、という体験をしている学習者もいるのが実際のところです。

まとめ:モニター仮説は、英語学習のモニター機能を意識するきっかけになる

クラッシェンのモニター仮説についてまとめると、以下の通りです。

  • 「モニターモデル」に含まれる、5つの仮説の中のひとつである。
  • クラッシェンは「習得」と「学習」にはそれぞれ独立した機能があると説いた。
  • モニター仮説は俯瞰的な見解に欠けるため、批判的な声もある。

クラッシェンのモニター仮説を知っておくことは、自分の英語学習の状況を多方面から観察することにつながります。「自分のモニター機能は、過不足なく働いているか ?」「モニター機能を働かせるための英語知識(学習)は足りているか?」を考えるきっかけとして、ぜひ活用ください。

第二言語習得研究を活用した英語コーチングスクールを紹介

クラッシェンのモニター仮説のみならず、世の中には第二言語習得研究の理論が数多くあります。自分の中である程度の理解をすることはとても大切です。しかし、研究結果を全て網羅するのは大変ですし、多大な労力がかかってしまいます。そこでおすすめしたいのが、第二言語習得研究をベースとして学習メソッドを開発している「英語コーチングスクール」です。

英語コーチングスクールは、その学習効率の良さから、第一線で活躍するビジネスマンや芸能人、プロスポーツ選手も多く利用しています。忙しい社会人にぴったりの英語コーチングスクールを3社紹介します。最新の第二言語習得の方法を実践したいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

PROGRIT(プログリット)

サッカーの本田圭佑氏や水泳の北島康介氏も受講するスクールです。「世界で活躍できる日本人を増やす」ため、元マッキンゼーと元リクルートの2人が創業しました。英会話レッスンは行わず、基本的には自習がメインです。専任コンサルタントが科学的根拠にもとづくカリキュラムを提案し、モチベーション管理をサポートします。学習効率を上げること以外にも、学習時間の捻出などを通して英語習慣を身につけることができます。

プログリット(PROGRIT)の概要

プログリット『プログリット(PROGRIT)』は、2ヶ月間でビジネス英会話力を圧倒的に伸ばすことができる英語コーチングスクールです。筆者イチオシのスクールです!なんとサッカー界のレジェンド、本田圭佑氏もプログリットを受講しています。他の英語コーチングスクールとは異なり、英会話レッスンは一切行いません。その代わりに徹底して学習習慣と学習効率を鍛え上げます。英語習得には膨大なインプットが不可欠です。インプットができて初めてアウトプット(英会話)が可能になります。プログリットの英語コーチングで「学習時間×学習効率」の値を最大限に大きくします。

受講形式 通学・オンライン
スクール所在地 関東8拠点:有楽町・神田・新宿・六本木・池袋・渋谷・赤坂見附・横浜
中部1拠点:名古屋
関西1拠点:阪急梅田・梅田
受講期間 2ヶ月~
入会金 55,000円(税込)
料金 435,600円(税込)~
1ヶ月あたり 180,584円(税込)~
講師 日本人バイリンガル・一部ネイティブ講師
返金の有無 30日間全額返金保証
給付の有無 一般給付金制度あり(最大10万円支給)

【関連ページ】プログリット(PROGRIT)の口コミ・評判まとめ
【関連ページ】プログリット(PROGRIT)のオンラインレッスンを検証!

TORAIZ(トライズ)

Versantテスト45点以上のレベルまで英語を話せるようになるため、1年で1,000時間のインプット・アウトプットを行います。ネイティブ講師とのレッスンにこだわり、テストの点数だけではなく、生きた英語を習得できるようにサポートします。フリートークのレッスンは受け放題。オンライン化も進んでいるので、より気軽に学習時間を作ることが可能です。トライズでは、独自の語学研究所を設けています。翻訳や第二言語習得が専門の大学教授らがフェローとして入ることで、常に情報の更新を図っています。

トライズ(TORAIZ)の概要

トライズ『トライズ』は、1年間で1000時間の学習時間を確保して英語をマスターする英語コーチングスクールです。他英語コーチングスクールと比べると、期間が長く、本気で英語を極めたいという強い意思がある方向けのサービスです。英語の習得には最低でも1000時間必要と言われています。その1000時間の学習をコースに含めている英語コーチングスクールは他にはありません。英語コーチングで学習習慣を身につければ、受講後も自走して学習できます。しかし「本当に自走できるのか?」「途中でやる気がなくなってしまわないか」と不安ですよね。しかしトライズでは、1年間のコーチングで確実に1000時間の学習時間を確保できます。「もう挫折したくない」「なんとしてでも英語力をあげたい」という方にはおすすめです。

受講形式 通学・オンライン
スクール所在地 オンライン
関東:新宿西口、新宿南口、田町三田、赤坂、銀座、秋葉原、丸の内、池袋、渋谷、横浜西口
関西:梅田
中部:名古屋名駅
受講期間 6か月・12か月
入会金 55,000円(税込)
料金 12ヶ月:1,284,100円(税込)
1ヶ月あたり 32,300円~(税込)
講師 ネイティブ
日本人バイリンガル
返金の有無 受講開始から1ヶ月以内に退会の場合、全額返金(月払いをお選びいただいた場合のみ適用対象外)
上記に加えて
途中解約保証、無料延長保証あり

【関連ページ】【1年で英語が話せる?】トライズ(TORAIZ)の口コミ・評判まとめ
【関連ページ】【体験談】トライズ(TORAIZ)の無料カウンセリングの内容を解説
【関連ページ】トライズ(TORAIZ)のオンラインレッスンを検証!

ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)

大手の大学予備校を経営するスタディーハッカーが運営している、英語のトレーニングジムです。母体が予備校のため、日本人の英語学習についての実践的ノウハウを豊富に持っています。全レベル対応コースに加え、「初級」~「上級」までの細かなレベル別トレーニングを提供。自分のレベルや目的に合わせてカスタマイズできるのがポイントです。90日間のコースを終えた後の格安サービス(EC prime)もあり、英語学習の継続性を高めることが期待できます。

ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)の概要

English Company『ENGLISH COMPANY』は、科学的なトレーニングと英語学習のコンサルティング(コーチング)で、最短距離で目標達成を目指すための英語コーチングスクールです。ENGLISH COMPANYでは言語習得の科学「第二言語習得研究」の知見を活かしたトレーニングを行います。他英語コーチングスクールが独自に開発しているカリキュラムとは異なります。第二言語習得研究に沿ってあなたの課題を発見し、それに適した学習方法を選択するので、一切の無駄を省いて効率的な学習ができますよ。英語力全体の底上げというよりは、苦手分野(リスニングや発音など)をピンポイントで改善したいという方におすすめのスクールです。

受講形式 通学・オンライン
スクール所在地 オンライン
スタジオ:池袋,恵比寿,大宮,神田,銀座,品川,新宿,有楽町,有楽町第2,横浜,六本木,梅田,神戸,四条烏丸
STRAILスタジオ:新宿,銀座,大宮,北浜,恵比寿,横浜スタジオ
受講期間 2か月・3か月・4か月
入会金 全レベル対応:55,000円(税込)
初級者向けコース:22,000円(税込)
中級・上級者向けコース:22,000円(税込)
料金 220,000円(税込)~
1ヶ月あたり 44,000円(税込)~
講師 日本人バイリンガル
返金の有無 コースによって30日返金保証あり

【関連ページ】ENGLISH COMPANYの口コミ・評判まとめ【時短で伸ばす!】
【関連ページ】ENGLISH COMPANYのオンラインレッスンを検証!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

英語コーチングスクール比較ナビ 編集部

英語コーチングスクール比較ナビ 編集部では、英語学習に取り組む方に、英語コーチングスクールの各種サービス内容、キャンペーン情報、インタビュー記事などをご紹介しています。

-学習ノウハウ

© 2021 英語コーチングスクール比較ナビ